PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

無料で読める!

同名コミックを原作とするこの物語では、川内ミヤビ(演:杉咲花)は将来有望な脳外科医でしたが、事故により脳を損傷し、過去2年間の記憶を失い、新しい記憶も1日以上保持できない重度の記憶障害に苦しんでいます。医師としての仕事ができなくなった彼女の人生が、変わり者の脳外科医・三瓶友治との出会いによって変化を遂げます。

原作:子鹿ゆずる(原作)・大槻閑人(漫画)「アンメット-ある脳外科医の日記-」(講談社「モーニング」連載)

脚本:篠﨑 絵里子

音楽:fox capture plan主題歌 あいみょん「会いに行くのに」(unBORDE/Warner Music Japan)

オープニング曲:上野大樹「縫い目」(cutting edge)

演出:Yuki Saito、本橋圭太

プロデューサー:米田 孝、本郷達也

制作協力:MMJ制作

著作:カンテレ

最新話までのみんなの感想

4.8
5段階評価中 ★4.8つ(4レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!75%
一見の価値あり!オススメです!25%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

素晴らしいキャストと演技!

2024年4月16日

キャストの演技がこのドラマを特別なものにしています!杉咲花さんと若葉竜也さんの化学反応が素晴らしく、二人の深い絆が画面越しにも伝わってきます。特に、ミヤビが記憶を失いながらも医師としての自分を取り戻そうとする姿は、視聴者の心を強く揺さぶります。

kazuya

心を打つストーリー!

2024年4月16日

このドラマはただの医療ドラマではない!人間の強さと弱さ、愛の深さを描いていて、すごく心に残ります。三瓶友治のキャラクターが新しい風を吹き込むシーンは、まさにシリーズのハイライト!彼の温かさとミヤビの頑張りが交差する場面は、本当に心が動かされます。

未来

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』6話あらすじ

薬の影に隠された真実と闘う者たち

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』6話あらすじ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』6話

抗てんかん薬の使命と誤用が織りなす人間ドラマが展開される!三瓶(若葉竜也)は、大迫(井浦新)の不誠実な行動に対して激しい怒りを抱きます。一方、ミヤビ(杉咲花)は、てんかん発作を経験した山本健太郎(鈴之助)を支えるために積極的な一歩を踏み出します。

過去の脳出血を乗り越えた山本が、再びてんかん発作で病院に運び込まれ、継続的な発作のリスクを考慮して抗てんかん薬の処方を受けることに。だが、大迫は推奨されていない予防投与としてミヤビにもこの薬を処方していたのです。これを知った三瓶は、ミヤビの記憶障害についてある疑念を抱きます。

一方、星前(千葉雄大)が大迫の部下、綾野(岡山天音)から詳細を聞き出すうちに、疑惑はさらに深まります。もし三瓶の仮説が正しければ、大迫はミヤビに重大な嘘をついていたということになります。ミヤビはそれを信じ難く、しかし三瓶は事実を突き止めるために、静かに怒りを燃やしています。

その頃、山本は後遺症を理由に夜勤を減らしたいと会社に申し出ますが、理解のない上層部は特別扱いを拒否。これに直面し、自身も後遺症を抱えながら働くミヤビは、山本を助けるために驚くべき行動に出ます。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』6話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』6話ネタバレ

Screenshot

随時更新中!

感想を書く

みんなの感想を見る

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』5話あらすじ

医療のフロンティアに立つ者たち

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』5話あらすじ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』5話

緊張が走る医療現場で、ミヤビ(杉咲花)は自らの限界と向き合っていた。

彼女の前には、命を預かる重大な任務が立ちはだかる。成海(三宅弘城)の状態は一刻を争うものであり、検査結果からは“もやもや病”が見つかり、これが原因で脳梗塞や脳出血を引き起こす可能性があると診断されていた。この深刻な状態に、ミヤビは成海に寺でのお勤めを一切やめるよう勧める。この宣告は、事実上の引退勧告であり、成海はその言葉を静かに受け止めるが、その弟子、碧聴(大友律)は明らかに不安を隠せないでいた。

