PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ「院内警察」9話ネタバレ・視聴率・考察・感想|闇に潜む真実 〜院内警察の挑戦〜

©︎ドラマ「院内警察」9話

ドラマ『院内警察』第9話 あらすじ

驚愕の事実が武良井治の前に立ちはだかった。恋人である夏目美咲が服用していたのは、治験薬ではなくプラセボ<偽薬>だった。彼は唖然として、心にひびく疑問を抱えながらも、「俺が調べてきたことは全部無駄だったのか?」という衝撃に襲われる。

同じ頃、院内交番に戻る川本響子。昼食の後、彼女は同僚たちがくつろぐ様子を見かける。そして、阿栖暮総合病院で行われている治験に関する新たな情報が明らかにされる。治験には膨大な500億円もの開発費用が投入されているという事実。その治験薬が、進行した症状を持つ患者でも手術可能な回復例を複数抱えているとのことだ。

一方、外科医榊原俊介は、院長武藤則光からの指示で、HLHS<左心低形成症候群>の手術を中止するよう求められる。しかし、榊原は成功させるとの執念で反発し、仲間たちを引き連れて決起する。ところが、院長が反対する手術に対し、医師たちは榊原のサポートを拒否。そんな中、唯織が自ら助手に名乗りを上げる。

武良井は、自身の調査が治験に干渉する可能性を懸念していた。しかし、そんな彼に対して川本は、美咲がプラセボを摂取していたとしても、治験薬の副作用に苦しむ患者たちの調査は欠かせないと主張する。物語は、院内の謎と戦う"院内警察"たちの挑戦が次第に深まっていく。彼らは真実を解き明かし、患者たちの未来を救うために立ち上がるのだった……!

ドラマ『院内警察』9話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『院内警察』9話ストーリー・ネタバレ

闇に潜む真実 〜院内警察の挑戦〜

随時更新中!

 

ドラマ『院内警察』9話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「院内警察」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|院内の謎が深まる!武良井の不倫と治験、そして不明患者の行方

©︎ドラマ「院内警察」8話

ドラマ『院内警察』第8話 あらすじ

ドラマ『院内警察』第8話では、武良井治が院内の不正に立ち向かう中で、新たな謎が浮かび上がってきた。武良井は当直室で不倫行為をしていた医師に取引を持ちかけ、その医師が治験に関与していることを知り、情報の交換を試みる。一方で、榊原は妹と同じ病気を患う少女・今井結依に優しく接し、物語には心温まる場面も広がる。

武良井の取引の裏に潜む治験に関する情報は、物語に新たな謎を投げかける。不倫と治験が絡み合う中、武良井は真相に迫りつつある。同時に、榊原が結依に励ましの言葉をかける場面では、ドラマの感動的な一面が浮かび上がり、登場人物たちの心情が深く描かれている。

さらに、院内で行方不明になった患者・曽根崎茉莉の捜索が進む中、予想外の展開が明らかになる。茉莉が飲んでいた薬の摂取状況が発覚し、その背後には医師の不正処方の可能性が浮上する。これに巻き込まれた川本響子が自ら調査を開始し、物語に新たな展開が生まれている。

同時に、院内交番室長の横堀仁一が生活保護者に睡眠薬を過剰に処方している医師に疑念を抱き、武良井に相談する場面も物語を深化させている。不正が次第に浮かび上がり、登場人物たちの複雑な関係が交錯する中、視聴者は次なる展開に胸を躍らせていることだろう。

ドラマ『院内警察』8話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『院内警察』8話ストーリー・ネタバレ

院内の謎が深まる!武良井の不倫と治験、そして不明患者の行方

何とも壮絶な展開が続く人気ドラマ『院内警察』。第8話では、主人公・川本響子が総合内科医・田尻賢太郎の裏の顔を追い、友情と正義の絆が交錯します!

物語は、田尻の部下である羽鳥医師が患者に刺され休職しているという事件から始まります。その患者は生活保護の受給者で、羽鳥が薬を出さなかったとの噂が立ち、川本は田尻を尾行し始めます。そこで、田尻がガラの悪い男・木村から封筒を受け取る場面に遭遇。しかし、田尻はどこかしら悪事に関わっているような雰囲気を漂わせていました。

同時に、榊原先生は妹と同じ病気で苦しむ少女・今井結依に励ましの手を差し伸べ、結依に手術の必要性を伝えます。感動的な場面が繰り広げられますが、物語は一気に緊迫感へと転じます。

川本は木村の防犯カメラ映像を入手し、武良井と共に事件の裏側を追求。武良井は木村から金を巻き上げていると告白し、田尻が不正な薬の販売に関与していることを示唆します。しかし、武良井は単独で木村を追跡し、思わぬ事態に発展。木村の手下に襲われるというシーンがドラマを一気に緊迫感に包み込みます。

田尻と木村のやり取りも激化し、ついには田尻が殴られる場面まで。しかし、事件は意外な展開を迎え、横堀と武良井が木村に立ち向かいます。横堀の背負い投げはまさに圧巻のアクションで、視聴者を圧倒させます。

川本が武良井にGPSを仕込み、木村の手下も横堀に制裁を受け、事件はついにクライマックスへ。絶妙なタイミングで駆けつけるパトカーのサイレンの音とともに、物語は急展開します。田尻は巧妙に立ち回り、木村との対決に臨みます。

物語の結末は田尻の真意と横堀の行動がクローズアップされ、ドラマは更なる高みへと昇華されていきます。川本と武良井、そして横堀の絆が深まり、事件は一つの区切りを迎えつつも、新たな謎とドラマが広がっていくことでしょう。

1. 長濱ねるの熱演!

ドラマ「院内警察」8話では、長濱ねるが演じる川本響子が総合内科医の田尻賢太郎の調査に乗り出すシーンが見どころ。その冷静で鋭い推理力と、感情移入できる表情が視聴者を引き込む。響子のキャラクターが物語に深みを与え、期待感を高めている。

2. 衝撃の裏切り!

榊原先生(瀬戸康史)が苦しむ少女・今井結依を励ます場面では、物語に感動を与えるシーンが広がっている。しかし、結末に迫る中で起こる意外な裏切りがドラマの進展を予測不能なものにし、視聴者に驚きと興奮をもたらす。

3. 緊迫のシーン!

木村との対決が緊迫感溢れる場面となっている。防犯カメラの映像や川本の尾行など、スリリングな展開が巧妙に描かれており、視聴者は一瞬たりとも目を離せない。サスペンスフルなストーリーテリングが、期待感を最高潮に押し上げている。

4. キャラクターたちの心の葛藤!

田尻賢太郎の複雑な心情や武良井の人間ドラマが描かれ、キャラクターたちの心の葛藤が深まっている。視聴者は登場人物たちと共感し、物語の奥深さに引き込まれる。ドラマのキャラクターたちが抱える複雑な感情が、視聴者に共感を呼び起こす。

5. サスペンスと感動の融合!

木村の売りさばいている疑惑や横堀仁一の正体、そして結依の手術にまつわる展開が交錯し、サスペンスと感動が見事に融合している。視聴者は予測不可能なストーリー展開に引き込まれ、次回への期待が高まる。

ドラマ『院内警察』8話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

ドラマの展開に度肝を抜かれました!

長濱ねるの巧みな演技や予測不能なストーリー展開に感動し、特に木村との対決は圧巻。次回が待ち遠しい!

瀬戸康史の演技力が光る!

榊原先生の心の揺れや裏切りに、瀬戸康史の演技力が光っていました。感情移入が止まらない!

サスペンスと感動が絶妙に調和!

木村とのバトルや武良井の心の葛藤など、サスペンスと感動が見事に調和していて、ドラマ全体が引き締まる思いです。

キャラクターたちの複雑な心情に引き込まれた!

田尻や武良井の複雑な心情が描かれ、キャラクターたちの人間ドラマに引き込まれました。深い物語に感謝!

次回がますます楽しみになりました!

