PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 洋画

【レビュー】映画『オットーという男』


【2023年3月10日公開,126分】

0.0
Rated 0.0 out of 5
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】マーク・フォースター【原作】フレドリック・バックマン【脚本】デヴィッド・マギー

【キャスト】

オットー トム・ハンクス
マリソル マリアナ・トレビーニョ
トミー マヌエル・ガルシア=ルルフォ
ソーニャ レイチェル・ケラー

いつもご機嫌斜めなオットーは、曲がったことが大っ嫌いで、近所を毎日パトロール、ルールを守らない人間には説教三昧、挨拶をされても仏頂面、野良猫には八つ当たり、なんとも面倒で近寄りがたい男。それが〈オットーという男〉。
そんな彼が人知れず抱えていた孤独。仕事もなくし、最愛の妻にも先立たれたオットーは、妻の後を追って自らの人生にピリオドを打とうとする。しかし、向かいの家に引っ越してきた家族に邪魔され、死にたくても死ねない。それも、一度じゃなく二度、三度も…。世間知らずだけど、とにかく陽気で人なつっこく、お節介者の奥さんのマリソルは厳格なオットーとは真逆な性格。苦手な車の運転や、小さい娘たちの子守を頼んでくる。この迷惑一家の出現により“自ら人生をあきらめようとしていた男“の人生は一変していく――
名優トム・ハンクスが演じるのは嫌われ者の頑固爺さん。ルールを守らない人たちに腹を立ていつも不機嫌なオットーという男の人生が、向かいに越してきた一家によって変わっていく――。自分とは正反対な家族に振りまわされながらも、その触れあいを通して もう一度生きる希望を見つけていく様を、ユーモアあり、涙ありで描いた感動作。
監督は「プーと大人になった僕」のマーク・フォスター。原作は世界的ベストセラーとなったスウェーデンの小説。「幸せなひとりぼっち」というタイトルで映画化もされ、アカデミー賞の外国語映画賞にノミネート。この作品に魅せられたトム・ハンクスがプロデューサーにも名を連らね、ハリウッドでリメイク。オットーの喜怒哀楽、心の変化を演じたトムの見事な演技に誰もが心を揺さぶられ、オットーという男を愛してしまうに違いない。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

オットー・アンダーソン。町内イチの嫌われ者で、いつもご機嫌斜め。曲がったことが大っ嫌いで、近所を毎日パトロール。ゴミの出し方、駐車の仕方、ルールを守らない人には説教三昧、挨拶をされても仏頂面、野良猫には八つ当たり、なんとも面倒で近寄りがたい…
そんな彼が人知れず抱えていた孤独。最愛の妻に先立たれ、仕事もなくしたオットーは、自らの人生にピリオドを打とうとするが、向かいの家に引っ越してきた家族にタイミング悪く邪魔をされる。それも、一度だけでなく二度も、三度も。“世間知らずだが、とにかく陽気で人懐っこく、超お節介なメキシコ出身の奥さんマリソルは、オットーとはまるで真逆な性格。突然訪ねてきては手料理を押し付けてきたり、小さい娘たちの子守や苦手な運転をオットーに平気で頼んできたりする。この迷惑一家の出現により “自ら人生を諦めようとしていた男”の人生は変化していく──。

映画『オットーという男』を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

◉『オットーという男』
妻の死後生きる意味を失った嫌われ者の堅物男。
自死しようと思ったある日、向かいの家に騒がしい一家が越してきた。
その時から男の日常が少しずつ色づきはじめ…『オットーという男』鑑賞。
人の心を救うのはやはり人なのだとド直球に涙を誘う人情話。
トム・ハンクスらキャストの魅力が溢れる一作。

 

◉『オットーという男』
子どもが画用紙に書いた絵のような、不器用で、でもまっすぐな優しさ。
文字通り“大きなハート”をもった主人公。
彼の喪失感をそっと包み込む人と人との繋がり、出会いがもたらす温もり。
午後1時~2時のカフェタイムに観てホッコリしたい作品だ😌☕️

 

