PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ゲーム ランキング

ゼルダの伝説シリーズ最高傑作ランキングTOP10!完全保存版!

出典:amazon.co.jp

任天堂が世界に誇るアクションアドベンチャー、ゼルダの伝説シリーズ。
1986年の登場以降任天堂ハードほぼ全機でタイトルをリリース!

一番人気のあるゼルダシリーズは、一体どの作品だったのか!?

 

10位 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

出典:amazon.co.jp

【ゲームの概要】

「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では2006年11月19日に、北米では2006年11月19日に、欧州では2006年12月8日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、ダークワールドと呼ばれる異世界を冒険し、プリンセスゼルダを救出する壮大な旅に出ることになります。

プレイできるハード

  • Nintendo GameCube
  • Wii
  • Wii U (Wiiバーチャルコンソール)

【ゲームの特徴】

ストーリー

「トワイライトプリンセス」の物語は、ダークネスに覆われたハイラル王国を舞台に展開されます。リンクは、村の子供たちが行方不明になったことをきっかけに、トワイライト(黄昏)の世界へと導かれます。

そこでリンクはウルフに変身する力を手に入れ、自らの運命と勇気に向き合いながら、世界を救うための冒険に踏み出すのです。

物語は感動的で暗い要素も含みながら、深い情熱とドラマが描かれ、プレイヤーを魅了します。

この作品の特徴

「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」は、リアルなグラフィックと幻想的な世界観が特徴的な作品です。

繊細なキャラクター描写と美しい背景は、プレイヤーを没入させる要因となります。ゲームプレイは伝統的なゼルダの要素を踏襲しつつ、ウルフとしてのアクション要素も加わり、バラエティに富んだ体験が楽しめます。また、ゲーム内のダンジョンは謎解きが重要な要素であり、頭脳を使って進めるため、挑戦的で知的な魅力もあります。

難易度

「トワイライトプリンセス」の難易度はやや高めです。

特にダンジョン内のパズルやボス戦は、熟考と技巧を要する場面も多くあります。一部のプレイヤーからは、これらの難所に挫折することもあるかもしれません。しかし、難易度の高さにより、達成感や充実感を得られることが多く、クリアした際の喜びは格別です。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」は、美しい世界観と感動的なストーリーに魅了されました。

ダークなテーマが重厚で、リンクの成長と運命に感情移入できる素晴らしい作品です。

パズルが頭を使わせ、クリアする喜びが忘れられない。

伝統的なゼルダの要素と新しいアクションが絶妙なバランスで組み合わさり、非常に楽しいゲーム体験が得られました。

否定的な意見

難易度が高いと聞いていたが、実際にプレイしてみるとそれ以上に厳しかった。特に一部のダンジョンでは進めるのに苦労し、挫折しかけたこともある。

ストーリー自体は面白いが、時折進行が遅く感じられた。また、ゲーム内での移動が長く、移動手段のバリエーションがもう少し欲しかった。

 

9位 ゼルダの伝説 夢をみる島

出典:amazon.co.jp

「ゼルダの伝説 夢をみる島」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では1993年6月6日に、北米では1993年8月1993日に、欧州では1993年11月18日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、島々の謎に包まれた不思議な世界で冒険を繰り広げます。

プレイできるハード

Nintendo Game Boy

ゲームの特徴

ストーリー

「ゼルダの伝説 夢をみる島」の物語は、リンクが難破船に乗っているところから始まります。

リンクは目を覚まし、見知らぬ島に漂着してしまいます。そこは、神秘的な「夢をみる島」であり、大魔獣ドリームはその島を支配しています。リンクは夢をみる島の秘密に迫りながら、7つのドンガバに封じられたメモリーオブジェクトを集め、元の世界に戻る方法を探す壮大な冒険が待ち受けます。

