PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

月9ドラマ『君が心をくれたから』第9話

ドラマ「君が心をくれたから」9話ネタバレ・視聴率・考察・感想|運命の結びつきと心の葛藤

©︎ドラマ「君が心をくれたから」9話

ドラマ『君が心をくれたから』9話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『君が心をくれたから』9話あらすじ

朝野太陽(山田裕貴)と逢原雨(永野芽郁)は、感動的で複雑な瞬間に直面しています。太陽のプロポーズに応じ、ふたりだけで結婚式を挙げた雨。しかし、彼女は実はふたりで用意した婚姻届を提出していませんでした。その理由は、あと1ヵ月後に太陽の前から姿を消す覚悟を決めており、その期間だけは太陽の奥さんでいたいという切なる想いが胸に秘められていました。

物語は太陽が妹の春陽(出口夏希)から母・明日香の写真を受け取る場面から新たな展開を見せます。春陽が母の顔を知らないために、父・陽平(遠藤憲一)が明日香の実家に頼んで送ってきた写真には、驚きの人物が写っていました。それはなんと、物語の中で別の重要なキャラクターである千秋(松本若菜)だったのです。

太陽は雨にも千秋の写真を見せ、感動的な瞬間が訪れます。雨はこれからは伝えたいことを伝えられる喜びを感じ、物語は新たな展開に向かいます。しかし、そこに現れた案内人の日下(斎藤工)が、太陽に注意を促します。彼が千秋を「母さん」と呼んだら、千秋は月明かりに溶けて消えてしまうという謎めいた忠告がなされます。

同時に、物語は望田司(白洲迅)の視点で春陽の姿に焦点を当てます。司は春陽に雨が婚姻届を出していないことを伝え、彼女はそれを知っていたことを告白します。自責の念にかられる春陽に、司は雨が将来的には視覚を失い、次には聴覚も喪失するだろうと伝え、雨との意思疎通ができるときに伝えたいことを伝えるべきだとアドバイスします。

ドラマ『君が心をくれたから』9話ストーリー・ネタバレ

運命の結びつきと心の葛藤

ドラマ『君が心をくれたから』9話 見どころ

随時更新中!

ドラマ『君が心をくれたから』9話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 なんでも自由に書いて下さい♪

).push({});

ドラマ『君が心をくれたから』8話あらすじ

美しい春の日、逢原雨(永野芽郁)は、運命に立ち向かう日々を送っていた。ある日、彼女は友人の千秋(松本若菜)に問われる。「“今”って何秒間だと思う?」雨は首を振り、理解できない表情を浮かべた。千秋は様々な説がある中で、今は十秒間だと話す。そして、その十秒間を精一杯、幸せに生きることが大切だとアドバイスする。

同じ頃、朝野太陽(山田裕貴)は、望田司(白洲迅)に雨の状態を打ち明ける。雨が触覚を失い、そして視覚も残り僅かな月日で喪失してしまうことを伝える。太陽は、桜まつりで雨に贈る花火を心から作りたいと願い、その後は花火師を辞めて雨を支える覚悟を固めていた。司を呼んだのは、雨のためにできる仕事を求めたからだ。

ある日、太陽は雨が睡眠導入剤を使用していたことを知り、驚愕する。千秋は、太陽が花火師を辞めることが雨を悲しませるだろうと伝える。太陽は、それを雨には言わないつもりだと返す。一方で、案内人としての立場から、日下(斎藤工)は太陽の選択を非難する。

太陽は、家族である父親の陽平(遠藤憲一)と妹の春陽(出口夏希)に、今夜雨にプロポーズすると告げる。その瞬間、太陽は雨が五感を喪失する現実を家族にも打ち明けるが……。

愛と覚悟の物語が織り成す中で、逢原雨と朝野太陽の選択が今、運命の舞台で交わる。

ドラマ『君が心をくれたから』8話ストーリー・ネタバレ

五感を失った愛の物語、逢原雨の選択と朝野太陽の覚悟

物語は、逢原雨(永野芽郁)がソファーで眠っている場面から始まります。雨が眠れないことを心配する千秋(松本若菜)。雨は病院に行かず、彼がいるから頑張ると言います。そこで千秋は、人生の「今」は十秒間だと語ります。雨は彼女の言葉に救われ、少し楽になります。

千秋: “今”って、なんだと思う?

雨: どうして十秒間なんですか?

千秋: 人って、つい先のことを考えて不安になっちゃうものなの。でも、この十秒間を精一杯、幸せに生きることだけを考えてみてはどうかな。私も手伝う。雨ちゃんが幸せな今を生きられるように。

雨は千秋の助言に少し楽になった。

太陽の決意

朝野太陽(山田裕貴)は「桜まつり」の花火を手に入れ、雨に贈ることを決意します。司(白洲迅)に雨の状態を打ち明け、桜まつりが終わったら花火師を辞めて、雨を支えることを誓います。太陽の心の中で雨への思いが強く描かれ、感動が広がります。

太陽: 決めたんです。雨ちゃんのために生きるって。雨がそうしてくれたように。

雨の願いと千秋のアドバイス

雨はウエディングドレスを見て、かつての夢に思いを馳せます。ある日、千秋が太陽に花火師を辞めることを尋ね、その結果について考えさせられます。千秋は太陽に心のままに生きることを応援し、感動的な会話が繰り広げられます。

千秋: 花火師、やめるつもり?

太陽: 雨をずっと支えたいんです。

千秋: お父さんに相談したの?子供のころからの夢を諦めるなんて、反対だわ。

太陽: 俺、その話しましたっけ?

千秋: 雨ちゃんから聞いたの。彼女、きっと悲しむわ。自分のせいで、あなたが花火師を辞めると知ったら。

雨と太陽のプロポーズ

太陽は桜まつりでの花火が雨にとって特別なものになるよう決意し、雨にプロポーズします。雨は驚き、涙を流し、考えを保留します。線香花火の勝負では、雨の方が勝ちます。その後、日下が太陽と雨の結婚に疑問を投げかけます。

太陽: 俺と結婚してほしい。結婚しよう、雨。

雨は涙をぬぐいながら保留を告げます。

雨の苦悩と春陽の怒り

雨は夜、日下に自分の気持ちを打ち明けます。介護の入門書を見つけ、結婚しようとしてくれたと思っていたことを告白します。春陽は太陽の選択に怒り、家族の中での葛藤が露わになります。日下と千秋のやりとりも物語に深みを加えます。

雨: ねえ太陽くん。私と結婚してください。ふつつか者ですが、で、合ってる?

太陽: 本当にいいの?

雨: 太陽くんこそ私でいいの?

太陽: もちろん。雨じゃなきゃダメだって。

嘘の結婚と結婚式ごっこ

雨が太陽に嘘の結婚を提案し、結婚式ごっこを行います。この嘘が彼女の思いやりと太陽への愛を象徴しています。この感動的な瞬間が描かれる中、物語は衝撃的な結末に向かいます。

雨: でも、もしこのままじゃ無理だってなったら、嘘でもいいから結婚しよう。私たちが幸せな気分になれるように。

太陽: 雨ちゃん…

驚きと感動の結末

雨のLINEメッセージが春陽に届く中、陽平が明日香の写真を春陽に見せます。千秋と日下の神社でのやりとり、そして春陽の決断が物語を締めくくります。雨の嘘が明るみに出る中、彼女の純粋な思いやりが光ります。

春陽: 君たちが嘘をつく理由、分かった気がする。君たちの思いが、すごく伝わってくるんだ。だから…これからもちゃんと見守りたい。君たちにはそれが似合うと思ったから

ドラマ「君が心をくれたから」9話ネタバレ・視聴率・考察・感想|運命の結びつきと心の葛藤

https://popversemix.com/kimikoko8/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第9話 ドラマ『君が心をくれたから』9話 視聴率 視聴率:--% ドラマ『君が心をくれたから』9話

ドラマ『君が心をくれたから』8話 見どころ

見どころ1: 千秋の心の葛藤と成長

物語の中で、千秋(松本若菜)は家族や仕事、そして愛に対する葛藤に直面します。彼女の心の成長が描かれ、視聴者はその過程で共感と感動を味わいます。千秋のキャラクターアークは、深い人間ドラマを物語にもたらしています。

見どころ2: 太陽の純粋な愛と覚悟

朝野太陽(山田裕貴)が雨(永野芽郁)に対して抱く純粋な愛と、彼が変わりゆく姿勢に注目が集まります。太陽の覚悟が物語の鍵を握り、感動的な展開を生み出します。視聴者は太陽の心の葛藤と愛情に胸を打たれることでしょう。

見どころ3: 雨と千秋の友情の深まり

雨と千秋の友情が物語を通して深まっていく様子が感動的です。千秋が雨を支え、雨が千秋に励まされる場面は、視聴者に友情の尊さを教え、心温まる瞬間となります。二人の絆が物語全体を引き締めます。

見どころ4: 10秒間の幸せの哲学

物語の中で千秋が語る「今」の大切さと十秒間の幸せの哲学は、深い感銘を与えます。登場人物たちは短い時間の中で濃密な幸せを感じ、その瞬間が視聴者にも生きる力を与えます。物語が掲げる哲学に共感せずにはいられません。

見どころ5: 結末の予測不能な展開

物語の結末は予測不能かつ感動的な展開が待っています。雨と太陽、そして千秋や春陽の決断が交錯し、視聴者は驚きと感動の連続に引き込まれます。結末の意外性が物語に深みを与え、視聴者を惹きつけます。

ドラマ『君が心をくれたから』8話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 涙なしでは語れない感動!

