PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 邦画

【レビュー】映画『エゴイスト』


【2023年2月10日公開,120分】

0.0
Rated 0.0 out of 5
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【監督・脚本】松永大司【原作】高山真【脚本】狗飼恭子

【キャスト】

斉藤浩輔 鈴木亮平
中村龍太 宮沢氷魚
斉藤しず子 中村優子
中学時代の浩輔 和田庵
輔の友人 ドリアン・ロロブリジーダ
斉藤義夫 柄本明
中村妙子 阿川佐和子

原作は数々の名コラムを世に送り出してきた高山真の自伝的小説『エゴイスト』。『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』など人の心の澱を深く抉る作品で知られる松永大司監督が、ドキュメンタリータッチの映像で、登場人物たちの間に流れる親密な温度感や、愛ゆえに生まれる葛藤を繊細に伝える。
主人公の浩輔を演じるのはストイックさと深い洞察力で数々のキャラクターに命を吹き込んできた鈴木亮平。本作では強さと脆さを同居させた生々しい演技で新たな境地を開拓した。浩輔の恋人である龍太役には話題作への出演が続く宮沢氷魚。その透明感あふれる儚い佇まいが愛を注がれる純粋な青年というキャラクターに説得力を与えている。また、龍太の母、妙子役の阿川佐和子は、主人公の人生観に影響を与えるキーパーソンともういうべき人物をナチュラルかつ圧倒的な存在感で演じている。すべての人に愛を問いかける感動のヒューマンドラマは、公開に先立って行われた東京国際映画祭でも高い評価を得た。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

14 歳で⺟を失い、⽥舎町でゲイである⾃分を隠して鬱屈とした思春期を過ごした浩輔。今は東京の出版社でファッション誌の編集者として働き、仕事が終われば気の置けない友人たちと気ままな時間を過ごしている。そんな彼が出会ったのは、シングルマザーである⺟を⽀えながら暮らす、パーソナルトレーナーの龍太。
自分を守る鎧のようにハイブランドの服に身を包み、気ままながらもどこか虚勢を張って生きている浩輔と、最初は戸惑いながらも浩輔から差し伸べられた救いの手をとった、自分の美しさに無頓着で健気な龍太。惹かれ合った2人は、時に龍太の⺟も交えながら満ち⾜りた時間を重ねていく。亡き⺟への想いを抱えた浩輔にとって、⺟に寄り添う龍太をサポートし、愛し合う時間は幸せなものだった。しかし彼らの前に突然、思いもよらない運命が押し寄せる――。

映画『エゴイスト』を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

◉『エゴイスト』
観てきた。
世の中私も含め皆それぞれエゴイストやなぁと。

鈴木亮平さんの立ち姿や何もかも全て凄かった
色んな形の愛があって、それがエゴなんだろうなぁ…愛って深い。

 

◉『エゴイスト』
見てきた。
阿川佐和子さんがなんか自然で良くて泣けてきちゃった😢
ほんと、愛って何なんだろうか🤔

 

◉『エゴイスト』
みてきた!
主演のおふたりの取材の文章読んで、絶対に見たいなと思った作品

 

◉『エゴイスト』
観てきたんですが、R15なるほど…
愛ってお互い欠けた何かを埋める為にあったりするよね…
この間ひみつのなっちゃん観てきた後にこれだからなかなかキツい…😇
お金稼がなきゃってしてた子の葬式が家族葬の最低限じゃないプランな所に昔の人の愛なのかな…😭

 

◉『エゴイスト』
見た。
イケ俳優の鈴木亮平が主人公らしい。
序盤、亮平がタチのホモに犯されるシーンが出現!『亮平ウケなの?!』とちんぽと共に動揺。
その後も香ばしいベッドシーンが続き、劇場は妙な静寂に包まれた。
涙あり、笑いあり、驚きあり!この映画、見ない選択はないだろう。

 