結末が気になる展開や登場人物たちの行動に驚きつつ、ますます先が気になります。ドラマの面白さが増していく!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「院内警察」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|疑惑の謎、心に秘められた物語

©︎ドラマ「院内警察」7話

ドラマ『院内警察』第7話 あらすじ

阿栖暮総合病院院内交番の武良井治(桐谷健太)は、室長の横堀仁一(市村正親)とともに、警視庁捜査一課長の城川尚(テット・ワダ)との再会に、胸が高鳴る!武良井は、恋人だった夏目美咲(入山法子)の死に関して、ある疑惑をずっと探り続けていた。

ステージⅣの胃がんだった美咲は、抗がん剤の新薬の治験に参加した2ヵ月後、突如原因不明の間質性肺炎を発症し亡くなったのだ。その新薬の治験責任医師は榊原俊介(瀬戸康史)だった。城川によれば、製薬会社側も治験患者が間質性肺炎で相次いで亡くなっていることを把握しており、内部調査を始めたらしい。武良井は、美咲が残した日記を読み直していて気付いたことがある、と切り出し、亡くなった患者たちは、肺炎の症状が出たことを黙っていたのかもしれない、と城川に告げる。

病院内で倒れた14歳の少女・今井結依(梨里花)もまた、入院することになった。結依は、HLHS(左心低形成症候群)という先天的な疾患があった。武良井は、結依に頼まれて彼女を病院の屋上に連れて行く。阿栖暮総合病院に来たのも、結依の母親が榊原を頼ってのことだという。ふたりの会話を偶然聞いてしまった榊原は、妹の希(共田すず)のことを思い出す。

そんな折、入院患者の清宮松雄(でんでん)が退院することになった。清宮から退院報告を受け、を喜ぶ川本響子(長濱ねる)たち。すると清宮は、頼み事がある、と言って、武良井に人探しを頼むが……。物語は深まり、疑念が交錯する中、次第に明かされる真実に読者の心も引き込まれていく。

ドラマ『院内警察』7話 視聴率

視聴率:4.1

ドラマ『院内警察』7話ストーリー・ネタバレ

手術終えたばかりの美咲と葵が院内に舞い戻る!

物語は、武良井治が警視庁捜査1課から病院の院内交番に勤務する中で、彼の人生に大きな影響をもたらした美咲の死の謎に迫る姿勢が描かれています。美咲が新薬の治験に参加し、突如として間質性肺炎に冒されて亡くなった出来事は、武良井にとって解き明かさなければならない謎となりました。

武良井は院内での捜査を進める中で、治験の責任医師である榊原俊介に疑念を抱きます。そして、治験患者たちが相次いで肺炎で亡くなる中で、院内の不穏な雰囲気が彼を更なる探求へと導いています。武良井はかつての同僚で院内交番室長の横堀仁一や、現在の警視庁捜査1課の城川尚に、捜査の進捗を報告し情報を共有する一方で、彼の内なる孤独な戦いも描かれています。

城川から得た情報によれば、治験患者の死に関する問題は製薬会社にも把握され、内部調査が行われているとのこと。武良井は美咲の日記を精査し、治験を中止したくない患者たちが肺炎の症状を黙っていた可能性に気付きます。この複雑な事件は武良井の緻密な推理と院内での不穏な雰囲気を交え、読者を引き込むスリリングな展開を見せています。

物語のもう一つの軸となるのは、榊原俊介の過去です。彼の妹・榊原希が15年前に同じ病院で治療を受け、榊原が医師になる決意を固めた出来事が語られます。希の病状が結依に通底し、榊原は感情的な葛藤に揺れながらも、妹に似た少女に対する思いが物語に深みを与えています。

同時に、清宮松雄の元妻を捜す武良井の活動も物語に組み込まれ、その結末が予測不可能な展開を迎えます。登場人物たちの心情や過去が交錯し、物語は複雑なドラマへと進化しています。清宮の死、結依の感動的なエピソード、そして榊原が「俺が治す」と告げるシーンで一旦のクライマックスに達します。

しかし、物語は武良井が榊原に問い詰める場面で更なる深層へと突入します。院内の謎に対する武良井の孤独な探究心が、新たな展開を予感させ、読者は続きを心待ちにします。物語は、これからも読者を驚かせ、感動させるであろう、探究の深淵へと進んでいくことでしょう。

見どころ1: 武良井治の孤独な探究心

武良井治のキャラクターが物語の中で一際輝く。かつての警察官としての冷静沈着な面と、美咲の死に燃える孤独な探究心が交錯する。読者は武良井の内面に深く入り込み、彼が直面する謎との闘いを共感を込めて追体験することだろう。

見どころ2: 深層に迫る病院内の陰謀

阿栖暮総合病院の闇が明らかになる。治験患者たちの急死、製薬会社の内部調査、そして院内の影。これらの要素が絡み合い、病院内部の陰謀に武良井が挑む姿勢が見どころだ。物語は深化し、読者はその解明を待ち望む。

見どころ3: 交錯する過去と現在

榊原俊介の過去と、清宮松雄の元妻を探す武良井の活動が交錯する。これらのエピソードが物語を豊かにし、登場人物たちの過去と現在のつながりが鮮やかに描かれている。読者はキャラクターたちの成長と葛藤に引き込まれる。

見どころ4: 心揺さぶる感動のエピソード

清宮松雄の死や、結依の感動的なエピソードは、心に深い感銘を残す。登場人物たちの人間ドラマが綿密に描かれ、読者は感動と共感の涙に包まれる。物語が進む中で、これらのエピソードが物語全体に深みを与えていく。

見どころ5: 臨場感あふれる緊迫の展開

物語のクライマックスでは、武良井が榊原に問い詰める場面で臨場感あふれる緊迫の展開が繰り広げられる。読者は息を呑みながら、院内の謎への真相解明に興奮し、次なる展開への期待が高まる。

ドラマ『院内警察』7話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 感動の連続!武良井の探究心に共感!

武良井の孤独ながらも強い探究心が胸に迫る。美咲の死に対する情熱に共感し、毎回の展開に感動する。物語の深みがますます増していることに驚きと感謝の気持ちでいっぱいだ!

視聴者の感想2: 陰謀が明らかに!病院内の謎にドキドキ!

病院内の陰謀が徐々に明らかになり、毎回の展開にドキドキする!武良井の謎解きへの情熱に引き込まれ、続きが気になって仕方ない。どんでん返しに期待している!

視聴者の感想3: 登場人物たちの複雑な過去に感動!

登場人物たちの複雑な過去に感動して涙が止まらない!キャラクターたちの成長や葛藤がじんわり心に迫り、彼らの物語に引き込まれている。ますますの展開が楽しみ!

視聴者の感想4: 感動的なエピソードに涙!

清宮の死や結依の感動的なエピソードに涙が止まらない。作者の筆致が素晴らしく、登場人物たちの心情がリアルに描かれている。この感動を分かち合える仲間と一緒に視聴していることに感謝!

視聴者の感想5: 期待のクライマックス!臨場感満点の緊迫感!

クライマックスに向けての展開が期待以上!武良井の問い詰める場面では鳥肌が立った。臨場感あふれる緊迫感に度肝を抜かれ、次回の発展がますます楽しみになってきた。これぞ本当のサスペンス!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「院内警察」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|手術終えたばかりの美咲と葵が院内に舞い戻る!

