PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ『正直不動産2』第9話

ドラマ「正直不動産2」9話ネタバレ・視聴率・考察・感想|神木の過去が明かされる!営業ナンバーワンの影に隠された悲しい出来事

©︎ドラマ「正直不動産2」9話

ドラマ『正直不動産2』9話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』9話あらすじ

ドラマ『正直不動産2』の9話では、神木(ディーン・フジオカ)の営業成績ナンバーワンへの執着がさらに深まり、その裏には違法な手段で利益を追い求める彼の陰謀が広がっています。一方で、この神木のやり方に危険性を感じた花澤(倉科カナ)が、仲間の月下(福原遥)に助けを求め、物語に新たな展開が訪れることとなりました。

登場人物たちは神木のナンバーワンへの執着に疑問を抱き、その謎めいた背後に潜む過去の出来事を知ろうと奮闘しています。特に永瀬(山下智久)と月下は、神木が営業ナンバーワンにこだわる理由を知るために、登坂(草刈正雄)から情報を引き出そうとしています。

過去の事件が神木の心に深い傷を残していることが判明し、その悲しい出来事が彼の今日の行動にどれほど影響を与えているのか、視聴者たちは興味津々で物語の展開を追っています。神木の人物像が次第に明らかになり、彼の行動の根底にある感情や動機が明らかにされつつあります。

ドラマ「正直不動産2」9話ネタバレ・視聴率・考察・感想|神木の過去が明かされる!営業ナンバーワンの影に隠された悲しい出来事

©︎ドラマ「正直不動産2」9話

ドラマ『正直不動産2』9話ストーリー・ネタバレ

神木の過去が明かされる!営業ナンバーワンの影に隠された悲しい出来事

 

ドラマ『正直不動産2』9話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

 

レビューを書き込む

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第8話

ドラマ「正直不動産2」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|神木の陰謀と投資の迷走、営業成績に揺れ動く登坂不動産の運命

©︎ドラマ「正直不動産2」8話

ドラマ『正直不動産2』8話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』8話あらすじ

ドラマ「正直不動産2」の第8話では、新たなキャラクターとして登場した篠崎(大鶴義丹)が、神木(ディーン・フジオカ)の紹介で永瀬(山下智久)のもとを訪れることから物語が始まります。

篠崎は以前の不動産投資で失敗し、再び神木から新たな投資を持ちかけられている状況です。永瀬は神木の真意に疑念を抱きながらも、篠崎に対して慎重にアドバイスを行います。投資にはリスクが伴うことを理解し、思いとどまるようにと助言しますが、篠崎は娘の進学費用の工面に苦悩し、なかなか決断できないでいます。

一方で、営業成績ナンバーワンを目指す黒須(松田悟志)は焦りを募らせており、ある客から成約を取ることに成功します。しかしその裏には、神木が仕掛けたわなが待ち受けていたことが明らかになります。

登坂不動産は神木の陰謀に巻き込まれ、投資の迷走と営業成績の不穏な動きに揺れ動く運命に翻弄されています。

ドラマ「正直不動産2」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|神木の陰謀と投資の迷走、営業成績に揺れ動く登坂不動産の運命

©︎ドラマ「正直不動産2」8話

ドラマ『正直不動産2』8話ストーリー・ネタバレ

神木の陰謀と投資の迷走、営業成績に揺れ動く登坂不動産の運命

商店街の大黒柱であり、愛され者でもある永瀬(山下智久)が、美波(泉里香)の手料理を美味しそうに堪能する姿から始まる8話。永瀬は家事も分担し、商店街の清掃ボランティアにも協力的な一面を見せている。彼の人柄に触れ、商店街の人々は彼に信頼を寄せている。

清掃ボランティアの中で、永瀬は商店街のトラブル解決の要として頼りにされ、黒須(松田悟志)との対立も浮き彫りになる。清掃活動を通じて得た地域社会との結びつきが、永瀬の強みとなっている。

八起町の商店街では、清掃ボランティアのメンバーが永瀬に相談に訪れる。

永瀬はトラブルの解決に積極的に取り組み、商店街の安定に貢献している。しかし、1位の黒須にはまだ水を開けられており、その背後には問題のある営業手法が潜んでいる。

投資詐欺の被害者が永瀬に相談にやってくるエピソードでは、神木(大鶴義丹)の陰謀が浮かび上がる。篠塚文彦(大鶴義丹)が神木に誘導されて投資用ワンルームを購入したものの、TBGコーポレーションの倒産により被害を受けていた。神木の危険な陰謀に立ち向かう永瀬の奮闘が描かれる。

神木の手口が次第に解明され、永瀬が投資詐欺の闇に挑む中で、商店街の人々や仲間たちとの絆が強調される。永瀬の信念と勇気が彼を取り巻く人々を鼓舞し、共に立ち上がる姿勢が感動を呼び起こす。

篠塚家の苦境や娘の思いが交錯する中、永瀬は神木との直接の対決に挑む。神木が手に入れたTBGコーポレーションの顧客リストを利用して行う投資詐欺の実態が浮かび上がり、永瀬の怒りと決意が描かれる。

一方で、商店街の中で新たなトラブルが発生

それが永瀬と黒須の連携を呼び起こす。投資詐欺の影響力が広がり、永瀬は神木との壮絶な闘いに身を投じる。商店街の仲間たちや登坂不動産のメンバーが協力し、友情と絆が試される場面が続出する。

エピソードのクライマックスでは、黒須の新たな決断と永瀬と神木の激しい対決が繰り広げられる。永瀬と仲間たちの奮闘、友情の絆が投資詐欺の闇に立ち向かう感動のストーリーとなっており、次回の展開がますます気になる展開となっている。

ドラマ『正直不動産2』8話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. "感動のドラマにハマりました!"

驚くほどリアルで心温まるドラマ。永瀬の奮闘と登坂不動産の絆に感動。神木の悪事には怒りを覚えながらも、篠塚家の再生には心が震えました。絶え間ないサプライズに飽きることなく、毎回の展開に胸が躍ります!


2. "不動産業界の舞台裏に驚き!"

登坂不動産の激動の日々に引き込まれました。神木の投資詐欺の手口にはゾッとしましたが、永瀬の冷静なアドバイスに心強さを感じます。商店街や家族のドラマも絡みつつ、不動産業界のリアルな一面が垣間見える興奮が忘れられません!


3. "黒須の成長に感激!"

初めは強引でトラブルメーカーだった黒須が、永瀬や仲間たちとの出会いで成長していく姿に感動しました。特に海野への対応は見事で、心の温かさが画面を通して伝わってきました。これからの展開がますます楽しみです!


4. "琴乃の強い意志に共感!"

琴乃の強い信念と覚悟に感銘を受けました。篠塚家の再生に向けて立ち上がる姿勢は素晴らしく、永瀬とのやり取りが感情を揺さぶります。家族の絆が試される中、琴乃のキャラクターが物語に深みを加えています。


5. "不動産業と人間ドラマの融合が素晴らしい!"