この作品の特徴

「ゼルダの伝説 夢をみる島」は、当時の携帯ゲーム機であるGame Boy向けにリリースされた作品ですが、そのクオリティと多様性は絶賛されました。コンパクトなハードウェアの制約の中で、リッチなストーリーと魅力的なキャラクター、ダンジョンやパズルのデザインによって、プレイヤーを惹きつける要素を十分に持ち合わせています。また、ゲーム内で出会う個性的なキャラクターやイベントは、ひとつひとつが印象深く、ゲーム体験を豊かにします。

難易度

「夢をみる島」の難易度は程よく調整されています。初心者にとっては挑戦的な部分もあるかもしれませんが、慣れてくると楽しくプレイできるでしょう。特にダンジョン内のパズルやボス戦は頭を使う部分があり、謎解きの要素が楽しめると同時に、挫折せずにクリアに挑戦できるバランスが取られています。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「ゼルダの伝説 夢をみる島」は、ゲームボーイというハードウェアの限界を超えた素晴らしい作品です。

キャラクターたちの魅力的なデザインと、心躍るストーリー展開に夢中になりました。

ゲームボーイの小さな画面でも、ダンジョンやパズルが楽しめるのは驚きでした。

個性的なキャラクターたちとの交流も楽しいし、全体的に非常に満足のいく体験でした。

否定的な意見

ゲームボーイの限られた画面サイズのせいで、時折操作が難しく感じました。特にダンジョン内の一部の謎解きは、細かな操作が要求されるため苦戦しました。また、グラフィックが当時の技術に合わせているとはいえ、現代の視点から見ると少し見劣りする部分もありました。ただし、ストーリーやゲームプレイ自体は楽しめるため、それを補って余りある魅力があると感じました。

 

8位 ゼルダの伝説 風のタクト

出典:amazon.co.jp

「ゼルダの伝説 風のタクト」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では2002年12月13日に、北米では2003年3月24日に、欧州では2003年5月3日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、広大な世界を舞台に冒険を繰り広げます。

プレイできるハード

Nintendo GameCube

ゲームの特徴

ストーリー

「ゼルダの伝説 風のタクト」の物語は、主人公リンクが自然災害によって沈んでしまったハイラル王国を救うため、悪しき力に対抗して冒険をする姿が描かれます。

リンクは風のタクトと呼ばれる神秘的な楽器を手に入れ、風を操る力を得ることで空を自在に舞い、新たな大地を探索していきます。プレイヤーはリンクとして、様々な島々や海域、ダンジョンを探索し、秘められた謎に挑む壮大な冒険を体験します。

この作品の特徴

「風のタクト」の最大の特徴は、そのオープンワールドの自由度の高さです。プレイヤーはリンクとして、広大な海を自由に航海し、島々を訪れることができます。海の上での冒険と島々の探索が、シリーズに新たな魅力をもたらしました。また、風を操る力を利用して、風向きや速度を変えて航海したり、ダンジョンの謎解きに利用するなど、風のタクトのユニークな要素がゲームプレイに大きく影響を与えています。

難易度

「風のタクト」の難易度は程よく調整されています。初心者でも比較的スムーズにプレイできるため、幅広い年齢層のプレイヤーに楽しまれました。ダンジョンの謎解きやボス戦には一部の難所がありますが、うまくタクトを使いこなすことでクリアに挑戦できます。全体的にバランスが取れており、ストーリーの進行もわかりやすく、プレイヤーを飽きさせない工夫が凝らされています。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「ゼルダの伝説 風のタクト」は、開放感あふれるオープンワールドが魅力的で、自由な航海と島々の探索が楽しかったです。

風のタクトを使って風を操るのは新鮮で、ダンジョンのパズルも独創的で頭を使いました。物語も感動的で、リンクの成長と共に感情移入しながらプレイできました。ゼルダシリーズの中でも屈指の名作だと思います。

否定的な意見

風のタクトを使った航海は面白いが、時折長く感じられることもありました。また、海の上での移動が単調に感じられることがあり、退屈に感じることもありました。

ダンジョンの難易度が高く、パズルがわかりにくい場面もあって苦戦したこともありました。全体的には楽しいゲームだが、いくつかの改善点があると感じました。

 

