PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ『となりのナースエイド』第9話

ドラマ「となりのナースエイド」9話ネタバレ・視聴率・考察・感想|衝撃の真相が明かされ、新たな展開へ!

©︎ドラマ「となりのナースエイド」9話

ドラマ『となりのナースエイド』9話あらすじ

驚愕と感動が入り混じるドラマ「となりのナースエイド」が、ついに待ちに待った第9話を迎えました。物語は、小夜子さよこの生命を救った大河たいが(高杉真宙)と、その行動に疑問を抱く小夜子の母・早苗さなえ(小野ゆり子)との対立から幕を開けます。

物語の鍵を握るのは、児童養護施設長の同意。澪みお(川栄李奈)は大河が手術を行ったことに安堵し、「児童養護施設長の同意が取れて本当に良かったですね」とほほ笑む。しかし、喜びも束の間。翌日、早苗が病院に怒鳴り込んできて大河に詰め寄ります。「何で手術したの!?」。子どもにメスを入れることは許せないと憤りを爆発させ、法的措置も辞さないと宣言します。この場面での巧みな演技力には、視聴者も思わず息を呑むことでしょう。

澪は法的な根拠を示し反論しますが、大河は何故か黙り込んでしまいます。その理由は一体…。同時に、教授室で倒れていた火神ひがみ(古田新太)が、玲香れいか(瀧本美織)に告白するシーンも印象的。衝撃の事実が次々と明らかになる中、視聴者は次なる展開に胸を躍らせます。

そんな中、澪のもとには橘たちばな(上杉柊平)からの連絡が入ります。唯ゆい(成海璃子)のノートPCから見つかった論文のファイルには、信じられない内容が詰まっていたといいます。澪がそのファイルを読むと、衝撃の真実が明らかになります。それは、火神の身に何が起こったのか、そして澪の家族にまつわる予測不可能な事実が綴られていたのです。

ドラマ『となりのナースエイド』9話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『となりのナースエイド』9話ストーリー・ネタバレ

衝撃の真相が明かされ、新たな展開へ!

 

ドラマ『となりのナースエイド』9話 見どころ

 

ドラマ『となりのナースエイド』9話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『となりのナースエイド』第8話

ドラマ「となりのナースエイド」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|星嶺医大の謎と過去、そして緊急手術の陰に広がる深層

©︎ドラマ「となりのナースエイド」8話

ドラマ『となりのナースエイド』8話あらすじ

ドラマ「となりのナースエイド」の第8話が、物語に新たな転機をもたらしました。刑事・橘たちばな(演じるのは上杉柊平)が明かす"星嶺医大の秘密"とは一体何なのか?その謎はますます深まり、主人公たちの過去が交錯していく。

物語は、澪みお(川栄李奈)が姉・唯ゆい(成海璃子)の死に関連する星嶺医大の関与を知り、混乱に巻き込まれる場面からスタートします。しかし、そこには更なる衝撃が待ち受けていました。

大河たいが(高杉真宙)の家族だと名乗る少女・小夜子さよこ(永瀬ゆずな)が、危険な状態で入院してきます。手術が急務となっているが、彼女には手術を受けられないという複雑な事情が絡んでいるというのです。一体、大河と小夜子の関係は何なのか?その真相が明らかになることで、大河の知られざる過去も浮かび上がります。同時に、澪と大河の間にも思わぬ共通点が浮かび上がり、物語に新たな深みが生まれます。

一方で、猿田さるた(演じるのは小手伸也)が澪の監視をやめた晴美はるみ(水野美紀)、夏芽なつめ(吉住)、相馬そうま(矢本悠馬)の3人は猿田の反撃を警戒しています。そして、案の定、猿田は火神ひがみ(古田新太)に手を回しており、3人の前に現れて責任を追及してきます。澪は慌てて大河の元に駆けつけ、「猿田先生が、晴美さんたちを火神教授のところへ連れて行きました!」と大変な事態を報告します。

さらに、3人は火神から衝撃の一言を告げられ、状況は一気に緊迫感を増していきます。一体、火神ひがみの言葉にはどのような意味が込められているのか?

ドラマ『となりのナースエイド』8話 視聴率

視聴率:7.0

ドラマ『となりのナースエイド』8話ストーリー・ネタバレ

星嶺医大の謎と過去、そして緊急手術の陰に広がる深層

驚きと感動が交錯する『となりのナースエイド』第8話では、竜崎家の過去がクローズアップされ、医療の裏側に潜む謎が明かされる中、新たな展開が視聴者を引き込んでいます!

竜崎の家族とされる小夜子の入院は、竜崎の過去と星嶺医大の秘密が交わり、物語に深みを与えています。竜崎と小夜子は、共に児童養護施設「羽ばたき園」で育ち、家族同然の絆で結ばれています。しかし、小夜子が虫垂炎で手術が必要となり、母親の早苗との連絡が取れない状況が生まれます。

物語は、竜崎が小夜子の手術許可を得るために奮闘する様子と、オームスに纏わる陰謀が交錯して進行します。竜崎が早苗に直接訪れ手術の許可を得ようとするも、早苗は小夜子に冷淡であり、お金のために手術を拒否。その背後には、早苗の両親が小夜子に財産を贈与していたという意外な事実が浮上します。早苗はお金のために小夜子の死を望んでいる可能性が浮上し、物語に予想外の転機が訪れます。

一方で、澪の姉・唯の調査が明らかになり、オームスに纏わる陰謀が明るみに出ます。猿田がナースエイドを脅していた理由も、オームスの実現のためだったことが明らかになり、物語の緊張感が一層高まります。

そして、竜崎が許可なしで手術を始めるという勇気ある決断が描かれ、小夜子は無事に手術を受けることとなりました。しかし、同時に火神が倒れ、オームスの実現に向け奮闘する彼が病気を抱えている可能性が浮上します。この展開により、物語は感動とサスペンスの要素を一層深め、次回への期待が高まります。

次回予告では、小夜子の命が助かった一方で新たなトラブルが迫る様子が示唆されており、火神が玲香に報告する衝撃の事実も予告されています。ますます興味津々の展開が続く本作、次回の放送がますます楽しみです!

ドラマ『となりのナースエイド』8話 見どころ

1. 家族の絆と秘密の闘い!竜崎と小夜子の感動のストーリー

感動とスリリングな展開が交錯する第8話では、竜崎の家族とされる小夜子が入院。羽ばたき園で共に育った2人の絆が明らかになります。小夜子の手術をめぐる家族の葛藤と、竜崎の過去の謎解きが見どころです。物語が感動と興奮のピークに達します!

2. オームスの秘密が明らかに!陰謀と裏切りのドラマ

猿田の脅迫がオームスのためだったことが判明し、物語には新たな謎と陰謀が浮かび上がります。澪の姉・唯の調査も物語に深みを与え、ナースエイドたちの運命が交錯する中、どこまで裏の世界が広がっているのかが気になります。

3. 手術を許可しない母親との葛藤!竜崎と澪の涙の説得戦

小夜子の手術をめぐり、竜崎と澪が早苗との感動的な説得戦に挑みます。しかし、意外な事実が浮上し、早苗の拒絶には驚きと共感が入り混じります。視聴者は彼らの葛藤に胸を打たれることでしょう。

4. 火神の病気と新たな展開!オームスのための犠牲

火神が病気を抱え、オームスの実現に向けて奮闘する姿が感動を呼び起こします。彼の健康状態が物語にどのような影響を与えるのか、視聴者は不安と期待を抱えながら次回を待ち望むことでしょう。

5. 次回予告からの期待感!新たなトラブルと火神の報告

次回予告では小夜子の命が助かったものの、新たなトラブルが迫る様子が描かれています。また、火神が玲香に報告するという事実が示唆され、視聴者は次回放送に向けて興奮を高めます。どのような展開が待っているのか、ますます興味津々です!