不動産業界の裏側と登坂不動産のメンバーたちの人間ドラマが見事に融合した作品。感動と笑い、時には泣きそうになるほどの緊張感が交錯し、これぞドラマの真髄と言える出来栄え。期待以上の面白さにハマりっぱなしです!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第7話

ドラマ「正直不動産2」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|紡がれる恋模様とタワーマンの願い

©︎ドラマ「正直不動産2」7話

ドラマ『正直不動産2』7話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』7話あらすじ

息苦しい大都会で繰り広げられる、さまざまな人々の交わりと思いがけない出来事。今回は、山下智久さん演じる永瀬と泉里香さん演じる美波の恋模様が中心です。

美波は永瀬に頼みごとを持ちかけ、恋人のふりをしてほしいという切ないお願いをする。何となくの理由で、祖母に恋人を紹介することを約束してしまったらしい。一方で、福原遥さん演じる月下との関係も進展中。ふたりは、孫娘のためにタワマンを購入したいという高齢女性の接客に携わるが、予算の問題で難航している。

物語は、永瀬と美波の約束の日。しかし、美波の祖母はなぜか現れない。一方で、ディーン・フジオカさん演じる神木は、ある高齢女性客に欠陥のあるタワマンを売りつけようとしていた。これらの出来事が絡み合い、予測不可能な展開が続く。

人生の中で時折訪れる笑いと感動、そして予期せぬ出来事。永瀬と美波の物語が、様々な人々との交流と共に紡がれていく。高齢者たちの夢や願いも交えつつ、現実と妄想が入り混じる日常の中で、視聴者は思わず笑顔になることだろう。

美波と永瀬の関係がどのように進展するのか、そしてタワマンの夢は果たされるのか。全ての疑問に対する答えが、この心温まる物語の中に隠されている。

ドラマ「正直不動産2」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|紡がれる恋模様とタワーマンの願い

©︎ドラマ「正直不動産2」7話

ドラマ『正直不動産2』7話ストーリー・ネタバレ

月下の優しさが人生を変える瞬間!清川の夢と月下の奮闘

美波(泉里香)の大変な状況

美波(泉里香)は、秋田の実家の祖母に見合いを進められ、永瀬と祖母との会話を取り持つ約束をしていた。しかし、実は美波には既に永瀬との交際が進行中で、そのことを祖母に打ち明けることができず、永瀬に「恋人のフリをしてほしい」と頼む。

永瀬は嘘がつけない性格ゆえに、恋人のフリは無理だと断わるが、美波の家族との複雑な事情に巻き込まれつつも、どうにか乗り越えようと奮闘する。

不動産の波乱

一方で、登坂不動産では意外な展開が待っていた。田舎から現れたおばあちゃんは、一括現金でタワーマンションを購入したいという夢を語り、永瀬は喜び勇んで手伝うことになるが、その後の展開で驚きの事実が明らかになる。

永瀬が、タワーマン購入は予算不足で難しいと告げると、おばあちゃんはがっかりし、「せば、また。」と言って帰る。永瀬はおばあちゃんの方言に戸惑いながらも、事態を収拾しようと奮闘する。

同じく不動産業界で奮闘する花澤(倉科カナ)は、営業成績の低さに悩む中、新たな手段に出る。マッチングアプリを利用して、高収入男性を誘導し、マンション購入の話を持ちかける策略に打って出る。しかし、予期せぬ展開が待っていた。

花澤の挑戦と困難

花澤は、アプリで出会った「わたやん(前野朋哉)」に接近し、マンション購入を決意させるが、頭金の支払いに行き詰まり、困難な状況に直面する。ライバルの神木(ディーンフジオカ)の煽りも加わり、花澤は違法な手段に手を染める。

花澤の夢は、店長に昇進し、子育てしやすい環境を作ることだった。しかし、息子が「ルールを守って!」と友達に言ったことで、仕事と家庭の両立に悩み始める。

不動産の裏事情と感動の結末

事態は一気にドラマチックな展開へと進む。永瀬の元に現れた高橋努演じるお客が頭金の貸付を頼みに来るが、永瀬は法律に従い、それを断る。しかし、そのお客が美波の祖母であり、神木の策略によってタワーマン購入が決まってしまう。

美波の祖母が夢見ていた幸せな未来が崩れ、永瀬たちは神木の不正行為に気付く。神木の策略に巧妙に巻き込まれた美波の祖母を救うべく、永瀬と花澤は奔走する。

最終的には、神木の計略が明るみに出て契約解除が成され、美波の祖母は安心して暮らせる場所を手に入れる。永瀬は美波の祖母との交流を通じ、自分の生き方について考えさせられる。

永瀬の本音と美波の未来

祖母の言葉で永瀬は自分の気持ちに気づくが、月下のフォローで言葉を飲み込む。美波の未来に風が吹くなか、永瀬はついに本音を打ち明ける。しかし、その瞬間、何者かの強烈な風が吹き荒れ、永瀬の告白は遮られる。

そして、翌日、永瀬のアパートに美波が引っ越してきて、新たな展開が始まる。ドラマ「正直不動産2」第7話は、不動産業界の波乱に満ちた一幕となった。

ドラマ『正直不動産2』7話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. ドラマの展開に驚き!

正直不動産2の第7話は、まさかの展開に驚きました!美波の祖母の物語が感動的で、永瀬と花澤の奮闘にグッときました。不動産の裏事情とドラマの結末には、一体どうなるのかハラハラしながら観ていました。特に、美波の祖母と永瀬の交流には、心が温かくなりました。ドラマがこれからどのように進展するのか、ますます楽しみです!

2. 花澤の奮闘が感動的!

花澤の新たな手段とその苦悩には感動しました。彼女の夢に対する熱い思いや、子育てしやすい環境を作りたいという理念が心に響きました。彼女の奮闘が報われることを心から願っています。営業成績の低さに悩む花澤が、困難に立ち向かう姿勢に共感し、彼女の成功を信じています。このドラマのキャラクターたちの成長が本当に素晴らしいですね!

3. 感動の結末にグッとくる!

第7話の感動の結末には、思わず涙がこぼれました。美波の祖母の夢が崩れつつも、最終的には永瀬と花澤の奮闘によって救われ、ハッピーエンドになるなんて、本当に素晴らしいです。不動産業界の舞台裏やキャラクターたちの成長が見事に描かれており、ますます次回が楽しみです!

4. 神木の策略にドキドキ!

神木の策略にはドキドキしました!営業成績の競争や不正行為の裏事情が、ドラマにスリリングな要素を与えています。特に、わたやんの契約解除に至るまでの緊迫感がすごかったです。これからどのように神木の行動が影響するのか、ますます目が離せませんね。

5. 永瀬と美波の関係にハラハラ!

永瀬と美波の関係にはハラハラしました!美波の祖母との出会いや、永瀬の本音が明らかになる場面での緊張感がたまりませんでした。その中でも、最後の美波のアパートへの引っ越しは、ますます二人の関係が進展していく予感がしてワクワクします。次回がますます楽しみです!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第6話

ドラマ「正直不動産2」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|月下の優しさが人生を変える瞬間!清川の夢と月下の奮闘

©︎ドラマ「正直不動産2」6話

ドラマ『正直不動産2』6話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』6話あらすじ

驚きの展開が待ち受ける、感動の不動産ドラマ「正直不動産2」。第6話では、月下(福原遥)が家賃の滞納問題を抱える清川(美山加恋)の相談に乗るシーンが感動の渦を巻き起こす。

清川は演劇活動とアルバイトの両立に悩み、親に迷惑をかけないようにと心苦しい胸の内を明かす。このシーンでは、清川の切実な想いが視聴者の心に響くこと必至だ。福原遥が見事に月下の優しさを表現し、清川の背中を押している。

同じ頃、月下と永瀬(山下智久)は、不動産業務の合間にマダム(大地真央)から、十影(板垣瑞生)が両親を失った事実を知らされる。このエピソードでは、登場人物たちの過去や家族の絆が描かれ、視聴者はキャラクターたちの背景に一層感情移入することだろう。

夢を追う清川を応援したいと願う月下は、大家の猪口(梅沢富美男)と交渉を試みるが、厳しい現実に直面。打つ手を失いかけた時、物語は思わぬ展開を迎える。月下の奮闘と清川の夢、そして予測不能な瞬間が物語を一気に盛り上げていく。