「千秋の葛藤に共感し、太陽の愛に胸が熱くなりました。特に結末の展開は予測不能で、感動の嵐に襲われて涙が止まりませんでした。」

視聴者の感想2: 友情の美しさに心打たれた!

「雨と千秋の友情が本当に美しく、心に残ります。彼女たちの支え合いが、家族や愛に対する新しい見方を教えてくれました。感動的な瞬間に何度もうるっときました。」

視聴者の感想3: 十秒間の哲学に深く共感!

「物語の中で語られた十秒間の哲学に深く共感しました。短い時間の中にこそ、本当の幸せが隠れていると気づかされ、心が温かくなりました。」

視聴者の感想4: 結末の意外性に驚きと感激!

「結末の展開には驚きと感激しかありませんでした。作者の予測不能な筆致に敬意を表しつつ、物語が紡ぐ感動に圧倒されました。」

視聴者の感想5: 登場人物の成長が心に響いた!

「千秋や太陽の成長が見どころで、彼らの心の葛藤に共感しました。結末に至るまでの物語が、人間の強さと優しさを描き出していて感銘を受けました。」

ドラマ「君が心をくれたから」9話ネタバレ・視聴率・考察・感想|運命の結びつきと心の葛藤

https://popversemix.com/kimikoko8/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第9話 ドラマ『君が心をくれたから』9話 視聴率 視聴率:--% ドラマ『君が心をくれたから』9話

 なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「君が心をくれたから」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|永遠の思い出への旅: 逢原雨の感動的な家族旅行の物語

https://popversemix.com/kimikoko5/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第6話 ドラマ『君が心をくれたから』6話 視聴率 視聴率:6.2% ドラマ『君が心をくれたから』6

月9ドラマ『君が心をくれたから』第7話

ドラマ「君が心をくれたから」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|逢原雨の未来への挑戦!

©︎ドラマ「君が心をくれたから」7話

ドラマ『君が心をくれたから』7話 視聴率

視聴率:5.1

ドラマ『君が心をくれたから』7話あらすじ

雨が触覚を失うまで、あと1日半。その時間が迫る中、彼女の心は様々な思いで揺れていた。祖母の雪乃を亡くし、心に傷を抱える雨に寄り添うのは、千秋だ。そして、この未知の未来に不安を感じる雨に対し、日下は「触覚が教えてくれることがあるはずだ」と励ましの言葉をかける。

一方、朝野太陽の家を訪れた雨は、温かな歓迎を受ける。太陽の父・陽平や従業員たちが雨を温かく迎え入れ、その中には望田司も招かれていた。しかし、裏腹に太陽の様子がおかしいことに気付く司。春陽は、「サッカーをやっているならミサンガを作ってあげる」と言って、雨にも手伝いを頼む。

太陽は外のベンチでビールを飲んでいた際、司に心の内を打ち明ける。「五感を失う病気がないなら、雨の症状の原因は何だろう」と。司は医師の友人の話を通じて、「何らかの後遺症で感覚を失い、それを五感を失う病気だと思い込んでいるのかもしれない」と語る。この言葉に太陽は少し安堵し、秘めた思いを打ち明ける。実は太陽は、雨に見せるために『桜まつり』で自分の花火を上げたいと陽平に申し出ていた。しかし、そのためには長崎花火協会の会長の審査を受け、認めてもらう必要がある。

雨は陽平からその話を聞き、太陽に対してチャンスを与えてほしいと頼むが、未知の未来への不安が彼女を襲う。果たして、彼らの心の葛藤と未来への挑戦はどのような結末を迎えるのか。これからの展開がますます気になる。

ドラマ『君が心をくれたから』7話ストーリー・ネタバレ

逢原雨の未来への挑戦!

2024年2月16日。雨の心に花束の温もりが広がっていた。逢原雨(永野芽郁)は、祖母の雪乃(余貴美子)を失ったばかりで、残された時間はわずか34時間。命の時計が刻々と迫っていた。

友達の千秋(松本若菜)と日下(斎藤工)は、雨の心配りに触れながらも、彼女の未来への不安を感じ取っていた。雨は自問する。「なぜ私は生きていくのだろう。もうすぐ全てを失うのに。つらい明日をどうして生きていくのだろう」

日下は、雨の心に寄り添いながら「触覚があなたに教えてくれることがあるはずだ」と語りかける。

朝野太陽(山田裕貴)の家を訪れた雨は、家族や友人たちに温かく迎えられる。しかし、太陽の心には不安が漂っていた。太陽は自らの花火を打ち上げる夢を追い求めていたが、赤い色の表現に苦しむ現実があった。

太陽と雨の心の交流が続く中、太陽が抱える問題に触れることで、雨は新たな道を見つけることになる。春陽(出口夏希)との交流を通じて、雨は「チャレンジしてみたらどうか」と太陽に提案する。

雨は春陽に対して、太陽の心を動かす言葉を贈り、彼に自分の想いを伝える。太陽は心の葛藤を抱えながらも、新たな一歩を踏み出す覚悟を決める。

太陽の花火の件では、陽平(遠藤憲一)が審査の厳しさを伝え、太陽は自分の不足を感じる。しかし、太陽と雨の交流が進む中で、彼らの絆は深まっていく。

雨の心は春陽との会話を通じて変わっていく。彼女は太陽に対して、自分の気持ちを告白し、共に未来に向かって歩む覚悟を固める。太陽も雨に対して真摯な愛情を返す。

病院での出来事が物語に新たな展開をもたらす。雨が太陽の命を救うために、自身の五感を差し出した“奇跡”が明かされる。雨は、その奇跡を受け入れながらも、未来への不安と向き合っていく。

太陽はこの奇跡に戸惑い、雨との関係に負い目を感じる。しかし、雨は太陽に対して「君には価値がある。君が私の人生を変えてくれたから。太陽はこの世界に必要だよ」と心からの言葉を贈る。

雨の退院後、彼女は次なる感覚の喪失に向けて太陽と共に過ごすことを願う。未知の世界に向かって、二人は新たな希望とともに歩み始める。

深夜0時。雨と太陽は未来へのカウントダウンを始める。彼らの愛と絆が試される中、次なる感覚の喪失が迫ってくる。だが、二人は約束を交わし、それでも前を向く決意を固めていた。

ドラマ「君が心をくれたから」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|五感を失った愛の物語、逢原雨の選択と朝野太陽の覚悟

https://popversemix.com/kimikoko7/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第8話 ドラマ『君が心をくれたから』8話 視聴率 視聴率:5.5% ドラマ『君が心をくれたから』8

ドラマ『君が心をくれたから』7話 見どころ

1. 感動のストーリーテリング

物語は逢原雨と朝野太陽の出会いから始まり、奇跡の瞬間へと続く。キャラクターたちの成長や心の葛藤が丹念に描かれ、視聴者は感動的なストーリーに引き込まれることだろう。

2. 美しく描かれたキャラクターたちの心情

登場人物たちの感情が繊細かつリアルに表現されており、彼らの内面に深く共感することができる。特に、雨と太陽の心の交流が見どころで、その絆は視聴者の心に残ることだろう。

3. 音楽と映像の調和

劇中の音楽はシーンに合わせて心地よく調和し、感情移入を促進する。映像も美しく、季節や感情の変化に合わせた映像表現が見どころの一つ。視聴者は臨場感たっぷりの世界に没頭することだろう。

4. テーマ性の深さとメッセージ性

物語は奇跡や人生の尊さ、希望の大切さに焦点を当て、深いテーマ性を持つ。登場人物たちの選択や苦悩を通して、視聴者は自らの生き方について考えさせられることだろう。

5. 感覚の失われゆく中の愛の形成

雨が五感を失いながらも太陽との愛を形成していく様子が見どころの一つ。彼らの純粋な愛が、失われつつある感覚の中でいかに逞しく育まれるかが描かれ、感動と共感を呼び起こす。

ドラマ『君が心をくれたから』7話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 奇跡の瞬間に涙が止まらない!

この作品は奇跡と愛に満ちた美しいストーリーで、特に最後の瞬間には涙が止まりませんでした。キャラクターたちの成長と愛情表現に心打たれるものがありました。

2. キャラクターたちの心の葛藤が胸に迫る!

物語はキャラクターたちの心の葛藤が丁寧に描かれ、その真実味に胸が締め付けられました。登場人物たちの成長と苦悩に感情移入し、彼らの一喜一憂を共に感じました。

3. 音楽と映像の調和が素晴らしい!

音楽と映像の調和が素晴らしく、特に感動的な場面では音楽が臨場感を一層引き立てました。美しい映像と共に、物語に引き込まれる感覚がありました。

4. テーマ性の深さに心を揺さぶられる!

作品は奇跡や人生の尊さに深いテーマ性があり、視聴後に自分の人生について考えさせられました。登場人物たちの選択が示すメッセージが強く印象に残りました。

5. 感覚の失われゆく中の愛に感動!