ドラマ『となりのナースエイド』8話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 感動の涙!竜崎と小夜子の家族愛に感銘

泣ける展開に感動!竜崎と小夜子の家族同然の絆が描かれ、彼らの苦悩と愛情に胸を打たれました。小夜子の手術をめぐる家族の葛藤が、視聴者の心を鷲掴みにします。

2. 陰謀の渦!オームスの秘密が明かされて驚き

驚愕と興奮!猿田の脅迫がオームスのためだったことが判明し、物語に新たな謎と陰謀が広がる展開にハラハラ。明らかになるオームスの秘密に、視聴者は引き込まれっぱなしです!

3. 涙と感動の説得戦!早苗の拒否に胸が締め付けられた

涙なくしては語れない!竜崎と澪が小夜子の手術を許可してくれない早苗に涙と説得を詰め込む感動のシーン。親子の葛藤に、感情が揺さぶられました。

4. 病気の火神に驚き!オームスの実現への犠牲

驚きと心配が交錯!火神の病気が明らかになり、オームスの実現に向けた彼の奮闘が印象的。物語における犠牲の可能性に、視聴者は胸が締め付けられました。

5. 期待と不安の入り混じる次回予告!新たな展開にワクワク

ワクワクとドキドキ!次回予告からは小夜子の命が助かるものの新たなトラブルが迫る予感が。火神の報告がどのような衝撃をもたらすのか、視聴者は次回への期待を高めつつ不安を感じています。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『となりのナースエイド』第7話

ドラマ「となりのナースエイド」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|澪の運命、衝撃の真実が明らかに!

©︎ドラマ「となりのナースエイド」6話

ドラマ『となりのナースエイド』7話あらすじ

――「桜庭澪を監視すればいいんですね」。澪みお(川栄李奈)が、先輩ナースエイドの晴美はるみ(水野美紀)によって監視されていたことを知り、その事実に大きなショックを受ける。一体、晴美に監視を命じたのは誰なのか?何のためにこんな行動が起こされたのか?頭の整理がつかず、混乱する澪に、大河たいが(高杉真宙)が寄り添う。「冷静になって考えろ」と大河が澪に告げる中、物語は急展開していく。

大河の考察によれば、晴美に澪の監視を命じたのは、澪の姉・唯ゆい(成海璃子)を殺した人物だという。その人物は、唯が調べていたデータを取り戻すため、晴美に澪を監視させ、さらに澪の部屋からノートPCを盗ませたという。そして、大河が告げる衝撃の言葉、「おまえの姉を殺した犯人は、この統合外科にいる」。真相を知った澪は、警察に頼むべきだと大河に言われるが、晴美を犯罪者にしたくない澪は、自分の力で真相を突き止めようと決意する。

一方で、相馬そうま(矢本悠馬)が「助けてください!」と澪に泣きついてくる。担当になった入院患者、高校生の香澄かすみ(上坂樹里)は交通事故で下腿骨を骨折し、手術すれば治る状態だが、なぜか相馬の声を全く聞こうとしない。患者と向き合う澪と相馬を横目に、夏芽なつめ(吉住)は「放っておけばいいのよ」と冷めた態度を見せる。しかし、香澄はなぜか夏芽にだけ「あなたと2人で話がしたいです」と声をかける。

澪が何もしゃべらない香澄に心を許す理由は一体何なのか?そして、澪は晴美に監視を命じた人物の正体に迫り、これまで気づけなかった「衝撃の真実」に直面することになる。

ドラマ『となりのナースエイド』7話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『となりのナースエイド』7話ストーリー・ネタバレ

澪の追い求めた真実!謎めいた死と大河の過去、驚愕の結末が明らかに!

澪の衝撃

物語の序章である第7話では、主人公の桜庭澪が病院内で起きた事件に直面します。澪は先輩ナースエイドの晴美から自分が監視されていたことを知り、その事実に衝撃を受けます。彼女は一体誰が自分を監視していたのか、そしてその目的は何なのかを追求します。この出来事をきっかけに、物語の謎が次々と明らかになっていきます。

謎の監視者と姉の死

澪は混乱したまま、大河から唯、自分の姉が殺された人物が晴美に自分を監視させたと聞かされます。唯は何らかのデータを調査しており、そのデータを狙った犯人が晴美を使って澪を監視し、さらに澪の部屋からノートPCを盗ませたのだというのです。大河は犯人を統合外科に位置付け、澪は真相を突き止めるために自ら行動を起こす決意をします。

患者の謎と人間関係の葛藤

翌日、澪は新たな問題に直面します。担当になった患者、香澄は誰ともコミュニケーションを取ろうとしません。彼女の孤立は、夏芽や晴美の助言にもかかわらず解決されません。やがて、香澄の過去と彼女の心の葛藤が明らかになります。一方で、病院内の人間関係も揺さぶられ、澪と大河は裏切り者を探す作戦を練ります。

裏切りと真実の追求

澪と大河は、病院内で起きた出来事を追跡し、裏切り者の正体を探ります。彼らの捜査は、晴美や相馬、夏芽といったナースエイドたちの関与を明らかにします。やがて、裏切り者の背後に猿田という人物がいることが判明します。しかし、彼らの捜査は思わぬ方向に進展し、病院内での信頼関係が揺らぐことになります。

過去と絆の再確認

物語は、夏芽の過去とその影響に焦点を当てます。彼女の過去の裏切りや失望が、彼女の人生観や行動に大きな影響を与えていることが明らかになります。一方で、澪と夏芽の関係は深まり、彼らは互いの弱さや強さを認め合いながら、新たな絆を築いていきます。

真実の追及と成長

物語の結末では、澪と大河が病院の裏に潜む秘密を追求し続けます。彼らの努力は、物語全体に大きな影響を与えます。そして、ナースエイドたちの絆が再び試される中で、彼らは成長し、困難を乗り越えます。最終的に、病院内の秘密が暴かれ、人々の絆がより深まることになります。

物語は、人間の複雑な心情や人間関係を描きながら、医療現場で働く人々の姿勢や価値観を問いかけます。裏切りや困難に直面しながらも、彼らは決して希望を失わず、互いを支え合いながら成長していく姿が描かれています。

ドラマ『となりのナースエイド』7話 見どころ

見どころ1: 複雑な心情と絆の模索

澪が病院内で裏切り者と向き合う中、登場人物たちの複雑な心情と深まる絆が鮮やかに描かれています。裏切り者が浮かび上がる一方で、ナースエイドたちは自らの信念と絆を見つめ直し、成長していく姿に注目が集まります。物語が進むにつれ、登場人物たちの内面が次第に明らかになり、感情移入せずにはいられない展開となっています。