そして、十影の思わぬ一言が事態を動かす。

ドラマ『正直不動産2』6話ストーリー・ネタバレ

月下の優しさが人生を変える瞬間!清川の夢と月下の奮闘

バーでくつろぐ登坂(草刈正雄)と桐山(市原隼人)。登坂に頼まれ、フルコミッションの契約社員・黒須圭佑(松田悟志)を送り込んだのは桐山だった。

家賃滞納トラブルで大家と借主の板挟み

月下(福原遥)は、アパート「アンビシャス八起」を紹介した明日美(美山加恋)からの相談を受ける。明日美が家賃を3か月滞納している。月下は彼女が女優を目指して上京し、広島からの一人暮らしで夢を追いかけていることを知る。

夢を諦めかけたときに、本並劇場の出演が決まり、両親は喜びに涙する。しかし、月下は家賃トラブルに頭を悩ませる。

藤原(馬場徹)は「アンビシャス八起」のオーナー猪口(梅沢富美男)から同じ問題を相談される。藤原は以前、若村/バイソン(市川由衣)の夫がミネルヴァに騙された大宮の物件の売却に助け舟を出したことで、永瀬に貸しを作っていた。永瀬は仕方なく家賃滞納問題に介入することに。

オーナーの折り合いと家賃トラブルの解決

永瀬たちはオーナーの猪口に交渉しにいく。夢を持つ若者は応援したいが、猪口は家賃収入が食い扶持であり、裁判してまで店子を追い出すのは避けたいとの立場。月下は悪く思われたくないが、損もしたくないと考える。十影は、悪く思われないようにするのが大切だが、夢を追いかける者に対しても理解が必要だと主張する。

失礼な態度を叱ろうとした永瀬だが、風が吹いてそれは自分が言いたかったことだ、と口を挟む十影。自分で人がいいなんていう人に人がいい人なんていないと十影がダメ押し。怒った猪口は、滞納分をチャラにして出ていけ、と言い切る。

AD物件トラブルは黒須の仕業

黒須と永瀬に物件トラブルのクレームが寄せられる。予備校の同級生という2人の学生が、同じ不動産屋の仲介で同じ家賃の部屋に住んでいたが、1人だけが99,000円の仲介手数料を取られていた。問題の物件はAD物件で、早く店子を見つけて欲しいために貸主が広告料を払っていることが判明する。

黒須は、自分たちが手数料をもらってもいいと言い切り、登坂不動産では手数料をもらっていないことを主張する。問題は解決し、仲介手数料は返金される。

不動産業者の内紛と十影の夢への対応

ミネルヴァ不動産では、神木(ディーン・フジオカ)と花澤(倉科カナ)が立川店の指揮権を巡って争っていた。鵤(高橋克典)は、新しくできる立川店を任せるのはどちらかを決めるよう2人を煽り立てる。

十影は、十影が弁当屋で出会った「はるかぜ」で明日美がバイト中に彼女の苦悩に直面する。明日美は、夢を諦めずに努力しているが、家賃の問題に悩まされている。

永瀬と月下、十影の成長と夢の探求

永瀬と月下は、マダム(大地真央)に呼び出され、高級店でディナーに誘われる。十影も同席し、マダムは十影の仕事ぶりを知りたいと語り出す。永瀬は黒須の行動を批判し、彼は利益のためにお客を騙したと主張する。十影は、騙されたとしても親の金で生活している現実を指摘し、人助けが本当に役立つのかに疑問を投げかける。

マダムが自分のせいだと十影の辛い過去を明かすと、物語は十影の過去に焦点を当て、彼の心情が浮き彫りにされる。

家族の過去と十影の成長

十影の祖父でマダムの元夫は、マダムに惚れ込んで借金をしてまで支えていたが、その借金を背負わされたのは十影の両親だった。十影は親孝行ができずに転々とした生活を送り、マダムとの出会いがきっかけで変わっていく。

十影は、自分の親が苦しむ中でも笑顔でおにぎりをくれた父の優しさを思い出し、親孝行は生前にできるだけやった方がいいと語る。彼の成長と夢への情熱が描かれ、登坂不動産のメンバーは彼を一人前の不動産営業にすることを決意する。

夢と現実の葛藤と最終決断

十影は、工事現場でのバイトをしている明日美を見かけ、何かを感じる。永瀬、月下、十影は、バイトの合間に待ち合わせた明日美と共に公園で1人芝居の稽古をしている。彼女は、家賃が払えないからと諦めないでほしいと懇願する。

明日美が「家賃が払えない私は夢を諦めないとダメですか?」と問うと、十影は彼女に家賃を払っていないならば、新しい場所に移動し、夢を追い求めるべきだと応える。永瀬も、家賃の相場は変わっており、新しい物件を勧める。

物語は、明日美の選択と決断、そして彼女の夢の行方に焦点を当て、不動産業者としての奮闘と個々のキャラクターの成長が交錯する。

新たな展開と意外な依頼

十影は、両親の墓参りをし、お供えにおにぎりを持参する。彼は親孝行ができずにごめんだと詫びながら、笑顔で手を合わせる。

物語は、十影が登坂不動産に預けられ、永瀬、月下と共に外に出る場面から榎本美波(泉里香)が登場する。美波は永瀬に頼みごとをし、手を取りながら言葉を続けた。

「私の恋人になってもらえませんか。」

ドラマ『正直不動産2』6話の見どころまとめ

1: 不動産業界の舞台裏

登坂不動産2は、不動産業界の裏側にスポットを当て、営業員たちが不動産トラブルや夢の追求といった複雑な問題にどのように立ち向かっているかを描いています。リアルな状況から派生するドラマが、読者を引き込むことでしょう。

2: 登場人物の成長

物語は主人公・十影を中心に、各登場人物の成長を描いています。彼らが直面する困難に立ち向かい、経験を通じてどのように変わっていくのか。キャラクターたちの成長過程が心に残ります。

3: 家賃トラブルのリアルな描写

アンビシャス八起の住人、明日美の家賃トラブルはリアルな社会問題に触れています。夢を追いかける若者が抱える家賃滞納問題は、多くの読者に共感を呼び起こすでしょう。

4: 不動産業者の倫理と価値観

物語は不動産業者が抱える倫理的なジレンマや価値観の相違に焦点を当てています。金銭と理念の板挟みに立つ登坂不動産メンバーが、読者に考えさせる場面が随所に散りばめられています。

5: 感動的なエンディング

物語のクライマックスは、感動的で心に残るものとなっています。家族の過去やキャラクターたちの葛藤が解決し、夢への情熱が芽生える瞬間は、読者に深い感動を与えることでしょう。

ドラマ『正直不動産2』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

ドラマの深みに圧倒!

物語の奥深さに圧倒されました。不動産業界のリアルな描写や登場人物たちの成長、そして感動的なエンディング。これぞまさに感動の一作です!もっと早く読み始めるべきでした!

登場人物のリアルな葛藤に感動!

十影や明日美などの登場人物たちが抱えるリアルな葛藤に感動しました。夢への情熱と現実の厳しさが絶妙に描かれ、彼らの成長に胸が熱くなりました。素晴らしい物語です!

家賃問題の深刻さを考えさせられる

家賃トラブルが社会問題となっている今、この小説はその深刻さを考えさせられました。登坂不動産のメンバーが立ち向かう姿勢に感銘を受け、社会的な視点を得ることができました。

不動産業者の葛藤にグッときた!

不動産業者の倫理的な葛藤や価値観の相違がリアルに描かれていて、キャラクターたちの心の動きに共感しました。お金と信念のはざまで揺れる姿に、考えさせられました。

感動的なエンディングに号泣!