この難局の中、三瓶(若葉竜也)はミヤビに大きなチャンスを与える。彼は彼女を成海の手術の主術者に指名する。これはミヤビにとって大きなステップアップの機会だが、彼女は自信のなさを露わにし、手術の難易度の高さを理由にこれを断ろうとする。しかし、三瓶は確信に満ちた声で「川内先生ならできます」と彼女を励ます。

ミヤビの心の中には、同僚の麻衣(生田絵梨花)からの警告が引っ掛かっていた。

三瓶先生のことは、あんまり信用しないほうがいい」という言葉が、彼女の決断を複雑にしている。しかし、成海を救いたいという強い動機が彼女を突き動かし、最終的には「私がやります」と決意を固める。

一方、星前(千葉雄大)も医療のフロンティアでの役割を求めていた。彼は全科で専門医レベルを目指し、脳外科の手術も自ら行いたいと願うが、三瓶にあっさりと断られてしまう。星前の意欲は高く、専門外の知識を持つ医者を「専門バカ」と批判し、より多くの患者を助けたいと熱く語るが、三瓶はその考えを否定する。この二人の間には、相容れない価値観がぶつかり合い、緊張が高まる。

しかし、星前の強い志の背後には、まだ誰も知らない秘密が隠されている。それが明らかになる日が来れば、彼の熱意がどれほどのものかが理解されるかもしれない。そんな中、ミヤビは手術室に向かい、成海の命を救うため、そして自らの医師としての道を切り開くために、未知の挑戦に立ち向かっていくのだった。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』5話 視聴率

視聴率:5.6

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』5話ネタバレ

Screenshot

心を動かす瞬間:セントラル病院での絆と挑戦

セントラル病院の一日は、緊急対応から始まります。星前(千葉雄大) は患者の急な症状に迅速に対応し、その姿に風間(尾崎匠海) は感心しながら、「すごいですね、全科で専門医を目指しているのも納得」と賞賛の言葉を送ります。

目標は高く:星前の夢

星前の夢は壮大です。彼は「内科、外科、小児科、皮膚科、耳鼻科、脳外科。全部の科で専門医レベル知識と技術を身につけた医者になること」を目標に掲げています。これに対して、三瓶(若葉竜也) は冗談めかして、「無理ですね、星前先生、不器用ですから」とコメントし、左手で豆をつかむ練習を促しますが、星前は苦戦を強いられます。

星前は三瓶の挑戦に立ち向かい、「どんなに優秀でも自分の専門しかわからなきゃ意味ないんだよ」と強く主張します。これは彼が稀に見せる怒りの表現で、通常の温和な彼からは想像もつかない一面です。

もやもや病の謎:ミヤビの決断

一方、ミヤビ(杉咲花) は重大な手術を控えています。彼女が担当する患者はお寺の住職・成海(三宅弘城)で、もやもや病が原因で意識を失っています。ミヤビは成海に「もやもや病の影響で過呼吸をおこしやすい状態ですね。今後、お経を読むのは難しいです」と診断を下します。

カンファレンスでミヤビは成海のバイパス手術を提案しますが、自分では手術ができないと告げられた際には、三瓶から「あなたにはできるからです」と励まされます。彼女の不安は、かつての上司・麻衣の警告「三瓶先生は信用しない方がいい」という言葉により増大します。

家に帰っての思い出:ミヤビと三瓶

家に帰ったミヤビは日記を読み返し、一方、三瓶は彼女が持っていたお人形を見つめます。「これくせになる顔をしていますね」という過去のミヤビの言葉が回想シーンで浮かび上がります。この人形には、ふたりの間の深い絆と思い出が詰まっていることが明らかになります。

星前とミヤビの誓い

星前は全科専門医を目指す理由を語ります。「ママがたらい回しにされた後、多発性硬化症と診断された。それが遅れたのは、各専門医が自分の領域しか見ないからだ」と。彼の決意は、病院内での専門的な壁を超え、より広い視野で患者に接する医者になることです。

ミヤビも自らの手術への不安を乗り越え、「だからさ、ミヤビちゃんも自分次第だよ、だったら、三瓶が何を考えてるとか関係なしに道の先だけを見て歩いていけばいいじゃない」と星前に励まされます。

https://popversemix.com/unmet-6/

感想を書く

みんなの感想を見る

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』4話あらすじ

医師の誓い、患者の決断。それぞれの選択が未来を創る。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』4話ネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』4話