雨が五感を失いながらも太陽との愛を育んでいく様子に感動しました。感覚の中で芽生える愛の美しさが、視聴者に深い感慨を抱かせました。

ドラマ「君が心をくれたから」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|五感を失った愛の物語、逢原雨の選択と朝野太陽の覚悟

https://popversemix.com/kimikoko7/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第8話 ドラマ『君が心をくれたから』8話 視聴率 視聴率:5.5% ドラマ『君が心をくれたから』8

 なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「君が心をくれたから」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|命の奇跡、触れ合う愛

https://popversemix.com/kimikoko4/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第5話 ドラマ『君が心をくれたから』5話 視聴率 視聴率:5.3% ドラマ『君が心をくれたから』5

月9ドラマ『君が心をくれたから』第6話

ドラマ「君が心をくれたから」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|永遠の思い出への旅: 逢原雨の感動的な家族旅行の物語

©︎ドラマ「君が心をくれたから」6話

ドラマ『君が心をくれたから』6話 視聴率

視聴率:6.2

ドラマ『君が心をくれたから』6話あらすじ

逢原雨(永野芽郁)と朝野太陽(山田裕貴)の心温まる愛の物語が、雨の祖母・雪乃(余貴美子)の病気をきっかけに更なる感動へと進展しました。雨の祖母がガンで入院中、太陽は雨を気遣い、雪乃の家で彼女と共に過ごし始めます。しかし、雨はまだ新しい生活に馴染めておらず、その様子が伺えました。

ある日、雨が雪乃の部屋を整理していると、古いボイスレコーダーを見つけます。雨と雪乃は、子供の頃にそのボイスレコーダーを使って声の交換日記をしていたのです。雨にとって、優しく温かい雪乃の声は、大切な宝物でした。

物語は転機を迎えます。雪乃の容態が急変し、雨は病院に急行します。そこで雪乃は、雨に自宅に帰ってほしいと頼みます。病院からは責任を取れないとの通告もあった中、雨は悩むものの、太陽からの励ましで帰宅を決意します。

「あと何日もつかどうか」という思いで、雪乃は雨に最後のお願いをします。それは、雨の母・霞美(真飛聖)を連れて、最初で最後の家族旅行に出かけることでした。

雨と太陽は、雨の母を交えて、雪乃の思い出に敬意を払いながら感動的な旅行へと出発します。雪乃の願いを胸に刻み、家族との絆を深めていく中で、雨は新しい人生に前向きな一歩を踏み出すことでしょう。

この家族旅行の物語は、愛と絆が人生に与える深い意味を描いたものであり、読者は感動と共感の涙を流すことでしょう。逢原雨の新たな人生の始まりと、家族との特別な時間が、読者の心に温かい思い出を残すことでしょう。

ドラマ『君が心をくれたから』6話ストーリー・ネタバレ

永遠の思い出への旅: 逢原雨の感動的な家族旅行の物語

雨と太陽の奇跡的な出会いは、祖母である雪乃の病気と入院という悲劇的な状況から始まった。太陽は雪乃の家にやってきて、雨とともに雪乃の世話をすることになった。最初は戸惑いもあったが、太陽の提案で雨は新しい名前「雨」を受け入れ、二人の心が交わり始めた。

雨は雪乃の部屋で掃除をしていると、古いボイスレコーダーを見つけた。そのボイスレコーダーには、かつて雨が小学生の頃に雪乃と交換日記をしていた感動的なメッセージが残されていた。雨は祖母の声に触れ、過去のぬくもりを再び感じることができた。

物語は急展開する。雪乃の容態が急変し、家に戻りたいという彼女の願いに雨は悩む。しかし、太陽の励ましと共に雪乃の最後の希望である家族旅行に参加することを決意する。雨の母である霞美も旅行に同行し、家族の絆が再び深まっていく。

旅行中、雨と母親の複雑な感情が交錯する場面が織り交ぜられる。雨は母親に対して悲痛な言葉を投げかけ、太陽のサポートで母娘の関係が少しずつ修復されていく。感動の和解が訪れ、雨は母親との新たなスタートを切ることになる。

雨の名前には過去の嫌な思い出があったが、母親の願いが込められていたことを知り、自分の名前を受け入れる決意を固める。太陽に「雨」と呼んでほしいとお願いし、新たな人生の扉を開く。

物語はまだ終わらない。祖母・雪乃の思い出のボイスレコーダーが再び登場し、雨は祖母の愛情に触れる。雪乃の最後のメッセージが涙を誘い、雨は太陽と共に前進する。

しかし、新たな謎が物語を包み込む。雨の感覚が失われている理由に疑問を抱いた司が調査を始め、物語は奇跡と秘密に満ちた次なる展開へと向かっていく。

雨と太陽の穏やかな日々が続く中、物語は深化していく。太陽が雨の家に頻繁に滞在する中、彼女たちは新たな手がかりを見つける。司が友人の医師に相談した結果、「五感を無くす病気は存在しない」という答えを得た。

太陽は雨との朝食でしょっぱい味噌汁を食べる雨が「大丈夫、私味覚ないから。」と平気で食べていた事実を話す。この情報を受けて、司は「病気以外に何かが関与している可能性がある」と考え始めた。

物語は謎解きの展開を迎える。司が調査を進める中、雨の過去にまつわる秘密が次第に浮かび上がってくる。そして、雨が失った感覚の謎に迫る中で、新たな感動と驚きが物語を彩っていく。

雨と太陽は、祖母・雪乃の思い出と共に、人生の喜びと苦悩、そして愛情に満ちた旅を続けていく。物語は未知の領域へと広がり、読者は雨と太陽の成長と奇跡を共に感じながら、この感動の物語の行く末に胸を躍らせることだろう。

ドラマ「君が心をくれたから」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|逢原雨の未来への挑戦!

https://popversemix.com/kimikoko6/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第7話 ドラマ『君が心をくれたから』7話 視聴率 視聴率:5.1% ドラマ『君が心をくれたから』7

ドラマ『君が心をくれたから』6話 見どころ

1. 祖母との感動の再会

雨の奇跡的な旅の中で最も感動的な瞬間は、祖母・雪乃との再会です。雨が雪乃の部屋で見つけた古いボイスレコーダーには、かつての交換日記のメッセージが残されていました。祖母の声に触れ、過去の愛情に包まれた瞬間は、読者に心温まる感動を与えます。祖母の思い出が物語に深みを与えています。

2. 家族旅行と和解の瞬間

雨が母親との複雑な感情に向き合う場面は、物語の中でも特筆すべき見どころの一つです。家族旅行を通じて、雨と母親は互いの心を理解し、感動的な和解が訪れます。太陽のサポートもあり、母娘の新たなスタートは読者に深い感動をもたらします。

3. 名前の由来と成長の象徴

雨の名前にまつわるエピソードは、物語の中で力強いシンボルとなっています。母親の願いが込められた名前が、雨の成長と自己受容への旅を象徴しています。読者は雨が自らの過去と向き合い、新たな自己を見つける姿に感動を覚えることでしょう。

4. 太陽との友情の深まり

太陽と雨の友情も見どころの一つです。太陽は雨の支えとなり、彼女に勇気と希望を与えます。二人の心の交流や励ましの言葉が、読者に温かい感動をもたらすでしょう。太陽の存在が物語に深い愛と絆を添えています。

5. 謎解きと次なる展開

物語は雨の失った感覚にまつわる謎と、司の調査が新たな展開を予感させます。読者は次なる驚きと奇跡がどのように繰り広げられるかに期待を寄せるでしょう。物語の複雑な要素が絡み合い、読者を引き込む緊張感が漂っています。

ドラマ『君が心をくれたから』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

感動の嵐に包まれた!

物語の中で祖母との再会や家族旅行の場面には、涙が止まりませんでした。作者の描写が素晴らしく、キャラクターたちの感情がリアルで感動的。これからの展開がますます楽しみで仕方ありません!

雨と母親の和解に感激!

雨と母親の感情の描写が非常にリアルで、特に家族旅行での和解の瞬間は感動的でした。母親の成長と雨の包容力に心打たれ、読みながら何度も涙を流しました。素晴らしいストーリーテリング!

名前の由来に胸が熱くなる!

雨の名前にまつわるエピソードは、心に響くものがありました。母親の思いやりと祖母の愛情が込められた名前の意味に、読者は感動と共感を覚えることでしょう。名前が物語の象徴として鮮やかに描かれていて、素晴らしい!

太陽の存在が心地よい!

太陽と雨の友情は、物語に温かさと希望をもたらしています。太陽のポジティブなエネルギーが、読者にも届くようで、彼女の言葉に励まされる感覚が素晴らしい。友情の美しさに心が躍りました!

謎解きの興奮が冴え渡る!

物語の中で謎解きが進む様子には、興奮が冴えわたりました。次なる展開に期待が高まり、何が起こるのかワクワクが止まりません。複雑な要素が緻密に組み合わさり、読者を引き込む巧妙な筋書きに感嘆!