©︎ドラマ「院内警察」6話

ドラマ『院内警察』第6話 あらすじ

驚きと興奮が交錯する阿栖暮総合病院の院内交番に、手術の終了を迎えたばかりの上條萌子(玄理)と白石葵(馬場ふみか)が姿を現した!その手術には榊原俊介(瀬戸康史)が執刀し、トラブルが発生しても動じず冷静に対処する榊原の姿に、萌子たちは感動を覚えていた。

横堀仁一(市村正親)の話を思い出す川本響子(長濱ねる)は、「武良井くんは、恋人の死に榊原先生が関与していると睨んでいる」との言葉が頭をよぎる。そして、その夜、武良井は横堀とともにサウナ施設で警視庁捜査一課長の城川尚(テット・ワダ)と会う。武良井は、かつての恋人である夏目美咲(入山法子)の死に関する情報を報告する。

美咲は胃がんのステージⅣと闘っていたが、新薬の治験に望みを託していた。しかし、治験に参加してから2ヵ月後、原因不明の間質性肺炎を発症し急逝してしまった。驚くべきは、阿栖暮総合病院には現在も80人の患者が同じ治験に参加しており、その中には5人が間質性肺炎の症状を示しているとのこと。さらに60代の男性患者も同じ病状で亡くなっていた。

武良井は、この事態を深刻に受け止め、治験が続行される中で疑わしい症例が発生しても、製薬会社や病院が報告を怠ることで事件が闇に葬られる可能性に言及する。そして、新薬の治験責任医師が榊原であることも明らかになる。

ドラマ『院内警察』6話 視聴率

視聴率:4.9

ドラマ『院内警察』6話ストーリー・ネタバレ

手術終えたばかりの美咲と葵が院内に舞い戻る!

昏い夜の闇に、病院の防犯カメラが描き出す驚愕の一幕。武良井の冷静な眼差しは、不穏な動きを察知していた。病院に忍び込んでいた泥棒、巧妙なトリックにより武良井は彼を捕まえることに成功した。しかし、事件はそこで終わることなく、物語は深みに入り込んでいく。

結依の指輪は見つかったが、一方で浅田の紙袋はまだ見つからない。謎めいた出来事が交錯する中、倉田が副院長に就任する。だが、新しい副院長としての影には、榊原との対立が潜んでいた。倉田は榊原に対し、「心臓手術は回さない」と宣戦布告。医療界における因縁の始まりだった。

榊原は浅田の紙袋を探す中、結依に声をかける。意外な場所から紙袋が見つかり、中には驚きの札束が。武良井の巧妙なカメラ技術により、その瞬間が院長に明らかにされる。倉田の贈収賄が露呈し、榊原は外科部長に抜擢される。病院内で渦巻く陰謀の渦に、武良井と榊原が迫る。

しかしその後、武良井は再び防犯カメラ映像を確認する中で、榊原の不可解な行動を目撃する。榊原が茂みに何かを隠している光景に、武良井は疑念を抱く。榊原が倉田の罪を暴かせるために、故意に動いていたのではないかと。しかし、その疑念に裏打ちする決定的な証拠は見当たらない。

物語は更に深みに入り、榊原が倉田に「美咲の件を指示したのはあなたでしょう」と告げる。榊原の心には15年前の出来事が蘇り、妹よりも他の患者を優先した倉田の行為が再び浮かび上がる。その時、結依が院内で倒れる。驚愕の事実が明らかになる。彼女はHLHSという先天的な心臓の疾患を抱えていたのだ。物語の結末は未知の闇に迫り、真実が明らかにされる瞬間が迫っている。

ドラマ『院内警察』6話の見どころ

1. 防犯カメラの視点から描かれる病院の陰謀

物語は防犯カメラ映像を通して展開され、武良井の冷静な眼差しにより、病院内に渦巻く陰謀が次第に明らかになる。泥棒事件から医療界の裏事情が浮かび上がり、不可解な出来事が連鎖していく。

2. 医療界の権力闘争と榊原と倉田の複雑な因縁

倉田の副院長就任を機に、医療界の権力闘争が勃発。榊原と倉田の複雑な因縁が物語に緻密なドラマをもたらす。心臓手術を巡る宣戦布告とその背後に潜む過去の因縁が織り交ぜられ、視聴者は緊迫感に引き込まれる。

3. 紙袋と札束の謎と院長の決断

浅田の紙袋内に隠された札束が、物語に新たな謎を投げかける。武良井の的確な撮影技術が事件の核心を浮き彫りにし、院長の難しい決断がストーリーを一気に加熱させる。

4. 榊原の謎めいた動機と15年前の過去

榊原の行動に隠された謎めいた動機が明らかになる。15年前の出来事が彼の心に影を落とし、倉田との因縁が物語の中心に据えられている。感情の入り混じったドラマが視聴者を引き寄せる。

5. 結依の病状と物語のクライマックス

物語は結依の倒れた病状が発端となり、HLHSという心臓の先天的疾患が明らかになる。これが物語のクライマックスとなり、視聴者は感動と興奮に包まれる。

ドラマ『院内警察』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

感動の嵐に包まれた!物語の構成が素晴らしい。

「防犯カメラの目線からの物語展開に感動した!緻密なストーリーテリングとキャラクターの心理描写が見事に組み合わさり、見逃せない作品だった。」

権力闘争の緊張感に引き込まれた!

「医療界の権力闘争と榊原と倉田の因縁が絡み合い、緊張感が絶えない。登場人物たちの心の葛藤がリアルで、思わず画面に引き込まれた。」

謎解きの興奮がたまらない!

「紙袋と札束の謎、榊原の動機など、謎解きが緻密で興奮が絶えない。サスペンスフルな展開に度肝を抜かれた!」

感情移入が止まらない!榊原の過去に涙が止まらなかった。

「榊原の複雑な過去に感動し、涙が止まらなかった。キャラクターの人間ドラマが心に響いた。」

クライマックスで鳥肌が立った!

「結依の病状が明らかになった瞬間、鳥肌が立ちっぱなし!感動のクライマックスに心を掴まれた。このドラマは最高だ!」

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「院内警察」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|阿栖暮総合病院で巻き起こった医療ミスの真相、専攻医の苦悩と院内刑事の追及

©︎ドラマ「院内警察」4話

ドラマ『院内警察』第5話 あらすじ

阿栖暮総合病院では、半年前に亡くなったコメンテーター・乾井卓にまつわる医療ミスの疑念が浮上しています。院内刑事の武良井治は、医療安全管理委員会に乗り込み、乾井の死に際に何か不審があったのではないかと疑問を呈しました。

武良井は、乾井の死と同時に辞表を提出し、病院を去った専攻医・前川大樹を呼び寄せました。前川は、乾井の死因が肺塞栓であったと証言しましたが、乾井の妻である君子には心筋梗塞だったと説明するよう、上司の指導医である高木学に命じられたと告白しました。

乾井の執刀医である榊原俊介は、武良井たちに対して何が起こったのかを話すと宣言しました。彼は、手術の後、前川が乾井による胸の苦しみを受けて心筋梗塞の可能性を説明し、高木の指示で致死的な合併症の可能性も示唆されたと明かしました。

前川は、カテーテル検査が必要であると説明したが、Dダイマーが陰性であることから肺塞栓はないと高木に言われ、榊原にもその指示が伝えられました。しかし、前川は患者の症状を重視し、検査を始めようとしました。その際、榊原は前川の診断を最も信頼に足るものと認め、状況を見守るようにと忠告しました。

しかし、再び苦しむ乾井に直面した前川は、高木の指示を無視して検査を進めようとしましたが、物事は予想外の展開を迎えることになります。医療の舞台裏で繰り広げられた苦悩と追及の真相、阿栖暮総合病院に潜む複雑な事実が次第に明らかにされていくことでしょう。

ドラマ『院内警察』5話 視聴率

視聴率:5.6

ドラマ『院内警察』5話ストーリー・ネタバレ

阿栖暮総合病院で巻き起こった医療ミスの真相、専攻医の苦悩と院内刑事の追及

2019年8月、警視庁捜査一課の熱血刑事・武良井治(桐谷健太)は、運命の瞬間、居酒屋で看護師の夏目美咲(入山法子)と出会った!男女ともに優れた勇気を持ち、互いに引かれるような関係が始まった。

しかし、2023年4月、美咲は胃がんのステージⅣという過酷な宣告を受ける。武良井は全力で支え、病院巡りを重ねるが、打つ手は見当たらない。美咲の病状が仕事にも影響を与え、武良井は捜査一課の課長・城川尚(テット・ワダ)から心配される。

美咲の選択で物語は新たな展開を迎える。彼女は未承認の新薬の臨床試験に参加することを決断し、武良井もその選択を支持。愛と希望に満ちた未知なる戦いが始まった。

そして2024年1月26日、阿栖暮総合病院の院内で武良井が挑むのは、入院患者の死の真相を解き明かすための戦いだった。有名コメンテーター・乾井卓の死に、医療ミスの疑いが立つ。