7位 ゼルダの伝説 スカイウォードソード

出典:amazon.co.jp

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では2011年11月18日に、北米では2011年11月20日に、欧州では2011年11月18日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、空に浮かぶ島「スカイロフト」や地上の世界を舞台に、伝説の剣マスターソードを手にして冒険を繰り広げます。

プレイできるハード

Nintendo Wii

ゲームの特徴

ストーリー

「スカイウォードソード」の物語は、リンクと幼なじみのゼルダが暮らすスカイロフト島を舞台に展開します。

リンクは、天空の鳥リーバルビが連れ去られたゼルダを救うために、地上の世界を探索することになります。物語はゼルダシリーズの始まりとなる伝説的な冒険であり、剣と盾の使い方を学び、数々の試練に立ち向かいながら成長していくリンクの姿が描かれます。

この作品の特徴

「スカイウォードソード」は、Wiiリモコンとヌンチャクを活用した直感的なコントロールシステムが特徴的です。

剣の振りや盾の構えなどがプレイヤーの実際の動きとリンクしており、リアルな剣術体験を楽しむことができます。また、リンクが鳥リーバルビに乗って空を飛び回るアクションや、地上のダンジョンでの謎解き要素も特徴的で、多彩なゲームプレイが魅力の一つです。

難易度

「スカイウォードソード」の難易度はやや高めです。

特にWiiリモコンを使った剣術コントロールは慣れが必要で、正確な動作が要求されます。ダンジョン内のパズルやボス戦も頭を使う要素が多く、プレイヤーの戦略と技術を試される場面があります。ただし、ゲーム内でのアシスト機能やヒントシステムも備わっているため、初心者でも楽しんでプレイできる工夫がなされています。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「スカイウォードソード」は、リアルな剣術体験が楽しめる点が素晴らしく、剣を振る感覚が没入感を高めてくれました。ストーリーも感動的で、リンクとゼルダの友情や成長が心温まるものでした。鳥リーバルビに乗って飛び回るアクションも新鮮で、広大な世界を冒険する楽しさが詰まった作品だと思います。

否定的な意見

Wiiリモコンのコントロールに慣れるまで、剣術が思うようにうまく行かず苦戦しました。また、操作の精度が時折不安定で、正確な入力が難しい場面もありました。ストーリー自体は面白いが、一部のイベントが繰り返し感があって退屈だったと感じることがありました。剣術アクションに対する取っ付きにくさや操作の難易度が、一部のプレイヤーにとってハードルとなることがあるかもしれません。

 

6位 リンクの冒険

出典:amazon.co.jp

「THE LEGEND OF ZELDA 2 リンクの冒険」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では1987年1月14日に、北米では1988年12月1日に、欧州では1988年9月26日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、ハイラル王国を舞台に壮大な冒険を繰り広げます。

プレイできるハード

Nintendo Entertainment System (NES)

ゲームの特徴

ストーリー

「THE LEGEND OF ZELDA 2 リンクの冒険」は、ゼルダの伝説シリーズの2作目として展開されます。

物語は前作からの直接の続きではなく、新たな冒険が描かれます。プリンセスゼルダが闇の力によって眠りにつき、リンクはトライフォースを復活させるための冒険を始めます。プレイヤーはリンクとして、ハイラル王国を旅し、様々な町やダンジョンを探索し、強力な敵と戦います。

この作品の特徴

「リンクの冒険」は、前作「ゼルダの伝説」に比べてよりRPG要素が強化されています。プレイヤーは経験値を獲得してレベルアップし、リンクの能力を成長させることができます。また、サイドスクロールのアクション要素が導入され、新しい戦闘スタイルが取り入れられています。マップは広大で複雑であり、ダンジョンのパズルも挑戦的なものが多いです。

難易度

「リンクの冒険」は前作に比べて難易度が高めです。

敵キャラクターの攻撃が猛烈で、ダンジョン内の敵や謎解きも慎重なアプローチが必要とされます。また、経験値やアイテムを効果的に管理し、リンクを強化していく戦略も重要な要素です。初心者にとっては敷居が高いかもしれませんが、シリーズファンや慣れたプレイヤーにはやりがいのある挑戦となるでしょう。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「リンクの冒険」は、前作よりもRPG要素が追加されていて、リンクの成長が楽しめる点が素晴らしいと思いました。