物語の結末は非常に感動的で、つい涙がこぼれました。家族の過去やキャラクターたちの最終的な成長が、読者に強い感情を呼び覚ましました。素晴らしい作品でした!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第5話

ドラマ「正直不動産2」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|

©︎ドラマ「正直不動産2」5話

ドラマ『正直不動産2』5話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』5話あらすじ

都会の喧騒に紛れ、人間模様が織りなされる中、山下智久さん演じる永瀬が中学時代の同級生である市川由衣さん演じる梅村から、驚きの相談を受けるという出来事が舞台裏で広がっている。

梅村夫妻は、新たな一歩を踏み出すためにマンションの購入を検討しており、永瀬は友情に燃え、協力の手を差し伸べることを決意する。しかし、都会の裏側には予測不能な展開が待ち受けていた。

直ちゃんとして知られる味方良介さん演じる直は、永瀬と梅村夫妻の関係に戸惑いを覚え、複雑な感情に悩む。友情と夫婦愛、それぞれの要素が絡み合い、心の奥底で葛藤が渦巻いているようだ。

同じく都会で生きる福原遥さん演じる月下は、ラーメン店主との縁から新たな挑戦に取り組んでいる。一方で、神木役のディーン・フジオカさんが直に、ラーメン店主役の田口浩正さん演じる人物には花澤役の倉科カナさんが何かしらの接触を図っているとの情報も入ってきている。

こうした複雑な人間関係や思いが交錯する中、都会のドラマは深まりを見せ、人間模様は舞台裏で綴られていく。未知の展開と共に、登場人物たちの心の葛藤がどのように紡がれていくのか、これからの展開がますます注目を浴びそうだ。

ドラマ『正直不動産2』5話ストーリー・ネタバレ

友情の行方と予測不能な展開

緻密に綴られるドラマ「正直不動産2」が、第5話に突入し、これまでの展開とは一線を画す感動のストーリーが繰り広げられました。永瀬(山下智久)の中学時代の同級生である若村桃花(市川由衣)と夫の直(味方良介)が、家の購入に関する相談のために登場。しかし、それはまさかの「フラット35」の勧めに端を発し、予測不能の展開が待ち受けていました。

永瀬は、桃花との中学時代の思い出を振り返りながら、友情を大切に新居探しに奔走します。一方で、桃花の夫・直は、2人の仲を見て複雑な心情に陥ります。この友情と葛藤が物語に深みを与え、視聴者は感情に引き込まれることでしょう。

「しょうじきもん」での美波(泉里香)のほっこりとした日常や、ラーメン店「黒熊猫ラーメン」で繰り広げられる微笑ましいやりとりも、キャラクターたちの人間味を浮かび上がらせます。永瀬の過去や人間関係が詳細に描かれ、彼の成長に共感せざるを得ない瞬間が続きます。

不動産業界の裏側にも新たな光が差し込みます。登坂不動産では、月下が新メニュー提案に奮闘する中、大河部長の過去や、ミネルヴァ不動産の策略が浮かび上がります。物語は次第に緊迫感を増し、読者はドラマのクライマックスに胸を高鳴らせることでしょう。

桃花夫妻が永瀬の提案した物件に決断を下す一方で、支払い方法に悩む姿勢が物語に緊迫感を与えます。ミネルヴァ不動産の神木と西岡の陰謀、そして永瀬の正義感が交錯し、物語はどんどんクライマックスへと加速していきます。

登坂不動産のランチタイムや、河原の売上減少に関するエピソードでは、花澤(倉科カナ)の登場があり、彼女の地道な努力が浮かび上がります。物語は人間関係やドラマチックな展開、そして意外な結末へと向かっています。

最終盤では、神木の陰謀に巻き込まれた直が逮捕される危機に直面。永瀬は不正を暴こうとしますが、神木に対抗する難題が立ちはだかります。そして、桐山(市原隼人)からの誘いや新たな登場人物・黒須圭佑(松田悟志)の登場により、物語は新たな展開へと進展していきます。

ますます複雑に入り組むキャラクターたちの関係や、驚きと感動が交錯する「正直不動産2」第5話。これからの展開がますます気になり、視聴者は興奮と期待に胸を膨らませています!

ドラマ『正直不動産2』5話の見どころ

感動の友情再燃!中学時代の絆が新居探しに影響?

永瀬と桃花の中学時代のエピソードがクローズアップ。バイソンと呼ばれた桃花の活躍が、新居探しにどんな影響を与えるのか、期待が高まる。

物語に緻密に織り交ぜられたエモーショナルなストーリー

永瀬の過去や人間関係が丁寧に描かれ、キャラクターたちの心情が読者に深く染み入る。ドラマの進行とともに繰り広げられる感動的なストーリーが注目される。

不動産業界の舞台裏に光が差す!ミネルヴァの策略とは?

登坂不動産で花澤の登場により、不動産業界の闇が垣間見える。ミネルヴァの策略とそれに巻き込まれる登場人物たちの運命が交錯する。

一触即発の危機!神木と直の対立に胸が締め付けられる

直が神木の策略に巻き込まれ、逮捕の危機に。永瀬が不正を暴こうとするが、神木との対決が避けられず、読者の興奮が最高潮に達する瞬間。

新たな展開に期待!桐山の誘いと黒須圭佑の登場

登坂社長からの誘いや新キャラ・黒須圭佑の登場が物語に新たな風を吹き込む。これからの展開が予測不能で、期待感が高まる。

ドラマ『正直不動産2』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

久々に楽しめる

Rated 4.0 out of 5
2024年2月6日

正直不動産は出演者も豪華。内容も不動産の知識も得られ面白い。また民放と異なりCMが入らないのも良い。on air曜日と時間は微妙。

sat

 

レビューを書き込む

感動の嵐!永瀬と桃花の中学時代のエピソードに胸が熱くなった!
バイソンと呼ばれた桃花の勇気ある行動に涙。友情の力って本当に素晴らしい!

ドキドキが止まらない!直の逮捕危機が迫るシーンに息を呑んだ!
神木と直の対決に胸が高鳴る。どうなるんだろう、もう待ちきれない!

不動産業界の裏側に興奮!花澤の登場で物語が一気に深まった感じがする!
登坂不動産の舞台裏が明らかに。花澤のキャラが物語に新たなスパイスを加えていて、これからがますます楽しみ!

桐山の誘いにワクワク!新展開が待ち遠しい!
桐山の誘いで物語がどう展開するのか予測不能。ますます気になる展開が待ち遠しい!

黒須圭佑の登場にびっくり仰天!これからのストーリーに期待大!
予想外の新キャラ登場に、ますます興奮が止まりません。次回がますます楽しみ!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第4話

ドラマ「正直不動産2」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|絆の奇跡 ~愛と信頼のビジネスストーリー~

©︎ドラマ「正直不動産2」4話

ドラマ『正直不動産2』4話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』4話あらすじ

新進気鋭の若手社員、十影(板垣瑞生)が、まさかの初めての成約のチャンスに迫られていた。彼の相手は、水商売の藤森(佐藤寛太)とその愛する恋人、美玲(恒松祐里)だ。しかし、喜び半分、悩み半分の状況が彼らを待ち受けていた。なぜなら、藤森の過去のカード事故が原因で、賃貸保証会社の審査が通らず、二人の未来が危ぶまれていたのだ。

その後、物語に新たな展開が訪れる。美玲が妊娠していることが発覚する。藤森と美玲、それぞれの胸に秘めた思いが、ますます交錯し、その影響は二人の関係にも影を落としていく。しかし、この難局に挑むべく、永瀬(山下智久)と月下(福原遥)が立ち上がる。彼らは、オーナーに対して熱い説得を繰り広げ、事態を好転させるべく奔走することとなる。

愛と信頼が交わり、絆が深まる中、十影は新たな視点で物事を見つめる。永瀬と月下の熱意に触発され、十影は自らの行動に繋げるべく動き出す。一筋の光が射し込むなか、彼の心にも変化が生まれ始める。

物語は、ビジネスの舞台裏に秘められた人間ドラマを描き、仕事と愛の融合をテーマに、新入社員・十影が成長していく姿を描いていく。感動と共感が交錯するなか、ビジネスの現場での絆と奇跡が紡がれていく。

ドラマ『正直不動産2』4話ストーリー・ネタバレ

星の家、夢の住処

感動の成約、永瀬の指導力に注目!

