PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ 国内ドラマ

ドラマ「院内警察」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|阿栖暮総合病院で巻き起こった医療ミスの真相、専攻医の苦悩と院内刑事の追及

ドラマ「院内警察」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|阿栖暮総合病院で巻き起こった医療ミスの真相、専攻医の苦悩と院内刑事の追及

©︎ドラマ「院内警察」4話

ドラマ『院内警察』第5話 あらすじ

阿栖暮総合病院では、半年前に亡くなったコメンテーター・乾井卓にまつわる医療ミスの疑念が浮上しています。院内刑事の武良井治は、医療安全管理委員会に乗り込み、乾井の死に際に何か不審があったのではないかと疑問を呈しました。

武良井は、乾井の死と同時に辞表を提出し、病院を去った専攻医・前川大樹を呼び寄せました。前川は、乾井の死因が肺塞栓であったと証言しましたが、乾井の妻である君子には心筋梗塞だったと説明するよう、上司の指導医である高木学に命じられたと告白しました。

乾井の執刀医である榊原俊介は、武良井たちに対して何が起こったのかを話すと宣言しました。彼は、手術の後、前川が乾井による胸の苦しみを受けて心筋梗塞の可能性を説明し、高木の指示で致死的な合併症の可能性も示唆されたと明かしました。

前川は、カテーテル検査が必要であると説明したが、Dダイマーが陰性であることから肺塞栓はないと高木に言われ、榊原にもその指示が伝えられました。しかし、前川は患者の症状を重視し、検査を始めようとしました。その際、榊原は前川の診断を最も信頼に足るものと認め、状況を見守るようにと忠告しました。

しかし、再び苦しむ乾井に直面した前川は、高木の指示を無視して検査を進めようとしましたが、物事は予想外の展開を迎えることになります。医療の舞台裏で繰り広げられた苦悩と追及の真相、阿栖暮総合病院に潜む複雑な事実が次第に明らかにされていくことでしょう。

ドラマ『院内警察』5話 視聴率

視聴率:5.6

ドラマ『院内警察』5話ストーリー・ネタバレ

阿栖暮総合病院で巻き起こった医療ミスの真相、専攻医の苦悩と院内刑事の追及

2019年8月、警視庁捜査一課の熱血刑事・武良井治(桐谷健太)は、運命の瞬間、居酒屋で看護師の夏目美咲(入山法子)と出会った!男女ともに優れた勇気を持ち、互いに引かれるような関係が始まった。

しかし、2023年4月、美咲は胃がんのステージⅣという過酷な宣告を受ける。武良井は全力で支え、病院巡りを重ねるが、打つ手は見当たらない。美咲の病状が仕事にも影響を与え、武良井は捜査一課の課長・城川尚(テット・ワダ)から心配される。

美咲の選択で物語は新たな展開を迎える。彼女は未承認の新薬の臨床試験に参加することを決断し、武良井もその選択を支持。愛と希望に満ちた未知なる戦いが始まった。

そして2024年1月26日、阿栖暮総合病院の院内で武良井が挑むのは、入院患者の死の真相を解き明かすための戦いだった。有名コメンテーター・乾井卓の死に、医療ミスの疑いが立つ。

状況は一転、前川大樹の証言が物語を複雑にする。手術後に苦しむ乾井に対し、前川は真摯に向き合い、しかし結果は予測できない。武良井と前川の出会いが、医療の闇に挑む旅路の始まりとなる。

榊原俊介の登場で物語は一気に緊迫感を増す。医療のプロとしての信念と、倫理の狭間で揺れる榊原。一方で、武良井は「全ては病院のため」という言葉に美咲の姿を重ねていた。

美咲の遺志を継ぐ形で、武良井は院内での謎を追い続ける。交番事務員の情報を得て、医療の闇を暴くために動き出す。武良井の目的がアクセス権だと知る横堀仁一。彼の真の狙いは、治験参加者たちの死に隠された真相を明らかにし、正義を貫くことだった。

医療安全管理委員会での榊原との対立、そして院内の矛盾。武良井は真相を知るために、決して諦めず、感情と理性の狭間で揺れ動く。美咲の死に榊原が関与しているとの疑念が、彼を行動に駆り立てる。

ドラマ『院内警察』5話の見どころ

1. 恋と絆の物語 - 武良井治と夏目美咲の純粋な愛!

武良井治と夏目美咲の出会いは、偶然の中に運命を感じさせるものでした。彼らはお互いを助け、支え合う中で深まる愛に注目。美咲の闘病とその決断が、二人の関係を試し、新たな希望へと導く感動のストーリーが繰り広げられます。

武良井が美咲を支える姿勢や、彼らの心の交流が、視聴者に感動と勇気を与えることでしょう。物語が進むにつれ、愛と絆がどれほど力強いものであるかが浮かび上がり、視聴者は二人の純粋な絆に引き込まれることでしょう。

また、美咲の闘病が物語に深みを与え、その中で描かれる武良井の成長や変化も見逃せません。視聴者は彼らの心の交流を通して、愛と絆の尊さを噛み締めることでしょう。

2. 医療の真実に挑む - 武良井が院内の闇に立ち向かう!