◉『エゴイスト』
宮沢氷魚くんがかわいいに尽きる!
亮平さんはちゃんとゲイに見えた←どんな感想だよ…

ほぼ女性客だろうと思ったら結構メンズもいた😳

 

◉『エゴイスト』
龍太の亡くなり方、30少しで亡くなった義兄と同じだった。
あの亡くなり方だと警察の司法解剖が入ってしまう可能性が高いと思う。
オーバーワーク気味な状況だった事も同じで、何とも言えない気持ちになった。

◉『エゴイスト』
最初から嫌な予感しかしないというか、
2人の愛あるシーンでさえも安心して見られない状態で観ていた。
案の定な事も起きてしまったが、
浩輔と龍太が出会った事により龍太と彼の母に愛が注がれた事は揺るぎない事実。
最後の方はもう無償の愛レベルに到達してた気がするな。

 

◉『エゴイスト』
めっじゃ良がっだああああ😭😭😭
鈴木亮平さんと宮沢氷魚さん、どこからどう見てもゲイの方や…✨
すごいー!!ベッドシーンもめちゃくちゃ自然やった…✨✨

 

◉『エゴイスト』
凄く面白い。ゲイの恋愛ものだが、一見の価値あり。
恋人にも、その母にも同じように尽くす主人公には、ある種の愛を感じざる得ない。
主人公は仕事をを辞めさせたのが、恋人の不幸の原因と思って苦悩するが、
それも愛しているからなんだと思う。
鈴木亮平の演技が見事で本当のゲイに見える。

ただし、ゲイ映画なので、男どうしの濃厚なラブシーンも頑張っているので、
苦手な人にはお勧めできない。
役者は鈴木亮平がまず見事。友人たちと話すところなど本物のゲイに見える。
他には、恋人の母親を演じる阿川佐和子がいい。
普段のインテリ臭を排して、庶民の女性を演じている。

 

◉『エゴイスト』
おホモ達とホモ映画を観ました。
綺麗にまとまっていて素敵な映画でした😉

 

◉『エゴイスト』
この2人が好きで最初に手に取り持ち帰ったフライヤー。
観終わってもこのシーン好き💖
本作は全ての人に共通するお話
嗚咽して目と鼻が腫れてグジュグジュなんだがぁ〜😭

 

◉『エゴイスト』
色々な愛のカタチあるんだなと改めて考える映画でした。
ですが前から近すぎたのか、映像の作りなのかわかりませんが
初っ端なから映像に酔ってしまい、
所々目を伏せてたので深く感情移入できなかったのが、少し残念でした。

 

◉『エゴイスト』
繊細で優しさ、美しさに溢れる映画です。
愛の形もさまざま、随所に流れる悲愴交響曲に
主人公の心の奥にある喪失感が投影されているかのようで切ないですが、
それを乗り越えるための心温まるエゴイズムに共感さえ覚えます。
そして鈴木亮平の新境地、しかと見届けました。

 

◉『エゴイスト』
見てきました。
原作とか全く読まず、内容知らずに行ったけど、
前半は鈴木亮平上手だなーとか宮沢氷魚、綺麗だなーとか
ニヤニヤでマスク必須 後半は涙でマスク必須でした。
自分の感情の振れ幅がヤバかった。見て良かった。

 

◉『エゴイスト』
凄く誠実に作られていて良かった!鈴木亮平のホゲみが本当に自然だし
宮沢氷魚は肌色シーンよくやりきったな…!と感動しきり。
日本のLGBTQ映画の歴史を一歩進めるターニングポイントになる作品だと思う。

 

◉『エゴイスト』
面白かったー!

