PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 洋画

【レビュー】映画『ノック 終末の訪問者』

無料で読める!


【2023年4月7日公開,100分】

0.0
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】M・ナイト・シャマラン【原作】ポール・トレンブレイ【脚本】スティーヴ・デズモンド、マイケル・シャーマン

【キャスト】

デイヴ・バウティスタ
ジョナサン・グロフ
ベン・オルドリッジ
ニキ・アムカ=バード
ルパート・グリント

ポール・トレンブレイによる小説「THE CABIN AT THE END OF THE WORLD」が原作のスリラー。山小屋で休暇を楽しんでいた一家が、家族の犠牲か世界の終えんかの選択を突きつけられる。監督などを務めるのは『シックス・センス』などのM・ナイト・シャマラン。『アーミー・オブ・ザ・デッド』などのデイヴ・バウティスタのほか、ジョナサン・グロフ、ベン・オルドリッジ、ニキ・アムカ=バード、ルパート・グリントらがキャストに名を連ねる。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

幼い女の子と両親は、人里離れた森の中にある山小屋に休日を過ごすためにやって来る。そこへ武器を手にした見知らぬ男女4人が突然現れ、ドアや窓を破って侵入。謎の人物たちに捕らえられた家族は、自分たちの選択次第で世界は滅びると告げられ、家族の犠牲か世界の終わりかという究極の選択を迫られる。

映画『ノック 終末の訪問者』を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

◉『ノック 終末の訪問者』
主人公目線で訳もわからないまま
どんどん事態が進行していくあたりのライド感はさすがだと思う。
事態は悪化の一途を辿る中、お前はどこまで抗える(或いは逆らえる)か?と
自分が試されているような気がして、結構.....いやかなり疲れさせられた。
今回も劇伴は超良かったです。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
見た!
突然訪れた謎の訪問者4人組から愛する家族一人が犠牲にならないと世界が滅ぶ。
さあ選べ!という映画なんだけど
(これ至る所で周知済の内容なのでネタバレでもなんでもない)
なんで?どうして??てところがなにもないのさすがシャマランって感じでしたね(笑)

あらすじやポスターにある↑の内容しかしらなかったので
家族がゲイカップル+養子の女の子なのは知らなかったので今時っぽいね。
初めてシャマランの映画で最後少し泣けてしまった😭(笑)
あとこれかなり根底に聖書云々がありそうだけどその辺り詳しくないからなー。
密室スリラー劇としては悪くなかった。

あとおなじみシャマランのカメオ出演だけどOLDほどではないけど
(あれはもはや出演者wしかも結構重要な役所ww)簡単にわかりましたね😁
まあとにもかくにもやっぱりシャマラン!て映画でした。私は嫌いではない(笑)
全く違うけど世界観的には『ハプニング』を思い出した。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
雑感。
大半の舞台は小屋。侵入者が家族3人を縛り上げる。
世界絶滅か3人の中の1人が死ぬか。選択を迫られる一家。
世界終末は真実か。侵入者達は黙示録の四騎士の比喩。
宗教的要素の強いサスペンス。シャマラン。
肝心な部分は明かさなかった。撮影と編集は巧み。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
鑑賞
シャマラン大好きですけどこれはいただけないな…
あまりにも予想外のことが起きない終末論映画でめちゃ退屈で眠たかった…
飛行機の墜落のビジュアルとかはよかったんですけどね…
これは『ハプニング2』として見ればよかったのか…

 

◉『ノック 終末の訪問者』
本編が終わりエンドロールが上がり始めた時にパラパラと舞い落ちるものの正体は終わりの方でわかる。
さらに明るくなる前の音も。タイトルデザイン好きには、おぉっ!となった。
内容がシャマラン踏み絵なので出て行ってる人も多かったので念のため。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
強引な展開でシャマランの発想が怖い。
養女のいるゲイカップルが山小屋で楽しい休暇の予定だったのに家族1人を犠牲にするか、
世界の滅亡か選んでという4人組が突然来てえぇーってなる話。
なんか途中からある人の目つきがおかしくて雰囲気でわかっちゃうけど密室劇は面白い。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
観終わり。
開始10分ちょいで「家族1人犠牲にするか世界が終わるか選べ」という
クソ重選択突き付けられてずっと緊張感が凄かった...!
結局「何故そうなった?」「何故彼らが選ばれた?」が
ハッキリとしないまま終わったがのが少し消化不良ではあるけど

ある日突然世界が終わるってのはそんなものかも?と変に納得してる部分も。
ただそれはそれとしてエンタメとしてそこん所もっとこう....ね....?