疑念と真実のはざま

三瓶(若葉竜也)が検査した結果、ミヤビ(杉咲花)の脳には記憶障害を引き起こすような明確な損傷は見当たらず、二人は深い困惑に陥ります。この予期せぬ発見に、三瓶は不安を隠せません。そんな中、ミヤビは大迫(井浦新)から三瓶の診断に疑問を投げかけられ、「危険な医者」だという重大な言葉を耳にします。この言葉は、ミヤビと三瓶の間に不穏な空気を生じさせます。

対立の火種

さらに、三瓶はミヤビの症状の原因を突き止めるために大迫のオフィスを訪れますが、秘書の麻衣(生田絵梨花)によって大迫の不在が告げられます。失意のまま病院を後にしようとする矢先、三瓶は7歳の入院患者と出会います。この出会いが後に三瓶と大迫との間で深刻な対立を引き起こすことになります。

加瀬誠の決断

一方で、ミヤビはロボット工学研究者である加瀬誠(前原瑞樹)の担当医となります。加瀬は脳内に破裂の恐れのある動脈瘤を抱えており、手術を行うかどうかで大きな決断を迫られています。ミヤビは彼に寄り添い、綾野(岡山天音)とも協力しながら、最良の治療法を探求します。その過程で綾野から思わぬ言葉が発され、ミヤビに新たな視点を与えることになります。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』4話 視聴率

視聴率:5.4

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』4話ネタバレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』4話ネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』4話

過去の記憶と現在の試練

14年前のある日、ミヤビの母・あかりが突然倒れた瞬間から物語は始まります。ミヤビ(演:杉咲花)はその時のことを鮮明に思い出します。母が倒れた時、手術を担当したのは大迫教授(演:井浦新)でした。その日からミヤビの運命は大きく変わります。

後遺症が残るかもしれない。脳の病気っていうのは命が助かって終わりじゃない。手も足も動いてもとの生活に戻るためにリハビリが必要なんだ。応援してあげようね」と大迫教授は言いました。この言葉が、ミヤビに脳外科医を目指すきっかけを与えたのです。

大迫教授の警告

現在、ミヤビはすでに脳外科医として活動しており、彼女の家族と大迫教授は夕食を共にしています。この時、ミヤビは三瓶先生の医療行為について疑念を抱いています。「記憶障害の原因が見当たらない」という三瓶の診断に対し、大迫は「原因は見つけにくいところにある」と指摘します。

これが怖かったんだよな。確かに、三瓶先生は優秀だったし、脳外科医に復帰したことには感謝している。彼は軽々しく患者に希望を見せる。危険な医者だよ」と大迫教授は警告します。三瓶が優秀ながらも、時に危険な判断を下すことがあり、そのことがミヤビを更に悩ませます。

綾野と麻衣の密会

一方、綾野(演:岡山天音)と麻衣(演:生田絵梨花)の間でも話が進んでいます。綾野は論文を作成するために高学歴の患者が必要だと語り、麻衣は三瓶にMRI画像を見せてほしいと言われたが、断っていたことを大迫に打ち明けます。「大丈夫なの?」と心配する麻衣に、大迫は怒ることはなく、彼女の心情を理解しようとします。

加瀬の決断

物語は加瀬誠(演:前原瑞樹)へと移ります。彼は脳に動脈瘤が見つかり、手術の是非に悩んでいます。手術を行えば後遺症が残る可能性がありますが、破裂すれば命に関わることも。この重大な選択に加瀬は苦悩しますが、最終的には手術を決意します。これにより、ミヤビの医療への姿勢も問われることになります。

三瓶とミヤビの葛藤

三瓶先生がミヤビのカルテを求め、大迫に会いに行く場面も重要です。「君がしているのは医療じゃない。自己満足。私は許せないのはもうひとつ。安易に希望を持たせたことだ。川内先生にしたように」と大迫は言い、カルテを渡しません。これにより、三瓶とミヤビの間にさらなる緊張が生まれます。

感想を書く

みんなの感想を見る

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話あらすじ

忘れられた約束:過去と現在が交錯する病院の物語

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話ネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話

