PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ『春になったら』第8話

ドラマ「春になったら」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|グラッチェ椎名の最後の実演販売!雅彦と瞳の絆に涙の幕切れ

©︎ドラマ「春になったら」7話

ドラマ『春になったら』8話 あらすじ

「グラッチェ椎名」が感動のラストを迎えます。瞳(奈緒)と一馬(濱田岳)の結婚が迫り、雅彦(木梨憲武)の姿を最後に焼き付けようとする瞳の心情が描かれています。しかし、物語は思わぬ展開へと進みます。

雅彦が結婚を認め、喜びいっぱいの瞳と一馬。しかし、雅彦の痛みは日に日に増し、引退を決意します。結婚式の内容を大幅に変更し、雅彦のために式を挙げることを決断する二人。舞衣(橋本マナミ)や黒沢(西垣匠)と相談し、心温まる計画を進めます。

雅彦は最終日、自社初のオリジナル商品の実演販売に挑むことに。しかし、自宅では病状が悪化し、瞳も不安に駆られます。娘のウエディングドレス姿を見届けるため、結婚式の招待状を手渡し、雅彦に約束をさせます。

翌日、雅彦は瞳の忘れ物を届ける口実で助産院を訪れ、節子(小林聡美)の声かけで瞳が出産を控えた夫婦に沐浴指導を見学。その晩、一馬を呼び出し、瞳への思いを伝える場面が描かれます。

そして、最後の実演販売当日。雅彦は痛みをこらえながらも売り場に立ち、まきや一馬が応援に訪れますが、なぜか瞳の姿は見当たりません。

ドラマ『春になったら』8話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『春になったら』8話ストーリー・ネタバレ

グラッチェ椎名の最後の実演販売!雅彦と瞳の絆に涙の幕切れ

 

ドラマ『春になったら』8話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 

ドラマ『春になったら』8話 見どころ

 

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『春になったら』第7話

ドラマ「春になったら」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|冬の旅、家族の思い出の中で

©︎ドラマ「春になったら」7話

ドラマ『春になったら』7話 あらすじ

冷たい冬風が雅彦の頬を撫で、心地よい寒さが彼の身体を包む。雅彦(木梨憲武)は、最後の家族旅行に挑むことを決断した。彼の体には限界が迫り、瞳(奈緒)は父の体調の悪化を感じ取っていた。

物語は、雅彦と瞳が2人で冬のキャンプに向かう場面から始まる。同じ頃、一馬(濱田岳)も人生の大きな決断を迫られていた。雅彦がサプライズで開いた退院祝いをきっかけに、瞳はギクシャクしていた一馬との関係を修復する。雅彦もまた、一馬や龍之介(石塚陸翔)のそばで幸せそうに笑う娘の姿に触れ、もう2人の結婚に反対しないことを決断する。

一方で、雅彦の体は容赦なく病魔に侵され、食欲は細くなり、手にしびれが生じていた。雅彦はますますできないことが増え、悔しさと不安が募る。それでも、瞳が「お父さんと旅行に行く。もう一度」とリストに加えた願いをかなえるために、雅彦はキャンプへの旅立ちを決断する。

瞳は雅彦の薬の量が増えていることに気づき、彼の体調を心配してキャンプに行くことをためらう。しかし、まき(筒井真理子)から雅彦が楽しみにしていることを聞き、覚悟を決める。節子(小林聡美)のアドバイスや雅彦の言葉に励まされ、瞳は思い切って美奈子(見上愛)とエステや料理教室に出かける。しかし、どんなに心を晴らそうとしても、頭にはいつも雅彦のことが浮かぶ。結局、瞳はキャンプ用の道具を買い込み、家路を急ぐ。

一方で、瞳からの「会って話したい」という連絡に、一馬は「少し時間をください」とらしくない返事をしていた。そして、ある重大な決断を迫られていた。物語は家族の愛と絆が交錯する中、冬の旅が新たな思い出となる様子を描き出す。

ドラマ『春になったら』7話 視聴率

視聴率:5.6

ドラマ『春になったら』7話ストーリー・ネタバレ

冬の旅、家族の思い出の中で

春に巡り合った愛の物語、「春になったら」が、待ちに待った第7話で新たな展開を迎えました。雅彦の退院祝いを迎え、瞳と一馬の関係は深まり、新たな喜びが訪れました。しかし、喜びの陰に雅彦の病状が忍び寄り、物語に深い感動と葛藤が交錯します。

雅彦の提案で始まるキャンプ旅行は、彼と瞳の特別な時間となりました。病状が進行する中、雅彦は瞳との時を大切にし、少しでも長く共有したいという強い思いを抱いていました。そこには、愛と感謝の念が胸を満たしていました。

しかし、瞳は雅彦の病状の深刻さに気づき、キャンプへの参加をためらいます。まきの言葉や節子のアドバイスを受け、瞳は覚悟を決めて美奈子とのエステや料理教室に挑みます。しかし、どんなに楽しい瞬間でも、彼女の心は雅彦に向かっていました。

キャンプの中で雅彦は、自らの死を恐れる気持ちを打ち明けます。しかし、その中から浮かび上がるのは、瞳の笑顔と彼女のウェディングドレス姿への願いでした。そして、驚くべきことに、一馬との結婚を許す決断が下り、物語は新たな展開へと進んでいきます。

一馬はお笑いと塾を両立させる道を選び、瞳と雅彦は息子の龍を劇場に招き、感動的なライブを開催します。ライブの中で綴られた新ネタは、瞳への愛と雅彦への感謝の念が詰まっていました。

ネタが終わり、感動の空気に包まれた中、一馬は瞳にプロポーズ!そして、瞳と一馬は雅彦に頭を下げ、結婚の許しを得ます。雅彦は二人の幸せを願いつつも、瞳と龍の将来を心配し、彼らに約束を求めるのでした。

ドラマ『春になったら』7話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

感想1: "感動の連続!雅彦の覚悟に涙が止まらない!"

第7話の感動的な展開に、心が震えました。雅彦の覚悟と愛に満ちた提案が、キャンプ旅行という特別な瞬間を生み出しました。彼の死を恐れながらも、瞳との時間を大切にする姿勢に感動し、涙がこぼれました。彼の"やりたいことリスト"から結婚反対の項目が消え、新たな未来が広がります。物語の深みが増し、ますます引き込まれる展開に大満足です!


感想2: "一馬のプロポーズにキュンキュン!"

一馬のライブ終了後のプロポーズには、思わずキュンとしてしまいました!感動のライブと共に訪れたその瞬間、一馬の真剣な表情と瞳への愛が心に響きました。感謝の気持ちと共に交わされたプロポーズに、幸福感で胸がいっぱいです。物語が更に深まり、二人の幸せな未来が待っていることに期待が膨らみます!


感想3: "キャンプでの雅彦と瞳の絆にグッときた!"

キャンプ場で繰り広げられた雅彦と瞳の心温まる時間に、思わずグッときました!彼の病状にもかかわらず、笑顔を絶やさない姿勢や、瞳との特別な瞬間に込められた愛に、胸が熱くなりました。物語が進むにつれて、ますますキャラクターたちの深みが感じられ、これからの展開がますます楽しみです!


感想4: "一馬の新ネタが最高!"