ドラマ「君が心をくれたから」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|逢原雨の未来への挑戦!

https://popversemix.com/kimikoko6/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第7話 ドラマ『君が心をくれたから』7話 視聴率 視聴率:5.1% ドラマ『君が心をくれたから』7

 なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「君が心をくれたから」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|心の花束、五感の奇跡。逢原雨と朝野太陽の出逢いと別れ

https://popversemix.com/kimikoko3/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第4話 ドラマ『君が心をくれたから』4話 視聴率 視聴率:5.4% 前回3話のあらすじ 2014年

月9ドラマ『君が心をくれたから』第5話

ドラマ「君が心をくれたから」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|命の奇跡、触れ合う愛

©︎ドラマ「君が心をくれたから」5話

ドラマ『君が心をくれたから』5話 視聴率

視聴率:5.3

ドラマ『君が心をくれたから』5話あらすじ

「わたしのこと、もう忘れて……」。

逢原雨(永野芽郁)は、朝野太陽(山田裕貴)にそう言って別れを告げた。味覚に続いて嗅覚も失ってしまった雨は、“案内人”日下(斎藤工)の助言に従って、祖母の雪乃(余貴美子)に五感を失ってしまうことを打ち明け、これから先のことを話し合おうと決意する。だが、帰宅した雨が目にしたのは、腰を押えてうめいている雪乃の姿だった。

病院に搬送された雪乃は、ガンであることを雨に告白する。苦しいのはごめんだと抗がん剤治療も拒否してきた雪乃は、もってあと2ヵ月、早ければ数週間の命だと宣告されているという。激しいショックを受ける雨。雪乃はそんな雨を抱きしめ、生きている間は雨の笑顔をたくさん見せてほしいと告げる。

君が心をくれたから 逢原雨(永野芽郁)、逢原雪乃(余貴美子)

太陽の父・陽平(遠藤憲一)は、雨にフラれてしまった太陽を励まそうとする。陽平は、亡き妻・明日香と出会ったころの話をすると、フラれた男ができることは3つだけだ、とアドバイスした。

君が心をくれたから 朝野太陽(山田裕貴)、朝野陽平(遠藤憲一) 君が心をくれたから 朝野陽平(遠藤憲一)

雨は、もうひとりの“案内人”千秋(松本若菜)に、太陽のことを助けたように、雪乃も奇跡で助けて欲しいと頼む。しかし千秋は、奇跡は誰にでも起きるわけではないし、自分たちにも与える権限はない、と返す。そこに日下が現れ、午前0時になったことを告げる。雨の腕時計に表示されたのは「手」のマーク。次に雨が失うのは「触覚」だった……。

深夜の病院の一室で、雨は日下と千秋に囲まれ、触覚を失う瞬間を迎えた。不安と寂しさが胸を締め付ける中、雪乃のためにも前を向かなければと思う雨。しかし、雨はまだ気づいていない。失った感覚の中に、新たな奇跡が芽生えていることを。

明日の朝、雪乃の病室に向かった雨は、何気ない言葉や触れ合いを通じて、五感を失ったことで生まれる心の触れ合いを実感し始める。雨の手が雪乃の手に触れるたび、心の距離は縮まり、愛は言葉以上の深さを見せてくれる。

雨と雪乃、それぞれが失った五感を補い合い、互いの心を感じ取りながら、彼らの物語は新たな局面へと進んでいく。五感を超えた愛が紡ぐ、命の奇跡と触れ合う愛の物語が、静かに始まった。

ドラマ『君が心をくれたから』5話ストーリー・ネタバレ

命の奇跡、触れ合う愛

2005年12月、静寂に包まれた夜。

雨の中、雪乃(余貴美子)は目を覚ましました。雨の音とともに、孫娘への告白を決心していたのです。アラビアンナイトの物語に登場する魔法使いのように、雪乃は孫娘に対して自分が魔法を使う存在であることを告げることにしました。

雨は祖母の言葉に驚き、「ばあちゃん、魔法使いなの?」と尋ねました。雪乃は微笑みながら、手にした「アラビアンナイト」の本を指さし、魔法の言葉「イフタフヤーシムシム」を唱えました。それはアラビア語で「開けゴマ」の意味で、雨の心を開く魔法でした。

雨は雪乃と一緒に寝たいと願い、2人は共にベッドに入りました。雨はもし魔法がかかるなら、お菓子をいっぱい食べて母と祖母と一緒に暮らすことを望むのです。

数年後の2024年1月27日

雪乃は病院で雨に自身のガンの診断を告げました。雨は抗がん剤治療を拒否し、余命わずかと宣告されました。雨は現実を受け入れられずにいましたが、雪乃は笑顔で「ばあちゃんは、笑ってる雨がだーいすき」と言い、雨に生きる喜びを伝えました。

雨は頑張って笑顔を見せることを誓います。その後、太陽の父である陽平は、雨にフラれた経験から学んだことを教えます。相手の幸せを願うことや、普通に生活することが、フラれた男ができることだと語ります。

雨の病状を知ったもうひとりの“案内人”、千秋は雨に奇跡を起こすよう頼まれますが、奇跡は起こるものではなく、自分たちには権限がないと告げます。雨が次に失う感覚は「触覚」であり、それが彼女の日常に及ぼす影響について議論されます。

日下が現れ、雨が触覚を失うことを知らせます。触覚は世界とのつながりを感じるための大切な感覚であり、雨がそれを失うことで何が変わるのかを考えさせられます。

雨は祖母の言葉を思い出し、魔法を信じるようになります。公園で望田司(白洲 迅)との出会いを振り返り、祖母の言葉が彼女の心を支えていく様子が描かれます。

春陽は太陽に指輪の意味

春陽は太陽に指輪の意味を明かし、その後、雨は雪乃の病室に訪れます。雨は隠していたことを打ち明け、五感を失う病気であることを告げます。雨は感謝の気持ちを伝え、母としての雪乃に対する愛情を語ります。

雨は「ばあちゃんに生きる意味をくれてありがとう」と雪乃に感謝の言葉を述べ、雪乃は雨に対して「心配いらないよ。ばあちゃんがいる。ずーっといる」と語りかけます。雨の笑顔が戻り、感動的な場面が繰り広げられます。

暗闇が迫る中、太陽は指輪を捨てる決意をし、春陽とのやりとりを通じて太陽の内面が描かれます。雨の闘病中、太陽は彼女に渡せなかった指輪を手にして、指輪の精になりたいとの思いを打ち明けます。

雨は病室を訪れ、雪乃のために何かできることがあるか尋ねます。雪乃は雨の一番の願いを叶えたいと告げ、「アラビアンナイト」の本を見つけます。司は太陽の職場に姿を現し、物語は新たな局面へ進んでいきます。

ながさき心の里

午前2時、雨は「ながさき心の里」を見学するために訪れます。その間、千秋が異変を感じ、雨の選択に疑問を抱きます。雨の感覚が失われる中、日下は雨に魔法のせいにしてはいけないと忠告します。

雨は施設を見学し、他の利用者たちと触れ合います。自分の将来を見つめる中で、雨は自分の選択に責任を持つことを決意します。雨が施設を後にする際、司が手紙を手渡し、その手紙には彼女の未来へのエールと祝福が込められています。

雨は太陽と再び出会い、指輪を身につけて願いを述べます。その瞬間、雨の心からの願いが空に響き渡り、物語は感動的な結末へと向かいます。

ドラマ「君が心をくれたから」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|永遠の思い出への旅: 逢原雨の感動的な家族旅行の物語

https://popversemix.com/kimikoko5/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第6話 ドラマ『君が心をくれたから』6話 視聴率 視聴率:6.2% ドラマ『君が心をくれたから』6

ドラマ『君が心をくれたから』5話 見どころ

見どころ1:魔法の瞬間、雪乃と雨の心の交流

2005年12月の冷たい夜、雨の中で繰り広げられた祖母雪乃と孫娘雨の心温まる交流。雪乃が「アラビアンナイト」の魔法を使い、雨の心を開く瞬間は感動の絶頂。言葉以上に深い絆が紡がれました。

見どころ2:涙なくしては語れない告白

2024年1月27日、雪乃が雨にガンの告白。雨は抗がん剤治療を拒否し、自身の余命を知る。雨の感情の激しさが滲み出る中、雨の笑顔を求める雪乃の愛情が、涙なしでは語り尽くせない感動を生み出します。

見どころ3:フラれた男のアドバイス

太陽の父・陽平が、雨にフラれた経験から得た教訓。相手の幸せを願うことや普通に生活することが、フラれた男ができる3つのことだとアドバイス。深い人間関係の中で磨かれた知恵に触れ、心に残るシーンとなりました。

見どころ4:五感を失う過酷な運命に立ち向かう雨

雨が五感を失う過酷な現実に直面。日下のアドバイスや千秋の言葉を通じて、彼女が向き合う苦悩と決意が描かれます。五感の消失は未知の世界への扉であり、その挑戦に対する雨の勇気に注目です。

見どころ5:愛の奇跡と絶え間ない希望の光

雨と太陽の愛の物語が感動的な結末へと続く。雨の願いが込められた指輪が物語を通じて奇跡を起こし、愛と希望の光が闇を照らす。絶え間ない希望が読者の心に深く刻まれるでしょう。

ドラマ『君が心をくれたから』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1:感動の嵐に心揺さぶられた!

物語の中で繰り広げられる感動の瞬間には、言葉を失うほどの美しさがある。雪乃と雨の交流や、雨の勇気ある決断には心が揺さぶられ、感動の嵐に包まれました。まさに心の奥底で何かが芽生える瞬間だった!

視聴者の感想2:愛の深さに涙腺崩壊!

雨のガン告白や雪乃の愛情表現には、愛の深さが滲み出ている。雪乃の笑顔と雨の強さには、涙腺が崩壊するほど感動した。愛とはどれほど強く、深いものかを再認識させられた瞬間だった。

視聴者の感想3:フラれた男の知恵に共感!

太陽の父・陽平のアドバイスには、共感せずにはいられなかった。フラれた経験のある者として、相手の幸せを願うことや普通に生活することが、優れた知恵であることを感じた。人生の教訓となる言葉に深く共感した。

視聴者の感想4:五感の喪失に立ち向かう雨の強さに涙!