病院の厳格な看護師長、津幡真紀(演:吉瀬美智子)は、職務に対して常に一貫した姿勢を保っている。彼女の厳しさの背後には、10年前のある悲しい出来事が隠されている。この記憶は、彼女が患者の安全を何よりも優先する理由と深く結びついている。

一方、若き医師、ミヤビ(演:杉咲花)は記憶障害を抱えており、その治療過程で多くの困難に直面している。彼女の治療に関するアプローチには津幡が反対しており、それが表面的な職務上の衝突と思われがちであるが、実はそれ以上のものがある。

物語は複雑な展開を迎えるとき、三瓶康介(演:若葉竜也)が突然、ミヤビとの過去の婚約を明かす。これはミヤビにとって衝撃的な事実であり、彼女はこの新たな情報をどのように受け止め、記憶に繋げるかに苦悩する。彼女の混乱はさらに増す一方で、星前隆(演:千葉雄大)から提示された二人のツーショット写真によって、彼女の記憶はさらに揺さぶられる。

津幡が大迫遼一(演:井浦新)の元を訪れたという噂が流れる中、津幡は直接対話を試み、ミヤビを手術から遠ざけようとする。彼女のこの行動は、他のスタッフからは越権行為と見なされ、特に星前はこれに激しく反対する。しかし、病院の内部では津幡が持つ独自の信念に対する理解もまた存在する。安全室長としての彼女の立場は、常に患者の安全を守ることに尽力しており、その根底にはかつての悲劇が影響している。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話 視聴率

視聴率:5.7

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話ネタバレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話ネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話

絶対に諦めない!三瓶先生の秘めたる使命

ミヤビの決断

<4月29日、三瓶先生に治ると言われた>」と日記を書くミヤビ(杉咲花)は、ペンを置き、深く考え込むシーンから物語は始まります。彼女は婚約していたことを「日記には書かないで」と言われており、心の中に秘めた葛藤が読者には伝わってきます。

翌日、三瓶(若葉竜也)が治療の進捗を尋ねる場面では、ミヤビの答えが出せずにいる姿が描かれ、「(治療について)考えてもらえましたか?」という質問が重く響きます。

謎の多い来訪者

星前(千葉雄大)が三瓶から口止めされていることを明かし、ミヤビと三瓶の2ショット写真を見せる場面では、三瓶の来日の理由についての推測が交わされます。「ミヤビちゃんを治すために来たんじゃない?」という星前の言葉から、三瓶の真意が少しずつ明らかになりつつあります。

緊迫する医療現場

天野クリニックからの転院依頼があったものの、三瓶が不在で、津幡看護師長がミヤビの手術を拒否するドラマが展開します。その背後には、10年前の心臓手術の失敗が重くのしかかっており、「正常化バイアス」という心理的な現象が津幡の判断を曇らせていることが語られます。

痛みを乗り越えて

綾野(岡山天音)とミヤビの関係性に焦点を当てた場面では、かつての親密さと現在の複雑な心境が交錯します。「変わってなくて良かった。笑顔は変わってない。」と綾野が語るシーンは、彼の未練と今のミヤビへの気持ちを如実に表しています。

心の覚悟

津幡とミヤビの遊園地での対話は、ミヤビの成長と彼女の医師としての覚悟を象徴しています。「後遺症を乗り越えることは一生できないと思ってます。」というミヤビの言葉からは、彼女の強さが感じられます。

命を繋ぐオペ

緊急の手術が必要な状況で、ミヤビと津幡が手術室で協力し合う様子は、息をのむほどの緊張感があります。三瓶の過去とミヤビの未来が交差する中で、二人が共に成長し、過去を乗り越える姿が描かれています。

未来への一歩

物語のクライマックスでは、ミヤビが自身の心と向き合い、「わたしは三瓶先生を信じる」と心に決め、記憶障害の原因を解明しようとする決意を固めます。その決意が、彼女の医師として、そして一人の人間としての成長を象徴しています。

感想を書く

みんなの感想を見る

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話あらすじ

サッカーの星と若き医師の試練

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話ネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話