状況は一転、前川大樹の証言が物語を複雑にする。手術後に苦しむ乾井に対し、前川は真摯に向き合い、しかし結果は予測できない。武良井と前川の出会いが、医療の闇に挑む旅路の始まりとなる。

榊原俊介の登場で物語は一気に緊迫感を増す。医療のプロとしての信念と、倫理の狭間で揺れる榊原。一方で、武良井は「全ては病院のため」という言葉に美咲の姿を重ねていた。

美咲の遺志を継ぐ形で、武良井は院内での謎を追い続ける。交番事務員の情報を得て、医療の闇を暴くために動き出す。武良井の目的がアクセス権だと知る横堀仁一。彼の真の狙いは、治験参加者たちの死に隠された真相を明らかにし、正義を貫くことだった。

医療安全管理委員会での榊原との対立、そして院内の矛盾。武良井は真相を知るために、決して諦めず、感情と理性の狭間で揺れ動く。美咲の死に榊原が関与しているとの疑念が、彼を行動に駆り立てる。

ドラマ『院内警察』5話の見どころ

1. 恋と絆の物語 - 武良井治と夏目美咲の純粋な愛!

武良井治と夏目美咲の出会いは、偶然の中に運命を感じさせるものでした。彼らはお互いを助け、支え合う中で深まる愛に注目。美咲の闘病とその決断が、二人の関係を試し、新たな希望へと導く感動のストーリーが繰り広げられます。

武良井が美咲を支える姿勢や、彼らの心の交流が、視聴者に感動と勇気を与えることでしょう。物語が進むにつれ、愛と絆がどれほど力強いものであるかが浮かび上がり、視聴者は二人の純粋な絆に引き込まれることでしょう。

また、美咲の闘病が物語に深みを与え、その中で描かれる武良井の成長や変化も見逃せません。視聴者は彼らの心の交流を通して、愛と絆の尊さを噛み締めることでしょう。

2. 医療の真実に挑む - 武良井が院内の闇に立ち向かう!

武良井治は、医療の闇に挑む姿勢が見どころの一つです。入院患者の死に医療ミスが潜んでいる可能性を感じ取り、その真相を解き明かすべく奮闘します。医療安全管理委員会での緊迫した対立や、院内での不正を訴えるシーンが、ストーリーに緊張感と興奮をもたらします。

武良井の正義感と決断力が物語を牽引し、視聴者は彼の奮闘に引き込まれることでしょう。医療制度の裏側に潜む問題に真摯に向き合う姿勢は、社会に対する問いかけを投げかける要素となります。

3. 感動の医療ドラマの新境地 - リアルな医療の舞台裏!

【院内警察】5話は、医療ドラマの新しい境地を切り開いています。患者の命を賭けた医療の真実、医師たちの葛藤や選択に焦点を当て、視聴者に真実の医療をリアルかつ感動的に描き出します。

臨床試験や医療安全管理委員会の舞台裏に迫ることで、医療の複雑な現実を丁寧に描写。視聴者は現実の医療に対する理解を深め、感動とともに考えさせられるでしょう。

4. 信頼と裏切り - 医師たちの葛藤が描くドラマチックな展開!

榊原俊介と武良井治の信頼と対立、医師たちの葛藤が見どころの一つです。医療の倫理と現実との間で揺れる榊原の姿勢や、武良井の真実を求める情熱が交錯するシーンは、視聴者を引き込むことでしょう。

医師たちの人間ドラマが物語に深みと複雑さを与え、視聴者は信頼と裏切り、正義と倫理のはざまで揺れ動くドラマチックな展開に胸が高鳴ることでしょう。

5. 武良井の決断 - 真相を知るために立ち向かう最終決戦!

武良井が真相を知るために立ち向かう最終決戦が見どころのひとつ。院内での不正を訴え、医師たちとの対峙に挑む武良井の覚悟と勇気が、物語に締めくくりを迎えます。

視聴者は武良井の最終決戦に胸を躍らせ、彼が描く真実の医療の旅路に感動と共感を覚えることでしょう。【院内警察】5話は、愛と正義、医療の真実に満ちた感動の最終章を迎えます。

ドラマ『院内警察』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

涙が止まらない感動!愛と絆に包まれた物語に感激!

このドラマの感動的なストーリーに涙が止まらない。武良井治と夏目美咲の純粋な愛に触れ、彼らが乗り越える試練に心打たれた。美咲の勇気と武良井の不屈の意志に感激し、愛と絆の力を再確認できた。涙腺崩壊!

医療の裏側に興奮!ドキドキの展開に胸が高鳴る!

医療の裏側に迫る展開に圧倒された。武良井治の正義感と決断力に胸が熱くなり、医療ミスの真相を追う姿に感動。医療制度への疑問と医師たちの葛藤がドキドキの展開を生み出し、視聴者は胸躍る瞬間に引き込まれた。

リアルで感じる医療の厳しさに驚き!

医療の現実をリアルに描いたドラマに驚愕。臨床試験や医療安全管理委員会の舞台裏に迫り、医療の厳しさをリアルに感じさせられた。患者や医師の心の葛藤がリアルに描かれ、現実味あふれるドラマに引き込まれた。

信頼と裏切りに胸が締め付けられる!医師たちのドラマに感動!

医師たちの信頼と裏切りが入り混じるドラマに、胸が締め付けられる思い。榊原俊介と武良井治の対立や医療の倫理に揺れる様子が見事に描かれ、視聴者は感動とともに深い感慨に浸った。医療ドラマの魅力を全身で感じた。

武良井の最終決戦、心が震える感激のクライマックス!

武良井治の最終決戦に心が震えた。院内での不正を訴え、医師たちとの対峙に挑む姿は、まさに感動のクライマックス。彼の覚悟と勇気に圧倒され、真実の医療の旅路に共感。感激の嵐が心を包み込む瞬間だった。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「院内警察」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|驚愕の展開が明らかに!阿栖暮総合病院で起こった医療の闇!

©︎ドラマ「院内警察」4話

ドラマ『院内警察』第4話 あらすじ

看護師の白石日向(工藤美桜)が語る、循環器内科の専攻医・前川大樹(近藤頌利)の驚くべき過去。前川は半年前、阿栖暮総合病院を辞めたものの、その明るくて勉強熱心な医師としての一面は多くの人に記憶されている。

しかし、その一方で前川は、阿栖暮総合病院で亡くなったコメンテーター・乾井卓の死に直接関与していたことが明らかになる。大腿骨頭置換術を受けた乾井が手術後に胸の苦しみを訴え、整形外科医の久保田雅人(荒川浩平)が原因を追求する中、前川は急性心筋梗塞を疑いつつも同時に肺塞栓の可能性も考慮し、それを日向に伝えていた。

驚くべきことに、乾井の容体が急変し、手術を受けたにもかかわらず死亡してしまった。日向は武良井治に対し、乾井のカルテに異常があること、手術の結果や記録が欠落していることを指摘。更に、乾井の死後に前川が退職届を提出したことにも疑念を抱いていた。

これは医療ミスの結果なのか?それとも病院が事実を隠蔽しているのか?武良井は真相を求め、院内交番の仕事を越えて病院の不正を暴こうとする。しかし、川本響子(長濱ねる)は反対し、病院の闇を追及することは院内交番の役割ではないと警告する。

阿栖暮総合病院内で巻き起こる医療ドラマの真相に迫りながら、読者たちは次なる展開に胸を膨らませていることだろう。これからの展望は未知数、一体どんな真相が明らかになるのか、これからがますます気になる!

ドラマ『院内警察』4話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『院内警察』4話ストーリー・ネタバレ

驚愕の展開が明らかに!阿栖暮総合病院で起こった医療の闇!