十影、初の成約に大きな一歩!

ドラマ「正直不動産2」の第4話では、不動産営業の十影(板垣瑞生)が入社以来初めての成約に近づく様子が描かれました。登坂社長(草刈正雄)は、十影の成績不振に悩むなか、永瀬(山下智久)を呼び出し、部下の指導が人事評価にも影響することを伝え、永瀬に十影のサポートを依頼します。

登坂の発破、永瀬に課長昇進のチャンス

課長昇進を目指す永瀬に対し、登坂社長は十影の成果が必要だと厳しく発破をかけます。そんななか、初めて十影がクライアントを連れてくることに成功し、永瀬と月下(福原遥)のサポートを受けながら接客に臨むことになります。

ラプラス武蔵山の物語、祥平と美玲の波乱

物語は武蔵山公園近くの物件で展開します。水商売をしている藤森祥平(佐藤寛太)と保育士の山本美玲(恒松祐里)が、「ラプラス武蔵山」に興味を持ち契約を進めるも、信用問題で審査に通らず、美玲の名義での契約となります。祥平の借金を肩代わりしたことから、2人の関係にもギクシャクが生まれます。

美玲の葛藤、祥平との結婚に迷走

美玲は祥平との結婚に迷いを抱えています。信販会社のローン延滞や祥平の借金問題により、審査不承認となります。祥平との関係に疑問を抱きつつも、美玲は祥平との過去や今の状況と向き合います。

永瀬と月下、保証会社への懸命な交渉

永瀬と月下は、「ラプラス武蔵山」のオーナーである貴島孝雄(ダンカン)に頼んで他の保証会社への加入を承諾してもらおうとしますが、難航。賃貸保証会社にも交渉するものの、審査が通らず、困難な状況が続きます。

不正を考える祥平、ミネルヴァ不動産に接触

祥平は信用を得るため、不正手段で「ラプラス武蔵山」に入居しようと画策します。この情報を耳にしたミネルヴァ不動産の西岡(伊藤あさひ)が興味津々でその行動を追跡します。

永瀬の指導、祥平との対話

十影の成績不振を登坂に愚痴る永瀬は、マダム(大地真央)の登場で十影の背景を知り、不動産営業として育てることを約束します。一方で、祥平との不正の話が浮上し、永瀬と十影は祥平に信頼を築くために奮闘します。

 美玲と祥平の過去、月下の提案

美玲が妊娠が判明し、祥平には黙っていてほしいと頼む中、月下が提案をもちかけます。2人の思いを伝えた手紙を貴島に渡すため、永瀬と月下は奔走します。

貴島の判断、永瀬の巧妙な説得

貴島は最初は慎重だが、永瀬の巧妙な説得により、信用できると判断し、条件付きで入居を承諾します。これにより、美玲と祥平の幸せな未来が見えてきます。

十影の成長、永瀬と月下の影響

最終的に初めての成約が成立し、十影は永瀬や月下の指導のもとで成長を遂げます。登坂たちとの関係も改善し、物語は新たな展開へと進みます。

この感動的なエピソードでは、登坂社長の指導、十影の成長、祥平と美玲の葛藤、そして永瀬と月下の熱いサポートが交錯し、物語に深みが生まれました。次回もますますの展開が楽しみです。

ドラマ『正直不動産2』4話 見どころ

1. 成長の兆し - 十影の初成約

このエピソードで描かれた十影の初めての成約は、物語に新たな展開をもたらしました。入社以来成約がなかった彼が、永瀬や月下のサポートを得て、クライアントを引き込むことに成功。彼の成長が感じられ、これからの彼の営業活動に期待が高まります。

2. 愛と信頼の試練 - 祥平と美玲の葛藤

「ラプラス武蔵山」の物語では、祥平と美玲の愛と信頼が試されます。借金問題や信用の問題から生まれる葛藤が、二人の関係に深みを与え、視聴者は二人の未来に胸を熱くさせられるでしょう。

3. 永瀬のリーダーシップ - 不正を拒む姿勢

永瀬は、祥平の不正な手段を拒否し、信用を得るために奮闘します。不正に頼ることなく、信念を貫く彼のリーダーシップが、視聴者に真のプロフェッショナリズムの姿を示します。

4. 貴島の決断 - 信頼と審査への挑戦

貴島が永瀬と月下の熱意に耳を傾け、信頼を寄せてくれる場面が見どころです。彼の決断が、人間性を大切にし、信頼を重んじる不動産業界に新たな風を吹き込むことになります。

5. 人間ドラマの奥深さ - 登坂社長と永瀬の約束

登坂社長がマダムから十影の背景を知り、彼を不動産営業として育てると約束する場面が印象的です。人間ドラマの奥深さが感じられ、視聴者はキャラクターたちの成長と絆に引き込まれます。

ドラマ『正直不動産2』4話 感想

1. 成約の瞬間に心が躍る!

十影の初めての成約の瞬間には、感動で胸が熱くなりました。入社以来の苦悩が報われ、彼の成長に期待が高まります。これからのストーリーもますます楽しみです!

2. 祥平と美玲の愛に感涙!

祥平と美玲の愛の試練には、涙が止まりませんでした。お互いを信じ、乗り越えていく姿勢に感動。二人の未来がどうなるか気になるばかりです!

3. 永瀬のプロ意識に頭が下がる!

永瀬のプロフェッショナリズムには頭が下がります。不正な手段を拒否し、信念を貫くその姿勢は、真のリーダーシップの典型。彼の活躍に引き込まれました!

4. 貴島の人間性に感動!

貴島が永瀬と月下の説得に応じ、信頼を寄せてくれる場面には感動しました。人間性を大切にする姿勢が、不動産業界に新たな風を巻き起こす予感がします。

5. 登坂社長の温かい心にほっこり!

登坂社長が十影の背景を知り、育てると約束する場面は、温かい心でほっこりしました。キャラクターたちの成長と絆が、視聴者に深い感動を与えてくれます。次回も期待大!