見どころ2: 驚きの裏切り者の正体

物語が次第に謎解きへと発展していく中、裏切り者の正体が驚きの展開で明らかになります。視聴者は予想を超える驚きと興奮が詰まった瞬間に胸を打たれ、先が気になって仕方がありません。謎解きファンやサスペンス好きにはたまらない見どころと言えるでしょう。

見どころ3: ナースエイドたちの成長と絆

香澄や夏芽、晴美といった登場人物たちが自らの過去や葛藤に向き合い、成長していく様子が感動的です。特にナースエイドたちの絆が試される場面では、彼らの困難に打ち勝ちながらも深まっていく友情と連帯感が、視聴者の心に深い感銘を残します。人間ドラマの真髄を味わえる見どころです。

見どころ4: 病院内の秘密の解明

病院内に潜む謎や秘密が次第に解明されていく過程は、ストーリーに緻密な構造と興奮を与えています。視聴者は澪と大河が病院の裏に潜む真実を突き止める過程に引き込まれ、予測不能な展開に目が離せません。複雑なプロットが織り成すサスペンスが魅力の一つです。

見どころ5: メッセージ性の強さ

物語は医療現場で働くナースエイドたちの姿勢や価値観を問いかけ、人間の複雑な心情や人間関係を描いています。裏切りや困難に立ち向かいながらも、登場人物たちは希望を失わずに前向きに生きる姿勢が魅力的です。視聴者は物語を通じて、自らの人生に対する考えを深めることができるでしょう。

ドラマ『となりのナースエイド』7話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

感想1: 期待を裏切るサスペンス!

驚きと感動が交錯する物語に圧倒されました。裏切り者の正体や病院内の秘密の解明が、緻密なプロットと共に用意され、期待を裏切る展開に感心しました。サスペンス好きなら絶対に見逃せない!

感想2: 登場人物の成長に涙!

物語を通して、登場人物たちの成長と絆が描かれていて、感動が際立ちました。特にナースエイドたちが過去と向き合い、困難に立ち向かう姿勢には心打たれるものがあり、涙なくしては見終えられない感動的な作品です。

感想3: 複雑な心情がリアルで共感!

登場人物たちの複雑な心情がリアルで、物語に引き込まれました。裏切りや絆、喜びと悲しみが交錯する中で、自分自身も彼らと共感し、一層物語に没入できる素晴らしい体験でした。

感想4: メッセージ性に勇気をもらった!

物語の中に散りばめられたメッセージ性には勇気をもらいました。登場人物たちが困難に立ち向かい、希望を見失わずに前向きに生きる姿勢は、視聴者にも大きな勇気と希望を与えてくれるものでした。

感想5: サスペンスと感動のバランスが絶妙!

サスペンスと感動が絶妙なバランスで描かれた作品に感銘を受けました。登場人物たちの心情の変化や物語の進展に引き込まれ、最後まで飽きることなく見終えられました。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『となりのナースエイド』第6話

ドラマ「となりのナースエイド」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|澪の追い求めた真実!謎めいた死と大河の過去、驚愕の結末が明らかに!

©︎ドラマ「となりのナースエイド」6話

ドラマ『となりのナースエイド』6話あらすじ

川栄李奈演じる澪は、姉・唯の死に関する謎を追い求めていた。姉の死は自殺とされていたが、澪は疑念を抱き、取り調べの末、辰巳が関与していないことが判明した。澪は、橘柊平演じる刑事から見せられた写真で、唯のノートPCに残されていた情報に戸惑う。そこには、大河真宙演じる医師の姿が写っていた。澪は大河に対し、姉の死に関わったのか詰問するが、その答えは…?

一方、水野美紀演じる晴美は息子・照希が突然の退学を決意したことに戸惑っていた。照希は母親の説得に耳を貸さず、大学を辞めることを決意してしまう。晴美は照希が尊敬する大河に助けを求めるが、そこで照希の体調に異変が起こり…。

唯がなぜ大河を調べていたのか、そして大河の真実とは一体…?澪を待ち受けるまさかの事実とは…?物語はさらなる謎と緊迫感を増していく。

ドラマ『となりのナースエイド』6話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『となりのナースエイド』6話ストーリー・ネタバレ

澪の追い求めた真実!謎めいた死と大河の過去、驚愕の結末が明らかに!

家族の絆と医師の使命が交錯する中で、病気と向き合う若者とその周囲の人々の姿が浮かび上がります。失読症の症状に苦しむ照希が海綿状血管腫と診断され、手術を受ける過程で家族の絆が試されます。一方、医師たちは患者と向き合い、その命を救うために全力を尽くします。

大河: 「澪、俺たちがやるべきことは一つだ。」

澪: 「何だって言ってるの?」

大河: 「照希を救うことさ。」

病気の診断と家族の絆

澪と大河は、照希が失読症の症状を抱えていることに気付きます。MRI検査の結果、彼の脳に海綿状血管腫が見つかります。この診断は照希と彼の家族にとって衝撃でした。手術の選択肢が示される中、家族は団結し、照希の治療をサポートしようとします。

晴美は照希の病気に直面し、母親としての使命感に突き動かされます。彼女の愛情と決意は、照希の回復のために全力を尽くす姿勢として現れます。一方で、照希は自らの選択と自由を求め、家族との葛藤に直面します。

照希: 「僕は裏口入学なんです」

晴美: 「私があなたにとらわれなくなることなんてないから。あなたのことを考える時が一番幸せなの」

澪: 「家族って当たり前のように“ある”ものじゃないから…。せっかく家族がいるんだもん。いいじゃん干渉しあえば」

医師の使命と患者の信頼

手術チームは照希の手術に臨みます。その手術は言語中枢に近い部位に位置するため、高度な技術と慎重さが求められます。澪と大河を含むチームは、照希の命を救うために全力を注ぎます。言語聴覚士も手術中、患者とコミュニケーションを取りながら、手術の成功に貢献します。

医師たちは単なる手術の執行者ではなく、患者とその家族との関係を築きながら、心のケアも提供します。手術後、患者が意識を取り戻す中で、家族の愛と医師の使命が交錯します。

澪: 「私に加われと言った火神教授のプロジェクトってなんですか」

大河: 「オームス」

医師: 「患者との信頼関係を築いて、手術は成功する。」

手術後、患者が意識を取り戻す中で、家族の愛と医師の使命が交錯します。

澪: 「照希くん、お疲れさま」

照希: 「そんなことできません。許してください。言わないでください、照希の裏口入学のことは…」

大河: 「電気的刺激を受けたことで脳が活性化され、過去に聞いた他人の会話を繰り返しているのかもしれない」

照希: 「分かりました。桜庭澪を監視すればいいんですね」

過去と現在の交錯

照希の手術後、彼の口から意外な言葉が漏れます。電気的刺激が過去の会話を引き起こす可能性があります。そして、晴美が澪を監視していたという事実が明らかになります。家族の間での秘密や葛藤が浮かび上がりますが、それでも彼らは絆を取り戻そうと努力します。

海綿状血管腫の診断と手術を通じて、家族と医師の使命が浮かび上がります。失読症の症状と闘いながらも、照希とその家族は団結し、絆を深めていきます。医師たちは患者との信頼関係を築きながら、技術と人間性を融合させ、命を守る使命を果たします。家族の絆と医師の使命が交わる瞬間に、人間の尊厳と希望の光が輝きます。

ドラマ『となりのナースエイド』6話 見どころ

見どころ1:家族の団結と苦悩

失読症という厳しい症状と戦う若者、照希。彼と家族が直面する海綿状血管腫の診断。その中で描かれるのは、家族の愛と団結の力。一方で、照希の病気による苦悩や葛藤も見逃せません。家族との葛藤が描かれた感動的な場面に注目です。

見どころ2:医師たちの使命感

手術に挑む医師たちの姿勢が感動的。言語中枢に位置する難しい部位の手術に挑みながら、患者との信頼関係を築く医師たち。彼らの使命感と技術が交錯する瞬間は圧巻。手術の舞台裏に迫り、医療のプロセスに感動することでしょう。

見どころ3:家族の秘密が明らかに

手術を受けた照希が過去の会話を引き起こす中、家族の秘密が次第に明らかになります。晴美が澪を監視していた事実が浮かび上がり、家族の中での葛藤が一気に高まる場面。家族の過去と向き合う感動的なストーリーが展開します。

見どころ4:火神教授のプロジェクトとは?