亮介:突然の障害とリハビリの奮闘

サッカー強豪校のエース、鎌田亮介は試合中に倒れ、右脳の損傷で体の左側の感覚を失う「左半側無視」の後遺症に直面する。彼のリハビリは困難を伴うが、彼の前向きな姿勢は周囲を励ます。サッカー復帰を目指し、彼は地道にリハビリに励む。

一方で、記憶障害を抱える若き医師ミヤビは自己の症状を乗り越えながら医師として成長を目指す。彼女は亮介のリハビリを担当し、彼と共に困難に立ち向かう。三瓶からの心強い支援と「僕がそばにいますから」という言葉により、彼女は自分の感情と向き合う中で新たな自信を見出す。

亮介とミヤビ、それぞれが直面する困難は互いの成長を促す。サッカーのピッチと医療の現場で試される二人は、支え合いながら各自の道を切り拓いていく。この物語は、困難を乗り越え、希望を見出す旅であり、互いの支援が光をもたらすことを教えてくれる。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話 視聴率

視聴率:5.7

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話ネタバレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』1話あらすじネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』1話

衝突と決意の序章

病院の静かな廊下を背景に、葛藤と人間ドラマが繰り広げられています。ミヤビ(演じるのは杉咲花)、ある重要な手術に参加したことが話題の中心です。彼女の参加は、主治医の大迫(井浦新)と三瓶(若葉竜也)の間で激しい意見の対立を引き起こします。「危険極まりない行為だ」と大迫は院長の藤堂(安井順平)に抗議し、看護師長の津幡(吉瀬美智子)も同じ意見を持っていました。

ミヤビの決断と三瓶の支持

一方、三瓶はミヤビの能力を信じています。「ミヤビは手術ができる」と強調し、彼女が過去に抱えていた恐怖を克服できると信じているのです。このシーンは、医療現場の緊張感を演出しつつ、ミヤビの成長と彼女が直面する内面の闘いを浮かび上がらせます。

複雑な人間関係と心の動き

ミヤビの周りでは他にもドラマが展開しています。彼女は友人たちとの女子会で、恋愛に対する自分の気持ちを探ります。「恋愛する気があるの?」と問いかける成増(野呂佳代)に対して、ミヤビは「どうせ忘れちゃうと思う」と返す一幕は、彼女の不安と自己認識の葛藤を映し出します。

新たな挑戦と亮介の救済

物語はさらに深まります。サッカーで倒れた鎌田亮介(島村龍之介)が右脳損傷で「左半側無視」の後遺症に苦しむ中、ミヤビが彼の担当医となります。亮介のサッカーへの情熱と現実との間での苦悩が、ミヤビ自身の障害と重なり合い、読者に強い感情的共鳴を呼び起こします。「先生が僕のことを忘れても俺がずっと覚えてるから」という亮介の言葉は、彼の前向きな姿勢と医師と患者の間の絆を象徴しています。

愛と告白

最後には三瓶からの衝撃的な告白があります。「僕たちは婚約していました」という彼の言葉は、ミヤビにとって新たな試練の始まりを告げるものでした。彼女の過去と現在が交錯する中で、新たな自己認識と決意に向かうミヤビの姿が描かれます。

感想を書く

みんなの感想を見る

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』1話あらすじネタバレ

記憶の彼方へ: 川内ミヤビの挑戦と再生

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』1話あらすじネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』1話

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話 視聴率

視聴率:6.0

一つの小さな瞬間が、人生を永遠に変えることがあります。川内ミヤビ(演:杉咲花)はその事実を誰よりも深く理解しています。かつて脳外科医としてのキャリアを積んでいた彼女ですが、不慮の事故により記憶障害を抱え、毎日を新たな発見と共に生きています。彼女の日常は、前日の出来事をすべて忘れ、日記を読むことから始まります。これは彼女にとって、自己確認の手段であり、記憶の代わりとなる重要なツールです。

その平穏な朝のルーチンが一変するのは、新たな風がセントラル病院に吹き込んだ時です。

アメリカから戻ったばかりの三瓶友治(演:若葉竜也)が新しい脳外科医として赴任してきたのです。三瓶はその個性的な挨拶代わりにグミを配り始め、「これを食べると、幸せが増すんだ」と周りに声をかけます。この風変わりな行動に、スタッフからは疑問の声が上がるものの、彼の明るい性格が徐々に病院内に溶け込んでいきます。