医療界のカーテンが開く

「院内警察」シリーズ第4話では、有名コメンテーターの死にまつわる医療過誤が明らかになりつつあります。主役の武良井治は、循環器内科医・前川大樹の辞職に疑念を抱き、その真相を解き明かすべく奮闘しています。

事件の舞台裏 - 医師のプライドと医療ミス

前川大樹はかつて、熱意あふれる臨床研修医として阿栖暮総合病院にやってきました。しかし、5年後、彼は明るさを失い、病院を去ることに。その背後には有名コメンテーター・乾井卓の死が絡んでいたのです。武良井は、前川と乾井の関わりに疑念を抱き、医療ミスという暗雲が医療界に立ち込めている可能性を感じ取ります。

真相の追求 - 武良井と川本の奮闘

武良井と同僚の川本響子は、前川に接触し、その辞職の真相に迫ります。しかし、前川はプライドを胸に医療の裏側に秘められた事実を語らず、その不可解な行動にさらに疑念が募ります。沢所クリニックでの情報収集では、尼子唯織の証言が重要な手がかりとなりつつあります。

策略と協力 - 武良井の戦術

武良井は前川の謎に挑戦し、計画を進行させるために同僚たちと連携します。伊藤智や川本の協力により、前川の動機や思考が明らかになり、沢所院長の手紙が舞い降りる。武良井の緻密な戦術は、真相解明へと確実に近づいています。

最終局面 - 医療安全管理委員会の舞台

医療安全管理委員会が開催され、武良井は堂々と病院内の不正を告発します。委員会では、川本が持ち込んだ証拠により、乾井の手術の真相が次第に明らかになります。榊原の関与も露わになり、委員会は波瀾万丈な展開を見せます。

結末への序章 - 武良井の覚悟と挑戦

記事は、武良井が上司に辞職願を提出した理由に迫ります。その背後には、真相を解明するために病院内部に留まる武良井の覚悟があります。医療の舞台裏に迫り、真相解明の行方に読者は引き込まれます。

ドラマ『院内警察』4話の見どころ

1. 前川大樹の謎の辞職 - 医療界の扉が開かれる

前川大樹の半年前の阿栖暮総合病院での辞職には、どのような背景があったのか?その真相に迫りながら、医療の舞台裏が明かされます。武良井治が前川の動向を追う中で、医療の奥深さが浮かび上がります。

2. 乾井卓の死因の謎 - 医療ミスの闇に迫る

有名コメンテーター・乾井卓の手術に隠された真相はいったい何だったのか?武良井が事件の核心に迫り、医療ミスの闇に光を当てます。患者の死因と医師のプライドが交錯する瞬間に注目が集まります。

3. 武良井の奮闘 - 真実を追い求める情熱

主人公・武良井治が繰り広げる奮闘ぶりが見どころの一つ。前川大樹の辞職や乾井卓の死因に疑念を抱き、真実を追い求める情熱は視聴者の心を掴みます。医療の舞台裏に挑む彼の姿勢に感動を覚えることでしょう。

4. 医療安全管理委員会の舞台裏 - 衝撃の真相公開

医療安全管理委員会が開催され、武良井が病院内の不正を告発する場面は迫力満点。医療の舞台裏での衝撃的な真相が一気に明かされ、視聴者は息をのむことでしょう。その裏に潜む驚愕の出来事が見逃せません。

5. 武良井の覚悟と挑戦 - 結末への序章

記事の結末では、武良井が上司に辞職願を提出した理由に迫ります。彼が真相を解明するために病院内部に留まる覚悟が、物語に新たな展開をもたらします。読者は彼の挑戦に引き込まれ、結末への期待が高まります。

ドラマ『院内警察』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

感想1: 「感動の嵐に包まれた医療ドラマ!驚きと感激の連続!」

前川大樹の辞職、乾井卓の死、そして医療安全管理委員会の舞台裏。まさに驚きと感動の嵐に巻き込まれた。特に武良井の情熱には圧倒され、医療の奥深さに感じ入ることができました。物語はどんどん複雑になり、その都度胸が高鳴りました。次回の展開がますます気になりますね!

感想2: 「医療ミスの闇に震撼!視聴者としての疑問が解消された瞬間!」

乾井卓の死にまつわる医療ミスの闇に震撼しました。武良井の奮闘と医療安全管理委員会での真相の公開は、視聴者としての疑問が解消された瞬間。衝撃的な出来事が続き、その都度胸が高まりました。ドラマが描く医療の現実に戦慄と感慨が広がりました。

感想3: 「医療の舞台裏に引き込まれ、武良井の情熱に感涙!」

武良井の奮闘に感涙。医療の舞台裏に引き込まれ、真実に迫る姿勢に感動しました。特に医療安全管理委員会のシーンでは、視聴者としての緊張感と期待が最高潮に達しました。武良井の覚悟が物語に深みを与え、これからの展開がますます気になります。

感想4: 「医療の複雑さに圧倒!展開に釘付けの連続!」

医療の複雑さに圧倒され、ドラマの展開に釘付けの連続。武良井の真摯な姿勢や医療ミスの闇に引き込まれ、視聴者としての感情が高まりました。特に医療安全管理委員会での真相の明らかになる瞬間は、予測不能な展開に感嘆の声が漏れました。

感想5: 「武良井の挑戦に感銘!医療の真実が明らかになる瞬間を待ち望む!」

武良井の挑戦に感銘を受けた。彼の真実を追い求める情熱が、視聴者として心に深く刻まれました。医療安全管理委員会の結末がますます気になり、医療の真実が明らかになる瞬間を待ち望むばかりです。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ「院内警察」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|阿栖暮総合病院で巻き起こる、医療ドラマの舞台裏!

©︎ドラマ「院内警察」3話

ドラマ『院内警察』第3話 あらすじ

驚きの連続!武良井治と仲間たちが織りなす阿栖暮総合病院の騒動!

阿栖暮総合病院の院内交番で、整形外科の看護師・白石日向(工藤美桜)が急報をもたらす!なんと、入院患者・飯塚恵子が行方不明になったというのだ!一方で、外科医の伊藤智(西村元貴)から医材の在庫チェックを頼まれていた交番事務員の川本響子(長濱ねる)は、室長の横堀仁一(市村正親)にその仕事を押し付け、武良井治とともに整形外科へ向かう。

一方、外科部長の倉田雄二(神尾佑)からは榊原俊介(瀬戸康史)に重大な使命が!なんと、『薬王ホールディングス』社長の手術を命じられる。患者はなんと、院長であり大学時代の同期で、娘の結婚式に元気で参加したいという切実な願いを抱えているのだ。

そんな中、失踪していた飯塚は見つかるものの、日向は病棟を離れていたことを叱られてしまう。先輩看護師の神谷玲子(西山繭子)に叱責された日向は、業務に戻るものの、武良井から拾ったメモ紙に不安そうな表情を浮かべてしまう。そして、白石葵(馬場ふみか)という麻酔科医が院内交番に訪れ、驚きの事実が明らかになる。彼女はなんと、日向の姉であり、日向が最近整形外科で何か嫌な思いをしているのではないかと心配していたのだ!

病院内で繰り広げられる様々なドラマが交錯し、キャラクターたちの複雑な心情が交錯する中、阿栖暮総合病院はますます熱くなるばかり。一体、これからどんな展開が待っているのか、読者の皆さんも大いに期待が膨らむばかりである!

ドラマ『院内警察』3話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『院内警察』3話ストーリー・ネタバレ

阿栖暮総合病院で巻き起こる、医療ドラマの舞台裏!

