PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 邦画

【レビュー】映画『スクロール』


【2023年2月3日公開,120分】

0.0
Rated 0.0 out of 5
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【監督・脚本】清水康彦【原作】橋爪駿輝【脚本】金沢知樹、木乃江祐希

【キャスト】

北村匠海
中川大志
松岡茉優
古川琴音
水橋研二
莉子
三河悠冴
MEGUMI
金子ノブアキ
忍成修吾
相田翔子

鈍色の青春を駆け抜けて、人生が、心が躍動する—
最も鮮烈で最も美しい瞬間を描く、僕、私たちのストーリー。
北村匠海、中川大志、松岡茉優、古川琴音──作品によって全く異なる人物に生まれ変わると同時に独自の世界観を構築し、日本の若手俳優の中でも傑出した存在と讃えられる4人の競演。
YOASOBIの大ヒット曲「ハルジオン」の原作者としても知られる橋爪駿輝が、若い世代から「自分たちの物語」と圧倒的な共感を得たデビュー小説を映画化。若者たちのリアリティ溢れる青春譚を、国内外で数々の受賞歴を持つ監督・清水康彦がエモーショナルに描きだし、米津玄師、King Gnu、あいみょんなどのMVを手掛ける撮影監督・川上智之が独創的な映像美で魅せる—-公式サイト-

あらすじ<STORY>

学生時代に友だちだった〈僕〉とユウスケのもとに、友人の森が自殺したという報せが届く。就職はしたものの上司からすべてを否定され、「この社会で夢など見てはいけない」とSNSに想いをアップすることで何とか自分を保っていた〈僕〉と、毎日が楽しければそれでいいと刹那的に生きてきたユウスケ。森の死をきっかけに“生きること・愛すること”を見つめ直す二人に、〈僕〉の書き込みに共鳴し特別な自分になりたい願う〈私〉と、ユウスケとの結婚がからっぽな心を満たしてくれると信じる菜穂の時間が交錯していく。青春の出口に立った4人が見つけた、きらめく明日への入口とは──?
何者にもなれない4人が、ひとつの死をきっかけに、明日への一歩を踏み出す。私たちが目にするのは、4人の中にきらめく、私たち自身の欠片。痛みを知る者にしか見えない光を描く、絶望を抱きしめる希望の物語。

映画『スクロール』を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

◉『スクロール』
瞬き厳禁と意気込んで見たら、
山本何度も確認できてニヤけが止まらず😭🧡

静かに流れるストーリーにどんどん引き込まれてドキドキしたし、
役者さん皆さん演技が素晴らしいし余韻が心地良い🎥

エンドロールもニヤけちゃって幸せに満たされた😭🎞🧡

 

◉『スクロール』
鑑賞。
若者たちの⻘春群像劇。
内容的に結構重めではあるけど、分かったような分からないような感じかな😆
4人それぞれに共感出来るとこはあったので、私的には好きな作品です。
若者は苦悩と葛藤しながら成長していくもんよね🤔
北村匠海くんの陰キャラって好きだわ〜😙

 

◉『スクロール』
2回見てもやっぱり難しかったw

 

◉『スクロール』
ネタバレ避けつつ感想をば…

原作読んでから行って正解だった😇
原作の生々しいまでのリアリティを、シンボリックに構成し直して表現してるので、
たぶん私の頭では混乱してた(笑)
“象徴的な演出”がインサートされがち㊙️

生きてる痛み(メンタル)のエッセンスは、凄く上手いこと原作から引き継いでて、
見てる間ずっと心がヒリヒリ来る。そして、重い
主題が主題だしな~
あとフィジカル的に痛い場面もある

何度も何度も、同じ“モチーフ”や“ロケーション”が登場するのだけど、
対称性や比較、変化を映すシンボルにもなっているのが、映画版ならではの表現なんだな

山本さん🧡のご活躍については、なかなか自然にオフィスに溶け込んでて、
諸々の修行の成果が光る演技だったのではと、ニヤニヤ見ていたヲタク🤣

何気な~い動きだったり、“雑談”だったりが上手いこと空気感に馴染んでるし、
“転換点”の演技では、それなりに体張って緊迫感が出てたと感じたのね

良い映画だと思うし、多くの方々に見に行って頂きたいと私も願う😁

哲学的主題を噛み締めて観るぜ!って人にはもってこいっ!
ちょっと重いけどね(笑)

原作とはけっこう変わってるけど、読んだ方が理解がすんなりいくのでオススメ
(注:山本さんは原作には登場しませぬw)

 

◉『スクロール』
なかなかコアな作品で、最初から最後までモノクロで観てる雰囲気がした👀
こんな作品に携われるのは役者としてやり甲斐があっただろうなと…。
匠海くんも大志くんも想像以上に凄い👏👏👏

 

◉『スクロール』
眼差しで演技する松岡茉優と中川大志、空気を操る古川琴音と北村匠海、
4者の存在感は息苦しいまでに重く、時に耐えられないほどふわふわと軽いのです…
生と死の危うさの淵で、ファンタジーとリアリティが交錯する様…酔わないよう覚悟してね✨
次は原作📕

 