雨が五感を失う過酷な現実に向き合う姿勢には、感動を覚える。彼女の苦悩や決意が画面から伝わり、五感の大切さを改めて考えさせられた。雨の強さには心から敬意を表したくなる瞬間だった。

視聴者の感想5:奇跡と希望が巡り合う美しい結末!

愛の奇跡が物語の結末を飾る瞬間は、美しさに溢れていた。雨と太陽の願いが交わり、希望の光が闇を照らすシーンは圧巻だった。奇跡と希望に包まれた物語に心から感謝の念を抱くことができた。

ドラマ「君が心をくれたから」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|永遠の思い出への旅: 逢原雨の感動的な家族旅行の物語

https://popversemix.com/kimikoko5/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第6話 ドラマ『君が心をくれたから』6話 視聴率 視聴率:6.2% ドラマ『君が心をくれたから』6

 なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「君が心をくれたから」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|冬の夜、長崎ランタンフェスティバルの奇跡!

https://popversemix.com/kimikoko2/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話 ドラマ『君が心をくれたから』3話 視聴率 視聴率:5.6% ドラマ『君が心をくれたから』3

月9ドラマ『君が心をくれたから』第4話

ドラマ「君が心をくれたから」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|心の花束、五感の奇跡。逢原雨と朝野太陽の出逢いと別れ

©︎ドラマ「君が心をくれたから」4話

ドラマ『君が心をくれたから』4話 視聴率

視聴率:5.4

前回3話のあらすじ

2014年1月、高校時代の逢原雨は未知の恋愛に胸騒ぎし、朝野太陽とのランタン祭りの実行委員になり、恋の冒険が始まる。雨は太陽の話で恋に対する考えが変わり、初めての告白を共有するが、願い事を書くことに躊躇していた。

物語は2024年1月に移り、雨は『味覚』を失い、嗅覚の大切さに気づく。日下から感覚の奪い合いと11日後のタイムリミットが告げられ、新たな転機が訪れる。

太陽と春陽の運命の告白が始まり、雨は嗅覚の重要性を理解し、思い出の匂いが過去を呼び覚ますことを知る。太陽の告白に胸を打たれるも、五感の失う恐れから未知なる選択を下す。

物語は感動のクライマックスへ。雨が恋ランタンに込めた願い事と10年越しの思いが明らかになり、彼女は未知なる未来へ向かう。物語は雨と太陽の新たなる始まりで終わる。

ドラマ「君が心をくれたから」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|冬の夜、長崎ランタンフェスティバルの奇跡!

https://popversemix.com/kimikoko2/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話 ドラマ『君が心をくれたから』3話 視聴率 視聴率:5.6% ドラマ『君が心をくれたから』3

ドラマ『君が心をくれたから』4話あらすじ

2016年2月、卒業式が迫る中、逢原雨(永野芽郁)と朝野太陽(山田裕貴)は、東京で一緒にひとり暮らしの準備を始めるため、ショッピングセンターに足を運んだ。太陽は卒業記念に何か欲しいものがあるか尋ね、雨は制服の第2ボタンをもらい損ねたことを悔やんでいたが、太陽の提案で良い匂いのマーガレットの小さな花束を手に入れた。太陽はこの花の香りを「ふたりの思い出の香り」にしようと提案した。

そして、君が心をくれたから、逢原雨と朝野太陽の特別な瞬間が生まれた。その香りは、時間を超えてふたりの絆を繋ぎ止めた。

2024年1月、太陽は雨に告白し、しかし、「他に好きな人がいる」という断られたことで、失意の中で家に帰る。彼の告白を期待していた妹の春陽や花火職人の柳田達夫らは、驚きとともに彼の心の傷に気づいた。

「君が心をくれたから」というキーワードが、逢原雨と朝野太陽の関係性に深みを与えている。思いがけない出来事により、物語は新たな局面に差し掛かる。

雨は市役所職員の望田司(白洲迅)に、五感を失っていることを打ち明ける。彼女の奇跡的な病気に司は興味津々で、「太陽にその話はしたのか?」と問いかける。しかし、雨は「太陽のことが好きだから言うつもりはない」と答える。

ある日、雨が庭で植物に水をやっていると、祖母の雪乃(余貴美子)が疲れた様子で帰ってくる。雨は彼女が不自由な様子に気づき、日下(斎藤工)が五感のことを雪乃に伝えるべきだと提案する。

ドラマ『君が心をくれたから』4話ストーリー・ネタバレ

心の花束、五感の奇跡。逢原雨と朝野太陽の出逢いと別れ

2016年2月、卒業式を控えた雨(永野芽郁)と太陽(山田裕貴)は、上京する雨のために買い物に繰り出す。太陽が落としたジャケットを拾った瞬間、花火の匂いが漂い、雨の心には嬉しい感情が広がった。

卒業記念に何か欲しいと問われた雨は、制服の第2ボタンを思い浮かべるが、既に太陽は卒業していた。代わりにマーガレットの花束を贈られ、太陽はこれを二人の思い出の香りにしようと提案する。

2024年1月、雨が告白されるも、好きな人がいると告げられてしまう。帰宅すると、春陽(出口夏希)たちが祝福の準備をしていたが、雨は望田(白洲迅)との出会いを通じて五感を失うことを告白する。

雨が太陽のことを好きだと打ち明けたが、太陽はそれを知っていたのかと尋ねる望田。雨は太陽には言うつもりはないと答え、さらに自分が太陽から告白されたことも明かす。雨は迷惑をかけるからと断ったと告げ、二人の距離が広がる。

雨に頼み事をする春陽。雪乃が転倒し、春陽が太陽の告白を断ったことを詫びる。卒業式の日に太陽に手紙を渡そうとしていた雨は、太陽の家を訪れるが、太陽は留守。春陽は手紙を見つけ、雨の気持ちを察し、自分が仕事を休んで雨と買い物に行ったことを打ち明ける。

春陽はその時の後悔から、もう一度チャンスをもらいたいと頼み込み、ハウステンボスのペアチケットを渡す。雨は太陽を諦めるためにデートに出掛けると、日下に嗅覚が失われることを告げられる。夜の9時に嗅覚を失う前に何の香りを味わいたいか尋ねられ、雨は待っていることを伝える。

ハウステンボスでの出来事。望田が雨に告白し、太陽が愕然とする。雨は太陽を意識的に嫌わせようとし、望田との写真を撮り、船に乗る。太陽は困惑し、望田と2人で観覧車に乗るように言われる。太陽が去った後、雨は太陽のジャケットから第2ボタンを見せ、花火の香りに思いを馳せる。

太陽が戻り、マーガレットの花束を手に観覧車に誘う。雨が手紙を渡すかどうか尋ね、占いを始めるが、結局「乗る」の答えを出してしまう。観覧車でのやり取りで、太陽は高所恐怖症を告白し、雨は笑って許す。太陽は感激し、「おめでとう」と伝える。ハウステンボスを出る際、雨は赤い傘を太陽に渡し、最後の別れを告げる。

太陽がバスに乗ると、雨は千秋にマーガレットの秘密を打ち明け、第2ボタンを見せる。しかし、花束の香りが失われ、雨は嗅覚を喪失してしまったことに気付く。帰宅すると、倒れている雪乃を見つけ、、、

ドラマ「君が心をくれたから」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|命の奇跡、触れ合う愛

https://popversemix.com/kimikoko4/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第5話 ドラマ『君が心をくれたから』5話 視聴率 視聴率:5.3% ドラマ『君が心をくれたから』5

ドラマ『君が心をくれたから』4話 見どころ

見どころ1: 愛と友情の紡がれる物語

物語は雨と太陽という二人の青春を中心に、愛と友情が交錯する美しいドラマを描いています。太陽が落としたジャケットから芽生える花火の匂いが、彼らの運命を結びつけ、視聴者はその純粋な感情に引き込まれます。

見どころ2: 五感の失われる中での心の成長

主人公の雨が五感を失っていく中、彼女の心の成長と変化が感動的に描かれています。特に、太陽との関係を通じて彼女が見つけた愛と希望が、視聴者に深い感銘を与えます。

見どころ3: 予測不可能な展開と感動の結末

物語は予測不可能な展開で視聴者を驚かせつつ、最終的に感動的な結末へと導かれます。キャラクターたちの心の葛藤や成長が緻密に描かれ、結末に至るまでのドキドキ感が魅力です。

見どころ4: 美しいシーンと芸術的な演出

作品は美しい映像と芸術的な演出で覆われています。ハウステンボスでのシーンや観覧車でのやりとりなど、映像と音楽が見事に調和し、視聴者に幻想的で感動的な体験をもたらします。

見どころ5: ハートフルなメッセージと共感の深さ

この物語には深い感受性とハートフルなメッセージが込められています。五感を喪失した雨が、愛と勇気を通じて自らの世界を広げていく姿勢に、視聴者は共感と感動を覚えることでしょう。

ドラマ『君が心をくれたから』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

 

レビューを書き込む

感想1: 魅力的なキャラクターたちに引き込まれた!

このドラマは魅力的なキャラクターたちが織り成す愛と友情の物語に、私は完全に引き込まれました。雨と太陽の心の変化が感動的で、特に彼らの純粋な愛に胸が熱くなりました!

感想2: 予測不可能な展開に度肝を抜かれた!

