PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 洋画

【レビュー】映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』


【2023年1月13日公開,129分】

0.0
Rated 0.0 out of 5
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】マリア・シュラーダー【原作】ジョディ・カンター、ミーガン・トゥーイー

【キャスト】

キャリー・マリガン
ゾーイ・カザン
パトリシア・クラークソン
アンドレ・ブラウアー
ジェニファー・イーリー
サマンサ・モートン
アシュレイ・ジャッド

2017年、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた1つの記事が世界中で社会現象を巻き起こした。『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『恋におちたシェイクスピア』『ロード・オブ・ザ・リング』『英国王のスピーチ』など数々の名作を手掛けた映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ・性的暴行事件を告発したその記事は、映画業界のみならず国を超えて性犯罪の被害の声を促し、#MeToo運動を爆発させた。
ピューリッツアー賞を受賞した調査報道を基に制作された本作には、『それでも夜は明ける』『ムーンライト』の製作陣が集結。巨大権力に挑んだ2人の女性記者を、2度のアカデミー®主演女優賞ノミネートの『プロミシング・ヤング・ウーマン』のキャリー・マリガンと『ビッグ・シックぼくたちの大いなる目ざめ』のゾーイ・カザンが演じる。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

取材を進める中で、ワインスタインは過去に何度も記事をもみ消してきたことが判明する。さらに、被害にあった女性たちは示談に応じており、証言すれば訴えられるため、声をあげられないままでいた。問題の本質は業界の隠蔽構造だと知った記者たちは、調査を妨害されながらも信念を曲げず、証言を決意した勇気ある女性たちと共に突き進む。そして、遂に数十年にわたる沈黙が破られ、真実が明らかになっていくー。

映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
もう、ぐわんぐわんきた。
丁寧に積み重ねていくようすに息詰る。
主演として出ているキャリー・マリガンも、ゾーイ・カザンもすごくよかった。
周囲の上司たち、女性たち、ひとりひとりが。
そしてアシュレイ・ジャッド!! 叫びそうになった。原作既読。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
大勢に観てもらうためか、かなりマイルドにしたなという印象。
彼の長年に及ぶおぞましい悪行はまともに描けるものではない。
原作はローナンファローの方しか読んでおらず、
それはそれは胸くそ悪いが、真のジャーナリストの存在は希望だ。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
アシュレイ・ジャッドの場面の迫力が凄かった。
作中herselfは他にもいて顔を知ってるのが彼女だけだった訳だけど
映画ってそういうものだから。PC内の映像から出てきて、
映画のメイクして映画で見慣れたことしてるだけなのにそこだけ立ち上がってきた、私には。
映画自体も迫力があった。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
ワインスタインの暗躍(?)していた90年代は洋画への感度抜群な青春時代だっただけに
グウィネスやアシュレイ、マッゴーワン達が当時の輝きの裏に抱えていた闇の深さ辛さが
記事で読むより切実に響きました。久々の史実スキャンダルドラマで見応えありました。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
鑑賞。
大物プロデューサー、ワインスタインの性犯罪を暴いた2人の女性記者の奮闘を描く。
ハリウッドお得意の実録物の妙味を必要以上に強調せず、
被害者たちの心の傷の深さとそれに寄り添う記者たちの心理を描くことに力点を置いた真摯な一作。
観応えあり。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
まるでハリポタの“名前を言ってはいけないあの人”の様に神格化された存在と、
それを支える無自覚者を含むシステム。
二次被害を覚悟した“SHE SAID”が、“THEY SAID”に広がる瞬間。
映画が作られた意義ではなく、作らなければならないこの世界に目を向けなくては。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
観賞。
監督が「恋人はアンドロイド」主演のマリア・シュラーダーなのでお手並拝見と思っていたら、
PLAN B製作映画の中では最も面白かったしスカッとさせられた。

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
鑑賞。
人々の無関心や壁のように立ち塞がるシステムに押しつぶされそうになりながらも
醜悪な性暴力と闘う記者たちの姿を『大統領の陰謀』なルックで描く傑作でした。
推敲シーンの燃え方がヤバいですねえ。「終わり方が最高映画」がまた一つ…

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
俳優と監督マリア・シュラーダーの抑制された演出は人物と働く女性の生活感情を身近に感じさせてくれる。
誠実な映画ならではの効果だが、事件に関心を抱いたら
是非原作『その名を暴け:MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い』にも触れてほしいと思った

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
洋画なら超大作、邦画なら人気俳優。
その他はネットのバズを獲得した評判作。
しかし、大人の休日は貴重である。
時には、知るべき事を知りに行く、という基準で映画を選ぶのも良いものだ。
本作には魂揺さぶる大きな感動がありました。素晴らしかった。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
鑑賞。
映画が作られた意味、意義。未来のために。
日本も他人事じゃない。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
全体的に抑制的でこの問題の切実さをいろんな方向から丁寧に描いていてよかった
個人よりもそのシステムが問題なんだというセリフ、
先日読んだ「J Kハルは異世界で娼婦になった」にも通じてるなー