入院患者を探す看護師・日向

武良井治(桐谷健太)が所属する阿栖暮(あすくれ)総合病院の院内交番に、整形外科の看護師・白石日向(工藤美桜)がやってきた。入院患者の飯塚恵子(高柳葉子)がいなくなったのだという。外科医の伊藤智(西村元貴)から医材の在庫チェックを頼まれていた交番事務員の川本響子(長濱ねる)だったが、武良井とともに整形外科へと向かう。室長の横堀仁一(市村正親)が仕方なく在庫チェックを引き受けることに。

そのころ、榊原俊介(瀬戸康史)は、外科部長の倉田雄二(神尾佑)から「薬王ホールディングス」社長の手術を命じられる。社長は院長と大学時代の同期で、翌月に予定されている娘の結婚式までに元気になってバージンロードを一緒に歩きたいと願っているという。

やがて飯塚は見つかったが、日向は病棟を離れたことを主任看護師の神谷玲子(西山繭子)から厳しく注意されてしまった。日向が業務に戻ろうとすると、ポケットからメモ紙が落ちた。拾い上げた日向は急に呼吸が荒くなってその場に座り込んでしまう。武良井たちは心配するが、日向は「これは私の問題なので」と告げて業務に戻る。

日向の姉・葵も院内交番に

そんな折、院内交番に麻酔科医の白石葵(馬場ふみか)が訪ねてきた。葵は日向の姉。日向が半年ほど前から仕事のことを話さなくなり、最近家も出てしまって様子がおかしいという。整形外科で何か嫌な思いをしているのではないかと心配して相談に来たのだった。母子家庭で育ててくれた看護師の母親が亡くなった後、葵は日向と二人で暮らしてきた。日向は葵に励まされながら、母親と同じ看護師になる夢を叶えたのだった。

葵はゴミ箱に捨ててあったというメモ紙を武良井と川本に見せる。そこにはたどたどしい字で「日向さんがんばって!」と書かれていた。同じ病院で働く自分を巻き込みたくないのかもしれないと言う葵に、武良井は責任をもって院内警察が捜査することを約束した。

机に置かれ続けるメモ紙

整形外科医が日向に医療材料を用意するように頼むが、神谷が「私がやったほうが早い。あなたは他にやることがあるでしょう?」と代わりに引き受けてしまう。落ち込んでいる日向のところへ武良井と川本がやってきた。葵から預かったメモ紙を「昨日落としたものと似ている気がするんだけど」と見せて心当たりを聞いたが日向は首を横に振る。そして机の引き出しを開けてみせた。そこにはあふれんばかりのメモ紙が。気がつくと机に置かれているのだという。日向は、自分でなんとかするので他の人には絶対に言わないでくれと頼む。

飯塚に日向のことについて尋ねると、日向ちゃんは明るくて優しくて看護師の鑑だと言う。「何かあったの?もしかしてあいつら?」飯塚が言うあいつらとは、同じく入院患者の蛭間(町田大和)と山村(矢作マサル)のことで、いつもセクハラまがいに日向につきまとっていた。武良井は、蛭間と山村に「日向さんがやっているのは患者さんを救うための医療行為。勘違いするなよ」と釘をさす。

武良井が川本に、「ごく一部の心無い患者のせいで疲弊している看護師さんがたくさんいる」と話していると清掃スタッフ村松伸夫(桜井聖)が「ホントあいつら最低だな」と話しかけてきた。村松は、「あの人はよくがんばっているよ。この間も飯塚さんを探すために院内交番まで走ってさ」と日向を褒めるのだった。

君は私のストーカーか?

武良井と川本は、倉庫で備品の補充をする神谷を手伝いながら、日向のことを聞いていた。「自分の身は自分で守る。みんなそれぞれ割り切り方を体で覚えるんです」それができないなら辞めてもらったほうがお互いのためだと言う。「いい人なんてただの都合のいい人じゃない」神谷は武良井と川本に後を任せて出て行く。その後すぐ武良井も行ってしまった。

ひとりで作業を終えてくたくたになった川本が歩いていると、榊原が日向に声をかけるところを見かける。榊原がタブレットを指さし何か聞いているが、日向はうつむいて何も答えない。不審に思った川本は榊原の後をつける。しかし、ほどなく榊原に見つかってしまった。「君は私のストーカーか」成り行きで食堂のテーブルで向かい合って食事することに。川本が意を決して日向との関係を聞くと、榊原はタブレットを見せてくれた。既往歴を聞いても日向にしか話さなかった偏屈な患者がいたのだが、その情報がカルテに反映されていないと言うのだ。それどころか一歩間違えれば医療ミスに繋がりかねない記入漏れもあったという。日向を庇う川本だったが、榊原は静かに言う。「いい看護師と仕事のできる看護師は違う。君はどっちに命を預ける?」

喫煙所でうつろな目で煙草を吸う日向。するとスマホに「日向、守ってあげるからね」というメッセージとともに、盗撮写真が次々と届く。日向は意識を失って倒れてしまう。

武良井、死す?

日向が寝ている病室に葵が心配して様子を見に来た。日向は「おねえちゃん、ごめん。わかんなくなっちゃったんだ、いろいろ」と涙ぐんで出ていってしまった。そばにいた武良井は葵に「そのわかんないこと、解決できるかもしれません」と言う。院内交番に武良井、横堀、川本、そして日向と葵、神谷が揃った。武良井は神谷に、大量のメモ紙と整形外科のあちこちに仕掛けられた沢山の盗聴器を見せる。標的は日向で犯人は整形外科に日常的に出入りできて日向に強い執着を抱く者だと武良井が告げると、神谷は自分を疑うのかと逆上する。そして、誰にでもこびへつらう日向が悪いのだと責め立てた。日向の手が震える。

武良井は場所を変えましょうと、日向を倉庫へ連れて行った。武良井はこの半年間で整形外科の医療用麻薬の数が不自然に減っていて記録が改ざんされていると話す。そして日向に、ストレスから薬物に手を出して、架空のストーカーに薬を盗んだ罪を着せるつもりかと詰め寄った。後ろを向いて電話をかけ始めた武良井を、手術用のメスを持った日向が襲いかかる。その様子をノートパソコンでモニタリングしている者がいた。

武良井に電話で呼び出された川本が倉庫に入ると、そこには大量に血を流して倒れている武良井がいた。そばに血まみれのメスを持って佇む日向。動けないでいる川本。

ストーカー事件の犯人

その時、倉庫に入ってきた者がいた。「日向~、これが報いだ!」と叫びながら、倉庫に立ち入る医療センターの理事長・黒川周平(村井國夫)の姿が現れた。黒川は怒り心頭で、武良井に向かって「お前が悪い。お前が全てを壊した!」と声を荒げる。

武良井は辛うじて意識を保ちつつ、自分が無実であることを主張するが、黒川は証拠隠滅を図り、倉庫にあった盗聴器や改ざんされた医療記録を破壊し始める。彼の冷酷な言動に川本と日向は驚愕し、この事件の背後にはどのような陰謀が渦巻いているのかを悟る。

黒川は武良井に制裁を加えようとするが、その瞬間、助けに駆けつけた整形外科のスタッフたちが倉庫に入ってくる。横堀や他の医師たちが武良井を守り、黒川を制止しようとする。川本は、日向に事態を収拾するように頼みつつ、武良井に手を差し伸べ、彼を支える。

やがて、警察が駆けつけ、状況を把握しようとする中、武良井は自分が冤罪であることを訴える。しかし、黒川は逆に武良井が患者を傷つけ、医療の信頼を失墜させたとして、悪意ある訴えを行っていた。医療センターの理事長が患者を守るべき立場であることから、この出来事は大きな波紋を呼び起こすことになる。

事件の真相が明らかになる中、日向は整形外科が抱える問題やセクハラ行為に立ち向かい、患者を守るために奮闘する姿勢を貫く。同時に、武良井の無実が証明され、彼がかつてない試練に立ち向かう様子も描かれる。

 

ドラマ『院内警察』3話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『院内警察』第2話

ドラマ「院内警察」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|病院の影に潜む秘密 〜幽霊、陰謀、そして愛〜

©︎ドラマ「院内警察」2話

阿栖暮総合病院、その壁の中には普段目にすることのできない出来事がひそかに渦巻いていた。院内交番に所属する院内刑事・武良井治(桐谷健太)は、深夜のパトロール中に、交番事務員の川本響子(長濱ねる)とともに、病室の入り口で盛り塩を発見した。その謎めいた雰囲気に包まれた病室に足を踏み入れると、入院患者の清宮松雄(でんでん)が恐るべき遭遇を告白してきた。

「トイレで幽霊に出くわしてしまって、もうトイレに行けないんです!」と、清宮の顔には焦りが広がっている。武良井たちは戸惑いながらも、この事件に立ち向かう覚悟を決める。