◉『オットーという男』
正にトム・ハンクスの真骨頂^o^
市井の人をちょっとスパイスを加えて演じたら右に出る者無しだネ。
安定のヒューマンドラマでした。
助演のメキシコ女性や殆ど動かずに演技をしていた
親友の黒人男性ピーター・ローソンって議員さんなんだね。良かった。

 

◉『オットーという男』
(これは超重要なことなのだけど) Trans Allyの映画です✨
まさかのトランスジェンダーのキャラクター登場で泣いてしまった……😭

 

◉『オットーという男』
みてきました。
前半は、物足りなさもありますが。
中盤から暖かくなり、涙します。
エンドロールで立つ人、 3人いましたが、エンドロール見てください。
オットーが、晩年、幸せに過ごしたことが、分かります。

 

◉『オットーという男』
頑固なおじいちゃんが周りの人と交流していく。
早く死んだ妻の元に行きたいのになかなか死ぬことができない。
その思いとは裏腹に「ご近所さん」によって彼の日常は一変する。
人の出会いは人生や生き方を変えるんだなぁと感じた。
悩みがある人・車や猫が好きな方、ぜひご覧あれ♪

 

◉『オットーという男』
妻に先立たれて絶望する男と隣人たちの交流を描いた作品ですが、
生きる意味を持つ大切さが描かれてました😍!
彼とは対照的に隣人たちは明るいキャラで、
隣人との触れ合いや頼み事を彼が受け入れていく内に
少しずつ心が緩んでいく描写が良かったですね😊!

◉『オットーという男』
泣きっぱなし。なんなら最初のシーンから。
両隣のおじさんたちも鼻水ズルズル。
トム・ハンクス作品はほとんど観てるが、
とうとう最初からおじいさんなのは初めて?感慨深い。

 

◉『オットーという男』
トムハンクス主演の涙あり笑いありの良作でした😭
近所に引っ越してきた夫婦の奥さん役がとてもチャーミングでした

 

◉『オットーという男』
やっぱり、幸せなひとりぼっちのリメイクだった!いいね泣ける。
オットーという男も幸せなひとりぼっちもどちらも最高!

 

◉『オットーという男』
妻に先立たれ、変わり者として嫌われた偏屈爺さんをトム・ハンクスが演じる。
流石ですわ。畳み掛けるような展開に、涙腺やられた😭花粉のせいじゃないよ。
老後どう暮らすか、考えなくはない話。いかに生きるか、どう生きるか。
私はいつも何があっても生きなきゃと思います❤️‍🔥

 

◉『オットーという男』
鑑賞。
「幸せなひとりぼっち」のリメイクというだけでなく
「グラン・トリノ」も共起。マルコス役マック・ベイダもナイスキャスト。

 

◉『オットーという男』
久々に映画見た〜
歳のせいか涙が止まらんかったです。
特に20代後半以降の方に刺さりやすいかも
良き映画でした。

 

◉『オットーという男』
世界中で愛される名優トム・ハンクスが演じるのは、町一番の嫌われ者!
なのに、好きにならずにはいられない!
誰もが心揺さぶられる感動作です。

 

◉『オットーという男』
本当に心温まる作品
物語も明るい隣人たちとのかかわりや、主人公の葛藤が丁寧に描かれていて良かった
この作品を劇場で観ることは精神衛生上非常に良いのでオススメ...
映画「オットーという男」私の”流した涙”は、100粒です。

 

◉『オットーという男』
ハリウッドらしい分かりやすい映画だが、そこが良い。
ただ最後はもう少し前で終わるのかと思いきや、そうくるか、と。
ヤな奴でも魅力的なハンクスとマリアナ・トレビーニョ演じるキャラがとても良い。

 

◉『オットーという男』
見に行ったらさ、愛の大切さを改めて感じてヒョンジンの作った曲が染みる😭

 

◉『オットーという男』
今年イチ泣いたかも😭
思い出しただけでもまだ泣ける😭素晴らしい作品でした。

 

◉『オットーという男』
観てきた
花粉症と爆泣きがやばすぎた。😭😭😭😭😭😭😭

 