一馬のライブで披露された新ネタには、思わず爆笑してしまいました!瞳への思いや雅彦への感謝が込められたそのユーモアあふれる内容に、笑い声が絶えませんでした。ライブの場でのプロポーズも感動的で、物語の展開に期待が高まります。一馬のお笑いと愛情深い一面が、見事に調和しています!


感想5: "結婚への道、感動の許しと約束!"

雅彦の厳しい条件付きの許しと瞳と一馬の結婚の約束に、胸が熱くなりました!物語が進む中で、登場人物たちが抱える葛藤や喜びが交錯し、視聴者としての感情も共有されるようでした。これからの展開がますます気になり、感動の連続に期待が高まります!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『春になったら』第6話

ドラマ「春になったら」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|瞳の新たな一歩!幸せとの闘い、そして別れの涙

©︎ドラマ「春になったら」6話

ドラマ『春になったら』6話 あらすじ

一馬(濱田岳)との婚約を解消した瞳(奈緒)に異変が!? 雅彦(木梨憲武)は自ら幸せを手放そうとする瞳の姿にやりきれず、これから訪れる別れにも寂しさがこみあげて…

「私はかず君とは結婚しない!」――自分たち父娘のせいで一馬(濱田岳)が芸人をやめ、それに反発した龍之介(石塚陸翔)が家出する事態に責任を感じた瞳(奈緒)は、一馬との結婚をやめると宣言。一馬はショックを受けるが、瞳の胸中を察して了承する。

同じ頃、人生ノートを書き終えた雅彦(木梨憲武)は、一度は受け入れたはずの死を前に、やはり瞳と別れるのが寂しいと阿波野(光石研)に本音をこぼす。そして、脳裏にはある考えが…。一方で、日に日に症状が悪化していることから、これ以上は隠し通せないと、中井(矢柴俊博)と加賀谷(葵揚)に自分が末期の膵臓(すいぞう)がんであることを告白。治療は受けないという雅彦の強い覚悟に、2人は言葉を失う。

一馬との婚約を解消し、これで心おきなく雅彦のことに専念できると思っていた瞳だったが、助産院での仕事が忙しくても、夜勤明けで体が疲れていても、心はどこか落ち着かず、眠りにつくことができない。雅彦もまた、瞳と一馬の結婚が破談になったと聞いても手放しで喜ぶ気にはなれず、もやもやした気持ちを抱えたまま日増しに強くなる痛みと闘っていた。

そんななか、瞳から結婚をやめたと報告を受けた岸(深澤辰哉)が、突然、椎名家を訪ねてくる。瞳を心配して元気づけようとする岸の優しさに触れ、自らを奮い立たせていつも通り助産院へ向かうが…。

新たな一歩を踏み出す瞳。幸せとの闘い、そして別れの涙が交錯する中、彼女の未来はどう変わっていくのか。

ドラマ『春になったら』6話 視聴率

視聴率:5.2

ドラマ『春になったら』6話ストーリー・ネタバレ

瞳の新たな一歩!幸せとの闘い、そして別れの涙

2012年3月25日。春の陽気が広がる中、瞳は17歳の誕生日を迎えていた。雅彦はサプライズの誕生日会を計画し、心を弾ませていたが、瞳は友達とのカラオケに行くと告げ、雅彦を置き去りにしてしまう。用意されたケーキが寂しげにそびえる中、物語は新たな局面へと進展する。

カズマルくんの理解と瞳の決断

瞳は結婚を決意した相手である一馬(濱田岳)に、やりたいことリストの「お父さんにかず君との結婚を認めてもらう」を消すことを伝える。一馬は、瞳が結婚に迷っていることを理解し、「結婚はまだ早い」と瞳の気持ちを汲み取る。一馬は大切なことを後回しにしたり、忘れたりすることの重要性を語り、結婚の話を保留することを提案する。

ウエディングプランナーの怒りと助産院での葛藤

一方で、ウエディングプランナーの黒沢は瞳の再々のキャンセルに怒りっぽく反応し、森野からは「キャパ狭すぎ」と指摘される。同時に、亜弥の両親は助産院を訪れ、出産に納得できない悩みを抱えていることが明らかになる。節子は両親を説得し、立ち会いを許可する。

雅彦の複雑な心情と告白

雅彦は人生ノートを書き上げ、阿波野の診療を受けながら、進行中のガンに直面していることを実感する。瞳との別れが寂しく感じ、延命治療の可能性を問う。中井と加賀屋に末期のすい臓がんであることを告げ、ふたりはショックを受ける。同僚の大沢の例を挙げ、雅彦は縛られた余命ではなく、自分らしい終わりを迎えたいと語る。

一馬と岸の複雑な心情

一馬は瞳からの婚約破棄を受け入れ、心の中で葛藤する。同時に、岸は瞳が結婚式をキャンセルしたことを知り、慌てて椎名家を訪れる。岸は瞳を気遣い、彼女を励ます言葉をかける。瞳は岸の優しさに触れ、涙を流す。岸は瞳に手を添え、「ありがとう」という言葉をかける。

一馬と岸の約束と瞳の退院パーティー

一馬と岸は偶然出会い、一馬は瞳のことを心から頼み、岸に彼女を支えてほしいと涙ながらに語る。岸は約束し、瞳の友達であり続けることを誓う。瞳の退院後、雅彦の声かけで集まった友達と共に、感動的な退院パーティーが開催される。手巻き寿司で祝福し、和やかなひとときを過ごす。

意外な結末と瞳の新たなスタート

パーティーの終わりに岸は、瞳の婚約解消について言及し、「やっぱり瞳はカズマルくんが好きなんだな」と感じる。岸もまた、瞳とカズマルの幸せを応援する心情に変化する。美奈子は岸に「ずっと友達でいてね」と語りかけ、新たなスタートを迎える瞳の前途に期待が膨らむ。

瞳の新たな決断と和やかな家族のひととき

瞳はストレスから倒れ、入院することになるが、その際には岸や美奈子らが瞳を心配し、お見舞いに訪れる。退院が決定した際、雅彦は瞳の「やりたいことリスト」を見つめ、自らの思いに向き合う。家に戻った瞳は岸や美奈子、まきと共に、雅彦の声かけで集まった友達と共に、新たなスタートを切ることを決意する。手巻き寿司を囲み、和やかなひとときを過ごす一同。雅彦は「やりたいことリスト」に書かれた「お父さんにかず君との結婚を認めてもらう」に改めて向き合い、瞳の幸せを願い始める。

ドラマ『春になったら』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 感動の嵐!瞳の複雑な心情にグッときた!

物語の中で繰り広げられる瞳の感情の揺れが素晴らしかったです。彼女の複雑な心情に胸が締め付けられ、涙が止まりませんでした。登場人物たちの細やかな感情表現が、視聴者に共感を呼び起こしました。

2. 雅彦のストーリーに感動の嵐!

雅彦の生きる意味を探す姿勢に、心から感動しました。彼の病気との向き合い方や人生ノートの存在が、物語に深みを与えています。感動と共に、人生の尊さを改めて考えさせられました。

3. 友情の約束が涙を誘う!

一馬と岸が瞳のために誓った約束のシーンが、胸を打ちました。友情と約束の力強さがストレートに伝わり、感動の嵐が押し寄せました。物語の結末には、心が温かく包まれた気持ちになりました。

4. 瞳の成長が感じられ、感慨深い!