途中までどの問題にどう切り込んでどう魅せるんだろうと思ってたら、やられた😵
これはゲイを題材にしないと切り出せない内容だなーと感じた

あと、鈴木亮平のクオリティが高すぎてヤバみ😍

これからみる人はこの動画見て予習すると、もっと映画を楽しめるでしょう♪

 

◉『エゴイスト』
ドキュメンタリーを見ているような感覚になった。
鈴木亮平さんは違和感なく浩輔だったし、宮沢氷魚さんは美しい。
ピュアで素直な龍太、可愛かった。
原作読んでから観たのだけど、正直、原作のほうが感動したかな。

 

◉『エゴイスト』
感想やけど、歩道橋の不意打ちはおぉ‼️って思ったわ。
(ここの裏話がまた良いのよねぇ~⤴️だからあの表情出来たんでしょうね)
R15だったのはほぼ前半だけでしたよ~⤴️
際どさはどちらかというと窮鼠の方が勝っていたかな?と個人的には感じました。

 

◉『エゴイスト』
見終わりました。
もう涙止まらないし、館内全員泣いてたし切ないけど
立派なひとつの愛を描いた美しい話だった。
背合わせのエゴと愛、それにいつか辿り着けたらなと思いました。

 

◉『エゴイスト』
観てきました。
すごく丁寧に造られていて、本当に素晴らしい映画だった。
後半泣きすぎて頭がぼうっとしてる。
帰りに本屋さんに寄って原作も買った。
日本中、世界中の人に観てもらいたい映画だ。

 

◉『エゴイスト』
鑑賞。
ド直球なゲイ映画で、ごまかしも、おためごかしも一才なし。
とにかくまずそこを評価したい。
あれだけ赤裸々な描写を、
あれだけメジャー舞台に活躍している役者さんで作ったのは驚嘆。

 

◉『エゴイスト』
鑑賞🤩💓
観る前から、エゴイストの世界観をたっぷりと味わえる空間に包まれて、
感無量とはこういう感覚か…😭
いろんな感情がごちゃ混ぜになって、何故か上映開始と共に目頭が熱くなってしまい💦
またあとで、今度はオプション感情抜きで物語を堪能しよ。

 

◉『エゴイスト』
観に行ってきた〜
世武さんの音楽と、内容は途中までよかった(好きだった)!
あとす〜ごい画面酔いしてしまって悲しくなった…

 

◉『エゴイスト』
鑑賞。素敵でした。
観る人によってどこにフォーカスして感情移入するかが違うだろうな。
鈴木亮平さん、宮沢氷魚さん
素敵でした。
観終わったあとはじんわりと余韻が心に広がりました。

 

◉『エゴイスト』
LGBTQがテーマの映画ということ以外は前情報なしで鑑賞したが、とても素晴らしい作品。
主演2人の熱演と存在感。2人が作る愛の形に心を抉られた。かなり喰らった。
中盤のシーンに涙が止まらなかった。

 

◉『エゴイスト』
観てきた。観てよかった。
観た直後は水溜まりみたいに溜まったこの感情どうやって扱おうって思ってたけど、
少し時間をおいたらいつの間にか染み込んでた。

 

◉『エゴイスト』
鑑賞
鈴木亮平さん×宮沢氷魚さんの組み合わせは…
最早【至宝】と呼ぶに相応しい!
この2人なら演技でなくていっそ事実であって欲しいと…(コラコラ

 

◉『エゴイスト』
初っ端からすごくて最後二人が海見つめて終わったらどうしようとか思ったけど
意外な展開に、えーそれでどうなるの?って引っ張られたままあれよあれよと終わった
確かに丁寧に当事者たちも傷つかずそしてえぇ?って
映画の料金払う価値あり
見に行くべし

 

◉『エゴイスト』
繊細かつ丁寧に作られた作品。
キャッチコピーを借りれば「愛は身勝手」だからこそ想いのままに行動すればするほど、
自分の奥底にある気持ちは愛なのか否かも自身が1番判らなくなってしまうのかも。

 

◉『エゴイスト』
原作を読んでから観に行ったんだけど、
映像が付くと私の乏しい想像力を補完してくれるなぁ。
主人公がエゴイストには思えなかった。

美しい愛の物語だと思う。
個人的には自分を昔いじめた相手を見返す為に、
帰郷時にわざとキメキメでコーデする鈴木亮平が人間臭くて良い。

 