◉『スクロール』
見てきたー。
ちょっとハラハラするけど
既視感のある匠海くんがところどころ。。。

あ、、、
これはアドリブかなってところが1箇所。

◉『スクロール』
わたしもこれはあとでいいやってスクロールしてしまうことがあるからはっとするとこあるよな‥
タイトルに納得、そして橋爪さんが初監督したモアザンワーズにも雰囲気が似ていてああ‥と納得。
主体性、生きる意味、真逆の性格に見えても似ていたり悩みは同じとか‥原作買お。また観ます。

 

◉『スクロール』
公開後にどうしても言いたかったこと。
私は今回映画観るまで原作我慢で、この間完成披露で一足先に観させていただいて、
どっぷり沼って速攻で原作読んだんですけど、登場人物も同じなのに、
2回違う切り口で楽しませていただいた感じでこんな感覚は初めてです。
監督も天才。

 

◉『スクロール』
ネタバレしませんがすごく良かった‥20後半から30代に特に刺さるのでは‥
色んな感情になりました、こういう人っているよねと、
でも自分ももしかしたらそうかもとか、他人事には出来ない様々なものがあるはず‥
匠海くんの表情変化すごかったです‥大志くんもすごい演技力でした🙏

 

◉『スクロール』
観てきた!
最後に流れるサウシーの主題歌まで含めた映画だった。
歌が映画の内容をより深いものにしてくれた…

 

◉『スクロール』
明るい映画観ようと思ってたのについつい重たそうな映画を観てしまった。
直前にあらすじをざっと読んだだけなのでどんな展開になるかはらはらしながら見てた。
冒頭の不思議な世界観は弦音楽も合わさって結構好き。

若者4人よりコダマさんに同情してしまったな。超えてはいけない部分はあれど、
僕と私も人に向かってそんな言葉は言ったらあかんよと思ってしまった。
(先にコダマが言ってそうだけど😅)
ユウスケの上司も確信ついてるけど、それがユウスケを傷つけないかと。

古川琴音ちゃんの少女顔✕タバコ
ミスマッチ感が絵になる。

僕が私に君誰?みたいなこと言ったの勝手にふるえてろを思い出した。

俳優陣の演技やエモーショナルな映像美は良かった。
作品自体も好きだけど肝心のスクロールするような人生というタイトル回収が
自分にはあまりピンとこず。若者だったら響くのかな🙄

 

◉『スクロール』
何気ない一瞬の出来事がその時とった行動が
人を自分を暗闇に引き摺り込んだり光の中に掬い上げたりすることができる
人はそういう力を持っているんだと改めて思う作品でした
苦悩するユウスケ良かったです
さあ小説読もう

 

◉『スクロール』
「エンドロールの曲までが映画の1部」って感覚を初めて感じた。
映画観終わって、「怪物たちよ」であなたはどうしますか?
どう生きますか?って問われてる気がした。

 

◉『スクロール』
言語化できないけどめちゃめちゃ良かった
エンドロールで怪物たちよ流れてきて、自然と涙が流れてた

 

◉『スクロール』
松岡茉優ちゃん、好きなんだよ。
でも勝手ながらコウノトリのイメージが強いので、茉優ちゃんは金剛、
いや泰時、いや坂口健太郎くんとのカップルが一番精神衛生上好きだと改めて実感しました…
今日はこれ以上は勘弁してください(傷心中)😇😭

 

◉『スクロール』
コダマ役が忍成くんという衝撃…!
同年代だけど、昔Oliveで「これからクルるイケメン!(今風)」的な枠に登場してた彼がパ◯ハラ中年というね…!
ある意味一番目が離せなかったキャラだったよ…!

 

◉『スクロール』
見てきましたーーー😇😇😇
いやーー、あまり内容についてはまだ書けないけど、
静かな映画なのに途中「ギャーーーーー!まだ無理無理😭😇✨」だの
「一旦落ち着こうか…!(目ェ見開く)」だの
情緒が騒がしいことになっててんやわんやでした😇

 

◉『スクロール』
観てきました。
冒頭の長回しとか独特な世界観。ちょっと私には難しい映画化だった。
もう一度見たらもう少し理解できるのかな?ユウスケはチャラくてムカつくキャラだけど、
その胸の中をもう少しみたかったかな。大志くん😙。俳優陣みんな良かった。

 

◉『スクロール』
生きてる間は探し続けるのかなって。
それが生きる意味なんじゃないのかな、、とか。

 

◉『スクロール』
大志くんのお芝居が大好きだなぁと改めて思った😭💓
こんな素敵な俳優さんのファンで幸せです😭💕

まさに今年は人生や結婚、子育てについて考え、行動する年でして。
生きてるとほんと色々ある😭
良いことも、良くないことも。そんな時にこの映画に出会えたこと、感謝です!