物語の中で登場する謎めいた要素、火神教授のプロジェクト。澪がその一端に関わることで物語が展開します。その真相とは一体何なのか?オームスと呼ばれるプロジェクトの舞台裏に潜む謎に迫ります。

見どころ5:感動の手術シーン

手術の成功を目指して挑む医師たちの姿勢と、患者とのやりとりが感動の手術シーンで描かれます。言語中枢を慎重に扱いつつ、患者に寄り添いながら手術を進める様子は見どころ満載。手術室のドラマチックな瞬間に注目してください。

ドラマ『となりのナースエイド』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

セリフが聞こえにくい

Rated 5.0 out of 5
2024年2月14日

6話のラストの照希のセリフ「桜田澪を監視してください」が聞こえず、スマホで調べました。

スピーカーを買おうかな。

 

レビューを書き込む

感想1: 心に残る感動の物語!

このドラマはただの医療ドラマではなく、家族の愛と絆、医師たちの使命感が絡み合った感動的な物語です。手術のプロセスや家族の苦悩がリアルに描かれ、照希の奮闘に心打たれました。特に手術シーンでは、医師たちのプロの仕事に感激し、泣き笑いが交錯しました。

感想2: 謎解きと感動のコンボ!

火神教授のプロジェクトや家族の秘密の解明が物語に深みを与え、視聴者を引き込みます。謎めいた要素がドラマを予測不能な方向に導き、そこに感動のエピソードが絡み合い、期待を裏切る展開に心躍りました。この予測不可能性が、普通の医療ドラマとは一線を画す魅力です。

感想3: 人間ドラマの真髄を味わう!

家族の葛藤や苦悩が描かれる中で、登場人物たちの人間味が光ります。彼らの心の葛藤や成長が感じられ、物語に深みが生まれました。特に澪と大河の関係性や、照希と晴美の心情に感情移入せずにはいられませんでした。

感想4: ドキドキの手術シーンに圧倒!

手術の臨場感と医師たちの専門知識に圧倒されました。手術室のドラマチックな瞬間には胸が高鳴り、医師たちのプロの技術に感嘆の声が漏れました。患者と医師のやりとりが、命の尊さを改めて感じさせられました。

感想5: 感動と笑いが同居する至福の時間!

泣き笑いが交互に訪れ、感動と笑いが同居する至福の時間を味わえました。家族の絆や医師たちの奮闘を通じて、人生の尊さや大切なものに気づかされる素晴らしいドラマ。これぞ、心に残る感動の物語といえるでしょう。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『となりのナースエイド』第5話

ドラマ「となりのナースエイド」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|闇を貫く瞬間! 澪の決断と衝撃の光景

©︎ドラマ「となりのナースエイド」5話

ドラマ『となりのナースエイド』5話あらすじ

澪みお(演じるのは川栄李奈)は、心の底に秘めた辛い過去と対峙する中で、大きな疑問符を抱える。姉を殺害した可能性が高い男・辰巳たつみ(やべきょうすけ)と関わりの深い山奥の屋敷で、大河たいが(高杉真宙)と遭遇する。刑事の橘たちばな(上杉柊平)の捜査により、その屋敷が辰巳と結びついていることは明らかだ。しかし、大河がその場にいた理由は未だに謎であり、澪の心は混乱に陥る。

澪は仕事に身が入らず、患者とのコミュニケーションも上手く取れない。大河に対しては距離を置いてしまうが、彼女の心は姉の死、辰巳の存在、そして大河との関連性で満ち溢れている。そんな中、火神ひがみ(古田新太)は独自に開発したオペレーションシステム『オームス』の実用化に挑む。彼の信念は強く、「オームスを使いこなせる人間だけが、魔病シムネスに打ち勝つことができる」と豪語する。

しかし、その適応者が見つからず、焦りを募らせる火神の元には、大河に関する悪いウワサが届く。オームスの力を理解し、使いこなせる存在が求められる中、大河がその才能を発揮できない事実が問題視されていた。

澪の悩みに気づくことなく、ナースエイド控室では夏芽なつめ(吉住)が恋愛トラブルに興味津々で首を突っ込む。澪に好意を抱く相馬そうま(矢本悠馬)もまた、夏芽の言葉をきっかけに“覚悟”を決める。同じ頃、晴美はるみ(水野美紀)は息子の帰りが遅いことに悩まされ、澪は大河と辰巳の関係に頭を悩ませている。

そして、澪は我慢できなくなり、朝早くから車で大河を尾行する決断をする。しかし、たどり着いた先で見たものは、衝撃の光景だった。姉の死の真相に迫る澪に、新たな不測の事態が襲いかかる。物語は深まる謎と共に、次なる展開に期待が高まる!

ドラマ『となりのナースエイド』5話 視聴率

視聴率:7.5

ドラマ『となりのナースエイド』5話ストーリー・ネタバレ

悲劇の始まり!玲香の出現がもたらす衝撃の展開!

仕事に身が入らないナース、澪(演:川栄李奈)。姉を殺害した可能性が高い男、辰巳(演:やべきょうすけ)のアジトを目撃し、心に迫る謎との闘いが始まった。

仕事に身が入らない澪、大河との出会い

澪は、山奥の屋敷が辰巳のアジトである可能性を感じながらも、仕事に身が入らない。大河(演:高杉真宙)との出会いは、物語に新たな謎を投げかける。澪が大河に対してよそよそしい態度をとる中、大河が辰巳と何らかのつながりを持っていることが示唆される。

刑事の橘(演:上杉柊平)の捜査により、屋敷が辰巳と関連していることが判明。大河と辰巳の関係がどれほど深いものなのか、物語は謎めいていく。

オームス:新たな治療法の陰に潜む危険

一方、火神(演:古田新太)は、新たな治療法『オームス』を開発し、その実用化を目指していた。オームスは、火神細胞にミクロ単位のバイオコンピューター回路を組み込んで生まれた新火神細胞を患者に注入し、腫瘍を一気に食い尽くすという画期的な治療法だった。

しかし、オームスは大河ですら使いこなせない難しい治療法であり、精神的なリスクも伴っていた。治療法の開発に焦る火神は、適応者を見つけることができず、物語に緊迫感が漂い始める。

相馬の告白と晴美の悩み

控室では夏芽(演:吉住)が、澪に好意を寄せる相馬(演:矢本悠馬)の告白をけしかける一方、晴美(演:水野美紀)は息子の帰りが遅くなり、不安になっていた。GPSを使用して息子の動向を追っている晴美の姿が物語に新たなドラマをもたらす。

大河の過去と危険な手術

大河を尾行した澪は、大学病院の医師たちが外でオペを引き受けていることを知る。その中でも大河は特に稼いでいるという噂が立っていた。大河が引き受けた危険な手術の背後には、かつての同僚である佐々木の過去が絡んでいた。辰巳の娘の手術をミスした佐々木が大河に助けを求め、大河はこれを引き受けることになる。

澪の苦悩と大河の使命

澪は、辰巳が姉を殺したかもしれないという復讐心と、大河が危険な手術を引き受ける理由に理解を示せず、警察に連絡しようとする。しかし、大河は命を救う医者としての使命を強調し、物語は感動と緊迫感に満ちた展開へと向かう。

移植手術の舞台裏

移植手術当日、辰巳の手術は思わぬトラブルに見舞われ、大河が自ら手術に当たることになる。澪も助手として同行し、感動的な瞬間が訪れる。しかし、手術後に現れた問題が物語を一層複雑にしていく。

大河の真実と澪の驚愕

大河が手術を引き受けた真の理由が明らかになる。その背後にはお金の問題が絡んでおり、澪は驚愕する。一方で、澪の行動が物語の進展に大きく寄与する瞬間が訪れる。GPSを使用して辰巳を逮捕するための巧妙な策略が明らかになり、物語は新たな局面へと突入する。

姉の死に隠された真実

澪が晴美から譲り受けたGPSが物語を動かすキーとなり、辰巳の逮捕に成功するものの、姉の死に関する真相は依然として明らかにされていない。ノートパソコンに隠された情報が示唆するものとは一体何なのか。次回の展開がますます注目される。

ドラマ『となりのナースエイド』5話 見どころ

1. 謎めいた過去の解明!大河と辰巳の関係の真相に迫る!

物語が一気にヒートアップするのは、澪が目撃した山奥の屋敷が辰巳のアジトであることが判明した瞬間。一体、姉を殺害した男と大河の関係はどれほど深いのか?その真相に迫る中で、過去の秘密が明らかになり、視聴者は予想外の展開に驚かされることだろう。

2. 革新的治療法『オームス』の脅威とその先に広がる未知の可能性!

火神が開発した治療法『オームス』は、腫瘍を一気に食い尽くす驚異的な技術だが、その危険性にも注目が集まる。大河ですら使いこなせない難しさや精神的なリスクが描かれ、治療法の先に広がる未知の可能性に期待と恐れが入り混じる。

3. 突如現れた運命の告白!夏芽と相馬、そして晴美の心の葛藤!

夏芽が相馬に対して強引な告白をする場面では、視聴者は感情の波に巻き込まれる。一方で、晴美の息子の帰りが遅いことに不安を感じ、GPSを使用する様子が物語に新たなドラマをもたらす。愛と葛藤が入り混じるシーンは見逃せない。

4. 大河の過去と使命:感動と緊迫の移植手術シーン!

大河が引き受けた危険な手術には、彼の過去と同僚としての責任がからみあっていた。感動的かつ緊迫感に満ちた移植手術のシーンは、視聴者の心を揺さぶり、大河の医者としての信念に敬意を表することだろう。

5. 衝撃の真実:大河が引き受けた手術の裏に潜む金銭の闇!

物語がクライマックスに差し掛かる中、大河が手術を引き受けた真の理由が明らかになる。金銭の問題が絡んだ背後には、驚くべき事実が待ち受けている。視聴者は物語の結末がどのように繋がるのか、熱い期待と興奮を抱えながら追いかけることだろう。

ドラマ『となりのナースエイド』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

シリーズ最高の展開に圧倒!
大河と辰巳の関係が明らかになり、ますます引き込まれる!期待と不安が入り混じる中、次回が待ち遠しい!!

オームスの新しい治療法には驚愕!
大河ですら難しさに挑む姿勢に感動!しかし、その先に広がる未知の世界に、どんな試練が待っているのか気になる!

夏芽と相馬の告白シーンには、思わず涙が!
感情が激しく揺れ動く中、キャラクターたちの成長が感じられ、ドラマの深みが増している。

移植手術のシーンは圧巻!
大河の過去と使命に涙し、澪の苦悩も共感!医療の奥深さと人間ドラマの融合に、感動の涙が止まらない。

衝撃の金銭の闇に驚愕!
大河の真実に裏切られたような気分。これまでの出来事が一気に繋がり、次回の展開がますます気になる!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『となりのナースエイド』第4話

ドラマ「となりのナースエイド」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|衝撃の過去と澪の心の葛藤

©︎ドラマ「となりのナースエイド」4話

ドラマ『となりのナースエイド』4話 視聴率

視聴率:7.1

ドラマ『となりのナースエイド』4話あらすじ

驚愕の事実が明らかになる中、澪みお(川栄李奈)は姉・唯ゆい(成海璃子)の死が自殺ではなく、他殺である可能性を知る。「唯は自ら命を絶つような人間じゃないから…」と刑事の橘たちばな(上杉柊平)が告げる中、新たな展開が待ち受けていた。

橘によると、唯は生前、危険人物である辰巳浩二たつみこうじに関する調査を進めていた。辰巳は半グレ集団のリーダーで、特殊詐欺や違法ドラッグなど数々の犯罪に手を染め、その手には殺人の血も染まっていた。唯が辰巳の行方を追い、情報を集めていたことが、彼女の命を奪われる引き金となった可能性が高い。

「俺の知ってる唯は自ら命を絶つような人間じゃないから…」と悔恨の念を口にする橘。澪は姉の死に衝撃を受け、その混乱から抜け出せないでいた。しかし、橘は辰巳を捕まえるためにも澪に協力を仰ぎ、唯が残した情報があれば教えて欲しいと迫る。

夜、澪は心の支えを求め、大河たいが(高杉真宙)のもとへと向かうが、彼は最近夜な夜などこかへ出かけ、寮に帰ってこない謎めいた様子を見せていた。

澪の混乱が頂点に達する中、新たなキャラクターが登場する。火神ひがみ(古田新太)の娘、外科医の腕も一流な玲香れいか(瀧本美織)がアメリカ留学から帰国。彼女の出現で物語に新たな波紋が広がることになる。

容姿端麗かつ超一流の医師である玲香から、澪はある秘密を知られてしまう。そして、澪は気付かぬうちに玲香の策略に巻き込まれ、ある「とんでもない計画」に関与していたことを知ることになる。

玲香の目的、大河の行方、そして姉の死の真相。全ての謎が一気に動き出す第4話。悲劇の幕が上がり、登場人物たちの運命が交錯する中、次なる展開が待ち受けていることだろう。

ドラマ『となりのナースエイド』4話ストーリー・ネタバレ

悲劇の始まり!玲香の出現がもたらす衝撃の展開!

第4話では、唯の死にまつわる謎が一段と深まり、新たな展開が待ち受けています。

物語は、橘(上杉柊平)刑事から澪(川栄李奈)に告げられた衝撃的な事実から始まります。「お姉ちゃんが殺された?」と問われ、「唯は自殺じゃない…殺された」という言葉が部屋に響き渡ります。橘によれば、唯は生前、危険な男辰巳浩二(やべきょうすけ)の調査をしていたとのこと。辰巳は大きな半グレ集団のリーダーで、特殊詐欺や違法ドラッグ、場合によっては殺人にも手を染める危険な人物でした。

橘は辰巳を捕まえるために奮闘していますが、まだ彼の居場所はつかめていません。唯は1人でその行方を追っており、その情報が命取りになったのではないかと橘は推測します。橘は唯の元彼でありながら、彼女の死に深い悲しみを抱えています。

一方で、新たなクセ強キャラが登場します。火神(古田新太)の一人娘である小児心臓外科医の玲香(瀧本美織)がアメリカ留学から帰国し、大きな注目を集めます。ナースエイドたちは玲香のことを噂し合い、玲香と大河(成海璃子)の過去の出来事も明らかになります。

玲香は留学前、大河に告白し振られるという出来事が病院内で伝説となっており、そのことが物語に新たな波乱をもたらします。彼女が帰国したことで、大河と澪の関係にも変化が生じることが予測されます。

また、澪は玲香との出会いで自分の秘密が知られていることに気付き、緊迫感が高まります。玲香は澪に対して興味深い言葉をかけ、「あなたのことなんて、調べようと思えば簡単に調べられるの」と耳打ちし、澪の過去に迫ります。

さらに、澪は唯の残したノートPCを手に入れ、その中にあるファイルが新たな展開の鍵を握っていることを橘に伝えます。唯のノートPCはなぜ狙われたのか、その中身が明らかにされることでしょう。

物語は澪と大河の関係や彼らの成長にも焦点を当てつつ、様々な要素が絡み合っています。大河が新たな治療法の開発に取り組む姿勢も描かれ、物語には感動的な場面も散りばめられています。

そして、物語の最後で澪が橘の警告を無視して辰巳の住所に向かうシーンが描かれ、そこに大河が現れるという予測不能な結末。次回への期待が高まります。

ドラマ『となりのナースエイド』4話 見どころ

1. 謎めいた殺人事件と辰巳浩二の陰謀

「となりのナースエイド」第4話では、唯の死にまつわる謎が深まり、辰巳浩二という危険な人物の陰謀が浮かび上がります。唯が調査していた男、辰巳の存在がストーリーに深みをもたらし、視聴者は彼の行動の真意を解明するために引き込まれます。

2. 新たな登場人物・玲香の留学生活と恋の行方

火神の一人娘である小児心臓外科医、玲香が物語に登場し、彼女の留学生活や大河との過去の出来事が描かれます。大河との関係が揺れ動く中、玲香が物語にもたらす新たな展開に注目が集まります。愛と過去の因縁が交錯し、視聴者は玲香の心の葛藤に胸を打たれます。

3. 澪と大河の成長と絆の深化

澪と大河の関係がますます複雑になりつつあります。大河の新たな治療法の開発への情熱と、澪の心の傷の克服が物語に力強さをもたらします。2人の成長と絆の深化が、感動的で心温まる場面を演出します。

4. 澪の過去と唯の残した手がかり

唯の残したノートPCが物語の鍵を握ることが判明し、その中身が辰巳との関連性を明らかにします。澪の過去や姉妹の絆が、物語に新たな謎と感動をもたらします。唯の残した手がかりをめぐる展開が、視聴者を引き込むことでしょう。

5. 臨場感あふれる救急シーンと感動の結末

澪と大河が連携して救急の現場に立ち向かうシーンは、臨場感あふれる迫力満点の演出が光ります。特に大河が澪に対して示す指導者としての姿勢や澪の成長が感動的で、最後には思わぬ結末が待ち受けています。

ドラマ『となりのナースエイド』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 驚きと感動に包まれた展開!

第4話は予想を超える展開で、辰巳の存在や澪の過去に迫るシーンには驚きと感動が交錯。特に大河と澪の連携した救急シーンは胸が熱くなりました。次回がますます楽しみ!

2. キャラクターたちの心情がじんわりと伝わる!

玲香の複雑な心情や澪の過去に迫るストーリーは、キャラクターたちの深みを感じさせ、視聴者は彼らの心情に共感。物語の奥深さに引き込まれました。

3. ミステリーと感動のバランスが絶妙!

謎解きの要素と感動的なエピソードが絶妙なバランスで織り交ぜられ、視聴者は一気に物語に引き込まれました。特に澪の過去が描かれる中、ミステリーが一層深まりました。

4. 救急シーンの臨場感がすごかった!

澪と大河の協力プレイで繰り広げられた救急シーンは、臨場感あふれていて圧巻。大河のリーダーシップと澪の成長に感動し、心から拍手を送りたくなりました。

5. 結末の衝撃に今からワクワク!

物語の結末が予測不能で、次回に対する期待が膨らむばかり。登場人物たちの過去や未来が交錯する中、これからの展開にますますワクワクが止まりません。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『となりのナースエイド』第3話

ドラマ「となりのナースエイド」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|衝撃の過去と澪の心の葛藤

©︎ドラマ「となりのナースエイド」3話

ドラマ『となりのナースエイド』3話 視聴率

視聴率:7.8

ドラマ『となりのナースエイド』2話あらすじ

"私は…人殺しです"――。その衝撃の告白から、新人ナースエイド・桜庭澪(川栄李奈)の運命が大きく揺れ動く。

初日から澪は、急死の危険性もあった患者を次々と救ったことで、天才外科医・竜崎大河(高杉真宙)から興味深い問いかけを受ける。"何者だ?"と。自らを人殺しと名乗る澪の言葉は、大河の中で不穏な響きを残す。

「冗談です…忘れてください」と訂正するものの、大河は澪の言葉に納得せず、疑念の種を心に抱く。そして、その一幕がオペ室でのドラマティックな展開となり、看護師たちにも瞬く間に広まった。モンスターナースエイドの異名を持つ澪は、周囲から冷たい視線を浴びることとなる。彼女が救った命が、まるで触れるべからざるものであるかのような対応に。

そんな中、星嶺医大が誇る“超高級特別個室”に入院したのは、インフルエンサー兼タレントの高梨萌もえ(恒松祐里)。彼女のステージ1の膵臓ガンは発見が早く、手術によって完治可能だが、なぜか手術を拒否。理由を問いただしても、「嫌なものは嫌」という頑なな態度。大河にとっては時間がなく、同時に控えている大手術もあり、澪には彼女の説得が託される。

なぜ萌が手術を拒否するのか?その理由に迫る中で、澪自身が背負う"人殺し"と呼ばれる過去が浮かび上がり、二つの秘密が交錯する展開に。

視聴率:8.8

ドラマ『となりのナースエイド』3話あらすじ

「姉は…シムネスだったんです」――病院からの帰り道、みお(川栄李奈)は今まで秘密にしてきた過去を大河たいが(高杉真宙)に打ち明ける。
半年前に命を落とした姉・ゆい(成海璃子)のこと…、自分のことを“人殺し”と言った理由、そしてなぜナースエイドとして星嶺医大にやって来たのか……?

全てを告白し寮に戻った澪を待ち受けていたのは…、乱雑に荒らされた自分の部屋。
留守の間に泥棒に入られたようで、なぜか机の上に置いていたはずの“ノートPC”だけが盗まれていた…。警察が調べる間、部屋に入れなくなってしまった澪は、隣に住む大河の部屋に一晩泊めてもらうことになり……。

翌日、澪の“お泊り事件”を知ったナースエイド部屋はプチ騒ぎ。晴美はるみ(水野美紀)と夏芽なつめ(吉住)はどベタなラブコメ展開に興味津々。一方、澪に想いを寄せる相馬そうま(矢本悠馬)は、気が気でない。

ドラマ『となりのナースエイド』3話ストーリー・ネタバレ

交錯のナースエイド

秘められた過去、姉の自死

『となりのナースエイド』の第3話が放送され、物語は澪の過去と新たな展開に突入しました。姉の自死や澪のナースエイドとしての葛藤がクローズアップされ、会話文を引用しながら詳細に振り返ってみましょう。

澪の過去(1) - 姉の自死

物語の中で明かされた最大の衝撃は、澪が半年前に失った姉・唯が「シムネス」と呼ばれる魔病に冒され、自ら命を絶ったという事実でした。澪が大河に告白する場面で、澪はこう語ります。

「姉は…シムネスだったんです」

この一言で、物語は一変。澪は一人きりの家族である姉・唯に何があったのか、そしてそれが澪の人生にどんな影響を与えたのかが気になります。

澪の過去(2) - 「殺した」の意味/ナースエイドになった理由

澪が「人殺し」と呼ばれ、それが姉の最後の願いであったことも判明。大河との対話から、澪の心の内が垣間見えます。

大河: 「それのどこが『殺した』なんだ?」

澪: 「記者という生きがいを私のエゴで奪ってしまった。だからお姉ちゃんは…。そんなの殺したと一緒です」

このやりとりから、澪が姉の死に対して抱える罪悪感や葛藤が浮かび上がります。そして、ナースエイドとして働く理由も火神教授(古田新太)の説得によるものであり、澪が抱える心の痛みを乗り越える手段となったことがわかります。

澪の“お泊り事件”

物語はドラマティックに進行し、澪の部屋が荒らされ、ノートPCが盗まれる事件が発生します。この事件を通じて、澪と大河の関係が新たな展開を迎えます。

大河: 「それとも…お前、僕のこと狙ってるの?」

澪: 「バカなこと言わないで!」

このやりとりが物語に緊張感をもたらし、澪の過去にまつわる謎と事件がどのように絡んでいるのかが気になります。

キレる男 - 内藤の急変

内藤の急な変化が描かれたエピソードでは、彼が職場でのストレスや個人的な問題に悩む姿がリアルに描かれます。内藤の突然の豹変や、その変化が仕事や人間関係にどんな影響を与えるのかに注目が集まります。

内藤: 「俺はまだ伊織ちゃんのことが好きなんだよ!」

この叫び声が、内藤の内面に渦巻く感情や葛藤を象徴しています。

内藤は脳炎?

内藤の病気が脳炎であることが判明。澪と大河が協力して、彼の病状に迫ります。同時に、澪が大河に鍵を返す場面では、澪の不安や心の葛藤がにじみ出ています。

相馬の過去とナースエイドへの転身

相馬の過去が描かれ、彼がナースエイドに転身するきっかけが語られます。職場いじめに苦しんだ相馬が、なぜナースエイドとして働くことを選んだのか、その背景が明らかにされます。

相馬: 「人生、前向きに生きてる方が勝ち。そう思うから」

本音を言うことで好転

内藤の元カノ・伊織が登場し、内藤の本音が次第に明らかになります。澪が伝えた「本音をぶつけたら好転することもあるんですよ」という言葉が、物語の鍵となります。

澪: 「一つだけ何も変わらない気持ちがある。俺は、君を愛している」

この告白が、内藤と伊織の関係に新たな展開をもたらします。

内藤はシムネス患者

内藤がシムネスを発症していることが発覚。その深刻な状態に、澪が真剣に向き合い、内藤の本当の願いが浮かび上がります。

澪: 「死んだら負け」

この言葉が、内藤に勇気を与える場面は感動的で、物語に深い共感を覚えます。

姉の本当の思い

物語は次第に結末に向かって進み、澪と相馬が姉の死後に残されたメッセージに触れます。姉の思いが明らかになることで、物語にどのような影響を与えるのかが注目されます。

ラストの衝撃 - 橘信也の訪問

物語の結末に向けて、新たな衝撃が待っています。橘信也が登場し、姉の死にまつわる新事実が明らかになります。次回への期待と興奮が高まるエピソードとなりました。

ドラマ『となりのナースエイド』3話 見どころ

見どころ1: 澪の過去に迫る - シムネスとの対峙!

澪の過去が謎めいた姉の自死によって明らかになります。彼女の姉がシムネスと呼ばれる魔病に冒され、その闘病生活や最期の瞬間が描かれることで、物語に深い感動と興奮が広がります。澪がどのように向き合うのか、姉妹の絆はどのように描かれるのか期待が高まります。

見どころ2: 内藤の急変 - 感情の激震!

ドラマの中で突如として内藤が急変する場面が目を引きます。職場でのストレスや個人的な問題が表面化し、その豹変ぶりは視聴者を驚かせることでしょう。内藤の心の葛藤や感情の激震が描かれ、物語に深みが増しています。

見どころ3: 伊織と内藤の感動の再会 - 涙の交流!

内藤と伊織の再会は感動のシーンとなっています。彼らの過去や複雑な感情が交錯し、涙なしには見られない感動の再会となりました。物語の中で織り交ぜられた愛と別れが、視聴者の心を打つことでしょう。

見どころ4: 澪と大河の謎解き - 事件が繋がる!

澪の部屋が荒らされ、ノートPCが盗まれる事件が物語を一気に盛り上げています。澪と大河が連携して事件を解明していく様子が見どころであり、その過程で澪の過去や姉の死にまつわる新たな事実が明らかになります。

見どころ5: 橘信也の告白 - 衝撃の真実が明かされる!

物語は新たな衝撃に向かっています。橘信也が登場し、姉の死にまつわる真実を告げます。これまでの出来事がどのように繋がっているのか、視聴者は次回の展開に胸を躍らせています。

ドラマ『となりのナースエイド』3話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 澪の過去に感動!

「澪の過去が明らかになり、姉妹の絆に涙が止まりませんでした!澪の強さに感動しました!」 - 涙腺崩壊!

視聴者の感想2: 内藤の変化に驚き!

「内藤の急な変化が予測不能で、その演技力に脱帽。ストーリーがどう展開するのか、ますます気になります!」 - 驚愕の展開!

視聴者の感想3: 伊織と内藤の再会に感激!

「伊織と内藤の再会は感動の嵐。愛と別れのシーンに心打たれました。二人の演技が素晴らしかったです!」 - 涙袋が痛い!

視聴者の感想4: 事件解明のスリリングな展開!

「澪と大河が事件を解明するシーンがハラハラドキドキ。謎が次第に明かされていく様子が面白くて引き込まれました!」 - ゾクゾク感MAX!

視聴者の感想5: 橘信也の告白に震撼!

「橘信也の登場でドラマが一気に緊迫感を帯びてきた!次回がますます楽しみで仕方ない!」 - 予測不可能の展開!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『となりのナースエイド』第1話

ドラマ「となりのナースエイド」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想|命を救う瞬間!ナースエイドの挑戦

ドラマ「となりのナースエイド」1話

ドラマ『となりのナースエイド』1話 視聴率

視聴率:8.6

ドラマ『となりのナースエイド』1話ストーリー・ネタバレ

命を救う瞬間!ナースエイドの挑戦

雨の夜、桜庭さくら(澪)は血に塗れた手を見つめていた。過去の何かが彼女を苦しめ、その夜、悲鳴とともに幕が開けた。

星嶺医科大学の舞台

名門・星嶺医科大学付属病院の統合外科に新人ナースエイド・澪が配属された。初日の朝、彼女は外来患者の腰痛に遭遇し、勇気を持って医師に早急な診察を促す。しかし、澪の行動はベテランナースエイドの片岡晴美に叱られることになる。澪は医療オタクで、星嶺医科大学の舞台裏に通じており、統合外科に所属する天才外科医・竜崎大河に夢中だった。

挑戦的な新人

澪はめんどくさいナースエイドとしてのレッテルを貼られつつも、患者への献身的な姿勢を貫く。しかし、仕事は肉体労働であり、彼女はすぐにヘトヘトになってしまう。外科患者の早乙女寛治が度々脱走を試み、澪たちは彼を必死に病室に戻すが、その中で新たな問題が浮上する。

医療の舞台裏

澪はインスリン注射を頼みに来る患者に対し、看護師の中山明菜から嫌味を言われる。澪は自宅でのインスリン注射の指導を求め、これがきっかけで彼女は「めんどくさいナースエイド」認定されてしまう。医療現場の非常識として批判されるものの、澪はなおも星嶺医科大学とその統合外科に対する熱い思いを口にする。

冷酷な現実

澪が憧れていた竜崎大河にがっかりする。大河は手術の成功にもかかわらず、患者に対し冷酷な言葉を投げかける。その性格にショックを受けつつも、同僚のナースエイド・夏芽は大河に憧れを抱いているようだ。統合外科には医療の厳しさと美しさが交錯していた。

不安と疑念

寛治が再び病院に戻ると、妻・美恵子との不倫疑惑が浮上する。美恵子がアルバイトをしていたことが原因で、誤解が生まれ、寛治は妻に対して疑念を抱く。一方で、美恵子は澪に手術代を捻出するために奮闘していたことが判明し、その行動に感謝される。

手術当日の混乱

寛治の手術当日、澪は寛治の異変を感じ、再検査を求めるが医師に拒否される。手術が進行中、寛治の状態が急変。大河の命令で手術に参加した澪は、自らの不注意で卒倒してしまう。手術は成功するものの、澪は大河に怒られる。

患者と最も身近に接するナースエイドのデータ

大河は澪の意見を重視し、寛治の状態を再検査。澪の指摘通り、寛治は深刻な出血を抱えており、手術が必要だった。大河は澪に手術に参加するよう命じ、彼女は慌てて準備を始める。しかし、手術は成功し、患者の命を救う。

結末:ナースエイドの挑戦

澪は自宅で独り言を言っていると、大河が訪れる。大河は澪の行動が患者の命を救ったことを称賛し、彼女が何者か尋ねる。澪は過去の出来事が脳裏によみがえり、自らを「人殺し」と告白する。大河は驚きつつも、澪の強い意志を感じ、次回の展開に期待が高まる。

ドラマ『となりのナースエイド』1話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

熱い情熱と医療の現実に感動!

「となりのナースエイド」は、澪の熱い情熱と医療の舞台裏に圧倒されました。医療ドラマならではのリアルな描写があり、澪の挑戦に心打たれる瞬間が多く、感動の連続でした!

ナースエイドの奮闘がリアル!

澪のナースエイドとしての奮闘がリアルで、彼女の日常や患者とのやり取りに共感。医療の舞台裏を知ることで、ナースエイドたちの仕事への真摯な姿勢に感銘を受けました。

 医師とナースエイドの関係性が緊張感!

医師とナースエイドの複雑な関係性が緊張感を生み出し、物語に深みが増していきます。専門性と連携の難しさがリアルに描かれ、ドラマに引き込まれました。

家庭の葛藤が心に迫る!

寛治と美恵子の家庭の葛藤に胸が締め付けられました。不倫疑惑とそれに伴う家族の葛藤がリアルに描かれ、登場人物たちの複雑な感情に感動しました。

謎めいた告白にドキドキ!

澪の過去と謎めいた告白が気になり、次回の展開が楽しみで仕方ありません。登場人物たちの過去と現在が絡み合い、物語がどんどん複雑になる様子にワクワクしました!

熱い情熱と医療の舞台裏

新人ナースエイド・澪の情熱と、星嶺医科大学統合外科の厳しい現実が絡み合う。澪の医療オタクぶりと、彼女が夢中になる竜崎大河のキャラクターが深みを与えている。医療の舞台裏で繰り広げられる挑戦的なストーリーが見どころ。

ナースエイドの日常と挑戦

ナースエイドの仕事や生活、患者への奉仕の裏に隠された労力と感動。澪の初日から始まるめんどくさいナースエイドとしての奮闘ぶりが、日常の中での挑戦を浮き彫りにする。患者との触れ合いから生まれる感動が感じられる。

医師とナースエイドの関係性

医師とナースエイドの間に生じる軋轢と理解。澪が医者の診察に口を出し、それが非常識とされる中、医療の裏側での専門性と連携の難しさが描かれている。統合外科の中での人間関係や、それに伴うドラマが見どころ。

不倫疑惑と家庭の葛藤

寛治と美恵子の家庭に不倫疑惑が生じ、それによる心の葛藤と家族の再生。患者とその家族との複雑な絡みつきが物語に深みを与え、登場人物たちの心情描写が緻密になっている。家庭の問題と医療のドラマが交錯。

澪の過去と謎の告白

澪の過去と、彼女が抱える謎めいた告白。血にまみれた女性の姿との関連が気になり、澪の過去が次第に明らかになる展開が見どころ。登場人物たちの過去と現在が交錯し、物語が奥深くなる。

なんでも自由に書いて下さい♪

映画、ドラマ、アニメ愛好者必見!

31日間無料トライアルで、230,000本以上の動画、160誌以上の雑誌が楽しめます!さらに、600円分のポイントもプレゼント🎉

U-NEXTでの魅力は無限大!

1️⃣ 230,000本以上の見放題作品!
2️⃣ 電子書籍も同じアプリで楽しめる!
3️⃣ 毎月1,200円分のポイントがもらえて、最新作を存分に楽しめる!
4️⃣いつでも解約できる!

無料トライアル期間中、最新作のレンタル料金もお得に! さらに、600円分のポイントでDVD・ブルーレイよりも早く最新作を楽しんでみませんか?

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

最新みんなのレビュー

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

やばすぎ

Rated 5.0 out of 5
2024年2月25日

ぜろふくのふこう強すぎるしカッコよすぎる、しかも最後のいっぱい送っときます虫歯になる程のとこ

めっちゃ好き

アニメ鑑賞マン

ありがとう!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月23日

体験版する時間がなかったのでとても参考になりました!

そしてモニター羨ましい。。笑

やまぴー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

今季 ドラマタイトル
2024年 冬ドラマ
2023年 秋ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.