◉『エゴイスト』
同性愛を変にオブラートに包んだり美化したりしてなくてよかった。
この映画の終わり方がすき😌
最後に帰らないでと初めて甘えるの、あぁ、これも愛よなぁと思う。

 

◉『エゴイスト』
観て来ました!
あー楽しみー💕...ってテンションで行ってすみません😭🙏
原作未読だったので後半ずっと泣いてました😢

撮り方の名前とかよく分からないんですが、
カメラさんがずっと付いていく感じ(固定してない)なのと、
台詞もアドリブみたいに自然でめちゃくちゃリアルでした...

 

◉『エゴイスト』
前半だけだったらただ綺麗で温かくて、でもありきたりな作品だったと思う。
ただの「BL作品」として終わったしまったかも。
後半からがこの作品の真髄ではないかと感じた。引き際まで完璧。最高でした。

 

◉『エゴイスト』
エゴイストの意味を調べると最初に「利己的な人」と出てくる。
誰かエゴイストが居たかなぁ…

涙が出てしまうシーンが何度かあった…胸が苦しかった

鈴木亮平サンはもうカメレオン俳優さんだなと思うし、宮沢氷魚サンは凄く透明だった
観終わって、素直な愛の映画を観たと思った

観て良かった

 

◉『エゴイスト』
映画を観て来ました。

とても良い映画だったなぁー
マスクがグショグショになっちゃった😭

さすが松永監督っていう撮り方。
光だったり、無音や暗転の使い方
胸がギュッとなる。

そして阿川さんのお芝居が好き

 

---------------------------------

 

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

最新みんなのレビュー

良い意味で余韻がなかった

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

人それぞれ大なり小なり障害物がある。

でも少しの気遣い、言葉掛けで救われる事がある。救える事がある。とても温かい気持ちになる映画です。

1回目観終わった後、自分の生活の中でふじさわさんと重なる部分に気がつけるようになった。そんな時にふと映画のいろんなシーンが頭に浮かんで落ち着けるようになった。また観たくなって2回観た。

映画の中で完結せずに、私の生活の中にホワッと存在し続けていて生きるのが楽になった気がします。

きっとまた観たくなるけど上映している所が少なくなってくるだろうな。寂しいな。

観れなくなる前に是非観て欲しい作品です。

もん

観るたびに見え方が変わります

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

佐久間さんファンであまり期待せずに観に行きましたが、1度目は目まぐるしい展開や役者さんの演技、佐久間くんもびっくりする程なりきっていて…圧倒されて終わりました。でも、見終わった直後からもう一度観たい、と…。

2度目、3度目と足を運びましたが、観る度にいろんなシーンの意味やキャラクターの心情や…こんなに見え方が違うんだ!と驚き…毎回ワクワクしています!

次は5回目、観に行きます。

バキちゃん

「愛」がテーマの映画

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

サスペンススリラーではあるが

謎解きを主軸にはしていない

サスペンスの側面から見ると

謎解きは容易に出来る様に作られている

キャスティングからして

時間軸が変化してもどの役者さんが誰を演じているのかとても分かり易い

だからと言って雑な作りではない映画

例えば

主要人物にはそれぞれ象徴として種類の違う「水」が与えられているなど

細かい描写が幾つもあり

何度観てもその度に発見がある様な

わくわく感を長く味わえる映画だ

謎解きとしての深読みが必要ない分

キャラクターの心情への深読みや考察が際限なく楽しめる

謎解きの分かり易さは内田英治監督のミスリードなのではないかとすら思う

鑑賞回数を重ねる程

伝えたいのは殺人の謎解きの面白さではないと感じる

各キャラクターにとっての「愛」とは何か

それぞれの行動原理がどんな「愛」であるのか

そして求めている「愛」は成就するのか

「愛」と言う最大の謎の本質を解き明かすのが

この映画の1番の楽しみ方であり

内田英治監督の伝えたかったことではないのかと思う

どぅり

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