 

◉『スクロール』
観てきました。
最初から思考回路をゼロにして観ないと、
(マイナスな言い方をすれば)ついていけない部分もあり、
私は彼らより長い間社会人だけど、自分だったら…って考えさせられる部分もあり。
特に社会人になってすぐくらいの若者に見てほしいなーと思いました😭

「死」と言う単語が何回も出てきて怖いけど、他人の死と自死に触れる所を言葉だけじゃなく
その時の精神的部分を各々の表情で演じられててめちゃくちゃ伝わってきました。
だからかキャストの皆さんの表情をずっと追いかけて見ていた気がします。

 

◉『スクロール』
ユウスケに会って来ました😊
吐息や表情1つ逃さない様に集中してあっという間の2時間✨☺️
大志君の新境地も素晴らしい😭
冒頭のシーンが凄い事に納得👍
息を呑むシーンで笑い出す母に焦って💦
他の方の迷惑になるから、必死で止めました😱

 

◉『スクロール』
開幕から常に背後に存在する恐怖感と不気味さ、
出演者さんの演技力を全力で浴びた気がします。
エンドロールで感じる主題歌と作品のマッチングが凄さ。

被害者のようで結局は責任転嫁と自分が選んだ結果の社会の現実……
凄く考えさせられる作品だなと思いました。

 

◉『スクロール』
終始恐怖と不気味が続いてそれでも展開が気になりのめり込む。
怖かったのは俳優さんや女優さんの演技力が凄まじかったからかな。
上司から僕への言葉が自分にかけられているようにチクチクささりました。
作品を通して少し自分の存在を考えさせられました。

 

◉『スクロール』
感想がまとまらない🤫
ずいぶん歳を取ったから、この社会に疑問を持つという感情を
なんとなく紛らわしながら生きてしまってる?
18の息子も観に行くって言ってるけど、
若い息子はどう感じるかな?

 

◉『スクロール』
お茉優のキラッキラな目の底の危うさの表情が素晴らしかったです、
やっぱり彼女の役は一筋縄には幸せにさせてくれないよな〜うっ😭

 

◉『スクロール』
観てきました

4人の年齢からは、すっかり遠くまで来てしまったけれど・・・
あの頃の私は、どんな気持ちを抱えて生きていたっけな

 

◉『スクロール』
観てきました
登場人物みんなリアルすぎる
とくに僕の気持ちが痛いほどわかる
生きてる意味なんだろうね

 

◉『スクロール』
やっぱり
スクリーンで観る大志くんは
すっっっっっごおおぉく、いい

 

◉『スクロール』
都会怖い😂
ガッツリ迷いました😂
地上に出たり地下に降りたり行きも帰りも違うルートを彷徨い😂
グーグルのナビは私には機能しないよう(そんなバカな)
道にも迷子、感情にも迷子🥺
静かだけど揺さぶられるというか、何か観たことない映画でした😳
新たな大志くんが観れた😊

 

◉『スクロール』
鑑賞。
全体的にはぼんやりと、滲んだ印象。そして、抽象的な感じがした。
ただし、キャストは素晴らしかった。
北村匠海や古川琴音、中川大志。特に松岡茉優はピッタリだった。
重めでありつつ、エモーショナルさも重なった作品だった。

 

◉『スクロール』
鑑賞。
ザ邦画。
冒頭の「絶望のモボ」パートの響き方がこの映画の成否を分けるなと思って観ていた。
母からの手紙、炎の絵、話しかけてくるユウスケ。
僕の書いた小説とは成る程。
普通は編集に知り合いがいる女子とあんなうまく行かないはずだが、そこは映画。
あと、重い松岡茉優が可愛い。

 

◉『スクロール』
観てきたよ🎬
本当に色んな感情が押し寄せてる🤔考えさせられた〜
原作読み直そう📖

 

◉『スクロール』
原作未読のまま観に行ったけど4人それぞれのいろんな感情が😭
てか「私」演じる琴音ちゃんがかっこいい、、
上司に刃向かうなんてなかなかできないよ、、
もう一回観に行きたい🥲
今度は原作読んだ上でもう一回観に行きたい。

 

---------------------------------

 

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

最新みんなのレビュー

原作者の投稿の意味が理解出来た。

Rated 2.0 out of 5
2024年4月14日

ミステリー好きなので楽しみにしてました。ホラー要素強くて好みではありませんでした。ぜんぜん怖く無かったけど…

あと佐藤二郎さんの癖のある演技がどうも受けつけない。良い所を無理して探せば、瀧本美織さんの熱演くらいかな。

原作者のXへの投稿の意味が理解出来ました。

とくさん

四月になれば彼女は

Rated 4.0 out of 5
2024年4月13日

ハルと俊

弥生と俊

二十代の頃の恋の始まりと残酷過ぎる別れの理由影に親からの深すぎる愛が…

三十代に出会った新しい恋は、過去の恋愛がトラウマになり、おたがいが深く愛することを拒んだ。

愛をさぼったことによって愛をな

くした。

愛する、愛されるって…

この映画が問いかけているように思えて、

何度も映画館に足を運んでしまいます。

結果愛する人

けんしん

貴公子

Rated 5.0 out of 5
2024年4月12日

キムソンホの笑顔が大好きに

最近から最後まで目が話せない

キムソンホのゲップとか車が家と家の塀にぶつかる所とか笑ありで良かったし

ポスターの顔が大好き

貴公子見て更に大好きが増しました

❤︎

てるちゃん

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