難しい敵と戦いながら、経験値を上げてリンクを強化する楽しみがありました。

ダンジョンの謎解きも頭を使うものが多く、手応えのある冒険が楽しめました。

否定的な意見

「リンクの冒険」は難易度が高く、特に初心者には戦闘が厳しすぎると感じました。敵の攻撃が避けにくく、何度もゲームオーバーになってしまいました。また、RPG要素が導入されたことで、前作よりも複雑なシステムに戸惑う部分もありました。難しいゲームが好きな人には良いかもしれませんが、私にはちょっと合わなかったです。

 

5位 ゼルダの伝説 ムジュラの仮面

出典:amazon.co.jp

「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では2000年4月27日に、北米では2000年10月26日に、欧州では2000年11月17日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、謎めいた「ムジュラの仮面」の力を使い、3日間のループを繰り返しながら、滅びの時を阻止する冒険に挑みます。

プレイできるハード

Nintendo 64 (N64)

ゲームの特徴

ストーリー

「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」の物語は、前作「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の続編として展開されます。

リンクは馬であるエポナと共に、テルミナという地の時計塔にたどり着きます。そこで、謎めいたキャラクター「スカルキッド」によって、ムジュラの仮面を盗まれてしまいます。リンクは3日間のループを繰り返しながら、時の力を使いこなし、様々なマスクを活用してテルミナの人々を助け、滅びの時を阻止するために奔走します。

この作品の特徴

「ムジュラの仮面」の最大の特徴は、3日間のループシステムです。リンクは3日間を繰り返すうちに、時間を巻き戻して初めからやり直すことができます。プレイヤーは時間を駆使して、様々なイベントやクエストに参加し、時計塔の滅亡を防ぐ方法を見つけることになります。また、リンクは特殊なマスクを装着することで様々な能力を得ることができ、多様なプレイスタイルが楽しめます。

難易度

「ムジュラの仮面」の難易度は中程度から高めです。

時間制限によるプレッシャーや複雑なクエストの要素があるため、初心者にとっては戸惑うこともあるかもしれません。しかし、プレイヤーが時間を上手く活用し、マスクの特殊能力を駆使することで難所を乗り越えることができます。繰り返しプレイすることでリンクの成長やストーリーの理解が進み、やりがいを感じる作品となっています。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「ムジュラの仮面」は、時間制限やマスクの使いこなしなど、他のゼルダの伝説シリーズとは一風変わったシステムが新鮮でした。

時間ループの要素がゲームプレイに深みを持たせ、謎解きの喜びや達成感を味わいました。また、多彩なマスクの能力を使って、様々な戦略を試すことができるのも楽しかったです。

否定的な意見

「ムジュラの仮面」の時間制限はプレッシャーが強く、何度も同じ日を繰り返すのが面倒に感じることがありました。また、クエストが複雑で進行が難しい場面もあり、ストーリーを理解するのに苦労することがありました。

一部のプレイヤーにとってはストレスが溜まることもあるかもしれません。ただし、時間ループのシステムや独特の雰囲気は、ファンにとって独特の魅力となっています。

 

4位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

出典:amazon.co.jp

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では2017年3月3日に、北米でも同日に、欧州でも同日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、広大なオープンワールドを舞台に、様々な謎やダンジョンを探索し、世界を救う冒険に挑みます。

プレイできるハード

  • Nintendo Switch
  • Wii U

ゲームの特徴

ストーリー

「ブレス オブ ザ ワイルド」の物語は、リンクが100年の時を越えて目覚めるところから始まります。

主人公は記憶を失いながらも、封印された魔獣「ガノン」に立ち向かい、ハイラル王国を救うための冒険に身を投じます。プレイヤーはリンクとして、自由に探索できる広大なオープンワールドを冒険し、戦略的にガノンに立ち向かう方法を模索します。