瞳が過去の葛藤から抜け出し、新たなスタートを切る姿勢に感激しました。彼女の成長がじんわりと伝わり、視聴者としては彼女の未来に対する期待と喜びが湧き上がりました。感慨深いエピソードでした。

5. 絆の温かさに心打たれた!

家族や友達とのふれあいが描かれた場面で、絆の温かさに心が打たれました。手巻き寿司を囲んでのほっこりとしたひとときが、視聴者にも優しい温もりをもたらしました。感動の余韻が長く残る素晴らしいドラマでした。

ドラマ『春になったら』6話 見どころ

1. 瞳の複雑な心情の描写

瞳が結婚を迷い、一馬との婚約を解消する過程で、彼女の複雑な感情が丹念に描かれています。一馬との関係だけでなく、雅彦との絆や病気との向き合い方も緻密に描かれ、登場人物たちの深い心情が感じられます。

2. 雅彦の生きる意味の模索

雅彦のガンと向き合いながら、人生ノートを書く姿勢が感動的です。彼の心の葛藤や終末期の現実と向き合う姿勢が、視聴者に深い感銘を与えます。物語が進むにつれ、雅彦の人間ドラマがより際立ってきます。

3. 友情と約束のテーマ

一馬と岸が瞳のために心から約束する場面が感動的です。友情と約束のテーマが物語を締めくくり、視聴者に感動を呼び起こします。瞳の新たなスタートに向けた仲間たちの支えが、希望と温かさを与えます。

4. 瞳の成長と新たな決断

瞳が自らの気持ちと向き合い、新たなスタートを切る姿勢が魅力的です。彼女の成長が感じられ、過去の葛藤から抜け出す決意に、視聴者は感情移入せざるを得ません。物語の中での瞳の変化が見どころの一つです。

5. 家族や友達との絆の描写

退院パーティーでの家族や友達とのふれあいが、心温まる場面となっています。手巻き寿司で祝福し、笑顔あふれるひとときが、家族や友情の尊さを改めて感じさせます。物語全体を通じて、絆の大切さが描かれています。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『春になったら』第5話

ドラマ「春になったら」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|芸人の引退と新たな道への一馬の決断:家族の絆と人生の転機

©︎ドラマ「春になったら」5話

ドラマ『春になったら』5話 あらすじ

芸人の一馬(演:濱田岳)が驚くべき決断を下し、その決断が彼の家族や周囲の人々にどのような影響を与えるのか、人々の心情が揺れ動く出来事が起こりました。

一馬は、彼の恋人である瞳(演:奈緒)との結婚を望み、そのために安定した道を選ぶことを決断します。彼は雅彦(演:木梨憲武)に結婚を認めてもらうため、芸人としてのキャリアを終えることにします。この決断は、彼の父である龍之介(演:石塚陸翔)にも大きな影響を与えます。

一方、瞳は一馬の決断に戸惑いと喜びを感じます。彼女は、一馬の優しさと愛情に感謝しつつも、自分の気持ちを置き去りにされたことで複雑な思いにさいなまれます。また、雅彦も一馬の決断に驚き、それが彼らの関係にどのような変化をもたらすのかを考えざるを得ません。

一馬の決断により、彼の周囲の人々の生活や関係性が大きく変わります。彼は学習塾での仕事を始め、新たな道を歩み始めます。しかし、その決断は龍之介との関係にも暗い影を落とし、家族の絆が試される時がやってきます。

一馬の決断は、彼の人生における重要な転機であり、家族や周囲の人々の心情にも大きな影響を与えます。彼らはそれぞれの立場から一馬の決断と向き合い、新たな未来に向かって前進していくことになるでしょう。

ドラマ『春になったら』5話 視聴率

視聴率:5.4

ドラマ『春になったら』5話ストーリー・ネタバレ

芸人の引退と新たな道への一馬の決断:家族の絆と人生の転機

「人生ノートに何を記す?」

驚くべき出会いから生まれた不思議な依頼。岸との再会が、雅彦にまさかの展開をもたらしました。木梨憲武演じる雅彦が、人生の最後を自分らしく飾るために、驚きのプランを練り始めたのです。何かと物議を醸しそうなこの決定に、瞳と岸は戸惑いを抱えざるを得ません。

雅彦の余命を悟った彼が願うのは、人生の終わりを暗いものにしないで欲しいという強い思い。そして、それを具現化するために、人生ノートに自身の葬式プランを綴り始めたのです。驚くばかりの決断に対して、瞳と岸はまるで意思疎通が難しいような状況になっていました。

瞳は、雅彦の思いを受け入れることができず、怒りを露にしました。一方で、岸は雅彦の余命をあっけらかんと話す様子に、戸惑いと混乱を抱えていました。しかし、雅彦は2人の反応には全く動じず、自身の望みを語り続けました。

彼が求めるのは、生前に自らが決めた通りに、笑顔で見送られること。雅彦は明るさを持ち続け、最期まで自分らしさを崩さないことを決意していました。これが彼の最後のメッセージとなるのかもしれません。

「一馬の決断がもたらす波紋」新たな一歩を踏み出した一馬

一方、新たな一歩を踏み出した一馬。学習塾の講師として頭脳とトーク力を活かし、好評を博して正社員に昇進した彼は、経済的にも安定し、雅彦にも瞳との結婚を認めてもらえると喜びます。

しかし、その幸福の裏には大きな決断が隠れていました。それは芸人としてのキャリアを終えるということ。一馬の決断は周囲に波紋を広げ、関係者たちを混乱させます。

瞳は、一馬の優しさを感じながらも、心の中でモヤモヤとした感情を抱えています。一馬の息子である龍之介も、父の帰りが遅くなり、寂しさを感じていました。こうして、一馬の決断が様々な感情を引き起こしていくのです。

雅彦の提案に混乱する瞳

そして、物語はさらに複雑な展開を迎えます。雅彦が提案する、花嫁姿を見せるというアイディア。一馬はこれを強く支持し、雅彦が亡くなる前に瞳に幸せな瞬間を提供しようとします。これにより、瞳は混乱の渦に巻き込まれていきます。

帰宅した瞳は、雅彦のノートを開くと、「一番うれしかった思い出」という欄に「瞳が生まれた日」と書かれていました。この一文に触れ、瞳は涙を流すこととなります。雅彦の深い愛情がこめられたメモに触れ、瞳の心には温かな思い出が広がっていくのです。

そして、物語は一気にドラマチックな展開へと加速します。一馬の息子である龍之介が家出してしまうという予測不能な出来事が発生。一馬と瞳は急いで彼を探し始めます。

雅彦の偶然の出会いが織りなす結末

奇しくも、龍之介は雅彦に出会い、彼の優しさに触れてしまいます。雅彦は龍之介を家に連れて帰り、そのことを知った一馬と瞳は安堵の息をつくこととなります。

しかし、龍之介は自らの立場に不満を抱えており、一馬が芸人を辞めたことに対しても疑問を抱いています。雅彦はその決断に対して「惜しいところまで行ってたのに、なんでやめたんだ!」と口にし、物語に新たな波風を巻き起こします。

一馬は龍之介を連れて帰り、瞳は雅彦に向けて結婚を認めてほしいという思いを涙ながらに伝えます。しかし、瞳は一転して「結婚をやめる」と言い出し、物語は更なる混乱の渦に巻き込まれていくのでした。