まぁ何が言いたいかっていうと
「シャマランの映画だなぁ」に尽きる感じ

◉『ノック 終末の訪問者』
サントラもめちゃくちゃいいじゃん。
『透明人間』のサントラみたいな最高なやつでした。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
観てきた!
家族3人で田舎に住んでて急に男女4人組が家に訪れる
家族のうち1人を犠牲にするか家族は保証されるが世界が滅びるのとどっちか選べと選択させられる映画
選択を断ると4人組が1人ずつ殺されていき地震や津波、感染症や飛行機墜落で世界が滅びる
みたいな映画
星2.5笑

 

◉『ノック 終末の訪問者』
め〜っちゃおもしろかったけど
(シャマランにとっての「召命」っていうモチーフは本当に一貫してるな)
これは私がシャマラン大好きだからで、他の人がどう思うかはわからん……
でも俺は「祈り」、受け取ったよ……
暴力の質感とかフレーム内フレームとかやっぱ抜群に上手い。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
鑑賞。
人の命は地球より重いのか?中盤までかなり怖かった。
『シックス・センス』以来のシャマラン監督作での恐怖を体験したけど、
結末は意外でもなんでもなくて、ドンデン返しを期待してなくてもちょっとガッカリ。
恐怖はともかく、感動は薄め。シャマラン節は楽しめます。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
『オールド』と「サーヴァント」後の作品として超納得した〜
サーヴァントものびのびやってらしたけど、今回もやりたい放題だな!最高!

ルパート・グリントがサーヴァントのジュリアンに引き続きあんな感じでとても良い
そしてバウティスタさんのデカさ!

 

◉『ノック 終末の訪問者』
山小屋で休暇を過ごす3人の家族の前に、
謎の4人組が現れることから始まる恐怖の物語。
よくも悪くもシャマランらしさ満載の終末スリラー。ほどよくドキドキさせてくれる。
ゲイのカップルの養女を演じた子役が上手い。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
山奥に住むゲイカップルと養女が、
四人の見知らぬ訪問者に何らかの犠牲を強要される、というスリラーで、
それは予言か妄想か、いう問題に聖書が絡んでくるのが、アメリカ人的な思考のように感じましたね。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
冷凍庫の奥にあった見た目の良くないステーキ肉を、試しに焼いて食べてみたような感覚。
最後まで引っ張った謎が判明せぬまま、「結局その通りなの!?」で終わっていった。
食感が悪く、食べ終えた後に胃もたれを起こす。
そんな映画だった。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
観ました。
シャマランの映画を観て狐につままれたような気分になることを
「シャマランな〜」と呼んでいて今回もとてもシャマランな〜。安心しますね。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
観た

うーむ、これはハマらない方のシャマランだったな。
ミスターガラス3部作、ヴィジットはどハマりだったのだが。

バウティスタはめっちゃ良かったです。
マインドハンターのホールデン出てきてびっくりした。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
観てきた。
どうして?何故?という説明は一切無しに観客を不安に走らせる手腕は流石。
まあラストは置いてきぼり感を食らわされるのも相変わらずのシャマラン節。
こりゃたまらん。シックスセンスよりハプニングが好きなアテクシは楽しめた。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
観てしまった。
ほんと、観るつもりじゃなかったのよ。でも観てしまったよ。
こんなのどっちも選べないよー、
ぎゃーって心の中で叫びながら観てたのでちょっと疲れました笑

 

◉『ノック 終末の訪問者』
何よりも生きづらい社会から距離を置いた家族に対して、
ノックと共に「あなた達は社会(世界)の一員で、
存亡は貴方達次第ですよ」と強制的に社会との繋げてくるのが、1番恐ろしい
一度脅かされて逃げたのに、追いかけてくる、まさにスリラー。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
予告編でだいたい全体像は把握できるのでそれ以上でもそれ以下でもない
んだけどおもしろくないわけではない
なんか不思議な映画でした

 

◉『ノック 終末の訪問者』
大傑作だった。『サイン』や『オールド』といった
"見えざる何か"家族が脅かされる話を撮り続けてきたシャマランは、
社会や人類といった見えざる
"総体"に「愛する人か、世界か」と迫られる究極の"選択"を撮ってしまった。

社会から逃げられないという恐怖、同じ側だと語る敵対者の恐怖、
そして何より選択肢を提示することで、選択を迫る恐怖。
それらのコミュニケーションに内在するスリラーをワンシチュエーションで語るのが素晴らしい。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
観てきた。
へ〜…そこに行き着くのかって感じで終わった。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
上映時間:100分 ☆☆☆☆
ポール・トレンブレイによる小説「THE CABIN AT THE END OF THE WORLD」が原作
山小屋で休暇を楽しんでいた一家が、家族の犠牲か世界の終えんかの選択を突きつけられる話
M・ナイト・シャマラン監督らしい映画でした。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
世界を救う為に家族を犠牲にするか、
家族を守る為に世界の終焉を選ぶか決断に迫られるスリリングな展開がヤバい。
人は恐怖に苛まれると目の前で起きた出来事を信じられなくなるのかもしれない。
ラストの家族の選択が衝撃的。
訪問者が不気味。
クリステンツイの好演が圧巻。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
主人公:レナード
大男
山小屋でのんびりと休暇を過ごす家族のもとに突如やってきた4人組のリーダー。
その家族に世界の終末を止めるように話を持ちかける。
とにかく優しい、良い人感が漂う。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
山奥でバカンスを過ごすゲイカップルとアジア人の養女。
そこへ訪れる謎の男女4人組。彼らは選択を迫る、
『家族の誰かの死か、世界の滅亡か─』