まさかの展開に度肝を抜かれました!予測不能なストーリーが視聴者を引き込み、最後の結末に至るまで、常に感情の高まりが続きました。本当に素晴らしい作品です!

感想3: 美しい映像と音楽にうっとり

美しい映像と音楽にうっとりしました。特にハウステンボスでのシーンや観覧車の中でのやりとりは、まさに芸術的で、見ているだけで心が豊かになりました。

感想4: 感動的な結末に涙が止まらない!

結末に至るまでの感動的な描写に、思わず涙が止まりませんでした。キャラクターたちの成長と結末の深さが、私の心に深く刻まれました。

感想5: ハートフルなメッセージに胸が熱くなる!

物語の中に込められたハートフルなメッセージには、胸が熱くなりました。五感を失った雨が、愛と勇気を通じて成長していく姿勢が、私たちにも勇気を与えてくれる素晴らしいドラマでした。

ドラマ「君が心をくれたから」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|命の奇跡、触れ合う愛

https://popversemix.com/kimikoko4/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第5話 ドラマ『君が心をくれたから』5話 視聴率 視聴率:5.3% ドラマ『君が心をくれたから』5

 なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「君が心をくれたから」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|奇跡のマカロン!愛と涙、失ったものを探し求めて

https://popversemix.com/kimikoko1/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第2話 ドラマ『君が心をくれたから』2話 視聴率 視聴率:5.8% ドラマ『君が心をくれたから』2

月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話

ドラマ「君が心をくれたから」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|冬の夜、長崎ランタンフェスティバルの奇跡!

©︎ドラマ「君が心をくれたから」3話

ドラマ『君が心をくれたから』3話 視聴率

視聴率:5.6

ドラマ『君が心をくれたから』3話あらすじ

冬の夜空が幻想的な色彩に包まれ、長崎ランタンフェスティバルが魅力を放つ中、一つの特別なランタンが人々を引き寄せていた。その名は『恋ランタン』。恋愛成就の願い事を込めると、なんとそれが叶うという噂が立ち、若者たちは熱狂的に願い事を込めてランタンに託していた。

高校時代のある冷たい冬、逢原雨(演: 永野芽郁)は、太陽の光を浴びるような明るさを持つ朝野太陽(演: 山田裕貴)との出会いに心を奪われていた。しかし、その初恋には太陽がすでに別の人に心を寄せていた事実が明らかになり、雨は悔しさに心を閉ざしていた。

そんな雨の元に、祖母の雪乃(演: 余貴美子)が現れる。雪乃は雨に対して、「大切なのは最初の人になることじゃない」との言葉で、新たな助言を授ける。雨はこの言葉に勇気づけられ、長崎の孔子廟まで走り、手に入れた恋ランタンに願い事を込めた。

失意にくれる雨の前に現れたのは、日下(演: 斎藤工)という男性だった。彼は雨に驚くべき予知能力を告げ、五感の喪失という運命を伝える。雨は『味覚』を喪失し、パティシエの夢も絶たれた過去を抱えていたが、雪乃の言葉に救われることとなる。

雪乃は「健康な心と体があるうちはちゃんと働きなさい。時間を無駄にしたら勿体ない」と雨に助言する。雨は一瞬で反論するが、その言葉には深い意味が込められていた。

雨の前に現れた日下は、五感の失われる順番を教え、雨の『鼻』が次に失われることを告げる。驚く雨に対して、日下は嗅覚がただ匂いを感じるだけのものではなく、もっと大切な意味があることを教え、冒険の始まりを予感させる。

こうして、冬の夜に謎めいた運命に導かれた雨の冒険が始まる。長崎ランタンフェスティバルの奇跡が、彼女の未来にどのような影響を与えるのか。

ドラマ『君が心をくれたから』3話ストーリー・ネタバレ

冬の夜、長崎ランタンフェスティバルの奇跡!

2014年1月、高校時代の青春には、恋と友情、そして未知の冒険が待ち受けていた。逢原雨(永野芽郁)は、祖母の雪乃(余貴美子)に「手ぐらい握りなさい」と助言され、未知の恋愛に胸騒ぎが広がっていた。

ある日、雨は朝野太陽(山田裕貴)から高校のランタン祭りの実行委員に誘われ、恋の冒険が始まる。太陽は「恋ランタン」の話を持ち出し、その願い事が叶うという魅力に雨は引き込まれた。初めは信じていなかった雨だが、太陽の実話を聞き、恋というものに対する考えが変わり始める。

初めての告白で照れくさい思い出を共有した2人だが、願い事を書くことには躊躇してしまう。祖母・雪乃は、「大事なのは最初の人になることじゃない」という言葉で、雨に新たな視点を与える。

夜、雨は長崎孔子廟まで駆けつけ、手に入れたランタンに刻まれる願い事は、「好きな人の、最愛の人になれますように」というものだった。雨はその瞬間、将来の幸福を夢見て微笑む。

君が心をくれたから/第3話: "嗅覚に隠された物語"

雨の人生は時が移り、2024年1月15日には新たな展開が待っていた。雨は『味覚』を失い、祖母・雪乃との食事でその変化を感じる。雨は言葉巧みに誤魔化すが、雪乃は健康とは無駄にしないことだと教え、雨の心に深く刻む。

その後、雪乃が告げた嗅覚の重要性に雨は気づく。日下(斎藤工)が現れ、感覚の奪い合いの始まりを告げ、雨の時計には『鼻』のマークと11日後の午後9時というタイムリミットが表示される。

日下は嗅覚がただ匂いを感じるだけでなく、大切な意味があることを雨に伝え、物語は新たな転機を迎える。

君が心をくれたから/第3話: "思い出の香り、未知なる告白"

物語は進み、2024年1月19日に太陽と春陽が雪乃とベンチに座り、運命の告白が始まる。雪乃の告白と共に、雨は太陽からの誘いを受け、アルバイト後にランタン祭りへ向かうことを約束する。

雨は五感の一つである嗅覚の重要性を理解し、日下との対話を通じて、匂いが思い出を呼び覚ますことを知る。思い出の匂いは過去の瞬間を再び蘇らせ、プルースト効果と呼ばれるその力は雨に深い感銘を与える。

君が心をくれたから/第3話: "愛の告白、運命の選択"

夜、ランタン祭りの会場で太陽は海を待ち、雨は夢中で働く。太陽の告白は愛と未来への一歩であり、雨は心に留める。しかし、雨は五感の喪失を恐れ、太陽との未来に不安を抱く。

千秋の励ましと望田の理解で、雨は太陽に向かい、2人は祭りを楽しむ。太陽は過去の夕陽の色を知らなかったことを打ち明け、雨の好みを知りたかったと告白する。

太陽は愛の告白をし、雨は嬉しさを胸に秘めつつも、他に好きな人がいると告げ、未知なる選択を下す。雨は笑顔で、太陽の告白を一生忘れないことを誓う。

君が心をくれたから/第3話: "10年越しの感動、新たなる始まり"

物語は感動のクライマックスへと向かう。神社で千秋が雨に尋ねる理由に、雨は「ただ好きって言葉が欲しかったから」と答える。雨が恋ランタンに込めた2つの願い事と、それに込めた10年越しの思いが明らかになる。

雨は望田に心情を打ち明け、五感の失う恐怖と向き合いつつ、未知なる未来へと歩み出す。太陽の告白に応えずに去る雨に、望田が心から抱きしめる場面で物語は幕を閉じる。

こうして、星の下で煌めく愛の物語が続いていく。新たなる始まりが、雨と太陽の運命を紡ぎだすのである。

ドラマ「君が心をくれたから」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|心の花束、五感の奇跡。逢原雨と朝野太陽の出逢いと別れ

https://popversemix.com/kimikoko3/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第4話 ドラマ『君が心をくれたから』4話 視聴率 視聴率:5.4% 前回3話のあらすじ 2014年

ドラマ『君が心をくれたから』3話 見どころ

1. 嗅覚の大切さに気づく雨!

雨が失った味覚に悩みながらも、祖母・雪乃との対話を通じて嗅覚の重要性に気づく瞬間が印象的。五感の喪失と向き合いながら、新たな発見に迫ります。

2. 太陽の感動的な愛の告白!

ランタン祭りで太陽が雨に向けて放つ感動的な愛の告白があります。太陽の思いに触れ、雨の心情が描かれ、感動のシーンとなります。

3. 未知なる選択に迫る雨の葛藤!

雨は太陽の告白に応えず、未知なる選択に直面します。その葛藤と心の揺れが見どころであり、雨の内面が繊細に描かれます。

4. 千秋との交流!

雨は千秋との交流を通じて感覚の大切さや思い出の価値を考えます。視聴者は千秋との絆が雨にどのような影響を与えるのか注目しました。

5. 雨と太陽の感動的な再会!

物語は感動的な再会へと向かい、雨が10年越しに秘めていた思いを打ち明ける瞬間が迫ります。視聴者は二人の再会に胸が高鳴ります。

ドラマ『君が心をくれたから』3話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 感動の愛の告白に胸が熱くなった!
太陽の愛の告白には涙が止まりませんでした。雨と太陽の純粋な愛情が画面を満たし、心に残る瞬間でした!