物語は予測不能な展開と感情の入り混じる複雑な状況へと突入。雅彦の人生ノートに記された願いや、一馬の決断がどのように物語を導くのか、読者は今後の展開に期待と興奮を抱えながら、物語の続きを追っていくことになりそうです。

ドラマ『春になったら』5話 見どころ

1. 雅彦の覚悟!人生ノートに刻む最後のメッセージ

雅彦(木梨憲武)の余命を悟り、彼が人生ノートに刻む最後のメッセージには感動が詰まっています。葬式プランを綴り、自らの最期を自分の思い通りに飾るための覚悟が垣間見え、物語に深みを与えています。雅彦の明るい見送りへの強い思いが、読者の心を打つでしょう。

2. 一馬の進化!芸人から講師への大胆な転身

学習塾講師として働き始めた一馬の大胆な転身が物語を一気に加速させます。頭脳とトーク力を武器に好評を博し、正社員に昇進した一馬。しかし、その成功と幸福の陰には大きな決断が潜んでおり、これが物語に新たな波紋を生む要因となっています。

3. 瞳の葛藤!一馬の決断に揺れる心情

一馬の芸人としてのキャリア終了により、瞳の心に葛藤が広がります。一馬の優しさと幸福感と、それに伴う心のモヤモヤ。読者は彼女の複雑な感情に共感し、物語に引き込まれます。

4. 龍之介の叫び!家出の真相に迫る

一馬の決断が引き起こした龍之介の家出。彼が家族の状況に不満を抱え、一馬の芸人引退に対する疑問を抱く様子が描かれます。物語に緊張感と感動をもたらし、読者は龍之介の叫びに耳を傾けます。

5. 予測不能な展開!雅彦と一馬の交錯する運命

雅彦の提案と一馬の決断が交錯し、物語は予測不能な展開へと突入します。瞳の混乱や龍之介の叫びと合わさり、読者はどの方向に物語が進むのか、興奮と期待に胸を膨らませます。物語の核心がさらに深まる瞬間です。

ドラマ『春になったら』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

「雅彦の覚悟に涙が止まらない!感動の嵐に包まれました!」

雅彦の余命を知り、人生ノートに刻む最後のメッセージには、彼の強い覚悟と明るい思いが感じられ、涙がこぼれました。物語を通して伝わる感動の嵐に、心が温かくなりました。

「一馬の転身に感動!キャリアと家族の葛藤が心に刺さります!」

一馬の芸人から講師への転身には、キャリアと家族の葛藤が見事に描かれています。その決断が物語に新しいドラマ性を与え、感動が胸に迫ります。

「瞳の葛藤がリアルで心に残る!一馬との愛の行く先に期待と不安が入り混じります!」

瞳の葛藤がリアルで、読者の心に深く残りました。一馬との愛の行く先には期待と不安が入り混じり、物語が続くことが待ち遠しいです。

「龍之介の叫びが切ない!家族の絆と葛藤が胸に迫ります!」

龍之介の家出には切なさが漂い、家族の絆と葛藤が胸に迫りました。物語が彼の叫びをどう受け止めるのか、気になって仕方ありません。

「予測不能な展開が興奮を誘う!次が気になりすぎて眠れません!」

雅彦の提案と一馬の決断が交錯し、予測不能な展開が物語に興奮をもたらしました。次が気になりすぎて、眠れないほどの引き込まれ感があります。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『春になったら』第4話

ドラマ「春になったら」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想| 紡がれる友情の絆 〜雅彦と一馬、交わる運命の物語〜

©︎ドラマ「春になったら」4話

ドラマ『春になったら』4話 あらすじ

運命の歯車が巡り巡って、かつての親友雅彦(木梨憲武)と一馬(濱田岳)の間に、予測不能な出来事が起こった。瞳(奈緒)からの結婚の保留宣言により、一馬は人生を再考し、重大な決断を下すことになる。

「結婚のことは、いったん待ってほしい」。雅彦が“死ぬまでにやりたいことリスト”を達成する姿を見て、それが死へのカウントダウンのようであるかのように、つらさが募る瞳は、新しい家族を築くよりも、今は雅彦のことだけを考えたいと一馬に打ち明ける。しかし、偶然出会った阿波野(光石研)からの諭しにも関わらず、一馬は自分の幸せを優先することができないでいた。

一方で、瞳は自らの感情を抑え、雅彦の願いをかなえることを決意する。雅彦の“やりたいことリスト”の中で三つ目に掲げられた『神に謝る』を実現すべく、瞳は雅彦の同級生である“神健一郎”を見つけ出す。しかし、雅彦は神に会うことを恐れており、瞳が問いただすと、中2の頃に好きな人を巡って雅彦が親友の神を裏切ったことが発覚する。

後ろめたい気持ちを抱え続けていた雅彦は、瞳の背中を押され、喫茶店を経営する神の元を訪れることを決意する。しかしそこで雅彦が48年前の出来事を謝罪すると、神は顔をこわばらせ、雅彦をまともに見ようとしない。更に、「謝らなきゃいけないのは僕の方だよ」と言う神の言葉に、雅彦は身に覚えがないことを強調するが…。

ドラマ『春になったら』4話 視聴率

視聴率:5.5

ドラマ『春になったら』4話ストーリー・ネタバレ

紡がれる友情の絆 〜雅彦と一馬、交わる運命の物語〜

プロローグ

8年4か月前、大学生だった瞳(奈緒)、岸(深澤辰哉)、美奈子(見上愛)。将来の夢を語り合う中、美奈子が岸のタブレットを見つける。そこには瞳の写真が…。

雅彦が神に謝罪

一馬(濱田岳)は瞳との結婚を考え、お笑い芸人を辞める覚悟を決める。阿波野(光石研)のアドバイスを受け、瞳がやりたいことリストを実現することが雅彦にとって重要なことだと知る。瞳は「神に謝る」を実行しようと決意し、神を探し出す。48年ぶりの再会で、かつての因縁を解き明かすこととなる。

雅彦が神に謝罪

瞳は「神に謝る」を実行しようと決意し、神を探し出す。雅彦の中学時代の出来事が浮かび上がり、神との再会が彼の過去の傷を癒すきっかけとなる。雅彦は中学生の頃、親友の神との友情を裏切ったことを悔い、神に謝罪しようとする。神の喫茶店での再会で、かつての友情を取り戻そうとする雅彦と神のやりとりが、感動的な展開を迎える。

48年振りの再会!

