PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 洋画

映画『フォーエバー・パージ』


【2022年5月20日公開,103分】

0.0
Rated 0.0 out of 5
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】エベラルド・ゴウト

【キャスト】

アデラ アナ・デ・ラ・レゲラ
ホアン テノッチ・ウエルタ
キャシー・タッカー キャシディ・フリーマン
ハーパー・ハッカー レヴェン・ランビン
チアゴ ザーン・マクラーノン
ダリウス・ブライアント サミ・ロティビ
ディラン・タッカー ジョシュ・ルーカス
ケイレブ・タッカー ウィル・パットン

12時間だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる“パージ法”によって極限状態となった市民たちの姿を描く、大ヒットスリラーシリーズの第5作。『ゲット・アウト』のジェイソン・ブラムと、「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイが製作を務める。アデラ役を『アーミー・オブ・ザ・デッド』のアナ・デ・ラ・レゲラ、ホアン役を『闇の列車、光の旅』のテノッチ・ウエルタがそれぞれ演じる。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

“パージ法”が発令され、恐怖の一夜をやり過ごした市民たち。
しかし、“パージ”に乗じて人種差別主義の過激派組織が暴走し、絶対のルールであった12時間という決まりが破られてしまう。
“無限パージ”へと突入し、崩壊寸前となったアメリカの援助のために、メキシコは6時間の国境解放を宣言。
タイムリミットが迫るなか、メキシコ移民の夫婦アデラとホアンは、雇い主の一家と共に国境を目指すが、過激派の一団に追われてしまう。

『フォーエバー・パージ』を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

◉『フォーエバー・パージ』
観ました。

「パージが終わったと思ったら」という無防備なところから始まるのは面白かった。
あとは主人公側と敵側のキャラの弱さとアクションの物足りなさが
ゾンビ・アポカリプス的な要素などによって相殺されてまあまあといった感じ。
良く言えば「定食感」はあると思う。

隠れ家とかトラックの中とか(束の間の)安全地帯にいる時間が
ダレないように短かったのは凄く良かったと思います。
なんだなんだ続けてほしいシリーズですね!

 

◉『フォーエバー・パージ』
・恐らく完結
・行き着くところに行き着いた感
・この世界の歴史として見たら割と納得な流れ
・ちょっとホラー感強め
・ボスが有能w
・コレじゃないという人もいそう😅
・2と3以外は割とテースト違うのが面白い
・また1から見直してみたくなった😃

 

◉『フォーエバー・パージ』
登場人物の戦闘力が軒並み高いおかげで殺意高めの展開が多かった。
クオリティはいつもの『パージ』シリーズです。

 

◉『フォーエバー・パージ』
12時間の制限はとっても大切でしたね。
それを取り払ったのでパージである意味が薄れてしまい、ただのドンパチサバイバルに。
モブに関しては世紀末治安で全然良いんだけど
対峙する悪役もそのレベルの雑魚チンピラなのはあかんでしょう。
チョコバーJK並のインパクトを!

 

◉『フォーエバー・パージ』鑑賞
エベラルド・ゴウト監督作。シリーズ5作目。
「フォーエバー」とかついてるので、
いよいよシリーズも最後なのか、と思っていたらそういう意味か。

前作に続き異色作という感じで、
切り口を変えればまだまだ作れるシリーズな気が。

 

◉『フォーエバー・パージ』
メキシコ人男女が普通の密入国者同様に抜け道から米国に侵入して
(少年の『困った時はバラを追って』はファンタジー要素ぽい)

普通に仕事にありついて馴染んで行く課程が割と丁寧に描かれてた分
パージエンジョイ勢がヒャッハー!!!!した後の世紀末感が楽しくて観てよかった

 