武良井治は、医療の闇に挑む姿勢が見どころの一つです。入院患者の死に医療ミスが潜んでいる可能性を感じ取り、その真相を解き明かすべく奮闘します。医療安全管理委員会での緊迫した対立や、院内での不正を訴えるシーンが、ストーリーに緊張感と興奮をもたらします。

武良井の正義感と決断力が物語を牽引し、視聴者は彼の奮闘に引き込まれることでしょう。医療制度の裏側に潜む問題に真摯に向き合う姿勢は、社会に対する問いかけを投げかける要素となります。

3. 感動の医療ドラマの新境地 - リアルな医療の舞台裏!

【院内警察】5話は、医療ドラマの新しい境地を切り開いています。患者の命を賭けた医療の真実、医師たちの葛藤や選択に焦点を当て、視聴者に真実の医療をリアルかつ感動的に描き出します。

臨床試験や医療安全管理委員会の舞台裏に迫ることで、医療の複雑な現実を丁寧に描写。視聴者は現実の医療に対する理解を深め、感動とともに考えさせられるでしょう。

4. 信頼と裏切り - 医師たちの葛藤が描くドラマチックな展開!

榊原俊介と武良井治の信頼と対立、医師たちの葛藤が見どころの一つです。医療の倫理と現実との間で揺れる榊原の姿勢や、武良井の真実を求める情熱が交錯するシーンは、視聴者を引き込むことでしょう。

医師たちの人間ドラマが物語に深みと複雑さを与え、視聴者は信頼と裏切り、正義と倫理のはざまで揺れ動くドラマチックな展開に胸が高鳴ることでしょう。

5. 武良井の決断 - 真相を知るために立ち向かう最終決戦!

武良井が真相を知るために立ち向かう最終決戦が見どころのひとつ。院内での不正を訴え、医師たちとの対峙に挑む武良井の覚悟と勇気が、物語に締めくくりを迎えます。

視聴者は武良井の最終決戦に胸を躍らせ、彼が描く真実の医療の旅路に感動と共感を覚えることでしょう。【院内警察】5話は、愛と正義、医療の真実に満ちた感動の最終章を迎えます。

ドラマ『院内警察』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

涙が止まらない感動!愛と絆に包まれた物語に感激!

このドラマの感動的なストーリーに涙が止まらない。武良井治と夏目美咲の純粋な愛に触れ、彼らが乗り越える試練に心打たれた。美咲の勇気と武良井の不屈の意志に感激し、愛と絆の力を再確認できた。涙腺崩壊!

医療の裏側に興奮!ドキドキの展開に胸が高鳴る!

医療の裏側に迫る展開に圧倒された。武良井治の正義感と決断力に胸が熱くなり、医療ミスの真相を追う姿に感動。医療制度への疑問と医師たちの葛藤がドキドキの展開を生み出し、視聴者は胸躍る瞬間に引き込まれた。

リアルで感じる医療の厳しさに驚き!

医療の現実をリアルに描いたドラマに驚愕。臨床試験や医療安全管理委員会の舞台裏に迫り、医療の厳しさをリアルに感じさせられた。患者や医師の心の葛藤がリアルに描かれ、現実味あふれるドラマに引き込まれた。

信頼と裏切りに胸が締め付けられる!医師たちのドラマに感動!

医師たちの信頼と裏切りが入り混じるドラマに、胸が締め付けられる思い。榊原俊介と武良井治の対立や医療の倫理に揺れる様子が見事に描かれ、視聴者は感動とともに深い感慨に浸った。医療ドラマの魅力を全身で感じた。

武良井の最終決戦、心が震える感激のクライマックス!

武良井治の最終決戦に心が震えた。院内での不正を訴え、医師たちとの対峙に挑む姿は、まさに感動のクライマックス。彼の覚悟と勇気に圧倒され、真実の医療の旅路に共感。感激の嵐が心を包み込む瞬間だった。

なんでも自由に書いて下さい♪

この記事を書いた編集者
この記事を書いた編集者

ポプバ ドラマ部:佐伯・Pちゃん

脚本家でオタク。
小さい頃からドラマや映画が大好きで、自分でドラマや映画の脚本を書いていました。 テレビドラマは毎期欠かさず全タイトルをチェック!面白いものは観続けますが、面白くない作品はドロップアウトしちゃいます。
漫画やアニメ、映画も邦画洋画問わずに観ちゃう雑食系。いろんな角度からドラマを観ています!ぜひ皆様の感想も知りたいです!