中井貴一さんが神を演じ、雅彦との再会の感動的なシーンが描かれる。静かなる演技で、心のわだかまりが解けていく様子が見事に表現され、視聴者の心を打つ。雅彦と神が手を握り合い、大人の男たちが肩を組む場面は、学生時代の友情と現在の成熟した絆が交錯し、物語に深みを加えている。

瞳と美奈子の友情

岸は瞳に思いを寄せ、美奈子が岸の気持ちに気づく。美奈子(見上愛)は思いがあふれ出てきてしまい、ひとりで抱えることができなくなり…。そして、瞳に「岸君のことが好き」と打ち明けます。瞳は「知ってる」と驚く様子もなかったのですが、岸が瞳を好きだと告げると、瞳は驚きます。美奈子は本音を泣きながら告げます。

瞳の結婚は心から嬉しいと思ってる。でも、瞳が結婚したら安心するという気持ちもあった。美奈子はそんな自分を「最低だ」と…。

ここでギクシャクするかと思いきや、瞳と美奈子の友情はより深まります。瞳は雅彦と神が和解する姿を見て、自分も美奈子と40年経っても友達でいたいと思うのでした。

ここに岸が省かれているのは致し方無いのかもしれません。岸が瞳に告白するのを制してきたのは美奈子であり、美奈子は身勝手という感想もありました。確かに…、とも思いますが。互いに理解し合いながら深まる友情もあるということでしょう。なんか、岸君に同情してしまうけど。

一馬の選択

一馬は瞳との結婚を考え、お笑い芸人を辞めて塾の講師に就く。息子の反対にもかかわらず、一馬は前向きな決断を貫き、雅彦も彼を認める。

一馬の選択は現実と理想、夢との葛藤を描いており、彼の生き方に注目が集まる。濱田岳さんの演技が、お笑い芸人としての一馬から講師としての一馬への変化を見事に表現している。

『春になったら』第4話は、運命の再会や友情の深化、新たな一歩を踏み出す様子が感動的に描かれています。キャストたちの素晴らしい演技と共に、視聴者は物語の魅力に引き込まれ、次回の展開がますます気になります。

ドラマ『春になったら』4話の見どころ

見どころ1:運命の再会と友情の深化

物語が進む中、8年4か月前の出来事が再び舞い戻り、瞳、岸、美奈子の大学時代の友情が描かれます。特に注目すべきは、雅彦と神の48年ぶりの再会。中井貴一さんの感動的な演技が、彼らの心の葛藤と友情の再生を見事に表現しています。一瞬一瞬の感情移入が視聴者を引き込み、運命の再会のドラマチックな展開が見逃せません。

見どころ2:瞳と美奈子の深まる友情

岸の思いを知り、美奈子が岸への本音を告白するシーンでは、友情の複雑な機微が浮き彫りにされます。美奈子の内面の葛藤や瞳との友情の深まりは、ドラマ全体に感動と温かさをもたらしています。岸、美奈子、そして瞳の三角関係が織り成す友情模様に注目が集まります。

見どころ3:一馬の生き様と夢の葛藤

一馬が結婚を考え、お笑い芸人を辞める決断は、物語に深みを与えています。彼の夢と現実の葛藤が、視聴者に真摯な感動をもたらしています。濱田岳さんの演技力が、一馬の内面の葛藤を見事に表現し、彼の選択に胸が熱くなります。

見どころ4:静かな感動、中井貴一の演技

中井貴一さんが神を演じたシーンは、静かな感動が広がります。雅彦との再会、過去の因縁、そして友情の再生。中井さんの巧みな演技が、物語の深みを一層際立たせ、視聴者に感動の余韻を残します。

見どころ5:人間関係の複雑な模様

登場人物たちの葛藤や思いが錯綜し、交錯する様子が見所です。友情、恋愛、家族との関係が入り混じり、複雑な人間模様が描かれています。視聴者は登場人物たちと共感し、彼らの成長や絆に感動することでしょう。

ドラマ『春になったら』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1:感動の再会に涙が止まらない!

運命の再会に、思わず涙がこぼれました。中井貴一さんの演技は感情の機微を見事に表現し、視聴者に深い感動を与えます。48年の時を超えて再会する友情は、心にしみわたります。感動の嵐に包まれた瞬間でした!

視聴者の感想2:瞳と美奈子の友情がより深まる!

美奈子の本音が明らかになり、瞳との友情がさらに深まりました。岸との三角関係にドキドキしながらも、友情の大切さが胸に迫ります。瞳と美奈子の絆に感動し、彼女たちの友情に共感を覚えました。

視聴者の感想3:一馬の決断に感動!

一馬の結婚への決断に感動しました。夢と現実、葛藤と希望が入り混じる姿は、自分自身と重ね合わせながら視聴していました。濱田岳さんの繊細な演技が、一馬の内面の葛藤をリアルに伝え、心に迫ります。

視聴者の感想4:中井貴一さんの静かな感動!

中井貴一さんの静かで深い演技に感動しました。再会の舞台裏や過去の因縁が、静かな感動を醸し出しています。彼の存在が物語に奥行きを与え、視聴者を感嘆させる素晴らしい演技でした!

視聴者の感想5:複雑な人間模様にグッとくる!

登場人物たちの複雑な心情や関係性に、思わず引き込まれました。友情、家族、恋愛といったテーマが交錯し、視聴者は一瞬一瞬に胸を打たれます。物語の中で織り成される人間模様に、グッと心をつかれた感じです。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『春になったら』第3話

ドラマ「春になったら」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|奇跡の笑いと絆。一馬と瞳、雅彦のために挑むお笑い冒険!

©︎ドラマ「春になったら」3話

ドラマ『春になったら』3話 あらすじ

驚きと感動のストーリーが広がる中、木梨憲武さん扮する雅彦の死が現実のものとなり、焦りと不安が漂っている。しかし、その中で奈緒さん演じる瞳は、雅彦を安心させるために一馬(濱田岳)と協力し、お笑い賞レースでの優勝を目指すことを決意する!

伊豆での雅彦の健康の急変に直面し、海岸での痛みに苦しむ雅彦。瞳は一馬とともに雅彦のために奮闘し、お笑いの勝利を通じて絆を深めることを選ぶ。瞳は医療用の麻薬が含まれている痛み止めに驚き、その晩、“結婚までにやりたいことリスト”を訂正する決断をする。そして、がんの進行を遅らせるために食事療法を始める覚悟を決める。

一方で、一馬はお笑い賞レース『D1グランプリ』に出場すると宣言。2年連続で予選落ちしてきた一馬だが、今回は異例の進出。決勝進出を果たし、更には優勝を目指して雅彦に結婚を認めてもらうため、瞳は奮起する。雅彦の怒りを買った前回の作戦の失敗から学び、今度は一馬の実力を通じて雅彦に安心感を与えることを考える。

そして、雅彦は“死ぬまでにやりたいこと”を叶えるため、瞳を休日の遊園地に誘う。しかしそこで待ち受けていたのは、ネタ作りに行き詰まった一馬と、息子の龍之介(石塚陸翔)も一緒に参加するという予期せぬ展開だった。遊園地での出来事は雅彦にとって特別な思い出となり、一馬との絆も深まっていく。

雅彦の死が迫りながらも、笑いと絆を大切にし、共に挑戦することで、彼らの冒険は奇跡の瞬間へと続いていく。

ドラマ『春になったら』3話 視聴率

視聴率:5.8

ドラマ『春になったら』3話ストーリー・ネタバレ

奇跡の笑いと絆 - 一馬と瞳、雅彦のために挑むお笑い冒険!