◉『フォーエバー・パージ』を観た。
シリーズ5作目とは知らずに観たので最初はパージ?となったが
単純な話なのですぐに理解できる。

トランプ政権を生み出したアメリカならではの映画だ。
メキシコ人とネイティブアメリカンの描き方に本作のメッセージを感じる。

風が吹き抜ける荒ら屋に、おおってなったけど、その後はすっかりアメリカンになる。
変に深刻ぶっても空々しいだけなので、これはこれで良かったと思う。

◉『フォーエバー・パージ』
シリーズ第5弾。

後半になる程退屈してきた💦
もっとグロくてキレててええんやで?😩

初期2作品位まではまだ良かったんだが、
銃だけですませちゃうん?😩

ただあのサイレンが鳴ると
テンション上がっちゃうから期待はしちゃうんだよなぁ💦

 

◉『フォーエバー・パージ』
今回は特に人種差別に焦点が当たっていた感じがする。
最初に登場するある人物がクライマックスで大活躍したのはテーマに沿っていてうまいと思った。
レイシストが出した声明に、その言説に従ったら
あんたら皆殺しだね!と思ったらその通りになってああ、と思う。

 

◉『フォーエバー・パージ』
めちゃくちゃ良かった!
なんて言えないですが「この味だよな…」みたいな感覚はありましたよね🤔

 

◉『フォーエバー・パージ』
100分程の間、適度な風刺とドラマを盛り込みつつ、
最初から最後まで楽しませてくれる、ありがたい娯楽映画。

ブラムハウス、流石だな。マイケル・ベイ製作でも『アンビュランス』より
ゴアもキツくないので、サクッと楽しめる。過去作を観ていなくてもOK!

 

◉『フォーエバー・パージ』
5作目にしてまさかの感動を与えるシリーズ最高傑作。
殺し合いの中にある一筋の希望を握りしめるため手を取り合い不条理と差別に立ち向かう姿は
これまで以上に熱く話せば分かるし手を取りあえば強くなれる事を強く説く。

 

◉『フォーエバー・パージ』
高橋ヨシキ、てらさわホーク目当てで行ったけど映画も面白かった。
1作目しか観てないのにちゃんと理解できるのは、助かるね。
内容も皮肉が効いてて良くできてる。

 

◉『フォーエバー・パージ』
無限パージという絶望状態で、
ハラハラドキドキするホラーアクション、めちゃくちゃ面白かったです✨
アデラ役の女優さんに惚れました😍

 

◉『フォーエバー・パージ』観た。
無限パージにより秩序が崩壊したアメリカからの難民を
メキシコが受け入れるというなかなかに皮肉の効いた物語。

それはそれで面白いなとは思うのだが、
コスプレ殺人鬼達がわんさか!というシリーズの醍醐味が薄れてきてる、
真面目に作りすぎてるのは自分的には残念かも。

 

◉『フォーエバー・パージ』
『パージ』って実は人気シリーズ⁉︎
パージ初体験の友人も楽しめたようで、安心のパージ・クオリティ。
最後まで淀みなく緊張感が続いて面白い。
馬鹿に出来ないな、このシリーズな。

 

◉『フォーエバー・パージ』鑑賞。
国民のガス抜き、それ以上に福祉的援助で生活する
低所得者層等を密かに抹殺していたパージというシステムが、
まさにその信仰者たちの暴走で国ごと崩壊するという、
なろうなら「ざまぁ要素あり」のタグが建ちそうなお話ではありますが……

今回は「パージに参加せず家などに立てこもる側」の人々が、
逃げ場無しのアメリカからメキシコへの脱出を図る展開というのが面白いし、
その妨げになるのが例の壁という皮肉が利いていると。
でも何より「なめてた●●が(以下略」しているのがいい。
その点では爽快でありましたと。

しかし「すべての犯罪が一夜だけ合法化されるアメリカ」という設定故に、
参加する側守る側、更に金儲けや陰謀をたくらむ側と
興味深い要素を色々盛り込んだこのパージというシリーズ。
その拡張性ゆえに続ける余地はあったかもしれませんが、
時系列的にはこれが最後かなと。後は前史に期待しよう。

 

◉『フォーエバー・パージ』
偏差値低いふりしてちゃんと人間ドラマで
「俺が伝えたいのはこういうことなの!!!」とできてて偉かったから大好き。

 

