PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ストーリー マンガ 考察

【キングダム】韓攻略の幕開け!新たな戦局への挑戦!(803話)

無料で読める!

これまでのあらすじ

【キングダム】秦の未来を託された若き将軍たち!新たな戦略の行方は?(802話)

©︎ キングダム / 原泰久 ヤングジャンプ

昌平君が提示した秦再生計画の三本柱の最初は、全秦人の戸籍を作成することでした。これは男を一人残らず兵士として動員し、失われた30万の兵力を補うためのものです。期限が半年しかないため、咸陽は大忙しで、秦の財政を圧迫しています。李斯は愚痴をこぼしますが、昌文君は「秦に活気が戻ってきた」と肯定的な意見を述べます。しかし、夏まで家にはほぼ帰れないという現実にたじろいでいます。

その最中、燕の太子丹が無断で秦を逃げ出す事件が発生します。これは後に始皇帝暗殺の計画に繋がる大事件となることが予見されます。

一方、趙との国境に駐屯する王翦本軍は、立て直しに苦戦していました。王翦は兜を外し仮面姿で城下を眺め、倉央と糸凌が戻ってくることを迎え入れます。彼らは昌平君の軍制改革を報告し、王賁、蒙恬、李信にそれぞれ大規模な兵力を預けることが決まったと伝えます。辛勝という新顔の将軍は、次に李牧に勝つのは王翦だと自信を示しますが、王翦は「十中十私が勝つ」と豪語します。

【キングダム】秦の未来を託された若き将軍たち!新たな戦略の行方は?(802話)

©︎ キングダム / 原泰久 ヤングジャンプ

飛信隊では渕副長が五千人将に昇進し、李信は渕の重要性を強調します。また、羌瘣も将軍に昇進し、飛信隊の士気は高まります。李信には騰と共に来年、韓を攻める役割が与えられていることが明かされ、緘口令が敷かれています。

キングダム 803話 あらすじ ネタバレ

勢いを増す秦の進撃、その次の一手は?

紀元前232年の正月、昌平君の三本柱が軌道に乗り、秦は新たな時代を迎えようとしていた。昌平君の命令で秦の全人民の戸籍調査が進められ、多くの困難を乗り越えながら、ついに20万の新たな兵力を動員することに成功する。その兵力は飛信隊、玉鳳軍、楽華軍に振り分けられ、いよいよ韓を滅ぼす準備が整う。

李信、河了貂、羌瘣は騰大将軍の陣地を訪れ、韓攻略の命令を受ける。騰は、昌平君の改革が成功し、秦が新たに20万の兵力を動員したことを告げ、その兵力が各軍に振り分けられることを李信に伝える。さらには、自分が六国滅亡の先鋒に立ち、韓を滅ぼす決意を示す。

しかし、韓は魏と趙の同盟国であり、救援軍を送り込んでくる可能性が高い。救援軍は李牧と呉鳳明が指揮し、玉鳳軍と楽華軍はこれを抑えるために兵力を増強している。だが、この防衛は無制限ではなく、二年以内に韓を滅亡させなければ秦の中華統一の野望は潰えてしまう。

©︎ キングダム / 原泰久 ヤングジャンプ

騰は昌平君から具体的な作戦を受けていないため、李信や河了貂、羌瘣にもアイデアを求める。ここで普段は黙っている羌瘣が「あるよ、多分」と答え、803話は終了する。羌瘣の言葉が次回への大きな期待を呼び起こす場面だ。

考察

803話は、秦が次の一手をどう打つかという緊張感に満ちたエピソードだった。昌平君の改革により、秦は20万の新兵力を動員し、その勢力を飛信隊、玉鳳軍、楽華軍に振り分けることで、韓を滅ぼす準備が整った。しかし、魏と趙の救援軍が迫る中、二年以内に韓を滅ぼさなければならないという時間的制約が、物語の緊迫感を一層高めている

特に注目すべきは、騰が韓を滅ぼすための具体的な作戦を持っていない点だ。騰が求めるアイデアに対し、羌瘣が「あるよ、多分」と答えたシーンは、次回への大きな期待を呼び起こす。この場面は、今後の展開における重要な伏線であり、羌瘣の策が韓攻略の鍵となることを示唆している。

©︎ キングダム / 原泰久 ヤングジャンプ

さらに、歴史的な視点から見ると、元々騰という人物が韓の将軍であり、それが秦に寝返ったという記述がある。この歴史的背景を踏まえた場合、羌瘣の策が騰の過去を利用した大胆なものである可能性も考えられる。例えば、騰が韓を裏切り秦に内通するふりをして、韓の警戒心を解き、そこから韓を滅ぼすという策略も考えられる。

804話の展開予想

キングダム804話では、羌瘣が提案する作戦の詳細が明かされると予想されます。彼女の「あるよ、多分」という言葉は、読者にとって大きな期待を抱かせるものでした。この作戦がどのようなものであるかが、物語の鍵となるでしょう。

以下は、804話の展開予想のポイントです:

  1. 羌瘣の作戦提案

    • 羌瘣は、韓攻略のための具体的な作戦を提案します。この作戦は、彼女の独自の視点や経験を活かしたものであり、予想を超える大胆なアイデアである可能性があります

      ©︎ キングダム / 原泰久 ヤングジャンプ

  2. 騰の反応と作戦の採用

    • 羌瘣の提案を受けて、騰がどのように反応するかが注目されます。彼がこの作戦をどのように評価し、採用するかが重要です。場合によっては、作戦の詳細を詰めるために他の将軍たちとの協議が行われるでしょう。
  3. 魏と趙の動向

    • 韓攻略が進む中で、魏と趙がどのような動きを見せるかも見逃せません。救援軍の李牧と呉鳳明がどのように対応するかが、物語の展開に大きく影響します。
  4. 飛信隊の準備と士気

    • 李信率いる飛信隊が作戦に向けてどのような準備を進めるかも描かれるでしょう。新たに配備された兵力をどう活用するか、また隊員たちの士気がどう高まるかが焦点となります。

考察

803話の終わりで羌瘣が提案した作戦は、韓攻略の鍵となる重要な要素です。羌瘣の言葉は彼女の自信と経験に基づくものであり、その内容が次の展開に大きな影響を与えることは間違いありません。また、歴史的な背景を考慮すると、騰が韓の将軍でありながら秦に寝返ったという史実が作戦にどのように影響を与えるかも注目されます。

さらに、魏と趙の救援軍の動向が、秦の作戦をどのように変えるかも重要です。李牧と呉鳳明の動きに対応するため、玉鳳軍と楽華軍がどのように防衛を強化するかが物語の鍵となるでしょう。

まとめ

803話は、秦が韓を滅ぼすための準備が整い、次の一手をどう打つかが焦点となるエピソードだった。昌平君の改革により動員された新たな20万の兵力は、飛信隊や他の軍に振り分けられ、いよいよ韓攻略が始まる。魏と趙の救援軍が迫る中、二年以内に韓を滅ぼさなければならないという緊張感が物語を一層引き締めている。

次回、羌瘣が提案する策がどのようなものであるか、その詳細が明かされることが待ち遠しい。また、歴史的な背景を考慮すると、騰の過去がどのように物語に影響を与えるかも見逃せないポイントである。キングダムの物語がますます盛り上がる中、次の展開に期待が高まる。

-ストーリー, マンガ, 考察
-, ,