22年前のある日、妻が突然この世を去った。それからというもの、雅彦(木梨憲武)はひとり娘の瞳(奈緒)との生活を送ってきた。

しかし、時間は容赦なく流れ、2024年を迎えた海辺で、雅彦の苦しみは増す一方だった。医療用の麻薬が痛みを和らげるものの、彼の健康は次第に衰えていた。

その夜、瞳と雅彦は二人きりで食事を楽しむ。ビールを傾ける雅彦の表情に、瞳は心配そうな顔を浮かべる。海で撮った写真を眺めながら、瞳は自らの「結婚までにやりたいリスト」を書き換えていくことを決意する。

・一人暮らしをすることを「お父さんとこれからも一緒に暮らす」に。 ・美奈子と旅行に行くことを「お父さんと2人で旅行に行く。もう一度!」に。 ・エステに通うことは消し去る。 ・食事療法を勉強する。 ・「かず君との結婚を認めてもらう」は変わらずに…。

一方、お笑い大会「D1グランプリ」に出場することを決意した一馬(濱田岳)にとって、瞳は優勝を強く望んでいた。彼女にとって、一馬の優勝は雅彦の結婚を認める道でもあった。

そして、雅彦は主治医の阿波野(光石研)の診察を受ける。ガンという「最悪のくじ」を引いたと嘆く雅彦に、阿波野は問う。「生まれてこない方が良かったですか?」雅彦は深い思いを込めて答える。「そんなことはない。娘も成長してくれたし。」

阿波野が瞳と会ったことを話すと、雅彦は結婚の諸事情について語り出す。自らの考えを問いかける雅彦に、阿波野ははっきりと反対の意を示す。

雅彦は自らの残りの時間を有意義に過ごすため、「遊園地に行く」ことを実現することを決断する。しかし、予想外の展開となり、一馬と息子の龍之介(石塚陸翔)も同行することになる。

思いがけない4人の遊園地での冒険は、雅彦にとって特別なものとなった。雅彦は一馬がD1での優勝を目指していることを知り、彼からの告白を聞く。そして、瞳との会話を通じて、一馬の選択と彼の内面を垣間見る。

助産院では、美咲(佐津川愛美)の出産が迫っていた。娘の凛(泉谷星奈)との対面は、美咲にとって特別な瞬間となる。しかし、産むことの意味について、美咲は深く考えることとなる。

D1の予選日が訪れ、一馬は見事に通過する。彼の勝利には、瞳と岸圭吾(深澤辰哉)も心からの喜びを示す。しかし、その一方で、岸は自身の決断に後悔の念を抱える。

準々決勝当日、瞳は美咲の出産をネットで見守る。一馬は会場での準決勝に挑む。その一方で、助産院では美咲と凛の心の交流が繰り広げられる。

一馬の舞台から戻り、雅彦は一馬のことを熱心に話す。そして、結婚についての考えを瞳に明かす。しかし、瞳は今は雅彦を優先すると告げ、結婚の話を保留する。

雅彦の健康状態が次第に悪化する中、瞳は彼との大切な時間を大切に過ごそうと決意する。彼女の決断には、さらなる試練が待ち受けているのだろうか。

瞳が帰宅すると雅彦がネットで準々決勝を見ていたと話す。雅彦は一馬が優勝したら瞳と結婚させて欲しいと言ってたと話し「あれはムリだ」と言い出す。

雅彦は一馬のお笑いのことを細かく話し始め、瞳との会話が弾む。雅彦は一馬を応援している様子。しっかり、1票も入れていたのだ。

一馬の芸には人の良さがでているんだという雅彦だが…。

「でも、それと結婚とは話が別」断固、結婚には反対。

「わかってる。結婚の話は忘れて、今は」と瞳。

雅彦「どういうこと?」

ドラマ『春になったら』3話 見どころ

1. 家族の絆の再構築

雅彦と瞳の父娘関係が、病と向き合う中で再構築される。彼らの心の交流や家族としての絆が、涙と笑いを通じて描かれ、感動の連続となる。

2. 一馬の成長と決断

一馬のキャラクターは、お笑いの舞台だけでなく、人間的な成長も見せる。彼が結婚という新たなステージに進む決断は、物語に深みを与え、視聴者に感慨深い思いを抱かせる。

3. 助産院での感動的な出産シーン

美咲の助産院での出産は、感動的で美しい瞬間が描かれている。家族の新しい命が誕生する瞬間は、視聴者に喜びと感激をもたらす。

4. 遊園地での冒険と笑い

雅彦と瞳、一馬と龍之介の遊園地での冒険は、笑いと感動が詰まった場面となる。遊園地を舞台にしたシーンは、物語の中でのほっこりとした癒しの瞬間となる。

5. 結婚に対する葛藤と決意

瞳が結婚に対する葛藤と決意を抱える過程が、心の葛藤と成長の物語として描かれる。結婚という未知の世界に向き合う瞳の姿勢は、視聴者に深い共感を呼び起こす。

ドラマ『春になったら』3話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 感動の嵐に包まれた!

物語の中で描かれた家族の再構築や助産院での出産シーンは、涙を誘う感動の場面が連続。特に雅彦と瞳の絆には心が温かくなる思いが広がった。感動の嵐に包まれた素晴らしい作品!

2. 一馬の成長に胸が熱くなる!

一馬のキャラクターがお笑いの舞台だけでなく、人間的な成長も遂げる姿勢には胸が熱くなる思いがした。結婚という新たなステージへの進展は、彼のキャラクターに深みを与え、視聴者を引き込んだ。

3. 助産院の出産シーンに感動の涙!

美咲の出産シーンは、感動の涙が止まらないほど美しく描かれていた。新しい命が誕生する瞬間は、家族の奇跡を感じさせ、心に深い感激が広がった。

4. 遊園地での冒険が楽しくて微笑ましい!

遊園地での雅彦と瞳、一馬と龍之介の冒険は楽しさと微笑ましさが溢れていた。笑いあり、感動ありの場面で、視聴者は心からほっこりとした気分に包まれた。

5. 瞳の結婚に対する葛藤に胸が締め付けられる!

瞳が結婚に対する葛藤と決意を抱える姿には、胸が締め付けられる思いがした。未知の世界に向き合いながらも成長していく様子は、視聴者に深い感銘を与えた。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『春になったら』第2話

ドラマ「春になったら」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|雅彦の決断に挑む瞳!“死ぬまでにやりたいことリスト6”の真相と、結婚への不安

©︎ドラマ「春になったら」2話

ドラマ『春になったら』2話 あらすじ

驚きと感動の物語が今、幕を開ける!

木梨憲武演じる雅彦の“死ぬまでにやりたいことリスト”が6つも!? 父の覚悟に胸を打たれつつも、その気持ちを理解できない奈緒(演:奈緒)。彼女は治療を受けることを望み、一つの大胆な作戦に打って出るのだが!?

奈緒の婚約者である濱田岳演じる一馬のお笑いライブを、木梨憲武演じる雅彦が1人で偵察に行った結果、一馬のバツイチで子持ちであることが発覚! これに激怒した雅彦は、その場ですぐに瞳と激しい言い争いに発展。一馬を全否定する雅彦に憤慨した瞳は、病気の雅彦を気にも留めず、一度はキャンセルした結婚式を再びやると宣言。しかし、一方で雅彦に祝福されて結婚したいという複雑な思いを抱える。

そんな中、雅彦は次第に体に異変を感じ始め、奈緒の“結婚までにやりたいことリスト”にならい、自らも“死ぬまでにやりたいことリスト”を作る。そこには、これまでの人生でやり残したことや、過去と向き合おうとする雅彦の最後の願いが込められていた。奈緒はこれを見てますます雅彦の死への受け入れが理解できなくなり、主治医である緩和ケア医の光石研演じる阿波野弘に雅彦の本当の気持ちを聞き出そうとするが…。

さらに、奈緒は雅彦に1日でも長く生きてほしいと願い、雅彦が生きることに理由を見出し、治療を受ける気になるよう、ある作戦を練る。果たして奈緒の思いと雅彦の心情、そして“死ぬまでにやりたいことリスト”の真相は明らかになるのか? この感動のストーリー、ますます見逃せない展開が待っている!