誰が本当の事を言っているのか、
観客も含め皆が疑心暗鬼になる設定や描写が面白い。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
シャマランがシャマランであるが故に自分の中のシャマランが試されるみたいな
シャマランカルトの映画なんで誰もかもにお薦めはしないが、
『オールド』で人生をテーマにした先にあるのが世界であるというシャマラン遍歴はかなり腑に落ちる。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
1つの設定でどんでん返しエンディングに全振りのお約束から脱したと思ったら、ラストが物足りない
緊張感あるカットやディブ・バティスタのキャラが良いのにラストに向かうほどに予想される

エンディングに 途中の描写が薄いのでこのオチは残念
この設定ならキング作品など良作があるし、レーティング回避のためにゴア描写見せないのも物足りない
宗教関連なら同日公開の「ザ・ホエール」が良かった

 

◉『ノック 終末の訪問者』
見てきた❗️
うーん…シャマランっぽいけど、そりゃそうだよねって感じのまま進んでく…
期待してただけに、ちょっとね…💦笑
座席ガチャはハズレ😫
めちゃ空いてるのに何故隣に来るんだ⁉️のパターンのヤツww

 

◉『ノック 終末の訪問者』
見てきた
頭の中が?でいっぱいだ
結局◯◯だった…ってコト?
なんと
でも嫌いじゃない

 

◉『ノック 終末の訪問者』
鑑賞

M・ナイト・シャマラン監督最高傑作。
黙示録を止めるために自己犠牲を迫る4人組と、
選択を迫られるゲイ家族の葛藤を描く。

断片的な回想で主人公らの性格を丁寧に描き、圧倒的な演技力で語る事で、
受け入れにくい展開に「設定力と緊迫感」をもたせる事に成功していた。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
みたー
なんというMMR映画
めちゃめちゃMMR
キバヤシッッッ!!
環境音の方位感、定位感がめっちゃ良くておぉ〜〜ってなったけど
VISION・ATMOSロゴあった
まぁでもあんま合わなかったかな……

 

◉『ノック 終末の訪問者』
山小屋で休暇を過ごしていた家族の前に突如現れた4人の男女によって告げられる世界の終末。
ここ数年良作連発だったシャマラン監督だが、昔の質に戻ってしまった感。
良いところもあるけど話が単調で監督特有の気味悪さも薄い。
ルパート・グリント良い。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
いやー、何と言ったら良いのやら…。
場内もそんな雰囲気で、明るくなるまで誰もが席を立ちませんでした(珍しいよね)。
一つ確かなのは鑑賞後から色々と考えを巡らせている状態だってこと。
何かちょっと泣きそうになった。

 

◉『ノック 終末の訪問者』
藤子・F ・不二雄のSF短編集にありそうな話だった。
最後まで訪問者を信じない姿勢は僕もこうありたいと思ったし、
あり得ない話に少しだけリアリティを感じる事ができて良かった。
僕は割と楽しめたかな。

 

---------------------------------

 

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

最新みんなのレビュー

ピュアで透明感溢れる映画

2024年5月22日

触れたら壊れそうなピュアな主人公たちが人と関わることで強く成長していく、そして、それぞれの心地よい場所に旅立っていく物語。

繊細な感情表現を主人公のお二人が見事に演じられていて、観ているこちらも感情を揺さぶられました。

場面場面で流れる楽曲も感情と寄り添っていて良かったです。

清澄と陸が初めて音を重ねるシーン、清澄が初めて人前で演奏するシーンは鳥肌ものでした。

さち

推しがいるあなたにささる映画

2024年5月21日

清澄の繊細な感情が表現されてて、表情でそれが伝わってきたので、初主演とは思えない表情にびっくりしました。潮の破天荒な行動なのに、それでいて繊細な所もあり、陰ながら支えてる感情がとても共感できました。何と言ってもバンドがとても良く心地よく癒されました。生で聴いてみたい。何度も聴いてみたくなる。音響がいい映画館で見てみようと思います。

おけい

ある意味緩急のある映画

2024年5月17日

石原さとみさんの演技を見ながら

哀しく心が苦しく締め付けられましたが

最後には解放されホッと解放されました

ラストは涙が溢れて仕方なかった

利伸missing

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

-レビュー, 映画, 洋画
-, , , , , , , , ,