◉『オットーという男』
見た!
自分の人生は最愛の妻のためにあると考える男性の話。
頑固で正しくあろうとしながらご近所さんに世話を焼く姿は
彼の真っ直ぐな生き方と愛情そのものだったな。

オットーがオットーのために生きていく時間の描かれ方がすごく尊かった。
平凡を抱きしめながら生きてかなきゃね。
泣きすぎて目パンパンに腫らして帰ってきたよ。

 

◉『オットーという男』
鑑賞しました。
つまらなくて途中退席してしまいました😅
妻に先立たれ生きる希望が無くなり首吊り自殺までした人が
あんなにキビキビと近所の子供の子守りとか出来るのかな〜?😅
コントでもないし…。😅

 

◉『オットーという男』
観てきました。
ストーリーも俳優さんも音楽もエンドロールまで何もかも素敵でした。
最後は涙が止まりませんでした。
上映館もあまり多くなくすごい話題になっている作品ではありませんが
できるだけたくさんの人に観てもらいたいと思いました。

 

◉『オットーという男』
オットーとご近所さんと猫ちゃんのお話😊
とても温かくて、ほろりと涙が😢
良い作品だなぁ~
猫ちゃん可愛かったなぁ~

 

◉『オットーという男』
スウェーデン映画よりも、からっとした明るさと爽やかさ。
すっかりアメリカ映画に!
トム・ハンクスの持ち味を生かして嫌味だけど憎めない男に仕上がった。
嫌な奴になるのは理由がある。元から嫌な奴はいないよね爽快感あり!

 

◉『オットーという男』
鑑賞
トム・ハンクスという俳優は裏切りませんな👏
終始クスッと笑えるんですけどラストシーンからの
エンドロールで温かい涙溢れます😭心揺さぶられました。
若い頃のトムを本当の息子さんが演じてます

 

◉『オットーという男』
観た。
オリジナルは未見。

過去に生きる男がさまざまな方法で自殺を試みようとするが
その度に邪魔が入るところにクスッとしつつも
途中からうるうるとさせられ最後はぼろ泣きした。猫がかわいい(重要)

 

◉『オットーという男』
見てきたー
とっっってもよかった!わりと序盤から泣き始め終盤はもう大泣き
オットーは厄介なとこもあるけど見れば見るほどとっても愛しくなる
ソーニャとの時間はどのラブストーリーより素敵だと思う
エンドロールもとっても素敵なので最後まで席を立たずに見て欲しい
最高

 

◉『オットーという男』
見てきました
〝怪演〟トムハンクス劇場かと思いきや誰にでも楽しく終えてしまう作品ですし、
プライベートライアンやキャスト・アウェイ、クラウドカトラスなど
トムハンクスヲタク各員には是非とも見て欲しい作品です、はい

 

◉『オットーという男』
すばらしくてわざわざ観に来た甲斐があった。
コメディとしても良いし感動もする。
トム・ハンクス最高だし何より猫ちゃんが可愛い。

 

◉『オットーという男』
共同住宅のルールに杓子定規な煩い偏屈親爺。
だが話が進むにつれその人生の輝きと挫折、悲劇が見えてくる。
根は優しく技術力もある好ましい人物。笑いながら泣ける映画。
原作『幸せなひとりぼっち』より多幸感に満ちている。

 

◉『オットーという男』
観てきました。
ヒューマンコメディですが、最後は泣きそうになりました。
お隣に引っ越してきた夫婦の夫側が放っておけない性格してて。
ジミーっていうふくよかなキャラが外見面ではお気に入りです

個人的に印象に残ったのがFTMのキャラです。
彼の父親は息子を理解しようとしていないのか……と、深読みするくらいに。
彼は今や理解者に恵まれていて本当に良き、良き、と思っています。
車好きな面でオットーとも趣味が合ってますね👍

 

◉『オットーという男』
トム・ハンクス演じる頑固だけど
お隣さんのために行動してくれるオットー
良かった

 