◉『フォーエバー・パージ』
NFFA(新しい建国の父)が政権に返り咲き、一年に一晩、
12時間だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる“パージ法”が復活する。
人種差別・移民差別・貧富格差で国が分断され、
溢れる憎悪を抑えられなくなった国民たちによって無限パージが解禁される。

 

◉『フォーエバー・パージ』鑑賞。
無限パージとかいう、シリーズの存在意義を根底から覆しかねない
パワーワードに不安しかなかったが、意外に面白い。
このシリーズ、特に初期の「わざとらしい狂気」が苦手なんだけど、
今回はそういったのは薄めで、純粋にアクション映画として楽しめた。

 

◉『フォーエバー・パージ』
あらゆる犯罪が合法化✨ア
メリカ全土が無法地帯となる狂気の12時間☠
シリーズ5作目で初鑑賞🖤大迫力の映像がカッコ良いです♥️

人種差別、移民問題など傍観すれば、
白人至上主義の暴徒に狩られる恐怖が永遠に続く〜
メキシコ移民夫婦と雇い主夫婦が力を合わせる展開が良かった😍

 

◉『フォーエバー・パージ』
シリーズ5作目。
崩壊する日常、火に包まれる町、転がる骸、暗闇に満ちる憎しみ…
「創意工夫の覆面」成分は不足。もっとこう、いろんな武装も見たいよ
よくできた予告

 

◉『フォーエバー・パージ』
最高に楽しい映画だった。
ヒスパニックに焦点を当てられてるのが個人的に嬉しいし、
なによりこちらの想像をどんどん上回ってくれる展開が良き!
過去作ほどのインパクトキャラは出ないものの、
中盤からずっとどこかしらで銃声が鳴り響く素敵ムービーでしたね。
Forever Purge!

 

◉『フォーエバー・パージ』
観てきた

ジョシュ・ルーカスがガッツリ出てるの知らなかったわ。
得した気分。

マンネリ化したパージ盛り返した5作目だったが、
これ公開が延期になったことにより
「今」とものすごく近くてタイムリーな部分あってキツいな😱

 

◉『フォーエバー・パージ』
評価低くてビックリだけど、
私は途中迄はホラー観てるみたいで面白かった♪

パージの良さは時間制限があるからだけど、
パージが終わって安心しきってる所に降り注ぐ恐怖こそ恐ろしいものはないよね😣
そもそもパージ制度作った時点で暴走する人が出て来るのは目に見えてる。

 

◉『フォーエバー・パージ』
前作エクスペリメントが前日譚だったので大統領令(3作目)の続き。
なんやかんやで普通のパージも復活してるの笑っちゃったけど
無限パージというSDGs並みの扇動ワードの名の下に単なる暴動が巻き起こる
シリーズ捨て身のネクストステージに突入!普通に面白かったです😊👍

12時間生き抜くというパージの本質的な時間制シチュエーションを捨てて
国境まで逃げ切ればゴールという目的達成型に変化。

貧困問題が主軸だったこれまでの社会風刺は移民問題へと向けられて良い感じに
シリーズの見せ方をアップデート出来ているのではないですかね(よく言えば)。

無限パージは結構な禁じ手で、白昼のパージ執行状態は新鮮でしたが
シチュエーションスリラーだったパージが単なるマッドマックスになってしまい、
最早パージというタイトルである必要性も薄れた為に拒絶反応を起こす人もいるでしょうが、
逆にシリーズ初見さんは入りやすいパージなので是非オススメです

 

◉『フォーエバー・パージ』
【必要なのは分断か、統合か】
シリーズ観た事ない人はこの世界観は楽しめないかも。
もう“パージ法”を越えてきとるやん(笑)
内容は完全に人種差別問題や国境の壁問題といったリアルな課題へ。
銃撃戦は期待を裏切らない!!
ラスト二人で“アレ”を使って敵を倒すとこが熱い!☆7.6

 

◉『フォーエバー・パージ』
酷評されていたので、期待せず鑑賞。
しかし、久々の迫力あるドキドキハラハラ😍に満足😆✨
今の世界情勢🇺🇦🇷🇺と重なる部分があり、
有り得ないことでは無いと思うと、心が痛む😢

