PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 洋画

映画『ダークナイト』


【2008年8月9日(土)公開】

0.0
Rated 0.0 out of 5
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】クリストファー・ノーラン【原案】クリストファー・ノーラン、デイヴィッド・S・ゴイヤー【脚本】ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン

【キャスト】

ブルース・ウェイン/バットマン クリスチャン・ベール
アルフレッド マイケル・ケイン
ジョーカー ヒース・レジャー
ジム・ゴードン警部補 ゲイリー・オールドマン
ハーベイ・デント検事 アーロン・エッカート
レイチェル・ドーズ マギー・ギレンホール
ルーシャス・フォックス モーガン・フリーマン
スケアクロウ キリアン・マーフィー
Ramirez モニーク・ガブリエラ・カーネン
Lau チン・ハン
Wuertz Ron Dean
Mayor ネスター・カーボネル
Maroni エリック・ロバーツ
Chechen リッチー・コスター
Mike Engel アンソニー・マイケル・ホール
Stephens キース・サラバージャ
Loeb コリン・マクファレー
Barbara Gordon メリンダ・マクグロウ
James Gordon, Jr. ネイサン・ギャンブル
Gambol マイケル・ジェイ・ホワイト
Bank Manager ウィリアム・フィクナー
LSI VP エディソン・チャン

クリスチャン・ベール主演による新生「バットマン」シリーズ第2弾。
若くして急死したヒース・レジャーが、旧シリーズにも登場した人気キャラ、ジョーカー役を怪演。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

ゴッサムシティを苦しめていた犯罪集団を倒し続けるバットマンことブルース・ウェイン。
警部補と地方検事の力を借りて犯罪集団をおさえ込むことに成功した彼の前に、凶悪な犯罪者ジョーカーが出現、町は再び混乱に陥る。

『ダークナイト』を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

◉『ダークナイト』観賞。
フルサイズに広がるシーンの迫力が半端ない。
混沌の本質の字幕も正しくなっていて、
ようやくノーラン監督の意図したものに限りなく近い
「本当のダークナイト」を観れた気分。
人生最高レベルの映画鑑賞体験でした。

 

◉【ダークナイト】
エンタメとしてのラインを維持できる範囲で、
ヒーローモノにあるご都合主義を丁寧に取り除いた展開に、
上映終了後、余韻の余り暫く映画館の椅子に座り込んだままでした。
ダークヒーローモノでありクライムサスペンスでもある、
一つの完成された映画。

 

◉『ダークナイト』
役者も演技もスタントも音楽も雰囲気の重厚さもストーリーも素晴らしい。
語り尽くされてるけどヒースのジョーカーを越えるキャラクターはなかなかいない。

 

◉『ダークナイト』
これを劇場で見れただけで感動…
最高の映像・音響体験とはまさにこのことだなと実感…

 

◉映画『ダークナイト』
頭からちゃんとみたけど面白すぎる…みんなよすぎる
話も面白いし音楽もかっこいいし、キャラクターも魅力的すぎる

◉『ダークナイト』を見た
アフブルとかびクラが、解釈がまったく違って
メッチャ揉めるのあまりにも面白すぎるので、揉めて欲しい。

揉めすぎて「そこまでいうならお前はあっちのバットマンと組めばいい!」
「ハァ?君みたいなバットマンと組むスーパーマンなんて宇宙に僕だけだよ!?」とかなる。

 

◉『ダークナイト』
序盤からずっと夜明け前が一番暗いとか夜の話するし
全体的に暗い画面なのもあってなんか忘れてたけど
nightじゃなくてknightなんだよな

 

◉「ダークナイト」を観に行った。
08年の作品だったなんて…時が経つの早すぎ。
沢山の役者が演じているけど、私にとっての「ジョーカー」はヒース・レジャー

 

◉行ってきました…
『ダークナイト』I'MAX初日
最初から最後までノーラン監督に脳かきまわされっぱなしで最高な時間過ぎた…
今この時期にダークナイトをI'MAXで観賞出来て幸せ!
デートでも友達同士でも是非劇場で観て欲しい!
劇場が元気になりますように
また行く…ハァ…まだ余韻…凄い…

 

◉『ダークナイト』鑑賞。
もはや別物&大興奮、嬉!!!バットポッド!!!
病院爆破シーンは大轟音!
そして誤訳が直ってきちんと“公平”になってた、驚。

 

◉ダークナイト
映画を好きになったきっかけの作品。
当時は全く映画に興味がなく、後悔していたが今年見ることになるとは。
映像の鮮明さ、音の迫力、ジョーカーもとい
ヒースレジャーの怪演と本当に劇場で見れてよかったです。
クリストファーノーラン万歳!

 

◉『ダークナイト』
まで何回も見たことあったけど過去最高に良かったハグする顔
4DXで体感できるバットモービルに乗ってるかのような臨場感が半端なかった!!