ドラマ『正直不動産2』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

久々に楽しめる

Rated 4.0 out of 5
2024年2月6日

正直不動産は出演者も豪華。内容も不動産の知識も得られ面白い。また民放と異なりCMが入らないのも良い。on air曜日と時間は微妙。

sat

 

レビューを書き込む

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第3話

ドラマ「正直不動産2」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|星の家、夢の住処

©︎ドラマ「正直不動産2」3話

ドラマ『正直不動産2』3話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』3話あらすじ

風情ある街並みに佇む、狭小住宅に住む岡田夫妻─浅利陽介と佐津川愛美─が、新たな夢への第一歩を踏み出すために自宅の売却を決意した。その夢とは、娘の未来をより豊かにするために、広々とした家に引っ越すことだ。

しかし、この新たな一歩は容易なものではなかった。担当の不動産営業、月下─演じるのは福原遥─は買い手を見つけることに苦しんでいた。カスタマーファーストの理念を掲げる月下にとって、難点の多い物件を販売することは、まさに試練の舞台となっていた。永瀬─演じるのは山下智久─は、心配そうな表情で月下の肩を叩きながら、「これは君にとって大変な仕事になりそうだな」と言った。

物語は一方で、同じ物件を担当することとなったミネルヴァ不動産の花澤─演じるのは倉科カナ─に焦点を当てる。月下と花澤、二人の不動産エージェントが繰り広げる熾烈な争いが幕を開けた。それぞれが手に入れたい買い手の信頼と心をつかむべく、彼らのプロフェッショナリズムと情熱がぶつかり合う。

ドラマ『正直不動産2』3話ストーリー・ネタバレ

星の家、夢の住処

岡田夫妻の物語は、一見すると普通の家族の営みに見えるかもしれません。しかし、その背後には家族の愛や不安、そして不動産業界の波乱が織り成す、まるで小説のような物語がありました。

その中心にいたのは、狭小住宅の売却を担当する月下でした。岡田夫妻は、広い家に引っ越したいという願いを抱きながらも、なかなか買い手が見つからずに苦しんでいました。特に、駅の近くでリセールに最適な家だと言われながらも、売れ行きは芳しくありませんでした。

そんな中、岡田夫妻は担当不動産業者の永瀬に不満をぶちまけます。しかし、永瀬は風前の灯火。家が狭小のペンシルハウスであることを指摘されると、その難点を繰り返し述べてしまいます。岡田夫妻は怒りを爆発させ、担当変更を求めます。

そこに登場するのが、やる気満々の月下でした。彼女は自ら担当を引き受け、新たな風を岡田夫妻の家の中に吹き込もうとします。

しかし、狭さと家族の葛藤が売却を妨げる中、別の不動産業者に依頼を切り替えることになってしまいます。それでも月下は諦めず、岡田邸を訪れ、家族の思い出や理想を丁寧に聞き出します。

一方で、不動産業界では鵤が神木と花澤に八起駅前商店街テナントビルの土地売却を任せると告げ、競争が激しさを増していきます。

岡田夫妻の家の売却が難航する中、永瀬は5年前のエピソードを語ります。岡田夫妻は小さな家を選んだ理由や家族の時間を大切にする姿勢を明かし、その背景に触れます。

月下は岡田夫妻の想いを理解し、減額交渉を提案します。しかし、同じく岡田邸を担当する花澤も同様の提案をし、2人の間に火花が散ります。

一方、美玖は家族の葛藤を花澤に打ち明け、別居を考えることを告げます。その情報を得た月下と永瀬は、岡田夫妻の関係を修復するために奮闘します。

そんな中、花澤は隣の家の増築案を提案し、岡田夫妻の家の買い取りを模索します。しかし、月下と永瀬も同じアイデアを思いつき、激しい競争が繰り広げられます。

最終的に、岡田夫妻は新しい家での生活を選びます。彼らの家族の絆と未来への希望が、月下や永瀬の努力によって支えられました。

ドラマ『正直不動産2』3話 見どころ

1. 月下の情熱的なアプローチ

月下(福原遥)の登場は、物語に独自のエネルギーをもたらりました。彼女の情熱的で丁寧なアプローチは、岡田夫妻の心をつかみ、物語に新しい息吹を吹き込んでいます。岡田夫妻が抱える悩みや希望を深く理解し、それに応える姿勢が見どころの一つです。

2. 家族の葛藤と成長の描写

岡田夫妻の家庭内での葛藤と成長が感動的に描かれています。特に、娘の朋花(永尾柚乃)のピアノに対する情熱と、それによって引き起こされる家族の葛藤がストーリーを豊かにしています。小さな家から大きな家への移動を通じて、家族の結びつきが深まる様子が見どころです。

3. 不動産業界のリアルな競争

ミネルヴァ不動産内での鵤(高橋克典)と神木(ディーン・フジオカ)、そして月下と花澤(倉科カナ)といった不動産担当者たちの熾烈な競争が描かれています。物語の中で不動産業界の裏側に光を当て、契約争いや買い手の獲得競争などが繰り広げられ、視聴者を引き込みます。

4. 家の選択と人間ドラマ

家の売却を通じて描かれる人間ドラマは、家族の選択に共感を呼び起こします。岡田夫妻が直面する葛藤や別居の決断は、視聴者にとっても共感の入り口となります。家の選択が家族の未来にどのような影響を与えるか、その心の葛藤が見どころとなっています。

5. 結末の意外性と感動

物語の結末は、予測不可能でありながら感動的です。岡田夫妻が新しい家での生活を選ぶ一方で、不動産業者たちの奮闘も見逃せません。結末の意外性と感動は、視聴者に深い感慨を抱かせ、長く心に残るエピソードとなっています。

ドラマ『正直不動産2』3話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

正直不動産2

Rated 5.0 out of 5
2024年2月4日

とにかく、面白く、心地よい感動を与えてくれるドラマです。

 今後の5回目以降のドラマも楽しみ観たいです。

ウ一マン

1. 情熱的な月下に感動! 月下の熱い想いに胸が熱くなりました。岡田夫妻の家庭に寄り添い、一生懸命にサポートする姿勢は、視聴者の心を打つこと間違いなし!感動の涙が止まりませんでした。

2. 家族の成長にグッとくる! 岡田夫妻と娘の成長が感動的でした。小さな家から大きな家への移動を通じて、家族の絆が深まる様子は、視聴者にとっても家族の大切さを再認識させられました。胸が熱くなる展開に感謝!

3. 不動産業界のリアルな闘いがスリリング! 不動産業界の裏側に光を当てたリアルなストーリーに引き込まれました。契約の争いや買い手の獲得競争など、熾烈な戦いが見どころで、ドキドキ感が忘れられません!

4. 家族の選択に感涙! 岡田夫妻が家族の未来のために下した選択に感動しました。家の売却を通じて描かれる人間ドラマは、視聴者に共感を呼び起こし、心に残るエピソードとなりました。

5. 意外性と感動の結末に涙! 結末の意外性と感動は、予測不能でありながら魅力的でした。岡田夫妻の新しい生活と不動産業者たちの奮闘が絡み合い、心に深い感慨を抱かせる素晴らしいエンディングでした。

レビューを書き込む

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第2話

ドラマ「正直不動産2」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|星降る夜、愛と家族の絆

©︎ドラマ「正直不動産2」2話

ドラマ『正直不動産2』2話あらすじ

星空が瞬く静かな夜、永瀬と月下は新たな不動産の調査に赴いた。しかし、予想外の事態が二人を待ち受けていた。寺島の依頼により向かった空き家は、売却を希望する寺島父子の家であり、永瀬と月下は家族の温かさと複雑な関係に触れることになる。

永瀬は家族の話し合いを提案し、寺島家の課題を解決しようとするが、寺島は怒り心頭。その様子を見かね、神木に相談することを選ぶ。神木は強引な手法で売却を進めようとし、物語は緊張感に包まれる。

一方、月下はカスタマーファーストの精神を貫き、寺島家の揉め事の根本に迫るために、寺島の妻の実家がある栃木へと向かう。月下は、家族の絆や愛に焦点を当て、解決策を見つけ出そうとする。

家族の温かさと葛藤、不動産業界の冷たい現実と温かな心のぶつかり合いが、この物語を彩っていく。永瀬の誠実な姿勢、月下の思いやりに満ちた態度が、視聴者を引き込んでいく。