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
雑感。
「示談」が本作の軸。
2人の記者の前に立ちはだかる敵はワインスタインではなく、
守秘義務を含む示談契約。性加害者に有利。
被害者は声を上げたくてもできない。記者は壁を乗り越えようと葛藤する。
力作。A・ジャッドが本人役で出演。良い意味で驚いた。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
めちゃくちゃ良かった💥
2人の真実を追い続ける真摯な姿勢と、被害者女性たちの勇気が、
力強く悔しくもありながら美しくて涙が溢れた
これはぜひたくさんの人に見て欲しい作品

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
よかった。派手な演出に走らない作りに好感を持った。
とにかく足で裏取りを稼ぐ記者と、
被害者らが声を上げることが何故難しかったのかを実直に描いた印象。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
鑑賞終了!
しかしコレ、男性に観てほしい映画だなぁ。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
質の高さに脱帽。
映画人たちの「覚悟」にスクリーンから目が離せなかった。
ハイウッドがハリウッドを告発する。日本じゃそうそう撮れない映画。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
「スポットライト」とか「ペンタゴン・ペーパーズ」とかハリウッドお得意の事実を基にした
重厚な社会派人間ドラマで、これまた滅法面白い!
いい味出してるキャリー・マリガンとゾーイ・カザンの2人のシスターフッド要素もあるし
調査報道の大切さを痛感させられるだけではないエンタメ要素もあって素晴らしい。

ほぼ実名だし重要な役割を果たしたあの女優が本人役で登場するのも凄いよね。
この辺りは日本のエンタメ界には到底出来ない部分だよなぁ…。
ニコラス・ブリテルの上品で抑制されたスコアが作品を1ランク上げてるよ。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
鑑賞。
記者という仕事の大変さ、そして素晴らしさを実感させてくれる作品。
情報に溢れ返った社会だが、悪は悪だとストレートに徹底して追求する姿がとても心打たれた。
人に強く勧めたくなる作品である。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
観終わった。
言葉が出ない。
とりあえずメディア関係者は全員観るべき。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
鑑賞
Metoo運動のきっかけを作った女性記者達の物語
ハーヴェイのやってたことに憤りを感じ、被害者の方達を思うと泣きかけた。
ハーヴェイみたいな奴はどこの業界にも居ただろうし、自分の周りにもいるかもしれない。
多くの会社に変革を起こしてくれて、本当にありがとう。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
見終わり
その暴力を受けたことがある人も無い人も、口にすることが憚られること。
それによって尚更自分のせいではと思い詰めてしまうこと、笑い話にして矮小化されてしまうこと。
そうして新入社員がこわれていくことを防ぎたい、危機管理なんだよな

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
2022年製作の話題作。
MeToo運動が世界へ広がる大きなきっかけのひとつとなった事件。
NYタイムズ紙による2017年の性暴力報道を描いたものです。
とても深い内容の映画です。

 

◉『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』
とても良い作品でした。
ワインスタインのクソが!
全ての人が平等でありますように

 

---------------------------------

 

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

最新みんなのレビュー

良い意味で余韻がなかった

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

人それぞれ大なり小なり障害物がある。

でも少しの気遣い、言葉掛けで救われる事がある。救える事がある。とても温かい気持ちになる映画です。

1回目観終わった後、自分の生活の中でふじさわさんと重なる部分に気がつけるようになった。そんな時にふと映画のいろんなシーンが頭に浮かんで落ち着けるようになった。また観たくなって2回観た。

映画の中で完結せずに、私の生活の中にホワッと存在し続けていて生きるのが楽になった気がします。

きっとまた観たくなるけど上映している所が少なくなってくるだろうな。寂しいな。

観れなくなる前に是非観て欲しい作品です。

もん

観るたびに見え方が変わります

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

佐久間さんファンであまり期待せずに観に行きましたが、1度目は目まぐるしい展開や役者さんの演技、佐久間くんもびっくりする程なりきっていて…圧倒されて終わりました。でも、見終わった直後からもう一度観たい、と…。

2度目、3度目と足を運びましたが、観る度にいろんなシーンの意味やキャラクターの心情や…こんなに見え方が違うんだ!と驚き…毎回ワクワクしています!

次は5回目、観に行きます。

バキちゃん

「愛」がテーマの映画

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

サスペンススリラーではあるが

謎解きを主軸にはしていない

サスペンスの側面から見ると

謎解きは容易に出来る様に作られている

キャスティングからして

時間軸が変化してもどの役者さんが誰を演じているのかとても分かり易い

だからと言って雑な作りではない映画

例えば

主要人物にはそれぞれ象徴として種類の違う「水」が与えられているなど

細かい描写が幾つもあり

何度観てもその度に発見がある様な

わくわく感を長く味わえる映画だ

謎解きとしての深読みが必要ない分

キャラクターの心情への深読みや考察が際限なく楽しめる

謎解きの分かり易さは内田英治監督のミスリードなのではないかとすら思う

鑑賞回数を重ねる程

伝えたいのは殺人の謎解きの面白さではないと感じる

各キャラクターにとっての「愛」とは何か

それぞれの行動原理がどんな「愛」であるのか

そして求めている「愛」は成就するのか

「愛」と言う最大の謎の本質を解き明かすのが

この映画の1番の楽しみ方であり

内田英治監督の伝えたかったことではないのかと思う

どぅり

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