外科の術前カンファレンスでは、外科医の上條萌子(玄理)が外科部長の倉田雄二(神尾佑)と激しく対立していた。萌子が担当する予定だった患者の手術が前日になって榊原俊介(瀬戸康史)に変更され、その理由に納得いかない彼女は憤慨の言葉を浴びせる。榊原は、昨夜患者本人から執刀を依頼されたことを告げ、事態は更に複雑なものとなる。

そして、荒くれガンキチの異名を持つ国会議員・岩井幸吉(ベンガル)の入院が病院に響き渡る。岩井はNPO団体への批判的な発言で社会の注目を浴び、そのための避難先として病院を選んだという。倉田は武良井に岩井の警護を命じ、主治医には萌子を指名するが、これが新たな展開を呼び寄せることになる。

病院の壁に隠された秘密が、患者たちや医師たちを巻き込んで、次第に明らかにされていく。幽霊の存在、医師たちの葛藤、そして岩井の入院にまつわる陰謀。

ドラマ『院内警察』2話 視聴率

視聴率:5.4

ドラマ『院内警察』2話ストーリー・ネタバレ

病院の影に潜む秘密 〜幽霊、陰謀、そして愛〜

告白の衝撃

星嶺医大病院で勤務する新人ナースエイド、桜庭さくら(澪みお)は、急死の危険性のある患者を救うという数々の奇跡的な出来事に巻き込まれていく。その一方で、彼女は天才外科医・竜崎大河から注目を受け、「何者だ?」との疑問を投げかけられてしまう。

人殺しという衝撃の告白

「私は…人殺しです」という驚愕の告白。澪は一瞬だけ真実を口にし、しかし即座に「冗談です、忘れてください」と訂正する。しかし、大河の疑念は拭い去れず、澪の過去と医療の複雑な世界が交錯する。

モンスターナースエイドとしての孤立

澪の行動により、彼女はオペ室での大立ち回りや患者の救助にも関わらず、モンスターナースエイドとして仲間たちに冷たく扱われる。特に、同僚の猿田によって澪と大河が付き合っているというテキトーな噂までが立ち上がる。

なしもえチャンネルの舞台裏

休憩中、澪や相馬は「高梨萌のなしもえチャンネル」という動画を見ていた。ライブ配信アプリで活動するライバー・高梨萌=なしもえの過去と医師たちの交流が、物語に新たな次元を加える。

高梨萌の過去と手術拒否

高梨たかなし萌もえ(恒松祐里)は、ステージ1の膵臓ガンが発覚し、手術が必要であるにもかかわらず、手術を受けたくないと頑なに拒否する。その理由には映画主演の話が絡んでおり、患者の命と女優のキャリアの狭間で葛藤する姿勢が浮かび上がる。

なしもえチャンネルの舞台裏

なしもえチャンネルの影響で再び芸能活動が動き出した萌。しかし、手術を拒否する彼女の背後には、映画出演に伴う傷跡の問題が横たわっていた。澪は限られた手段で、彼女に最良の選択を提案しようと奮闘する。

なしもえチャンネルの批判と心の葛藤

なしもえチャンネルでの批判的な発言に悩む澪。しかし、彼女は冷静に対応し、前向きな態度を崩さない。一方で、患者として入院している萌の姿勢にも変化が現れていく。

夜の告白と再び手術拒否

なしもえチャンネルの動画で映画のヒロインに抜擢されたことを報告する萌。しかし、彼女の手術への拒否は再び現れ、澪は彼女の心の葛藤に直面する。自分の過去と向き合いながら、澪は新たな道を見つけるべく奮闘する。

医者としての葛藤

大河と澪は、萌の手術に関する葛藤を共有し、新たな方法を探る。火神教授や同僚たちとの交流を通じて、澪は医者としての葛藤に直面し、患者との信頼関係を築く重要性を再確認する。

奇跡の手術と感謝の涙

なしもえチャンネルの批判に晒されつつも、大河の提案により澪は傷跡の残らないロボット手術を試みる。手術は高難易度ながら成功し、手術痕もわずかに残るだけであった。感謝の涙を流す萌は、澪に対し深い感謝の意を示す。

新たな展開へ

物語は、大河が記者を論破し、なしもえチャンネルが炎上する中、澪が告げる言葉によって新たな展開が迫る。「私は姉を殺しました。私の姉はシムネスだったんです」。物語は一気に加速し、新たな謎が明らかになる。

ドラマ『院内警察』2話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: "驚きと感動の嵐!桜庭さくらの複雑な過去に胸が熱くなる!"

桜庭さくらの「人殺し」という告白には、驚きと同時に彼女の複雑な過去への理解が深まり、感動の嵐に包まれました。物語がどのように進展するのか、ますます気になります!

視聴者の感想2: "医療の複雑な現実に圧倒される!手術拒否の背後に潜む深いテーマに考えさせられる。"

高梨萌の手術を巡る医療の限界と倫理に触れ、物語が描く複雑な現実に圧倒されました。手術を拒否する患者の心情に共感しながら、次の展開がますます気になります!

視聴者の感想3: "患者と医師の絆にグッときた!感動の涙が止まらない!"

患者と医師の絆が深まる様子には、感動の涙が止まりませんでした。彼らの交流が物語全体に温かさを与え、ますます物語に引き込まれていく感覚です!

視聴者の感想4: "告白の真相にびっくり仰天!桜庭さくらの過去がどのように物語を変えるのか、ますます気になる展開!"

桜庭さくらの告白がもたらす真相には、びっくり仰天!彼女の過去が物語にどのように影響を与えるのか、ますます続きが気になります。これからがますます楽しみです!

視聴者の感想5: "なしもえチャンネルと高梨萌の対比が絶妙!ライバーの舞台裏と病気への葛藤が交錯し、視聴者に刺激を与えられる。"

なしもえチャンネルと高梨萌の対比が絶妙で、ライバーの舞台裏と病気への葛藤が交錯する様子が興奮を誘います。物語の中で展開される異なる世界に引き込まれ、ますます期待が高まります!

"桜庭さくらの複雑な過去と謎解き"

彼女はなぜ「人殺し」と告白したのか?桜庭さくらの過去に潜む謎が明かされ、その真相が物語に深みを加えています。彼女が抱える複雑な感情とは?

桜庭さくらの「人殺し」という言葉が物語に投げかける問いに、視聴者は驚愕と共感を覚えるでしょう。彼女の過去に潜む秘密は、次第に明らかになることでしょう。

 "なしもえチャンネルと高梨萌の対比"

なしもえチャンネルを通じて登場する高梨萌。ライブ配信アプリでの活躍と、彼女の病気への葛藤が交錯する様子が見所です。二人の対比が物語に深みと緊張感をもたらします。

高梨萌の女優デビューと、なしもえチャンネルでの人気の裏にはどんな葛藤が潜んでいるのか?その裏側に迫りつつ、彼女たちの対比が物語をより引き立てています。

 "医療の限界と倫理に迫るテーマ"

高梨萌の手術を巡る葛藤は、医療の限界と倫理に迫る興味深いテーマが浮かび上がります。手術を受けるかどうかの決断と、その背後にある理由に視聴者は感動と考察の余地を見出すことでしょう。

医者としての義務や患者の権利、そしてその先に広がる倫理的なジレンマ。物語は医療の複雑な現実に触れ、視聴者に深い考察を促すでしょう。

"患者と医師の絆の深まり"

手術を拒否する患者と、その患者を救おうとする医師たちの交流が物語を彩ります。患者と医師という立場から生まれる絆や信頼の深まりが、感動と希望を視聴者に与えるでしょう。

医療の舞台裏で繰り広げられる患者と医師の心の交流。視聴者は彼らの絆に感動し、現実の医療に対する理解が深まることでしょう。

"告白の裏に潜む衝撃の展開"

物語は澪が告白した姉殺しの真相へと迫ります。その告白がもたらす物語の衝撃的な展開が、視聴者を引き込みます。桜庭さくらの過去がどのように物語を変えるのか?