ドラマ『春になったら』2話 視聴率

視聴率:5.8

ドラマ『春になったら』2話ストーリー・ネタバレ

雅彦の決断に挑む瞳!“死ぬまでにやりたいことリスト6”の真相と、結婚への不安

1年3か月前の奇跡の出会い

「瞳と一馬、運命の交差点でめぐり逢う!」

1年3か月前、椎名瞳(奈緒)と川上一馬(濱田岳)は喫茶店で偶然にも隣同士に座る。瞳が一馬にカズマルくんのファンであることを告げ、一馬は驚きとともに喜びを表す。これが二人の運命の始まりだった。

岸の結婚反対!?

「美奈子のリストに揺れる岸、そして結婚の決意」

2024年1月14日、瞳、大里美奈子(三上愛)、岸圭吾(深澤辰哉)はお好み焼き屋に集まる。美奈子が瞳の「結婚までにやりたいリスト」を読み上げ、岸はその中で結婚に否定的な意見を述べる。しかし、瞳は一馬との結婚を決意しており、岸との葛藤が始まる。

雅彦の死ぬまでにやりたいこと

「雅彦の夢と終わり、そして瞳の切なる願い」

帰宅した瞳は雅彦の「死ぬまでにやりたいことリスト」を知り、その中には伊豆旅行や神への謝罪、ホームパーティーなどが挙げられていた。しかし、雅彦は治療を受けず、瞳の願いにも耳を貸さない。瞳は一馬との結婚を迫られ、雅彦は苦悩する。

瞳の切なる願い

「一馬への愛、雅彦の意志との葛藤」

春になり、瞳は一馬と公園で遊んでいた。一馬はがん患者について語り、雅彦の心情を理解していた。瞳は雅彦に治療を受けるよう懇願し、彼の「生きる理由」を見出すべく奮闘する。

結婚式の準備

「黒沢健、瞳の熱意に戸惑い」

結婚式のプランナーである黒沢健(西垣匠)は、瞳の熱意に戸惑いながらも、予算を抑えながら華やかな結婚式を提案する。しかし、瞳の意図が理解されず、混乱が広がる。

岸の片想い

「岸の葛藤、美奈子の助言」

岸は葬儀屋で働きながら、瞳から結婚式の司会を頼まれる。美奈子は岸に対して瞳に告白するよう助言し、岸は葛藤する。友情を守りたい岸と、想いを告白すべきだとする美奈子の間で葛藤が交錯する。

雅彦と一馬の意外な過去

「雅彦と一馬、驚きの出会いと告白」

瞳が雅彦と一馬の対面を果たす。家に帰ると、雅彦が明るい表情でお風呂に入っている光景が広がる。翌日、一馬との対面を希望する瞳に対し、雅彦は承諾。二人が料亭でまきと共に過ごす中、雅彦の過去が次第に明らかになる。

雅彦と佳乃の思い出

「雅彦の胸中、佳乃との幸せな瞬間」

伊豆で雅彦が妻・佳乃との出会いを回想するシーンが描かれる。海の家で働いていた雅彦が佳乃に一目惚れし、10年間の片想いの末に結ばれた二人の幸せな瞬間が描かれる。

瞳の一馬への愛の理由

「一馬の優しさと、瞳の生きる力」

春になり、瞳が写真を見せながら一馬に好きな理由を問う場面が繰り広げられる。瞳は、一馬が自分を支え、救ってくれたことを明かし、その理由を雅彦に託す。

「雅彦の最後、瞳の涙と希望」

雅彦がカメラを構え、瞳と共に写真を撮り始めるが、その最中に雅彦が苦しみだし、物語は感動的かつ切ない結末へと向かう。

ドラマ『春になったら』2話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 感動の連続!涙が止まらない!

「瞳と一馬の初対面や、雅彦のリストに胸が熱くなりました。感動の連続で、思わず涙が溢れ出てしまいます。物語がどの方向へ進んでいくのか、ますます気になります!」

視聴者の感想2: 岸の葛藤に共感!

「岸の葛藤がリアルで共感できました。友達関係を崩したくない気持ちと、一歩踏み出す勇気との葛藤が心に迫ります。美奈子のアドバイスも効いて、岸の成長が楽しみです!」

視聴者の感想3: 瞳の決意に圧倒!

「雅彦の死ぬまでの願いと瞳の強い決意に圧倒されました。結婚を求める瞳の姿勢や、雅彦の内面が交錯する様が素晴らしく、物語の深みを感じました。次回がますます楽しみです!」

視聴者の感想4: プランナーの反応に笑いあり!

「結婚式のプランナーの反応が笑えました。瞳の熱意とは裏腹に、予想外の展開にプランナーの戸惑いが微笑ましく、コミカルな要素も楽しめました。期待以上の展開にワクワクしています!」

視聴者の感想5: 一馬の告白に涙、雅彦との対面に感動!

「一馬の雅彦に対する告白が心に響き、思わず涙が。意外な過去が明かされるシーンも感動的で、物語の展開が予測不能で興奮が止まりません。次回がますます楽しみです!」

ドラマ『春になったら』2話 見どころ

見どころ1: 運命の交差、瞳と一馬の初対面!

瞳と一馬が出会う瞬間は、まるで運命の歯車が噛み合ったかのような美しい瞬間。1年3か月前、喫茶店での偶然の隣り合わせが、二人の人生を大きく変える運命の始まりを告げています。瞳の一声が、一馬の心を驚きと感激で包み込む瞬間に注目です!

見どころ2: 岸の葛藤、美奈子のアドバイス!

美奈子のリストに揺れ動く岸。友達関係を壊さず、片想いの想いを打ち明けることの難しさに直面します。美奈子の巧妙なアドバイスと共に、岸の心の葛藤が繊細に描かれ、視聴者は岸の内面に感情移入することでしょう。

見どころ3: 雅彦の死ぬまでの願いと瞳の決意!

雅彦の「死ぬまでにやりたいことリスト」が瞳に示される。その中には雅彦の心の葛藤が表れ、瞳の涙を誘います。一方で、瞳が一馬との結婚を求める姿勢が強調され、感動的な決意と覚悟が交錯する見どころです。

見どころ4: 結婚式の打ち合わせとプランナーの戸惑い!

瞳の結婚式の打ち合わせが進行する中で、プランナーの黒沢健が戸惑いを隠せない表情を浮かべる。瞳の熱意と異なる方向に進むプランに、黒沢の反応が見どころ。予期せぬ展開に期待が膨らみます。

見どころ5: 一馬の告白、雅彦との対面!

意外な過去が明かされる一馬と雅彦の対面。一馬が雅彦に対して告白する瞬間は、感動と共感の嵐を巻き起こす。過去の選択と未来への希望が交錯する、物語のクライマックスに期待が高まります。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『春になったら』第1話

ドラマ「春になったら」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想|春の予感! 新たな始まりへの第一歩!

©︎ドラマ「春になったら」1話

ドラマ『春になったら』1話 視聴率

視聴率:7.2

ドラマ『春になったら』1話ストーリー・ネタバレ

春の予感! 新たな始まりへの第一歩!