◉『オットーという男』
鑑賞
「幸せなひとりぼっち」を先に観てたから話の筋は知ってたが、
あまり変更なくアメリカの話に置き換えられてた
頑固なオットーの後追いを止めるために、
妻はマリソル一家を連れてきたのかもしれないなと思った
人と人とのふれあいはやっぱりいいねと元作品に続いて泣けた

 

◉『オットーという男』
鑑賞。
めっちゃ良かったー!
この作品、リメイクなのですが(元ネタもたぶん観てる)
アメリカナイズかつ現代社会に即したアレンジされていてとても良くできてました。
展開を楽しんでほしいので是非予告以上の前情報なしで観てほしいです!

マリソル一家が本当に素晴らしく、
彼女を演じていたマリアナ・トレビーニョが大好きになりました笑笑
隣に住んでたら楽しいだろうね笑笑

 

◉『オットーという男』
観た
傑作でした
トムハンクスの老練された演技力
何故オットーがルールマナーに死ぬほど厳しいのか
何故ただの頑固親父が周りに好かれてるのか
理解させて人生と家族の大事さを叩き込まれ
二時間かけて徐々にオットーに魅了されました
涙腺爆発した

終わり方もめちゃくちゃすっきりしてて
大好き
エンドロールの写真も泣ける
心洗われた

 

◉『オットーという男』
見ました❗️

不幸が起きるほど幸せになる男の物語⁉️

近所におしどり夫婦が引っ越してきてから、
とてもハートフルなコミュニケーションに巻き込まれ、
彼の心が温まっていく感じが素敵でした✨

孤独を乗り越える彼の素敵な物語です✈️

 

---------------------------------

 

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

最新みんなのレビュー

良い意味で余韻がなかった

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

人それぞれ大なり小なり障害物がある。

でも少しの気遣い、言葉掛けで救われる事がある。救える事がある。とても温かい気持ちになる映画です。

1回目観終わった後、自分の生活の中でふじさわさんと重なる部分に気がつけるようになった。そんな時にふと映画のいろんなシーンが頭に浮かんで落ち着けるようになった。また観たくなって2回観た。

映画の中で完結せずに、私の生活の中にホワッと存在し続けていて生きるのが楽になった気がします。

きっとまた観たくなるけど上映している所が少なくなってくるだろうな。寂しいな。

観れなくなる前に是非観て欲しい作品です。

もん

観るたびに見え方が変わります

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

佐久間さんファンであまり期待せずに観に行きましたが、1度目は目まぐるしい展開や役者さんの演技、佐久間くんもびっくりする程なりきっていて…圧倒されて終わりました。でも、見終わった直後からもう一度観たい、と…。

2度目、3度目と足を運びましたが、観る度にいろんなシーンの意味やキャラクターの心情や…こんなに見え方が違うんだ!と驚き…毎回ワクワクしています!

次は5回目、観に行きます。

バキちゃん

「愛」がテーマの映画

Rated 5.0 out of 5
2024年3月4日

サスペンススリラーではあるが

謎解きを主軸にはしていない

サスペンスの側面から見ると

謎解きは容易に出来る様に作られている

キャスティングからして

時間軸が変化してもどの役者さんが誰を演じているのかとても分かり易い

だからと言って雑な作りではない映画

例えば

主要人物にはそれぞれ象徴として種類の違う「水」が与えられているなど

細かい描写が幾つもあり

何度観てもその度に発見がある様な

わくわく感を長く味わえる映画だ

謎解きとしての深読みが必要ない分

キャラクターの心情への深読みや考察が際限なく楽しめる

謎解きの分かり易さは内田英治監督のミスリードなのではないかとすら思う

鑑賞回数を重ねる程

伝えたいのは殺人の謎解きの面白さではないと感じる

各キャラクターにとっての「愛」とは何か

それぞれの行動原理がどんな「愛」であるのか

そして求めている「愛」は成就するのか

「愛」と言う最大の謎の本質を解き明かすのが

この映画の1番の楽しみ方であり

内田英治監督の伝えたかったことではないのかと思う

どぅり

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