ドラマ『正直不動産2』2話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』2話ストーリー・ネタバレ

星降る夜、愛と家族の絆

花咲く記憶の庭

やけに寒い冬の夜、永瀬のアパートに現れたのは、どこか影を抱える桐山。神木が不動産を去った後、彼はその背後に隠された事実を解き明かすべく調査に乗り出していた。神木をホームレスに追いやった理由と、鵤が再び不動産界に引き戻した動機を知りたいという桐山の切なる願いに、永瀬は応えることになった。

永瀬のアパートの前で、月下は榎本と神木が親しげに歩くのを目撃し、榎本への思いを打ち明けないならばダメだと永瀬に伝える。失ってからでは遅いのだと。一方、永瀬は客の寺島大助の実家売却に取り組む。大助は輸入家具のバイヤーで、国外を飛び回る生活を送っており、家は既に空き家となっていた。物件調査の過程で、驚くべき事実が浮かび上がる。

十影の動画に映る家には、なんと寺島親子がまだ住んでいるではないか! 大助に家を売りたいと伝えるも、喜助は絶対に出ていかないと頑なに拒否。神木の巧妙な提案により、土地の建設計画があることから1億円での即決となり、神木は家財の処分まで引き受けることに。神木の強引な手腕に驚く永瀬は、彼の過去に迫る。

神木はかつて大河課長をも凌ぐほどの成功を収め、その秘訣を永瀬に明かす。高級スーツ、レストランでの振る舞い、そして独自の営業スタイル。神木の魅力とは、まるで異次元の存在のようだった。その一方で、ミネルヴァ不動産では、神木に対する花澤の疑念が募っていた。

花澤は神木に対して厳しい質問を浴びせるが、神木はかつての手段を選ばなくても今はナンバーワンでいられると笑みを浮かべる。神木が成し遂げた成功の裏に潜む過去の嘘と奇策に花澤は驚愕するが、神木は過去を乗り越えた今を語る。

寺島家の騒動が続く中、永瀬は直也からの連絡で再び寺島家に足を運ぶ。そこではミネルヴァ不動産の営業マンたちが家財を処分しており、神木は7日前に立ち退き通知書を出していたと告げる。しかし、肺炎を患う喜助の状態が悪化し、永瀬は神木に出直すように頼む。その結末には、寺島家の過去と家族の真実が交錯する。

介護施設経営者の坂上が登場し、ミネルヴァ不動産に介護付きマンションの建設計画を進めようとしていることが明らかになる。しかし、大助が提出した「使用賃借契約」の内容証明により、喜助と直也はその家に10年以上住んでおり、一方的に追い出すことはできないと判明。家族の絆と、家を守り抜くための真実が明らかになる。

家族の真実が明らかになったことで、寺島家のわだかまりは解け、大助と直也の関係も修復される。喜助は借金を返しながら新たな仕事に就くことを決意し、家族は再び笑顔で過ごすことができるようになる。一方で、永瀬は寺島家の騒動を経て榎本に思いを伝えようとするが、予測通りに振られ、周りの仲間たちに慰められる。

物語は永瀬の新たな挑戦へと続く。寺島家の記憶が咲く庭で、様々な出会いと別れが交錯し、人々の心に深い感動と教訓を残していく。

ドラマ『正直不動産2』2話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

正直不動産2

Rated 5.0 out of 5
2024年2月4日

とにかく、面白く、心地よい感動を与えてくれるドラマです。

 今後の5回目以降のドラマも楽しみ観たいです。

ウ一マン

 

レビューを書き込む

感動の渦巻く家族の物語
寺島家の複雑な家族関係とその解明に胸が熱くなりました。家族の絆の大切さを再認識し、泣き笑いが交錯する感動の物語に感謝。

神木の営業術に圧倒
神木の営業術の奥深さに驚き!高級スーツやレストランだけでなく、心理戦略やスキルの巧妙な組み合わせが、成功への扉を開いたことに感銘。

法的駆け引きにドキドキ
坂上と寺島家の法的な攻防戦が緊迫感満点。使用賃借契約の意味や法的手続きに迫る描写が、物語に深みを与えました。

キャラクターたちの複雑な感情模様
榎本や永瀬の葛藤、神木の過去と現在の対比など、登場人物たちの感情模様が緻密に描かれ、視聴者はキャラクターに一層感情移入。

庭の象徴性に感動
美由紀が手入れを重ねた庭が四季折々に彩られ、家族の絆を象徴している様子が美しい。庭の存在が物語に深い感動を添えており、心に残る一場面。喜助と直也の再会には涙が止まりませんでした!

家族の複雑な絆と真実の解明

物語は寺島家の謎めいた過去と、その真相を探りながら進展しています。家族の絆と喜助と直也の関係修復が感動的に描かれ、視聴者は家族の真実に胸を打たれるでしょう。

神木の営業術の秘密

神木の成功の裏に潜む営業術が一層明らかになります。高級スーツやレストランでの振る舞いだけでなく、心理戦略や独自のスキルがどのように成功へと繋がったのか、その過程が興味深く描かれています。

使用賃借契約の法的駆け引き

坂上と寺島家の法的な攻防戦が展開され、物語に緊張感が広がります。「使用賃借契約」の意味や法的手続きに焦点を当て、家族の未来をかけた法的駆け引きが視聴者を引き込みます。

登場人物の複雑な感情模様

登場人物たちの感情が複雑に絡み合い、物語に深みを与えています。榎本や永瀬の葛藤、神木の過去と現在の対比など、キャラクターたちの感情模様が視聴者を引き込みます。

季節感漂う庭とその象徴性

美由紀が大切にしていた庭は物語の重要な舞台となっています。四季を感じさせる庭が、登場人物たちの過去や未来、家族の絆を象徴的に映し出し、物語に深い感動を添えています。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『正直不動産2』第1話

ドラマ「正直不動産2」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想|爆誕!不屈の営業魂、永瀬の熱き戦い!

©︎ドラマ「正直不動産2」1話

ドラマ『正直不動産2』1話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『正直不動産2』1話ストーリー・ネタバレ

爆誕!不屈の営業魂、永瀬の熱き戦い!

夜景の輝きが揺れる高層ビルに彩られた大都市。

その一画に、永瀬財地(演:山下智久)が夢見る美女・芽衣(演:工藤美桜)との逢瀬が繰り広げられる。しかし、その光景はあくまで一夜の夢。手招きする芽衣は祈祷する坊主(演:泉谷しげる)に変わり、永瀬は悪霊退散の護摩業の現場に身を置いていた。風が吹く中、坊主の正体を見抜いた永瀬は驚愕する。

永瀬の日常に新たな風が吹き込まれた。和菓子職人でありインフルエンサーの石田努(演:山﨑努)が、新作を携えて現れる。有名な護摩行に行ったものの効果がなかったと愚痴る石田に、永瀬は人が認めた有名さは己の目で確かめなければ意味がないと語る。祟りも受け入れ、その上で巧みに付き合っていく姿勢を示す。

そんな中、不屈の営業魂を持つ新人現る。

Z世代の新入社員・十影健人(演:板垣瑞生)。タムパ/タイパ(タイムパフォーマンス)を最優先し、なかなか言うことを聞かない十影にイラつく永瀬。同じく課長代理の登坂(演:草刈正雄)は、新たな仲間である藤原結弦(演:馬場徹)を紹介する。大地主でマンション経営も手掛ける藤原は、言葉巧みにナンバーワンの座に躍り出る。