この作品の特徴

「ブレス オブ ザ ワイルド」の最大の特徴は、オープンワールドの自由度の高さです。プレイヤーは制限されることなく、広大な世界を自由に探索できます。様々な環境や地形、天候による影響もリアルに再現され、戦略的なアプローチや創意工夫が必要です。また、ゲーム内で手に入るアイテムや武器の種類も豊富で、状況に応じて使い分ける楽しさがあります。

難易度

「ブレス オブ ザ ワイルド」の難易度は比較的高めです。

オープンワールドの広さや複雑な環境、強力な敵キャラクターなどが挑戦的な要素となっています。プレイヤーは状況に応じて適切な戦略を立て、リンクを成長させる必要があります。一方で、プレイヤーが自由な選択をすることで、自分なりの進め方や解決方法を見つける楽しみがあります。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「ブレス オブ ザ ワイルド」は、オープンワールドの自由な探索が素晴らしく、没入感がありました。自分のペースで冒険できるため、プレイヤーがゲームの進行をコントロールできるのが魅力的です。また、グラフィックや音楽も美しく、ゲームの世界に引き込まれました。謎解きや戦闘も面白く、やり込み要素も豊富な名作だと感じます。

否定的な意見

「ブレス オブ ザ ワイルド」はオープンワールドが広すぎて、しばしば方向性を見失うことがありました。また、敵との戦闘が難しいため、初心者には厳しい場面も多かったです。一部のプレイヤーにとってはストレスを感じることもあるかもしれません。ただし、自由な探索と戦略的なアプローチが好きな人には満足度の高いゲームとなっているでしょう。

 

3位 ゼルダの伝説 神々のトライフォース

出典:amazon.co.jp

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では1991年3月9日に、北米では1992年8月23日に、欧州では1992年4月23日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、幻のゴールデントライフォースを求めて6つの新たなダンジョンを冒険し、魔物との戦いに挑みます。

プレイできるハード

Super Nintendo Entertainment System (Super Famicom)

ゲームの特徴

ストーリー

「神々のトライフォース」の物語は、「ゼルダの伝説 神々の秤」との直接の続編として展開されます。

前作でガノンを倒したリンクは、再びハイラル王国を訪れますが、平和な時が持続することはありませんでした。秘宝「トライフォース」がバラバラになり、悪の魔物が復活してしまったのです。リンクは神々の力を取り戻し、ゴールデントライフォースを集める冒険に旅立ちます。

この作品の特徴

「神々のトライフォース」は、前作からさらに進化したゼルダの伝説シリーズの一作です。豊富なアクション要素や謎解き、ダンジョン攻略が特徴的で、プレイヤーはリンクとして新たな武器やアイテムを駆使して冒険を進めます。ゲーム内では光と闇の世界が交互に切り替わり、2つの世界を行き来しながら物語が展開される点も注目すべき要素です。

難易度

「神々のトライフォース」の難易度は中程度から高めです。

ダンジョンの謎解きや敵との戦闘は挑戦的で、慎重なアプローチと戦略が求められます。また、光と闇の世界を切り替えながら進むため、世界間のパズルや時間制限に対応する必要があります。一方で、ゼルダの伝説シリーズのファンにとっては充実した冒険体験が楽しめるでしょう。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「神々のトライフォース」は、壮大なストーリーとクリアした時の達成感が素晴らしかったです。ダンジョン攻略の謎解きや仕掛けも頭を使うものが多く、やりがいを感じました。光と闇の世界を行き来する要素が新鮮で、ゲームプレイが飽きることなく進められました。

否定的な意見

「神々のトライフォース」の難易度が高めで、ダンジョン攻略や敵との戦闘に苦戦することがありました。特に初心者にはハードルが高いかもしれません。また、光と闇の世界を行き来することが少し面倒に感じることもありました。ただし、シリーズのファンにとっては楽しめる作品だと思います。

 

