PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ 国内ドラマ

ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」11話 最終回ネタバレ・視聴率・考察・感想|迫る命のタイムリミット!ミヤビと三瓶の運命を分ける決断

無料で読める!

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回あらすじ

迫る命のタイムリミット!ミヤビと三瓶の運命を分ける決断

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回あらすじ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回

ミヤビ(杉咲花)が突然の激しい頭痛に襲われ、倒れてしまった。検査の結果、再発が確認され、このまま症状が進行すれば意識障害が出る可能性が高いという診断が下された。脳梗塞が完成し、命の危機が迫る切迫した状況だ。

手術を巡る葛藤

三瓶(若葉竜也)はすでに数時間しか記憶がもたないミヤビに対して、症状がこれ以上進行する前に手術を受けてほしいと懸命に訴える。しかし、ミヤビの意思は固く、手術は受けたくないと断固として拒否するのだった。諦めきれない三瓶は、限られた時間の中でノーマンズランドの0.5㎜以下の血管を吻合できるようにと練習に没頭する。

津幡の助言と三瓶の決意

ミヤビの気持ちを理解し、彼女が望んでいることをしてあげたいと考える津幡(吉瀬美智子)から、「彼女が望んでいることをしてあげて」と言われた三瓶。彼はある決意を胸に秘めることになる。

記憶障害と闘いながら

過去2年間の記憶を失い、今日のことも明日には忘れてしまう——。そんな記憶障害という重い障害を抱えながらも、ミヤビは毎日綴る日記を頼りに明るく前向きに生き、多くの患者に寄り添ってきた。しかし、彼女の今日はまた明日に繋がらなくなってしまうのだろうか。

未来への希望

命の危機に瀕するミヤビと、彼女を救おうとする三瓶。二人を待ち受ける未来は果たしてどうなるのか。緊迫した状況の中で繰り広げられる人間ドラマ。すべてを失うその前に——。ミヤビの命と記憶を、三瓶は守り抜くことができるのか。その答えは、彼らの決断と行動にかかっている。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回 視聴率

視聴率:6.8

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回ネタバレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回あらすじ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回

ミヤビの危機!病院のベッドで目覚める

ミヤビ(杉咲花)は突然倒れ、病院のベッドで目覚めました。彼女の周りには、森(山谷花純)、星前(千葉雄大)、津幡(吉瀬美智子)、藤堂(安井順平)、成増(野呂佳代)らが見守っていました。ふと耳に届くのは、問いかける声。「わかる?」

そして、三瓶(若葉竜也)がミヤビにいつもの挨拶をしました。「おはようございます。三瓶智治です。同じ脳外科医で働いているです」と。そして、ベッドに横たわるミヤビの手を握り、「あなたの婚約者です」と告げたのです。

手術の決断とミヤビの日常

現在の状況では、脳梗塞は完成していません。「手術は不可能だし…」という藤堂に、三瓶は「いざという時は手術の許可をお願いします」と頭を下げます。ミヤビは必死で日記を綴り、大迫(井浦新)は「無理しないで」と見舞います。

津幡看護師(吉瀬美智子)は、ミヤビのそばにいるべきだと三瓶に助言します。「数時間しか記憶が持たないミヤビの気持ちを最優先してあげるべきです」。その言葉で、三瓶はミヤビとの時間を大切にしようと決意しました。「今後、このまま入院してますか?自宅療養もできますよ。僕も少し休みをとります。一緒にいませんか」。ミヤビは「はい」と頷きます。

新しい生活と過去の思い出

ミヤビと三瓶は一緒に暮らすことにしました。ご飯を食べながら、三瓶は「おいしいです」と涙をこらえます。朝食をとらない三瓶も、ミヤビのすすめでヨーグルトを食べるようになりました。

「寝てしまったミヤビをお姫様抱っこしてベッドに寝かせる…そんな風にして二人の時間が過ぎていきます」。ミヤビは寝ている三瓶の顔をじっと見つめ、涙を流しながらその姿を描きました。

ケープタウンでの出会い

ミヤビは、婚約の理由を三瓶に尋ねます。三瓶は、ミヤビと初めて会ったケープタウンの国際会議のことを語り始めました。「スピーチすごく素敵でした」とミヤビから声をかけてきたこと、その後、人形を一緒に買ったこと…。会議後、観光先で新型ウイルスが発見され、隔離されてしまったこと。

日本人が帰れることになった時、三瓶は感染して帰れませんでした。しかし、ミヤビは残って三瓶の治療をしてくれたのです。

ミヤビの緊急手術!

翌朝、ミヤビは目を覚ましません。脳梗塞を疑う三瓶は、星前(千葉雄大)に連絡します。冷蔵庫を開けるとヨーグルトがふたつ。ミヤビからの手紙には、「三瓶先生へ。わたしの心は三瓶先生を信じています。いつまでも忘れません。川内ミヤビ」と書かれ、寝ている三瓶の姿が描かれていました。

救急車で病院に運ばれ、脳梗塞は完成していないものの、低体温症を併発。三瓶は「8分あれば縫えます」と手術の決意を語り、大迫が手術を引き受けます。

「失敗したら僕が全責任をとる」。手術は8分間で行われ、遮断時間7分57秒で成功しました。

奇跡のプロポーズと結末

手術後、三瓶はミヤビの手を握り、「もし、三瓶先生に手術をしてもらえたらどんなに良かっただろう。本当はまだ生きたい。いつまでも医者でいたい」とミヤビの言葉を思い出します。

回想シーンでは、ケープタウンでのプロポーズ。「川内先生。僕と結婚してくれませんか」と三瓶が言うと、ミヤビは「はい」と頷きました。

現実に戻り、ミヤビの指が動き、目を開けます。「川内先生。わかりますか」。じっと三瓶を見つめるミヤビは「わかります」と応えました。

「私の今日は明日に繋がる」。ミヤビの声で「アンメット」は幕を閉じました。

感想を書く

みんなの感想を見る

最新みんなのレビュー

青島くんはいじわるは?

2024年7月17日

青島くんはいじわるのドラマはノミネートされてないの?でしょうか。疑問に思ったので

すずらんちかちゃん

ブラックペアン

2024年7月16日

やっぱりトカイ先生がよかったな〜!でも後半出てきそうだよね?

麻里奈

山田くん絶不調やん!

2024年7月16日

期待してたけど、確かに期待して多分面白くないかも!それにしても木南はドラマ出過ぎw

めいー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

この記事を書いた執筆者・監修者
この記事を書いた執筆者・監修者

ポプバ ドラマ部:佐伯・Pちゃん

脚本家でオタク。
小さい頃からドラマや映画が大好きで、自分でドラマや映画の脚本を書いていました。コンクルールなどにもよく応募していました。 テレビドラマは毎期欠かさず全タイトルをチェック!面白いものは観続けますが、面白くない作品はドロップアウトしちゃいます。
漫画やアニメ、映画も邦画洋画問わずに観ちゃう雑食系。いろんな角度からドラマを観ています!ぜひ皆様の感想も知りたいです!

-ドラマ, 国内ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,