2024年が幕を開けた元日

椎名家では感謝の挨拶が交わされていました。雅彦(木梨憲武)と娘の瞳(奈緒)がおせち料理を囲み、「あけましておめでとう、今年もよろしく」と笑顔で迎え合った瞬間、予想だにしない告白が始まりました。

雅彦は「話がある」と口火を切り、同時に瞳も「私もある」と返します。その緊張感漂う中、瞳が結婚宣言、雅彦が余命わずかなことを告げる瞬間が訪れます…。

「まいったな、俺、まだ62だよ」

「たったひとりの家族なんだよ」と瞳。

「誰だっていつかは死ぬんだから、お前には申し訳ないけど俺の死に方は俺に決めさせてくれ」

「お父さん、死なないで、お願いだから治療を受けて。私のために受けてよ」

彼女が29歳の誕生日に川上一馬(濱田岳)との結婚を決意したこと。一馬はお笑い芸人で、「カズマルくん」として活動中。雅彦はこの結婚を認めることができませんでしたが、その理由は雅彦自身がステージ4のすい臓がんで余命3ヶ月だという告白にありました。

一馬がバイト中に報告すると、瞳は雅彦と一馬が会えるように手配する約束を交わしました。

瞳は助産院で働く仕事に携わっており、院長の杉村節子(小林聡美)と斉藤愛里(影山優佳)とともに新年の挨拶を交わします。その中で、瞳は草野夫妻(菊池亜希子・近藤公園)の妊娠を温かく見守っています。

雅彦は売上No.1の実演販売士として仕事に励み、初詣では瞳と一緒に着物を着て写真を撮りました。ヨッシーコーポレーションでの実績は誇るもので、彼の日常は充実しているようでした。

瞳が雅彦と帰宅すると、雅彦は「カズマルくん」の面白くない芸を見ていました。しかし、雅彦は一馬の芸について否定的な意見を述べ、「ダメダメ」と一馬を認めませんでした。

結婚までにやりたいこと

そんな中、瞳は雅彦に「結婚までにやりたいこと」を伝えます。その中には一人暮らし、友達との旅行、エステや料理教室への参加、そしてお父さんの結婚認めてほしいという願いが綴られています。

瞳は雅彦の姉である神尾まき(筒井真理子)に相談し、まきも雅彦がガンであることを信じられないでいました。しかし、瞳の結婚にも賛成しきれない心情を抱えていました。

雅彦は実演販売士として成功を収め、仕事帰りには瞳と一緒に初詣に行くなど、父娘の時間も大切にしていました。

瞳が助産院で働く中、20歳の妊婦である矢萩亜弥(杏花)が無痛分娩を希望するも、院長らは難しいと説明します。亜弥と夫の祐作(金子隼也)の苦労に触れ、瞳と愛里は思いやりのある言葉をかけました。そして、瞳が6歳のときに母の佳乃(森カンナ)が事故で亡くなったことが判明します。瞳は助産師に生まれ、その経験を通じて新しい命と向き合っています。

瞳は雅彦と共有した思い出にふけり、クレープを食べたことや高校卒業式で泣いた雅彦の姿を回想します。

しかし、瞳の母の死の真相を知ったことで、彼女の心には新たな葛藤が芽生えつつありました。一方で、雅彦は余命を悟り、自身の死についての考えを明かしています。

ドラマ『春になったら』1話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

涙が止まらない感動の嵐!
物語が進むにつれ、父娘の切ない対話や一馬の成長に涙がこぼれました。木梨憲武と奈緒の演技力に圧倒され、感動の嵐に包まれる中、家族の絆の尊さを再認識しました。これほど心に残るドラマは滅多にありません!

一馬の変化に感動!
一馬のキャラクターが物語を通じてどんどん変わっていく様子に感動しました。笑いの裏に隠された深い思いや、雅彦との交流が、一馬の人間模様を浮き彫りにし、視聴者としての共感が深まりました!

助産師の仕事の大切さに気づかされた!
瞳が描かれる助産師としての姿勢に心打たれました。新しい命への愛情や患者とのふれあいが、彼女の仕事にどれだけ大きな意味を持っているかを再確認させられました。リアルな描写に感謝。

父娘の覚悟に胸が熱くなる!
雅彦と瞳が直面する困難に向き合う覚悟に胸が熱くなりました。余命宣告と結婚の選択、それぞれの葛藤が見事に表現され、家族愛の尊さを改めて感じました。視聴者としても、共に生きる思いに共感しました。

一馬の奮闘に拍手喝采!
一馬の仕事や家庭との葛藤がリアルで心に響きました。結婚に反対されながらも、自身の芸に真摯に向き合う姿勢が素晴らしく、拍手喝采せざるを得ません。物語が進むにつれ、一馬への共感が一層深まりました。

1. 父娘の感動の対話!

雅彦と瞳が互いに秘めていた思いを告白する感動の対話が、物語に深みを与えます。雅彦の余命告白と瞳の結婚宣言が同時に飛び出す瞬間、家族の絆が試されます。木梨憲武と奈緒が見事な演技で、視聴者の心に響くシーンです。

2. 人間ドラマの真髄!

濱田岳演じるお笑い芸人・川上一馬の人間味あふれる姿勢が物語を彩ります。結婚に反対された一馬が、雅彦との交流を通じてどのように変わっていくのか、その変遷が見どころとなります。笑いと感動が絶妙に交錯する一馬のキャラクターに注目です。

3. 助産師のリアルな仕事描写!

瞳が助産院で働く様子がリアルかつ感動的に描かれています。患者とのふれあいや、新しい命と向き合う助産師としての喜びや苦悩が描かれ、仕事にかける情熱が視聴者に伝わります。助産師の仕事の奥深さを堪能できる見どころです。

4. 病と向き合う覚悟!

雅彦が余命3ヶ月と告げ、瞳が結婚への覚悟を固める姿勢が心に迫ります。父娘が直面する難題に果敢に立ち向かう姿勢が描かれ、家族の絆と覚悟の重さがリアルに表現されています。感動と共感を呼び起こす見どころとなります。

5. 一馬の人間模様!

川上一馬が抱える仕事と家庭の葛藤が描かれ、一馬の内面に迫ります。結婚に反対され、そして自身の芸にも不安を感じる一馬が、雅彦や瞳との交流を通じて成長していく姿が見どころ。キャラクターの深層心理が物語に奥行きをもたらします。

なんでも自由に書いて下さい♪

映画、ドラマ、アニメ愛好者必見!

31日間無料トライアルで、230,000本以上の動画、160誌以上の雑誌が楽しめます!さらに、600円分のポイントもプレゼント🎉

U-NEXTでの魅力は無限大!

1️⃣ 230,000本以上の見放題作品!
2️⃣ 電子書籍も同じアプリで楽しめる!
3️⃣ 毎月1,200円分のポイントがもらえて、最新作を存分に楽しめる!
4️⃣いつでも解約できる!

無料トライアル期間中、最新作のレンタル料金もお得に! さらに、600円分のポイントでDVD・ブルーレイよりも早く最新作を楽しんでみませんか?

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

最新みんなのレビュー

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

やばすぎ

Rated 5.0 out of 5
2024年2月25日

ぜろふくのふこう強すぎるしカッコよすぎる、しかも最後のいっぱい送っときます虫歯になる程のとこ

めっちゃ好き

アニメ鑑賞マン

ありがとう!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月23日

体験版する時間がなかったのでとても参考になりました!

そしてモニター羨ましい。。笑

やまぴー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

今季 ドラマタイトル
2024年 冬ドラマ
2023年 秋ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.