 

◉『ダークナイト』
I'MAX 超チョーサイコー

最初→最後まで心臓鷲掴みビリビリしっぱであ”あ”あ”あ”あ”!
まだ観た事がない貴方はラッキーだ!

記憶消して何回も観たい!ノーラン監督最高。・(ノД`)・。

 

◉『ダークナイト』4DXにて鑑賞完了です

前に見たのは何年前だったか、なのにいざ見てみると
意外と記憶に残っていたシーンが多かったです
4DXならではのアトラクション感も堪能できて大満足、
やっぱりあのラストは痺れるなぁ

 

◉「ダークナイト」を観た。
ジョーカー演じるヒースレジャー、本当にいい役者だったと思う。
最初に見た映画はブロークバックマウンテンだった。いろんな役を見てみたかった。

 

◉『ダークナイト』鑑賞。
この映画をまたI観れるとは、何という幸せ。
とにかく音響ハンパない。

劇場入ったときは全然暑くなかったのに、
終わってみれば汗だく(と涙だく)。力入り過ぎた…。
観客30人ぐらいだったけど、
さすがにエンドロール中に誰ひとり席立たなかったね。

 

◉「ダークナイト」
そう!ハービーデント!トゥーフェイス!!
短髪のアーロンしか見たことないからほんっとに印象が違ってびびる。
今見ても言われなければわかんなかったかも。
彼の存在が本当にね、この作品をすばらしくしてるよね。
バットマンの最後の選択も彼なしではあり得ない。

 

◉『ダークナイト』
重厚な人間関係が見えてくるそんな映画だった。
正義と悪どちらの背景も丁寧に描かれていて、心に訴えかけてくる内容。
バットマン個人的にはあまり好きじゃなくて、
ジョーカーとか人間味あふれているから好きだなぁ。面白かった

 

◉『ダークナイト』
ノーラン3部作の最高傑作、再び銀幕で観たい…。

ホアキンフェニックス氏も素晴らしいけど、
ヒースレジャー氏が演じたジョーカーのほうが狂気じみてる…。

やはりヒースジョーカーのほうが魅入られマス。

色々と観るひとに刻む娯楽作品ですよね…。

ジョーカーの生み出したいもの、ブルースウェインの苦悩、
まるで現在を予期したかのような個人情報の扱い方…。

ノーラン監督お見事。

 

◉『ダークナイト』

IMAXフルサイズ版。アクションだけでなく会話シーンでも
IMAX撮影だったのが印象的。より迫ってくるものがある。

闇の騎士、光の騎士、そしてカオス。
ジョーカーが迫る二者択一攻撃が恐ろしい。。

 

◉『ダークナイト』
やっぱり超絶面白い!アクションはド派手で、演技は最高、
映像は美しいし、ストーリーにはグイグイ引き込まれた!
正義と悪はに表裏一体。
バットマンの思い描く正義などこの世にはないと
嘲笑うジョーカーの姿がずっと頭から離れない

 

◉『ダークナイト』
GT(字幕)鑑賞‼️凄すぎて震えた…(◎_◎;)
ダークナイトは何度も観てますが
グランドシネマサンシャインの巨大スクリーンで観ると桁違いの迫力…
音響も良いから爆音が体に響きまくった…
何度でもこの巨大スクリーンで観たい…やばい…凄いしか出てこない…‬

 

◉『ダークナイト』

実はあまり好きじゃない。中盤までがとにかく長い。
最初観た時は、パーティのシーンあたりで長いなあ、とうんざりしていた気がする。

それでも、ジョーカーの生み出す混沌に街全体が狂い始めていく中盤、
バットマン(正義)のあり方を問うていく流れはかなりの緊張感。

あと、カーチェイスのシークエンス。
タンブラー(バットモービル)の機能停止後の、バットポッドの滑走とか痺れる。
ジョーカーを追いつめて直前で避けるとことか。

ジョーカーが振り向いて、轢けよ、みたいな顔するあたりとかほんと凄い。
中盤以降で残念なのは、トゥー・フェイス化するハービー・デントのホラーメイク。
グロテスクすぎてリアリティに欠けるような。

フェリーの爆弾も気づけよ、とか思うけど何回も観てるせいかも。
マスクしてるハンデがあるけど、さすがのクリスチャン・ベールも、
ヒース・レジャーには持ってかれてる。やっぱ凄い。ジョーカーにしか見えん。

上映前のテネット冒頭5分は、いきなりの爆弾テロ突入シーン。
まったく訳がわからん。けどなんか凄いぞ!