2位 ゼルダの伝説 時のオカリナ 283票

出典:amazon.co.jp

ゼルダの伝説 時のオカリナ」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

日本では1998年11月21日に、北米では1998年11月23日に、欧州では2000年2月18日に発売されました。

プレイヤーは主人公リンクとして、時のオカリナを使い、過去と未来を行き来しながら、ハイラル王国を救う冒険に挑みます。

プレイできるハード

  • Nintendo 64 (N64)
  • Nintendo GameCube (ゲームキューブ)(「ゼルダの伝説 コレクション」に収録)

ゲームの特徴

ストーリー

「時のオカリナ」の物語は、リンクが大樹デクのもとで平和に眠っているところから始まります。

リンクは目覚めた後、ハイラル王国の滅亡を防ぐため、未来を知る「シーク」と出会い、時のオカリナを手に入れます。リンクは時のオカリナの力を使って7年後の未来と過去を行き来しながら、魔王ガノンドロフに立ち向かう冒険を繰り広げます。

この作品の特徴

「時のオカリナ」は、前作「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」と同様に、3Dのグラフィックと広大なオープンワールドが特徴的です。プレイヤーは時間を操作して未来と過去を行き来し、世界の状況を変えることができるため、様々なパズルやクエストが展開されます。また、時のオカリナの音楽を奏でることで、特殊な力を発揮することができるのも魅力の一つです。

難易度

「時のオカリナ」の難易度は中程度から高めです。

時間を巻き戻すことや未来と過去を切り替えることによるパズルや謎解きがあり、頭を使うシーンが多いです。また、敵キャラクターの攻撃が激しく、戦闘も戦略的なアプローチが求められます。一方で、ゲーム内には進行をサポートするヒントも用意されており、初心者でも楽しめるよう配慮されています。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「時のオカリナ」は、広大な世界とタイムトラベル要素が面白く、没入感がありました。ゼルダの伝説シリーズの中でも屈指の名作であり、ストーリー展開や音楽、キャラクターデザインに感動しました。時のオカリナの力を使った謎解きやボス戦も緊張感があり、何度もプレイしたくなる魅力的な作品です。

否定的な意見

「時のオカリナ」の難易度が高く、特に謎解きが難しいと感じることがありました。時間を操作する要素も慣れるまで戸惑いましたし、敵との戦闘も手ごわい場面が多かったです。また、グラフィックが古いため、現代のゲームに慣れているプレイヤーには見劣りするかもしれません。しかし、ストーリーやゲームデザインの優れた部分は否定できません。

 

1位 ゼルダの伝説

出典:amazon.co.jp

「ゼルダの伝説」は、任天堂によって開発・発売されたアクションアドベンチャーゲームで、日本では1986年2月21日に、北米では1987年8月22日に、欧州では1987年11月27日に発売されました。

本作はゼルダの伝説シリーズの第1作目として、多くのファンに愛される作品となっています。

プレイできるハード

  • ファミリーコンピュータ (Famicom)(日本国内のみ)
  • Nintendo Entertainment System (NES)(北米、欧州他地域)

ゲームの特徴

ストーリー

「ゼルダの伝説」は、プリンセス・ゼルダを救うために闘う主人公リンクの物語を描いています。

魔法のトライフォースを狙う邪悪な魔王ガノンドロフが、ハイラル王国に暗黒の影を落とし、ゼルダ姫をさらってしまいます。プレイヤーはリンクとして、8つのダンジョンを探索し、謎や敵との戦いを乗り越え、ゼルダ姫を救い出すことを目指します。

この作品の特徴

「ゼルダの伝説」は、オープンワールドというコンセプトを取り入れた初のアクションアドベンチャーゲームとして特筆されます。プレイヤーは広大なハイラル王国を自由に探索し、アイテムを集め、謎解きを行いながら物語を進めます。ダンジョンの攻略やアイテムの入手は自由な順番で行え、自分なりの戦略でゲームを進めることができる点が特徴的です。