一方、ライバル不動産会社・ミネルヴァ不動産にも新入社員の神木涼真(演:ディーン・フジオカ)が登場する。

舞台は壮絶なるタワマン売却戦争へ。

歯科開業医・田口篤司(演:戸次重幸)と妻の友梨佳(演:土村芳)が現れ、息子の合格を機にタワマンへの移住を考える。永瀬の情熱的な語り口に乗り気になる友梨佳。しかし、神秘的な風が吹き、永瀬はタワマンのデメリットとメリットを語り尽くす。突如現れた神木によって契約の舞台裏は混沌となる。

神木との遭遇に戸惑う永瀬。月下からは「売主や売り手の気持ちを大切にしろ」との忠告が届く。しかし、神木の巧妙な手腕に不安を感じる友梨佳の電話がかかってくる。

翌日

田口家の前に神木が現れ、不安を解消する一幕が。しかし、永瀬の元には神木の存在によって奪われた契約の報告が入る。タワマンに住むべきではない理由を語り、家族の幸せを最優先に考えるべきだと田口に語りかける永瀬。神木の挑戦に対し、永瀬はライアーから正直営業へと転身し、戦いに挑むのだった。

タワマン売却戦争の行く末はいかに?永瀬の真実の営業魂が試される中、新たな展開が待ち受けている。果たして彼の不屈の意志は勝利に導くのか、それとも…。

ドラマ『正直不動産2』1話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

ディーン様カッコよすぎ♥️

Rated 5.0 out of 5
2024年1月12日

火曜日がめっちゃ楽しみです✌️♥️

大阪のおばちやん

 

レビューを書き込む

1. 熱狂的な永瀬ファンの感想: 激動の営業戦で心揺さぶられた!

タワマンの売却戦争に燃え上がる永瀬の姿に、胸が高鳴りました。神木との壮絶な戦い、そして正直営業への転身。その一挙手一投足に感動の嵐が巻き起こります。永瀬の情熱と真摯な姿勢に、何度も拍手を送りたくなりました。登場キャラクターたちの個性も際立ち、彼らの成長にも心が温かくなりました。これぞまさに、不屈の営業魂!期待を裏切らない永瀬に、ますますの応援を惜しまない!

2. インフルエンサーの視点からの感想: 不動産界の舞台裏にド肝を抜かれた!

石田努の登場で、不動産業界のリアルな一面が垣間見えました。有名とは何か、成功するためにはどのような視点が必要なのか。石田の言葉には深い哲学が込められており、彼の視点を通して物語を追うことは非常に興味深かったです。永瀬との交流も、二人の異なる価値観がぶつかり合いながらも、お互いを尊重し合う様子が印象的でした。不動産の舞台裏を知り尽くした石田の視点は、視聴者に新たな視野を広げる刺激をもたらしました。

3. 登坂の信念に共感する視聴者の感想: お客様至上の心意気に感動!

登坂の「どこを向いている?」という一言には、真のプロフェッショナルの心意気が込められていました。不動産業界において、一番大切なのはお客様の幸福。永瀬がそれを理解し、正直営業に転身する姿勢には心打たれました。登坂の信念に共感し、彼の指導が永瀬にどれほど影響を与えているのか、ますます物語の行く末が気になります。視聴者として、登坂のようなプロの在り方に憧れを抱きつつ、永瀬の成長に感動しています。

4. タワマン売却戦争の緊張感に引き込まれた視聴者の感想: 予測不能な展開に緊張が走る!

売主や買主の思いを尊重し、営業のプロセスでそれを実現しようとする永瀬の姿勢に、視聴者としての緊張感が最高潮に達しました。特に神木との対決は、まさに予測不能の展開に胸が高鳴りっぱなし。田口家の選択や永瀬の決断には、視聴者としての感情が入り乱れ、次が気になって仕方ありません。これぞまさにドラマの醍醐味。次回の展開がますます楽しみで仕方ありません!

5. 愛されキャラ・十影に癒やされた視聴者の感想: 十影の魅力に癒やされる!

新たなキャラクターである十影健人の登場に、心が軽くなる瞬間がありました。彼の無邪気な笑顔と、仕事における真摯な態度に触れることで、物語の中にほっこりとした空気が流れます。仕事に真剣な一面と、時折見せるお茶目な一面が絶妙に調和して、視聴者は思わず微笑むことができました。十影の存在が、物語に新たな明るさをもたらしてくれていることに感謝の気持ちでいっぱいです。これからも彼の成長が楽しみで仕方ありません!

新たなシーズン「正直不動産2」がいよいよ幕を開け!

永瀬財地(山下智久)と神木涼真(ディーン・フジオカ)の熱いバトルが繰り広げられています。本記事では、物語の舞台裏やキャラクターたちの複雑な心情まで詳細に解説します。

新章の始まり

新シーズン1話では、美しい夜景の中、永瀬は芽衣(工藤美桜)との夢のような逢瀬を果たし、視聴者を幻想的な雰囲気に誘います。しかし、そこに神木の登場が物語を一変させ、美と営業の華やかな対決が始まります。

深層心理の魅力

美と営業の対決では永瀬と神木、それぞれのキャラクターが持つ深層心理が浮かび上がります。彼らの過去や信念、葛藤が緻密に描かれ、視聴者はキャラクターたちの内面に感情移入することでしょう。美貌対決も見逃せず、シーズン2の進展にますます期待が高まります。

キャラクターたちの細部

物語は永瀬の日常や和菓子職人でインフルエンサーの石田努(山﨑努)との交流を通じて、彼の新たな一面や成長が垣間見られます。新たに登場した神木涼真や十影健人も、物語に新たな息吹を与えています。十影の頑なな姿勢や成長が、視聴者を引き込む要素となっています。

タワーマン売却戦争の幕開け

物語はタワーマンションの売却戦争へと急展開。歯科開業医の田口篤司と妻の友梨佳が登場し、息子の進学を機にタワーマンを購入したいと訴えます。永瀬が情熱的にタワーマンの魅力を語るシーンでは、視聴者も一緒に興奮してしまうことでしょう。

感動の瞬間

永瀬と神木の激しい競争が続く中、1話では予想外の展開も。友梨佳の足の問題や息子の気持ちが絡んで、永瀬が自らの信念を問い直す場面も。神木の巧妙な手腕に苦しむ永瀬の姿が描かれ、視聴者は彼らの知られざる一面に感動する瞬間を迎えます。

美と営業、人間ドラマの見事な調和

美と営業、そしてキャラクターたちの人間ドラマが見事に調和する「正直不動産2」。視聴者はますます物語に引き込まれ、次回の放送を待ちわびています。これからもますます熱くなるバトルと感動のストーリーに期待が高まりますね!

なんでも自由に書いて下さい♪

映画、ドラマ、アニメ愛好者必見!

31日間無料トライアルで、230,000本以上の動画、160誌以上の雑誌が楽しめます!さらに、600円分のポイントもプレゼント🎉

U-NEXTでの魅力は無限大!

1️⃣ 230,000本以上の見放題作品!
2️⃣ 電子書籍も同じアプリで楽しめる!
3️⃣ 毎月1,200円分のポイントがもらえて、最新作を存分に楽しめる!
4️⃣いつでも解約できる!

無料トライアル期間中、最新作のレンタル料金もお得に! さらに、600円分のポイントでDVD・ブルーレイよりも早く最新作を楽しんでみませんか?

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

最新みんなのレビュー

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

やばすぎ

Rated 5.0 out of 5
2024年2月25日

ぜろふくのふこう強すぎるしカッコよすぎる、しかも最後のいっぱい送っときます虫歯になる程のとこ

めっちゃ好き

アニメ鑑賞マン

ありがとう!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月23日

体験版する時間がなかったのでとても参考になりました!

そしてモニター羨ましい。。笑

やまぴー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

今季 ドラマタイトル
2024年 冬ドラマ
2023年 秋ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.