 

◉『フォーエバー・パージ』
面白かったー。
すっかり社会派映画になっちゃったけど、
アクションスリラー的な面白さはしっかりあるし
続編出てもまた映画館行くかな。

 

◉『フォーエバー・パージ』
観て来ました。
ゴキゲンですわ。

 

◉『フォーエバー・パージ』
ドラマシリーズ抜いたらこれでシリーズ第5弾。
地獄のメヒコからアメリカに来たら更なる地獄が待ってました!という話なんだけど、
予算こそ少なめなんだろうけどクズ白人vsマイノリティと対立軸がはっきりしてて
しっかり楽しめる100分弱という作りでいい感じでしたよ。

 

◉『フォーエバー・パージ』
今度は戦争だ!(エイリアン2)
めちゃくちゃ面白かったし、めちゃくちゃハラハラした😖
パージ版マッドマックスだったし、市街戦は2を彷彿とさせる感じだった。
やっぱキャラに対して「死なないでくれぇ!」て思えたのが大きい。
休み取った甲斐がありました😆

 

◉『フォーエバー・パージ』
を観てきました😊

初日に観たくて休みまで取ってたのですが…
前作の方が緊張感あって面白かった💦
犯罪が合法なパージが解禁された序盤は緊張感あって良かったのですが、
中盤以降は盛り上がらず至って普通な感じ😓
規模はデカイんだけど見せ方がな🤔

 

◉『フォーエバー・パージ』
パージ法復活、しかし12時間では収まらない!
人種や貧富による分断、飽くなき暴力。

バイオレンス描写はこれまで通りありつつ、
風刺の効いたテーマは昨今の情勢に近しくゾッとする。

 

---------------------------------

 

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

最新みんなのレビュー

良い意味で余韻がなかった

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

人それぞれ大なり小なり障害物がある。

でも少しの気遣い、言葉掛けで救われる事がある。救える事がある。とても温かい気持ちになる映画です。

1回目観終わった後、自分の生活の中でふじさわさんと重なる部分に気がつけるようになった。そんな時にふと映画のいろんなシーンが頭に浮かんで落ち着けるようになった。また観たくなって2回観た。

映画の中で完結せずに、私の生活の中にホワッと存在し続けていて生きるのが楽になった気がします。

きっとまた観たくなるけど上映している所が少なくなってくるだろうな。寂しいな。

観れなくなる前に是非観て欲しい作品です。

もん

観るたびに見え方が変わります

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

佐久間さんファンであまり期待せずに観に行きましたが、1度目は目まぐるしい展開や役者さんの演技、佐久間くんもびっくりする程なりきっていて…圧倒されて終わりました。でも、見終わった直後からもう一度観たい、と…。

2度目、3度目と足を運びましたが、観る度にいろんなシーンの意味やキャラクターの心情や…こんなに見え方が違うんだ!と驚き…毎回ワクワクしています!

次は5回目、観に行きます。

バキちゃん

「愛」がテーマの映画

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

サスペンススリラーではあるが

謎解きを主軸にはしていない

サスペンスの側面から見ると

謎解きは容易に出来る様に作られている

キャスティングからして

時間軸が変化してもどの役者さんが誰を演じているのかとても分かり易い

だからと言って雑な作りではない映画

例えば

主要人物にはそれぞれ象徴として種類の違う「水」が与えられているなど

細かい描写が幾つもあり

何度観てもその度に発見がある様な

わくわく感を長く味わえる映画だ

謎解きとしての深読みが必要ない分

キャラクターの心情への深読みや考察が際限なく楽しめる

謎解きの分かり易さは内田英治監督のミスリードなのではないかとすら思う

鑑賞回数を重ねる程

伝えたいのは殺人の謎解きの面白さではないと感じる

各キャラクターにとっての「愛」とは何か

それぞれの行動原理がどんな「愛」であるのか

そして求めている「愛」は成就するのか

「愛」と言う最大の謎の本質を解き明かすのが

この映画の1番の楽しみ方であり

内田英治監督の伝えたかったことではないのかと思う

どぅり

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