2. 嗅覚の大切さを改めて考えさせられた!
雨が嗅覚の大切さに気づく場面は心に響きました。五感の中で何気なく使っている嗅覚が、実はどれほど大切なのかを教えられた気がします。

3. 未知なる選択に雨の葛藤がリアルで共感!
雨が未知なる選択に直面し、その葛藤が描かれた場面では、自分自身の選択に共感しました。雨の心情がリアルで、ドラマに引き込まれました。

4. 千秋との交流が心温まる!
千秋と雨の交流は心温まります。雨が感覚の大切さに気づくきっかけとなり、友情の力を感じました。千秋の存在が物語に深みを与えていると感じました。

5. 再会の瞬間に胸が高鳴る!
雨と太陽の感動的な再会は期待を裏切らないものでした。二人の間に広がる空気が、視聴者の胸を高鳴らせ、次回への期待感が膨らみます!

ドラマ「君が心をくれたから」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|心の花束、五感の奇跡。逢原雨と朝野太陽の出逢いと別れ

https://popversemix.com/kimikoko3/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第4話 ドラマ『君が心をくれたから』4話 視聴率 視聴率:5.4% 前回3話のあらすじ 2014年

 なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「君が心をくれたから」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想!

月9ドラマ『君が心をくれたから』第1話 ドラマ『君が心をくれたから』1話 視聴率 視聴率:7.2% ドラマ『君が心をくれたから』1話ストーリー・ネタバレ 2013年6月、長崎県長崎市。 高校1年生の逢

月9ドラマ『君が心をくれたから』第2話

ドラマ「君が心をくれたから」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想!

©︎ドラマ「君が心をくれたから」2話

ドラマ『君が心をくれたから』2話 視聴率

視聴率:5.8

ドラマ『君が心をくれたから』2話あらすじ

遥かな高校時代、逢原雨(永野芽郁)はただ一人、心を通わせた男性・朝野太陽(山田裕貴)との再会を果たした。しかしその再会の陰には、思いも寄らぬ出来事が待ち受けていた。

太陽が事故に遭い、その命が危機に瀕(ひん)している。悲しみに暮れる雨の前に、突如現れたのは“あの世からの案内人”を名乗る男、日下(斎藤工)だった。彼は雨に“奇跡”を提案する。それは雨の五感を差し出す代わりに、太陽の命を救うというものであった。雨は迷いつつも、愛する太陽の命を守るために“奇跡”を受け入れる。

最初に奪われたのは味覚。日下は、雨の味覚があと14日ほどで失われることを告げ、奇跡や案内人については口外してはならないと忠告する。真実を話せるのは太陽だけだという。もうひとりの案内人、千秋(松本若菜)は、五感を失うことは簡単ではなく、正直に話すべきだと雨に助言する。しかし雨は、真実を話せば太陽が自分を責めてしまうと言って拒否する。

太陽を見舞った雨は、彼の妹・春陽(出口夏希)が差し入れで持ってきたマカロンをもらう。これは高校時代に太陽が贈ってくれた“お菓子言葉”と共にくれた、思い出の味だ。雨は、太陽との繋がりを感じつつも、味覚を失う前に好きなものを食べようと決意し、週末に開催される「長崎スイーツマルシェ」へと足を運ぶ。

そこで雨は、驚きの出会いに遭遇する。なんと、かつて雨に「必要ない」と告げたパティスリー『レーヴ』のパティシエ、田島守(ジャン・裕一)がゲストとして招かれていたのだ。守は太陽のことを知っており、彼のために特別なマカロンを作り上げていた。

ドラマ『君が心をくれたから』2話ストーリー・ネタバレ

奇跡のマカロン

奇跡の愛と涙、失ったものを探し求めて

「君が心をくれたから」の第2話が、朝野太陽(山田裕貴)によって綴られます。彼は、幼い頃の火事の夢にうなされ、驚異的な回復を果たした男性です。

その奇跡の背後には、藍原雨(永野芽郁)が案内人の日下(斎藤工)とともに交わした約束がありました。雨は、日下から黒い腕時計を託され、失われる五感と迫るタイムリミットを知ります。ルールが厳格に語り継がれ、2人の生死が交わる独特の約束が描かれました。

雨が太陽のお見舞いに現れると、そこには千秋(松本若菜)も立っています。雨は太陽に案内人の存在を明かさず、内なる葛藤に揺れ動く様子が描かれます。彼女の腕時計には、唇が奪われるカウントダウンが始まっており、これまでの喜びと別れが予感されます。

太陽と雨の交流が振り返られ、特に太陽が雨のために長電話をかけてあげたエピソードが紹介されました。太陽の応援が雨の就職試験前に影響を与え、2人の絆は深まります。しかし、太陽が伝え忘れた「マカロンのお菓子の言葉」が、物語の中で重要な意味を持っています。

雨は味覚を失う前に、長崎のグルメを楽しむ場面が描かれ、そこでの再会が物語を新たな方向に導きます。望田司(白洲迅)とのエピソードが絡み、雨が再びパティシエとしての夢を追い求める姿勢が描かれました。田島の励ましと共に、雨の可能性が広がります。

同時に、太陽が幼少期の火事の真実に直面し、家族の悲劇が浮かび上がります。母親の犠牲と太陽の無知が明かされ、彼の心に深い傷が残っていることが明らかになりました。その一方で、雨は母親に会いたいとの思いを抱え、感動的な再会が描かれます。

物語は次第にクライマックスへと向かい、雨の味覚喪失のカウントダウンが進むなか、太陽が再び花火師として生きる覚悟を決めます。雨と太陽の最後の共演である手作りマカロンのシーンは、感動と喪失の入り混じった切なさを醸し出します。

太陽の前で味覚を失った雨は、自らの弱さと後悔に向き合います。雨の内面の葛藤と、彼女が抱える様々な感情が見事に表現され、視聴者は彼女の覚悟に共感します。物語のクライマックスでは、太陽が雨の元へ駆けつけ、新たな局面が待ち受けています。

こうして、「君が心をくれたから」の第2話は、愛と喪失、奇跡と覚悟が交錯する感動的なストーリーとして、視聴者を引き込んでいきます。

ドラマ「君が心をくれたから」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|冬の夜、長崎ランタンフェスティバルの奇跡!

https://popversemix.com/kimikoko2/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話 ドラマ『君が心をくれたから』3話 視聴率 視聴率:5.6% ドラマ『君が心をくれたから』3

ドラマ『君が心をくれたから』2話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 奇跡と感動に満ちた物語に魅了!

「君が心をくれたから」の第2話は、奇跡と感動にあふれた物語でした。太陽の驚異的な回復や雨と日下の謎めいた契約に引き込まれ、心が震えました。作者の筆致が素晴らしく、絶えず期待を裏切りつつ、視聴者を感動の渦に巻き込んでいきます!

視聴者の感想2: 五感の奪い合いに胸が熱く!

五感の喪失という重厚なテーマが、物語に深みを与えました。雨の葛藤や太陽との交流は、感情移入せざるを得ません。腕時計のカウントダウンが進む中、視聴者は物語の中で奇跡を願い、心の中で五感を奪い合う緊迫感に胸が熱くなりました!

視聴者の感想3: 家族の再会に涙!

物語の中で描かれる家族の再会の場面は、思わず涙がこぼれました。霞美の心情や雨の家族への想いが、家族の絆の大切さを教えてくれる瞬間でした。作者が描くキャラクターたちの心情表現が、視聴者の心に深く染み入ります。

視聴者の感想4: 切ない愛の贈り物に感激!

太陽と雨の最後の別れが、非常に切なく、同時に美しいものでした。手作りマカロンのシーンでは、愛と別れの感情が交錯し、視聴者は感激の中で物語を見つめました。作者の巧みな筆致に感謝します!

視聴者の感想5: 複雑な感情が心に残る!

物語は複雑な感情を呼び起こす素晴らしい作品でした。登場人物たちの葛藤や喪失、そして再会が交錯し、視聴者は喜びと悲しみを同時に味わいました。作者の描写力に感嘆し、物語が終わった後も余韻が心に残ります!

奇跡の交わる瞬間!太陽の驚異的な回復

物語の初めで描かれる朝野太陽の幼少期の火事の夢と、その後の奇跡的な回復が圧倒的な見どころです。太陽が失った記憶と向き合いながら、彼の人生にどんな影響を与えるのか、視聴者は感動に包まれることでしょう。

運命を刻む腕時計!雨と日下の秘められた約束

謎めいた日下と雨が交わす契約が物語を牽引します。彼らの手には黒い腕時計があり、五感の喪失とタイムリミットが刻まれています。この契約が物語をどのように導くのか、視聴者は興味津々で展開を追いかけることでしょう。

深まる絆!太陽と雨の心温まる交流

太陽と雨の交流が物語に温かさをもたらします。太陽の長電話で繋がる心のふれあいや、マカロンを通じて語られる言葉の重みが、視聴者の心を打つことでしょう。二人の絆がいかに深まるのか、注目です。

霞美の心情!家族の再会と深い涙

物語は感動的な家族の再会にも焦点を当てます。雨が母親霞美に会いたいという思いを抱え、家族の過去が描かれます。家族の再会と涙に包まれた場面が、視聴者の心に感動を呼び覚ますでしょう。

愛の最後の贈り物!太陽と雨の切ない別れ

最後の見どころは、太陽と雨の切ない別れの瞬間です。太陽が再び花火師として生きる決意をし、雨が味覚を失う中、二人の愛の最後の贈り物となる手作りマカロンのシーンが涙を誘います。視聴者は感動に包まれながら、物語の結末を迎えることでしょう。

 なんでも自由に書いて下さい♪

月9ドラマ『君が心をくれたから』第1話

ドラマ「君が心をくれたから」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想!