姉殺しの告白がもたらす衝撃の展開。その真相に迫ることで、物語は新たな局面へと突入し、視聴者を続きの展開に期待させます。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『院内警察』第1話

ドラマ「院内警察」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想|軌跡の中で巡り合う奇妙な縁!

©︎ドラマ「院内警察」1話

ドラマ『院内警察』1話 視聴率

視聴率:7.1

ドラマ『院内警察』1話ストーリー・ネタバレ

軌跡の中で巡り合う奇妙な縁!

異次元からやってきたかのような院内刑事・武良井

どこかの医療機関に勤務している、いや、むしろ異次元からやってきたかのような院内刑事・武良井。その存在感は、まるで宇宙の中で光り輝く星のようだ。彼は、天才外科医・榊原俊介と共に阿栖暮総合病院の院内交番で様々な騒動に巻き込まれていく。その一端を覗いてみよう!

「院内交番」―全国300以上の病院に存在する、民間組織。患者同士のトラブル、クレーム、落とし物管理など、日々様々な事件に巻き込まれている。そこに所属するのは、武良井という別次元からやってきたような院内刑事。そして、天才外科医・榊原俊介。彼らのお互いの正義が交錯する中で、物語が紡がれていく。

阿栖暮総合病院で心臓手術

物語は阿栖暮総合病院で心臓手術が行われている場面から始まる。執刀医・榊原俊介はその優れた技術で全国的な評判を持っていた。しかし、彼の未来には外科部長の座が待っているとの期待がかかっていた。だが、彼の運命は思わぬ方向へと進むことになる。

一方、新たに医療事務の仕事で勤めることになった川本響子。初日から入院患者たちのトラブルに巻き込まれ、院内刑事・武良井との出会いを果たす。清宮松雄の入れ歯トラブルに巻き込まれた騒動の中で、武良井の洞察力と巧妙な推理に触れ、川本は驚愕とともに新たな仕事の舞台である「院内交番」に配属される。

院内交番の仕事は、秩序を守りつつ様々なトラブルに対処すること。横堀仁一室長のもとで、武良井と川本は院内の安全を守るために奮闘する。しかし、武良井はその行動が傍若無人であり、川本はがっかり感を抱えながらも、次第に彼の真意に触れていく。

川本と武良井は院内でのパトロール

川本と武良井は院内でのパトロール中、入院患者の山際修平のトラブルに遭遇する。彼の妻である恵美が繰り返し検査を受けていることに不信感を募らせていた。医師たちは患者に対する説明不足がトラブルの原因であることを認識し、院内刑事としての役割を果たす武良井の存在が浮き彫りになる。

少女・美紀と出会う。

一方、武良井は院内で少女・美紀と出会う。彼女の手術を拒否する理由に迫る中で、武良井の過去にも謎が浮かび上がる。そして、手術を拒否する美紀の理由には感動的なエピソードが隠されていた。

美紀の手術が迫る中、院内刑事コンビはさまざまな出来事に挑む。伊藤智医師の手術成功、山際夫妻の事件解決、そして武良井と川本のコミュニケーションの不完全さを克服する過程。そして、物語は奇妙な縁に導かれながら、新たな事件へと展開していく。

手術成功の瞬間、医療のプロとしての誇りを取り戻した伊藤医師。しかし、武良井は彼の過去と向き合い、榊原医師との因縁に迫る。その中で、武良井と榊原は過去に共有する何かを見つけていく。

物語はますます複雑に絡み合い、院内で繰り広げられる患者たちのドラマと、武良井と榊原の過去が交錯する中で、新たな謎が明らかになっていく。果たして、彼らの運命や縁はどこまで続いていくのか。興奮と期待を胸に抱え、軌跡の中で織りなされる奇妙な物語に引き込まれることだろう!

ドラマ『院内警察』1話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 魅力的なキャラクターに感動!

「物語の中のキャラクターたちは、それぞれが深い人間ドラマを抱えており、彼らの成長や変化に心を打たれました!特に、院内刑事武良井の個性的なキャラクター性には感動し、彼の独自の魅力に引き込まれました。」

視聴者の感想2: 医療の現場にリアリティあり!

「手術や医療の描写が非常にリアルで、医療従事者の視点から物語が進んでいくので、臨場感がありました。医療の世界に興味を持っていなくても、物語に引き込まれること間違いなしです!」

視聴者の感想3: 謎解きが面白く、視聴者を引き込む!

「物語の中の謎解きが巧みで、一つ一つの伏線が絡み合いながら明かされていく様子に引き込まれました。キャラクターたちの過去や因縁が、物語全体に深みを与えています。」

視聴者の感想4: 武良井の探偵手法が新鮮で楽しい!

「院内刑事武良井の独自の探偵手法が斬新で、読み手を飽きさせません。彼の鋭い観察力や推理力に感心しつつ、事件の解決にワクワクしっぱなしでした!」

視聴者の感想5: 予測不能な展開に驚きと感動!

「物語が進むにつれ、登場人物たちの縁や因果が次第に明らかになり、予測不能な展開に驚きました。作者の巧みな筆致に感動しつつ、次の展開が気になりすぎて眠れない日々が続きました!」

壮大な病院内の世界観と多彩なキャラクター!

阿栖暮総合病院はその壮大なスケールとともに、多くのキャラクターが交錯する場所。外科医から患者まで、様々な職種が入り混じり、物語の舞台となる。視聴者は異なる職業やバックグラウンドを持つキャラクターたちの交流や葛藤に引き込まれることだろう。特に、院内刑事武良井の風変わりで魅力的なキャラクター性が際立っており、物語を彩っている。

奥深い医療の舞台背景と臨場感あふれる手術描写!

作品は医療の専門知識に裏打ちされた奥深い舞台を有している。手術の際には緻密な医学的描写が織り交ぜられ、視聴者は臨場感あふれる病院内の雰囲気を味わうことができる。これにより、医療現場のリアリティが物語に深みを与え、緊迫感を醸し出している。

人間ドラマの背後に潜む複雑な謎!

患者たちの人間ドラマの中に、武良井の過去や榊原医師との因縁に関連する謎が巧妙に絡まっている。視聴者は物語を通してこれらの謎を解き明かす過程で、キャラクターたちの深層心理に触れ、感情移入することができる。

院内刑事としての武良井の独自の探偵手法!

院内刑事・武良井の個性的で斬新な探偵手法は、視聴者に新しい刺激をもたらす。彼の鋭い洞察力や独自の視点によって事件の真相が次第に解き明かされていく様子は、サスペンスと興奮を生み出している。

縁の不思議な絡まりと未知の展開!

物語は奇妙な縁によって結ばれたキャラクターたちの関係が、視聴者を引き寄せる。人生の偶然とも思える出会いや別れが、物語を通して織り成す縁の不思議な絡まりが、視聴者を予測不能な展開に引き込む。

なんでも自由に書いて下さい♪

映画、ドラマ、アニメ愛好者必見!

31日間無料トライアルで、230,000本以上の動画、160誌以上の雑誌が楽しめます!さらに、600円分のポイントもプレゼント🎉

U-NEXTでの魅力は無限大!

1️⃣ 230,000本以上の見放題作品!
2️⃣ 電子書籍も同じアプリで楽しめる!
3️⃣ 毎月1,200円分のポイントがもらえて、最新作を存分に楽しめる!
4️⃣いつでも解約できる!

無料トライアル期間中、最新作のレンタル料金もお得に! さらに、600円分のポイントでDVD・ブルーレイよりも早く最新作を楽しんでみませんか?

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

最新みんなのレビュー

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

やばすぎ

Rated 5.0 out of 5
2024年2月25日

ぜろふくのふこう強すぎるしカッコよすぎる、しかも最後のいっぱい送っときます虫歯になる程のとこ

めっちゃ好き

アニメ鑑賞マン

ありがとう!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月23日

体験版する時間がなかったのでとても参考になりました!

そしてモニター羨ましい。。笑

やまぴー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

今季 ドラマタイトル
2024年 冬ドラマ
2023年 秋ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.