難易度

「ゼルダの伝説」の難易度はやや高めです。

ダンジョンの謎解きや敵との戦闘は頭を使う部分が多く、初心者には戸惑うこともあるかもしれません。しかし、試行錯誤を繰り返すうちにリンクの成長を感じられ、クリアする達成感も得られるでしょう。

実際にプレイしたユーザーの声

好意的な意見

「ゼルダの伝説」は、オープンワールドの自由な探索が新鮮で、謎解きやアクションが楽しい作品でした。当時としては革新的なゲームシステムであり、広大な世界を冒険する興奮を味わえました。また、素朴なグラフィックと壮大な音楽が、ゲームの世界観をより一層引き立てていました。

否定的な意見

「ゼルダの伝説」は当時の技術レベルからすると難易度が高く、一部のプレイヤーには敷居が高かったかもしれません。特に謎解きや隠し要素の発見に苦戦することもありました。しかし、シリーズのファンにとっては、挑戦的な要素が魅力的だったと言えるでしょう。

 

まとめ

シリーズ1作目の「ゼルダの伝説」が人気ランキングで第1位を獲得した理由は、その先見性と革新性にあります。

1986年に発売された本作は、オープンワールドの自由な探索とアクション要素を組み合わせた、当時としては画期的なゲームシステムを持っていました。

「ゼルダの伝説」は、プレイヤーに広大なハイラル王国を自由に探索する機会を与え、ダンジョンの攻略やアイテムの入手を自分なりの順番で行える点が新しい試みでした。これにより、プレイヤーは自らのペースで物語を進めることができ、ゲーム内での自由度が非常に高かったのです。

さらに、当時としては珍しいオープンエンディングの構造も本作の魅力の一つとなりました。プレイヤーがトライフォースの断片を集めた後、エンディングが繰り広げられるのですが、具体的なストーリーの結末は示されず、プレイヤーの解釈に委ねられていました。このような自由な結末が、多くのファンに感動と共感をもたらしたことでしょう。

さらに、「ゼルダの伝説」は素朴ながらも魅力的なグラフィックと音楽が、ゲームの世界観を深めていました。懐かしい8bitのピクセルアートや楽曲は、多くのプレイヤーに感情的な絆を築くことに成功しました。

これらの要素が組み合わさり、「ゼルダの伝説」はゲーム史において不朽の名作となりました。多くのファンにとって、初めての冒険が特別な思い出として刻まれ、シリーズ1作目が人気ランキングで1位を獲得したのです!

2024年4月12日

無料で読める!大人気漫画「終・仕事ができない榊くんは夜だけ有能」でシリーズ完結!【ぽつねんじん】

※随時更新中! ¥880 ⬇︎ 35%OFF! ¥572 今すぐ読む! ¥660 ⬇︎ 50%OFF! ¥330円 今すぐ読む! ¥770 ⬇︎ 50%OFF! ¥385 今すぐ読む! ¥660 ⬇︎ 90%OFF! ¥66円 今すぐ読む! ¥770 ⬇︎ 90%OFF! ¥77 今すぐ読む! ¥660 ⬇︎ 85%OFF! ¥99 今すぐ読む! ¥770 ⬇︎ 10%OFF! ¥693円 今すぐ読む! ¥6

今すぐ読む!

【漫画】無料で読める!爆笑エクスタシー! 珍展開のバレーボールラブコメ!

2024年4月12日

【漫画】無料で読める!爆笑エクスタシー! 珍展開のバレーボールラブコメ!

今すぐ読む!

2024年4月12日

【漫画】仕事はできないけど、夜は有能すぎる年下彼氏が凄い!

今すぐ読む!

2024年4月12日

【漫画】私本命かな?見た目は怖いけど優しい彼氏に媚薬を飲ませてみた話!

今すぐ読む!

【漫画】僕の家にマンガを読みにくるツンデレギャルはアソコを貸してくれる・・。

2024年4月12日

【漫画】僕の家にマンガを読みにくるツンデレギャルはアソコを貸してくれる・・。ネタバレ!

今すぐ読む!