©︎ドラマ「君が心をくれたから」1話

ドラマ『君が心をくれたから』1話 視聴率

視聴率:7.2

ドラマ『君が心をくれたから』1話ストーリー・ネタバレ

運命を変える奇跡の恋

2013年6月、長崎県長崎市。

高校1年生の逢原雨は、ある雨の日、学校の昇降口で傘を忘れ困っているところを、同じ高校3年の朝野太陽に赤い折りたたみ傘を貸してもらう。太陽は「これは運命の赤い糸だ」と冗談を言う。雨は遠慮がちに受け取るが、太陽の明るい性格に少し心を動かされる。

それから8年後の2024年12月

雨はパティシエとして東京で働いていたが、ある事情で故郷に帰省することに。街を歩いていると、市役所の望田司に出会い、望田に車で送ってもらう。望田は雨の祖母・雪乃の知人で、雨が有名店で働いていると勘違いしていた。

太陽は花火師を目指していた

一方、太陽は花火師を目指していたが、色覚の問題から諦めかけていた。妹の春陽に励まされ、母の墓参りをして気持ちを切り替える。その帰り道、二人は偶然、8年前に出会った眼鏡橋の近くを通る。

雨が橋に立っているのを見かけた太陽は、「まさか、雨ちゃん?」と声をかける。びっくりした雨だったが、太陽は昔の話を思い出して話しかける。雨もしびれを打ち明け、二人は8年ぶりの再会を喜ぶ。

太陽は「あの時の雨ちゃんを笑顔にしたい」とつぶやき、川に転落するハプニングが。雨は太陽を助けるが、思いもよらないきっかけで兩人の距離が縮まる。

雨はスイーツ講習の講師を頼まれるが、自信をなくしかけていた。一方、太陽は花火師への思いを取り戻そうとする。

そんな中、太陽は交通事故に遭い、重体に。突如現れた謎の男・日下が「奇跡を起こす」と雨に提案する。しかしその代償として、雨の五感を3ヶ月で奪っていくのだという。

雨は太陽への想いから、その過酷な条件を受け入れる。

ドラマ「君が心をくれたから」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|奇跡のマカロン!愛と涙、失ったものを探し求めて

https://popversemix.com/kimikoko1/ 月9ドラマ『君が心をくれたから』第2話 ドラマ『君が心をくれたから』2話 視聴率 視聴率:5.8% ドラマ『君が心をくれたから』2

ドラマ『君が心をくれたから』1話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 「泣けるラブストーリーに胸打たれた!」

第1話のラストシーンで太陽くんが交通事故に遭うところで号泣しました!雨ちゃんがかけつけて太陽くんを抱きしめるシーンは胸がいっぱいになりました。見守っていた自分まで泣けてきて、「太陽くん!大丈夫!?」と思わず叫んでしまいました。

運命のいたずらで起きた悲劇に涙が止まりませんでした。しかし雨ちゃんが奇跡を望み、五感を捧げる決意をしたところで、二人の絆の強さに感動。愛する人のためならどんな犠牲もいとわない、その気持ちが伝わってきて胸が熱くなりました。

次回も雨ちゃんと太陽くんの運命に胸を痛めながら見守ろうと思います。ハンカチを用意して期待してます!

 「設定は斬新すぎるが、メッセージ性はある」

五感を奪われていく設定には「えー!?」と驚きました。月9ドラマらしい過激な設定ですが、少し怖さも感じます。でも、大切な人を守るためならどんな苦しみも乗り越えられるのだと教えてくれるメッセージには頷けました。

雨ちゃんの勇気ある決断はすごく感動的でした。人は一人じゃ生きていけない、誰かとの絆が大切だと思わされます。

運命という壁にぶつかる二人ですが、助け合って乗り越えていけるはず。辛い道のりになりそうですが、期待しています!

「個性豊かなキャラクターが魅力的!」

雨ちゃんと太陽くんのピュアなラブストーリーに加え、周囲のキャラクターも魅力的です。

雨ちゃんの優しいおばあちゃんこと雪乃さんはユーモアがあり、春陽ちゃんの妹力が活躍するシーンも楽しみです。

謎の紳士・日下さんの目的が気になりますし、霊能力を使う千秋ちゃんも注目です。

個性的なキャラクターそれぞれのドラマに期待大です! 次回も素敵な心温まるシーンを用意して欲しいです。

 「運命を感じさせる圧巻の演出」

運命をテーマにした作品らしく、演出が運命という重厚なテーマを感じさせました。

実写とCGを融合させた空間移動シーンはファンタジックで新鮮でした。時代設定とのギャップも面白かったです。

劇中の映像テクニックは視覚的に運命を感じさせるので、観ていて引き込まれました。

BGMもシーンとマッチして迫力がありました。

演出の妙に惹きつけられ、見入ってしまいました! 次回も五感を使った演出に期待です!

 「長崎の魅力が作品を彩る」

物語の舞台となる長崎が作品の世界観を豊かにしているところが好きです。

実際に行ったことがある場所が登場すると、そこにいるような気持ちになれてリアリティがあります。

長崎の街並みはロマンチックな雰囲気だし、史跡も感動的。これを機に長崎に旅行に行きたいと強く思いました!

作品をきっかけに長崎の魅力に触れられるのは嬉しい副産物です。まちあるきも楽しみたいです。

SNSでは「サイコパス」「泣ける」などの意見が。

視聴者からは運命の力に翻弄される二人への同情の声が続出。

雨が五感を失っていく中、太陽は何を支えに雨を励ましたのか。そして、二人の絆は揺るぎない愛へと高まっていく。

運命のいたずらにも負けない二人の恋の行方とは――。

ネット上では、奇跡の代償として五感を失う設定が過激すぎる、とする意見がある一方、泣けるラブストーリーだと評価する声も。

特に、太陽の熱いメッセージに励まされ、夢を諦めかけた雨が立ち直るシーンは視聴者の胸を打ったようだ。

次回はどうなる? 運命にふり回される二人に注目が集まる。

月9ドラマ『運命を変える奇跡の恋』は、個性豊かなキャラクターとピュアなラブストーリーが人気の作品。

視聴率も好調で、SNS上での話題性も高く、今後の展開が楽しみなドラマと言える。

過激な設定は賛否両論あるものの、恋人のためならどんな苦難も乗り越えるというテーマは共感を呼んでいる。

個性的なキャラクター造形も見所の一つ。

雨と太陽のほか、雨の祖母・雪乃、太陽の妹・春陽、謎の案内人・日下と、登場人物それぞれに特徴がある。

恋愛ドラマながら、家族の絆、夢を諦めないことの大切さなど、ファンタジーな設定とは対照的なリアルなメッセージ性も作品の魅力だ。

音楽とシーンのテンポの取り方も秀逸で、視聴者を引き込むことに成功している。

以上のように、『運命を変える奇跡の恋』は、個性的なキャラクター、ピュアなラブストーリー、過激な設定の斬新さが視聴者を魅了している月9ドラマだと言える。今後の展開にも要注目だ。

さらに、本作の背景となっている長崎は、作品の世界観を彩るうえで重要な役割を果たしている。

長崎の街並みや史跡が随所に登場し、物語にリアリティを与えている。

とりわけ眼鏡橋は、二人の運命が交わる象徴的な場所として活用されている。

また、花火というモチーフも長崎ならではの要素だ。花火師を目指す太陽の物語とリンクしている。

さらに、カトリック文化が根付いている長崎の特徴が、作中の言及や小道具を通じて表現されているのもポイント。

このように、舞台となる長崎という土地そのものが、物語にリアリティと奥行きを与えるうえで欠かせない役目を果たしている。視聴者に長崎への理解を深めてもらうきっかけにもなっているだろう。

月9ドラマにおいて、舞台設定は物語を盛り上げる大切な要素の一つ。『運命を変える奇跡の恋』が長崎を描写することで、視聴者を一層引き付ける作品になっていると言える。

長崎は江戸時代から外国文化を取り入れる窓口として栄え、ユニークな文化を育んできた街である。

長崎はキリスト教が許された数少ない場所であったため、現在でもカトリック教会が多数存在する。作中でもそうした長崎の特徴が描かれている。

なんでも自由に書いて下さい♪

映画、ドラマ、アニメ愛好者必見!

31日間無料トライアルで、230,000本以上の動画、160誌以上の雑誌が楽しめます!さらに、600円分のポイントもプレゼント🎉

U-NEXTでの魅力は無限大!

1️⃣ 230,000本以上の見放題作品!
2️⃣ 電子書籍も同じアプリで楽しめる!
3️⃣ 毎月1,200円分のポイントがもらえて、最新作を存分に楽しめる!
4️⃣いつでも解約できる!

無料トライアル期間中、最新作のレンタル料金もお得に! さらに、600円分のポイントでDVD・ブルーレイよりも早く最新作を楽しんでみませんか?

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

最新みんなのレビュー

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

やばすぎ

Rated 5.0 out of 5
2024年2月25日

ぜろふくのふこう強すぎるしカッコよすぎる、しかも最後のいっぱい送っときます虫歯になる程のとこ

めっちゃ好き

アニメ鑑賞マン

ありがとう!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月23日

体験版する時間がなかったのでとても参考になりました!

そしてモニター羨ましい。。笑

やまぴー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

今季 ドラマタイトル
2024年 冬ドラマ
2023年 秋ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

TOP

POST

PopVerseMix

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.