 

◉『ダークナイト』
もうさ、あのバットポッド体感したら轢かれても
本望だわとかいう話になるくらいのアレです(壊)

鳥肌ブワッ&ラストで涙ブワッ。

 

◉『ダークナイト』
初観では圧倒され放心状態になり凄いの観せられた!感でいっぱいっぱい。
再観の今回はある程度落ち着いて観れた…と思う。
細かい処が解った分…はあるが全て高揚感でかき消され
後半涙ぐみながら…もう最高!あざっす!!

 

◉ダークナイト 観てきました❣️

ヒーロー映画の中でも上位に入る名作😍
何回観ててもIMAXで上映なら行くしかないよね💗

初日にワクワクしながらダークナイト行く女子ってどうよ‼️て
自分にツッコミ入れながら😅
(しかしIMAX4Kレーザーがある都会が羨ましい😅)

正義はとっても不安定で危うい。
ジョーカーの言う通り「狂気は重力のようなもの。
人はひと押しで落ちていく」ジョーカーの言葉は
いちいち自分の中の闇を感じさせてくれる

それでも何かを信頼してみたいよね

ゴードンが息子に言った言葉「彼はヒーローじゃない。
沈黙の守護者。我々を見守る監視者”暗黒の騎士だ“」名言‼️

カッコ良すぎるね😍😍😍

 

◉『ダークナイト』
巨大化&超高画質化したジョーカーのペイントのシワやキズ。。
それ観るだけでも価値あり。

ピースレジャー凄い、メイクさんスゴい、考えた監督スゴい。
なんか、スタッフの執念がうかがえてきて。発見ありすぎてもはや新作気分。

想像よりもIMAX撮影シーンが沢山。
ダークナイトのほんとの姿はやはりすごい代物でした。
少し流れたテネットも、ハードボイルドなルックが良すぎてため息。

 

◉映画『ダークナイト』
今作が映画史的傑作になったのは、
やはりジョーカーと彼がつきつけた命題に因るところが大きいだろう。

ジョーカーはメイクから立ち居振る舞い、
周りを扇動する力など常軌を逸した存在。
彼に翻弄されたトゥー・フェイスも含め今も強く印象に残った作品。

 

◉映画『ダークナイト』
もう語り尽くされてる感あるけど
何度見てもおもしろい
なんとなく正しいとされている秩序の危うさをここまで描けている映画もそうそうない
ヒーロー映画という枠を遥かに飛び越えた後世に残る大傑作

 

◉『ダークナイト』
過去作品にはなるけど、やっぱり名作ですね

ヒースレジャーのジョーカーって最強の悪役だと思います

あのメイクの感じ、あの喋り方、
あの動き方って狂気を感じますね

 

---------------------------------

 

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

最新みんなのレビュー

良い意味で余韻がなかった

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

人それぞれ大なり小なり障害物がある。

でも少しの気遣い、言葉掛けで救われる事がある。救える事がある。とても温かい気持ちになる映画です。

1回目観終わった後、自分の生活の中でふじさわさんと重なる部分に気がつけるようになった。そんな時にふと映画のいろんなシーンが頭に浮かんで落ち着けるようになった。また観たくなって2回観た。

映画の中で完結せずに、私の生活の中にホワッと存在し続けていて生きるのが楽になった気がします。

きっとまた観たくなるけど上映している所が少なくなってくるだろうな。寂しいな。

観れなくなる前に是非観て欲しい作品です。

もん

観るたびに見え方が変わります

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

佐久間さんファンであまり期待せずに観に行きましたが、1度目は目まぐるしい展開や役者さんの演技、佐久間くんもびっくりする程なりきっていて…圧倒されて終わりました。でも、見終わった直後からもう一度観たい、と…。

2度目、3度目と足を運びましたが、観る度にいろんなシーンの意味やキャラクターの心情や…こんなに見え方が違うんだ!と驚き…毎回ワクワクしています!

次は5回目、観に行きます。

バキちゃん

「愛」がテーマの映画

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

サスペンススリラーではあるが

謎解きを主軸にはしていない

サスペンスの側面から見ると

謎解きは容易に出来る様に作られている

キャスティングからして

時間軸が変化してもどの役者さんが誰を演じているのかとても分かり易い

だからと言って雑な作りではない映画

例えば

主要人物にはそれぞれ象徴として種類の違う「水」が与えられているなど

細かい描写が幾つもあり

何度観てもその度に発見がある様な

わくわく感を長く味わえる映画だ

謎解きとしての深読みが必要ない分

キャラクターの心情への深読みや考察が際限なく楽しめる

謎解きの分かり易さは内田英治監督のミスリードなのではないかとすら思う

鑑賞回数を重ねる程

伝えたいのは殺人の謎解きの面白さではないと感じる

各キャラクターにとっての「愛」とは何か

それぞれの行動原理がどんな「愛」であるのか

そして求めている「愛」は成就するのか

「愛」と言う最大の謎の本質を解き明かすのが

この映画の1番の楽しみ方であり

内田英治監督の伝えたかったことではないのかと思う

どぅり

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