【漫画】新番組!?「おねえさんとデキルカナ!?♡」今回のクイズは『赤ちゃんはどうやってできるか?』

2024年4月12日

【漫画】新番組!?「おねえさんとデキルカナ!?♡」今回のクイズは『赤ちゃんはどうやってできるか?』

今すぐ読む!

2024年4月12日

【漫画】バレちゃった・・家族のような幼馴染の身体に異変が!?

今すぐ読む!

無料で読める!漫画「もう一度、してみたい。」ネタバレ!【だにまる】

2024年4月12日

無料で読める!漫画「もう一度、してみたい。」ネタバレ!【だにまる】

エロ同人誌マンガ「もう一度、してみたい。」をお得に読む方法!raw、zipは? 項目 内容 サークル名 だにまる 販売日 2023年10月20日 年齢指定 18禁 作品形式 マンガ/単話 ファイル形式 専用ビューア ジャンル 同級生/同僚 OL ラブコメ 中出し フェラチオ 巨乳/爆乳 ファイル容量 32.05MB 「熱い夜、不協和音の調和 - 結奈と猿島の驚きの変化」 日中は喧嘩ばかりの犬猿の仲として知られる巨乳OL・結奈と同僚の猿島。 しかし、ある夜、運命が彼らに驚きの出来事をもたらします。会社の会議

今すぐ読む!

2024年4月12日

【漫画】欲求不満女子、訳あり筋肉男子たちと合法の性と愛のマッチング!

今すぐ読む!

2024年4月12日

無料で読める!漫画「大好きな彼氏のアソコが怖いんです・・」ネタバレ!

今すぐ読む!

2024年4月12日

無料で読める!漫画「兄のことが大好きな妹が深夜に兄のアレを見てしまって・・」ネタバレ!

今すぐ読む!

無料で読める!「朝霧〜高貴な閨の指南役〜」ネタバレ!

2024年4月12日

無料で読める!漫画「朝霧〜高貴な閨の指南役〜」ネタバレ【斑目りん】

エロ同人誌マンガ「朝霧〜高貴な閨の指南役〜」をお得に読む方法!raw、zipは? 項目 内容 サークル名 斑目りん 販売日 2023年07月11日 年齢指定 18禁 作品形式 マンガ ファイル形式 JPEG ジャンル 幼なじみ 年下攻め 着物/和服 初体験 中出し 羞恥/恥辱 クンニ ファイル容量 769.51MB 可憐で美しい、甘い三角関係の物語 香凛、その名前は美しさと高貴さを兼ね備えた姫君の名。 新たなる帝、湖珀様の妃として、彼女は運命の扉をくぐりました。まだ若くして皇帝として即位した湖珀様のもとへ

今すぐ読む!

2024年4月12日

漫画「乙女ゲームに転生!告白イベントで憧れの王子が豹変!」

今すぐ読む!

【漫画】仕事◎人望◎態度もアソコもおっきい瀬川さん「お前が可愛く見える呪いにかかった。不快?」不快じゃないですけど・・・

2024年4月12日

【漫画】仕事◎人望◎態度もアソコもおっきい瀬川さん「お前が可愛く見える呪いにかかった。不快?」不快じゃないですけど・・・

今すぐ読む!

【漫画】罰ゲームから始まったギャルと陰キャのエッチなラブストーリー!ネタバレ!

2024年4月12日

【漫画】罰ゲームから始まったギャルと陰キャのエッチなラブストーリー!ネタバレ!

今すぐ読む!

2024年4月12日

【漫画】こんなデカイって聞いてない!可愛い童貞くんに食べられるのは私!?ネタバレ!

今すぐ読む!

2024年4月12日

無料で読める!「女を弄ぶ側の肉食男子を今夜は私がいただきます♡」ネタバレ!

今すぐ読む!

2024年4月12日

無料で読める!赤ずきん君の世界から戻ってきたら、一緒に移転されてきた!やっぱり逃げられない?大人気作続編!

今すぐ読む!

2024年4月12日

無料で読める!漫画「ふたなりだって知らなかった」優しい友達が手伝ってくれました。

今すぐ読む!