しかし、新しい始まりがあれば、困難もまた訪れるものです。病院には突然、脳梗塞で倒れた元女優、江本レナ(演:中村映里子)が搬送されます。彼女の状態は危機的で、手術を行うにも成功率はわずか30%。レナの夫、博嗣(演:風間俊介)は妻の命運を医師たちに託す決断を迫られます。緊迫した中、三瓶は手術の助手としてミヤビに協力を依頼するものの、彼女は記憶障害を理由にこれを固辞します。

手術が無事終了すると

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話ネタバレ

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』2話

一命を取り留めたレナですが、新たな試練が彼女を待っていました。彼女は失語症になっており、以前のように話すことができなくなってしまうのです。この事態に、レナと博嗣の間には、以前にはなかった壁が生まれ始めます。博嗣は妻を支えようとしますが、コミュニケーションの困難さに二人の関係は次第に緊張を増していきます。

一方、ミヤビは自身の過去と向き合いながら、医師としての自分を取り戻すべく奮闘します。

彼女の記憶は一日限りで消えてしまいますが、医学と患者への深い愛情は心のどこかに刻まれています。三瓶の助けを借り、彼女は自らの限界を超えて成長し、再び手術室に立つ決意を固めます。そこで彼女は、記憶を失っても続く強い感情が、最も重要な記憶を保つ鍵であることを学びます。

物語は、レナのリハビリ、ミヤビの再起、そしてそれぞれのキャラクターが直面する内面的な戦いを深く掘り下げながら進行します。互いに支え合い、時には衝突しながらも、彼らは人生の意味を見出し、困難を乗り越えようとします。物語のクライマックスでは、レナが手術を受ける決意を固める一方で、ミヤビは医師としての自分を再確認します。そして、三瓶とミヤビは医療の現場で新たな未来を切り開いていくことになります。

感想を書く

みんなの感想を見る

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』のみんなの感想

気軽に投稿して下さい♪

 

なんでも自由に書いて下さい♪

 

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話

アンメット第3話:信頼と疑念の狭間で揺れ動く心

「アンメット」という医療ドラマが、ただの病院ものに留まらず、深い人間ドラマとして視聴者の心を掴んで離さないのは、そのリアルな医療描写と複雑に絡み合う人間関係に他なりません。第3話「疑念と真実のはざま」は、特にその点で見どころが多く、キャラクターたちの内面の動きが非常に細かく描かれています。

ミヤビの謎多き記憶障害

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話

主要な謎は、ミヤビ(杉咲花)の記憶障害の原因が明らかにならないことです。三瓶(若葉竜也)による検査で何の脳損傷も発見されなかったことは、科学的な説明が難しい現象として描かれます。これには二つの側面が考えられます。一つは、ミヤビの症状が心因性のものである可能性、もう一つは外部から何らかの介入があった可能性です。

大迫教授の不審な行動

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話

さらに、大迫(井浦新)の行動が疑問を投げかけます。彼が「三瓶先生は危険な医者だ」と発言した背後には、何らかの個人的な動機や隠された事実があるのかもしれません。この発言は、ただの個人的な対立以上の何かを暗示しているように思えます。はたして大迫が三瓶に敵意を持つ本当の理由とは何なのでしょうか。また、ミヤビの治療に関して彼が取っている行動が、何かを隠蔽しようとしているようにも見えます。

疑惑を深める星前の発言

©︎ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』3話

星前宏太(千葉雄大)が持つミヤビと三瓶の写真と、彼の発言「どうしちゃったんだよ、おかしいよこんなに長く」は、ミヤビの状態が予想以上に複雑であることを示唆しています。このセリフは、ただの心配や疑問を超えて、何か重大な事実を知っている可能性があります。星前が何を知っていて、なぜそれを公にしないのか、その理由には大きな秘密が隠されているのかもしれません。

加瀬誠の倫理的ジレンマ

加瀬誠(前原瑞樹)のケースは、このドラマがただの人間ドラマではなく、医療倫理をも問う深い作品であることを象徴しています。彼の脳動脈瘤に対する治療選択は、リスクとベネフィットを天秤にかける医療の現実を浮き彫りにします。ミヤビが加瀬にどのように接し、どのような選択を彼に勧めるのか、そのプロセスは医師と患者の関係の理想を問うものです。

このエピソードを通じて、「アンメット」は単なる医療ドラマの枠を超え、登場人物の心理、医療倫理、そして人間関係の複雑さを巧みに描き出しています。それぞれのキャラクターが直面する倫理的ジレンマや人間関係のもつれが、次回への期待を高めています。

ドラマ『Destiny』のみんなの感想

三瓶

2024年4月30日

三瓶頑張れよ!応援してるぞ!

キャッツ

素晴らしいキャストと演技!

2024年4月16日

キャストの演技がこのドラマを特別なものにしています!杉咲花さんと若葉竜也さんの化学反応が素晴らしく、二人の深い絆が画面越しにも伝わってきます。特に、ミヤビが記憶を失いながらも医師としての自分を取り戻そうとする姿は、視聴者の心を強く揺さぶります。

kazuya

心を打つストーリー!

2024年4月16日

このドラマはただの医療ドラマではない!人間の強さと弱さ、愛の深さを描いていて、すごく心に残ります。三瓶友治のキャラクターが新しい風を吹き込むシーンは、まさにシリーズのハイライト!彼の温かさとミヤビの頑張りが交差する場面は、本当に心が動かされます。

未来

すごく感動しました

2024年4月16日

川内ミヤビの日々の奮闘が心に響きます。彼女が記憶を失っても、医師としての情熱を失わない様子がとても勇気づけられました!それぞれのキャラクターの内面が丁寧に描かれていて、各エピソードの感情の起伏がリアルで、見ていて思わず涙が溢れました。

星空

なんでも自由に書いて下さい♪

【漫画】僕の家にマンガを読みにくるツンデレギャルはアソコを貸してくれる・・。

2024/5/13

【漫画】僕の家にマンガを読みにくるツンデレギャルはアソコを貸してくれる・・。ネタバレ!

今すぐ読む!

【漫画】仕事◎人望◎態度もアソコもおっきい瀬川さん「お前が可愛く見える呪いにかかった。不快?」不快じゃないですけど・・・

2024/5/13

【漫画】仕事◎人望◎態度もアソコもおっきい瀬川さん「お前が可愛く見える呪いにかかった。不快?」不快じゃないですけど・・・

今すぐ読む!

無料で読める!『陰キャΩの私がヤンキーαの彼と番になりました1-初夜編-』ネタバレ!

2024/5/12

漫画「陰キャΩの私がヤンキーαの彼と番になりました1-初夜編-」無料!ネタバレ【kazu丼】

エロ同人誌マンガ「陰キャΩの私がヤンキーαの彼と番になりました1-初夜編-」をお得に読む方法!raw、zipは? 項目 内容 サークル名 K2COMPANY 販売日 2022年07月16日 年齢指定 18禁 作品形式 マンガ ファイル形式 JPEG/PDF同梱 ジャンル 女主人公 おっぱい ラブコメ ラブラブ/あまあま 純愛 オメガバース クンニ 初めての乙女同人おすすめ作品 ファイル容量 122.31MB https://popversemix.com/inkyaω-yankyα2/ 「運命の出会い!

今すぐ読む!

恋になるまで、

2024/4/26

『姉活』「女の子はね、えっちなこといつも期待してるんだよ?」甘いデートで女の子のコトをしっかりレクチャー!【だにまる】

今すぐ読む!

2024/4/22

無料で読める!「女を弄ぶ側の肉食男子を今夜は私がいただきます♡」ネタバレ!

今すぐ読む!

2024/4/20

無料で読める!大人気漫画「終・仕事ができない榊くんは夜だけ有能」でシリーズ完結!【ぽつねんじん】

※随時更新中! ¥880 ⬇︎ 35%OFF! ¥572 今すぐ読む! ¥660 ⬇︎ 50%OFF! ¥330円 今すぐ読む! ¥770 ⬇︎ 50%OFF! ¥385 今すぐ読む! ¥660 ⬇︎ 90%OFF! ¥66円 今すぐ読む! ¥770 ⬇︎ 90%OFF! ¥77 今すぐ読む! ¥660 ⬇︎ 85%OFF! ¥99 今すぐ読む! ¥770 ⬇︎ 10%OFF! ¥693円 今すぐ読む! ¥6

今すぐ読む!

【漫画】無料で読める!爆笑エクスタシー! 珍展開のバレーボールラブコメ!

2024/3/25

【漫画】無料で読める!爆笑エクスタシー! 珍展開のバレーボールラブコメ!

今すぐ読む!

2024/3/25

【漫画】仕事はできないけど、夜は有能すぎる年下彼氏が凄い!

今すぐ読む!

2024/3/21

【漫画】私本命かな?見た目は怖いけど優しい彼氏に媚薬を飲ませてみた話!

今すぐ読む!

【漫画】新番組!?「おねえさんとデキルカナ!?♡」今回のクイズは『赤ちゃんはどうやってできるか?』

2024/3/14

【漫画】新番組!?「おねえさんとデキルカナ!?♡」今回のクイズは『赤ちゃんはどうやってできるか?』

今すぐ読む!

2024/3/6

【漫画】バレちゃった・・家族のような幼馴染の身体に異変が!?

今すぐ読む!

無料で読める!漫画「もう一度、してみたい。」ネタバレ!【だにまる】

2024/5/8

漫画「もう一度、してみたい。」無料で読める!ネタバレ【だにまる】

エロ同人誌マンガ「もう一度、してみたい。」をお得に読む方法!raw、zipは? 項目 内容 サークル名 だにまる 販売日 2023年10月20日 年齢指定 18禁 作品形式 マンガ/単話 ファイル形式 専用ビューア ジャンル 同級生/同僚 OL ラブコメ 中出し フェラチオ 巨乳/爆乳 ファイル容量 32.05MB 「熱い夜、不協和音の調和 - 結奈と猿島の驚きの変化」 日中は喧嘩ばかりの犬猿の仲として知られる巨乳OL・結奈と同僚の猿島。 しかし、ある夜、運命が彼らに驚きの出来事をもたらします。会社の会議

今すぐ読む!

2024/2/24

【漫画】欲求不満女子、訳あり筋肉男子たちと合法の性と愛のマッチング!

今すぐ読む!

2024/2/13

無料で読める!漫画「大好きな彼氏のアソコが怖いんです・・」ネタバレ!

今すぐ読む!

2024/2/13

無料で読める!漫画「兄のことが大好きな妹が深夜に兄のアレを見てしまって・・」ネタバレ!

今すぐ読む!

無料で読める!「朝霧〜高貴な閨の指南役〜」ネタバレ!

2024/2/18

無料で読める!漫画「朝霧〜高貴な閨の指南役〜」ネタバレ【斑目りん】

エロ同人誌マンガ「朝霧〜高貴な閨の指南役〜」をお得に読む方法!raw、zipは? 項目 内容 サークル名 斑目りん 販売日 2023年07月11日 年齢指定 18禁 作品形式 マンガ ファイル形式 JPEG ジャンル 幼なじみ 年下攻め 着物/和服 初体験 中出し 羞恥/恥辱 クンニ ファイル容量 769.51MB 可憐で美しい、甘い三角関係の物語 香凛、その名前は美しさと高貴さを兼ね備えた姫君の名。 新たなる帝、湖珀様の妃として、彼女は運命の扉をくぐりました。まだ若くして皇帝として即位した湖珀様のもとへ

今すぐ読む!

2024/2/6

漫画「乙女ゲームに転生!告白イベントで憧れの王子が豹変!」

今すぐ読む!

【漫画】罰ゲームから始まったギャルと陰キャのエッチなラブストーリー!ネタバレ!

2024/1/23

【漫画】罰ゲームから始まったギャルと陰キャのエッチなラブストーリー!ネタバレ!

今すぐ読む!

2024/1/23

【漫画】こんなデカイって聞いてない!可愛い童貞くんに食べられるのは私!?ネタバレ!

今すぐ読む!

2024/1/18

無料で読める!赤ずきん君の世界から戻ってきたら、一緒に移転されてきた!やっぱり逃げられない?大人気作続編!

今すぐ読む!

最新みんなのレビュー

推理ドラマ

2024年5月18日

と考えると、物語が浅すