PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ 国内ドラマ

ドラマ「さよならマエストロ」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|感動のさよならコンサート!晴見フィルが閉館に向けて奮闘!

ドラマ『さよならマエストロ』第6話

ドラマ「さよならマエストロ」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|感動のさよならコンサート!晴見フィルが閉館に向けて奮闘!

©︎ドラマ「さよならマエストロ」6話

ドラマ『さよならマエストロ』6話 あらすじ

驚きのニュースが舞い込んできました。あおぞらホールの閉館が3月末から2月末に繰り上げられることとなりました。この決定により、晴見フィルは練習場所を失い、さらに市側からは新たなイベントの開催が一切認められなくなってしまいました。これにより、晴見フィルはまさに窮地に立たされています。

しかし、困難な状況にもめげず、団員たちは前向きな提案を受け入れることになります。その提案者は、小村(西田敏行)です。小村は、梅まつりという恒例行事を利用し、ゲリラ的に最後のコンサートを開くアイデアを団員たちに提案しました。この提案により、晴見フィルは最後の輝かしい瞬間を市民に贈ることができるかもしれません。

一方で、コンサートの開催には市側へのバレを避ける必要があります。そのため、古谷(玉山鉄二)を中心に、秘密裏にコンサートの準備が進められています。感動と興奮が交錯する中、俊平(西島秀俊)は近藤(津田寛治)の密かな夢を知り、瑠李(新木優子)は知られざる素顔に気づくこととなります。

そして、物語には新たな展開が加わります。響(芦田愛菜)はホールのオーディオルームでよく会う富子(白石加代子)から相談を受けます。それは、題名のわからない曲があるというものでした。これが一体どのような影響を与えるのか、期待と興奮が募ります。

晴見フィルの最後のコンサートは、まさに感動のクライマックスに向けて進行中です。市民はもちろん、団員たち自身もこの瞬間を忘れることはないでしょう。晴見フィルの音楽が、心に残る素晴らしいエンディングを迎えることでしょう。

ドラマ『さよならマエストロ』6話 視聴率

視聴率:10.8

ドラマ『さよならマエストロ』6話ストーリー・ネタバレ

感動のさよならコンサート!晴見フィルが閉館に向けて奮闘!

晴見フィルハーモニーが迎える最後のコンサート。あおぞらホールの閉館が2月末に繰り上げられ、晴見フィルは舞台も練習場も喪失し、市は新規イベントの受け付けを拒否。解散の危機に直面した。しかし、団員たちは絆を強め、最後の共演に向けて奮闘する。

小村(西田敏行)の提案で生まれた「HARU P」計画は、市の目を欺くための偽名工作。しかし、市の手違いで近藤の名前が申請責任者として登録されてしまう。これを知ったのは、団の最年少メンバーである響(芦田愛菜)だった。大ホールの利用を打ち明けられ、困難を前にしても黙っているよう頼まれた響は、仲間たちと団結し、コンサートに向けて準備を進めていく。

二朗(西田敏行)からもらった写真を通じて、晴見フィルの歴史が浮かび上がる。うたカフェでの出会いや初めての演奏会での思い出が、団員たちの心に深く刻まれていた。俊平(満島真之介)と古谷(玉山鉄二)はアトリエで画家・志帆(石田ゆり子)に訪れ、チラシに絵を提供してもらうことを依頼。感謝の言葉が交わされ、晴見フィルと地域の結びつきが再確認される。

舞台裏で団員たちはそれぞれの思い出を語り合い、最後のコンサートに臨む。一方で、近藤(津田寛治)は妻と娘に晴見フィルの最後のコンサートを呼ぶが、断られる。大ホールで指揮を振るマネをしている近藤に出会った俊平は、かつての密かな夢が指揮者であったことを知る。

天音(當真あみ)のバイオリンは上達し、海(大西利空)との共演で感動的な瞬間を迎える。バイオリンでの演奏に夢中になる天音は、初めて音楽に夢中になったことを明かす。その一方で、響はホールのオーディオルームによく来ている富子(白石加代子)から相談を受け、題名の分からない曲を検索するが、困難に直面する。

コンサート当日、晴見フィルの団員たちはベートーヴェンやロッシーニ、モーツァルト、バッハなどに仮装し、会場を賑やかに彩る。瑠李(新木優子)は赤い衣装でカルメンに合わせ、俊平は闘牛士の衣装で登場。衣装は鏑木(満島真之介)が用意したという意外な一面も明らかになる。

一方で、近藤は母から妻と娘が来ていたが回転寿司食べ放題に行くからと帰ったことを知り、ショックを受ける。瑠李の両親や家庭もコンサートを楽しみにしており、晴見フィルとの結びつきが深まっていく。

瑠李は照れくさいが恥ずかしがりながらも、俊平からのアドバイスに耳を傾け、新たな曲への挑戦を決意する。コンサートが始まり、瑠李の美しいフルートが会場に響き渡る。

指揮者に必要なのはアパッシオナート。海がバイオリン用にアレンジした「きらきら星変奏曲の楽譜」を渡し、天音はそれを演奏することを夢見る。市長が父親であることを知った瞬間、音楽と家族の絆が交錯する。

コンサートの中で、俊平が指揮してみたい人を観客席から募集するシーンでは、子供からおじいちゃんまで数人が指揮台に登り、その人の指揮によって曲のペースが変化していく。晴見フィルの音楽が観客と一体となり、感動の瞬間が生まれる。

一方で、響はオーディオルームで富子に出会い、探していた曲を聴かせる。それは富子が探していた曲であり、20年ぶりの再会が笑顔と感動をもたらす。大輝も加わり、音楽は人の心を救うことができるという素晴らしい瞬間を共有する。

打ち上げの会場では、解散を迎える晴見フィルのメンバーが感動と感謝の涙を流し、物語は一つの区切りを迎える。しかし、その中で鏑木の携帯にかかってきた電話が、新たな旅立ちを予感させる。鏑木が俊平をドイツに連れていくという予告が、物語に未完の余韻を残す。

晴見フィルの解散を経て、音楽の奇跡が広がる未知の旅路が始まろうとしている。

ドラマ『さよならマエストロ』6話の見どころまとめ

1: 解散危機からの団結 - 晴見フィルの奮闘

晴見フィルハーモニーが直面する閉館と解散の危機。しかし、団員たちは絆を深め、市の新規イベント受け入れ拒否にもめげず、梅まつりでの最後のコンサートに向けて奮闘。小村の提案で生まれた「HARU P」計画は、市の手違いにより意外な展開を迎える。

2: 音楽と共に歩んだ40年の歴史

晴見フィルの40年の歴史が写真や回想を通じて浮かび上がります。うたカフェでの出会いや初演の思い出が、団員たちの心に深く残っています。晴見フィルと地域の結びつきが再確認され、音楽の不滅の魅力が垣間見えます。

3: 夢と感動の最後のコンサート

最後のコンサートでは、団員たちがベートーヴェンやロッシーニ、モーツァルト、バッハなどに仮装し、ユニークな演出が目白押し。瑠李の成長や近藤の涙ながらの挨拶が、感動の瞬間を創り出します。

4: 未知なる旅路への扉 - ドイツへの誘い

晴見フィルの物語が終わりつつありますが、鏑木の電話により新たな旅立ちが示唆されています。鏑木が俊平をドイツに連れていくという予告は、物語に未完の余韻を残し、視聴者を新たな興奮へと誘います。

5: 響き続ける音楽の魔法 - 晴見フィルの音色

最後の演奏で、俊平が語る音楽の魔法。晴見ホールに残る音楽の響きや、団員たちの思い出が、永遠に心に響き続ける。音楽の力が、晴見フィルの解散後も広がっていくことを予感させます。

ドラマ『さよならマエストロ』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 「奮闘の中に感じる温もり!」

最後のコンサートへの奮闘や40年の歴史が、視聴者の心に温かな感動を呼び起こす。解散危機を乗り越え、団員たちの絆が試される中、音楽と共に歩んだ時間が物語の核となり、視聴者は感慨深く胸が熱くなる。

視聴者の感想2: 「未知なる旅路にワクワク!」

鏑木の電話による未知なる旅立ちの予告が、視聴者をワクワクさせる。晴見フィルの解散後、新たな興奮へと誘われる展開に、期待と興奮が入り混じり、未来へのドキドキ感が胸を膨らませる。

視聴者の感想3: 「音楽の魔法に引き込まれた!」

晴見ホールに残る音楽の響きや、俊平の語る音楽の魔法に引き込まれました。晴見フィルの音色が永遠に心に響く様子が、視聴者に感動と感慨を与え、音楽の不滅の美しさに触れた瞬間でした。

視聴者の感想4: 「感涙の挨拶に涙腺崩壊!」

近藤の涙ながらの挨拶が、感動のクライマックス。40年間の感謝と音楽への情熱が溢れ出し、視聴者は涙腺崩壊。晴見フィルの旅路が一つの区切りを迎えつつも、その感動が余韻として心に残る瞬間でした。

視聴者の感想5: 「音楽の力に魅了された!」

晴見フィルの音楽が、視聴者の心に深く刻まれました。コンサートの演出や瑠李の成長に感動し、最後の挨拶や音楽の魔法に心打たれ、音楽の力に魅了された瞬間。感謝と共感の念が込み上げ、物語の余韻に浸る幸福なひとときでした。

なんでも自由に書いて下さい♪

この記事を書いた編集者
この記事を書いた編集者

ポプバ ドラマ部:佐伯・Pちゃん

脚本家でオタク。
小さい頃からドラマや映画が大好きで、自分でドラマや映画の脚本を書いていました。 テレビドラマは毎期欠かさず全タイトルをチェック!面白いものは観続けますが、面白くない作品はドロップアウトしちゃいます。
漫画やアニメ、映画も邦画洋画問わずに観ちゃう雑食系。いろんな角度からドラマを観ています!ぜひ皆様の感想も知りたいです!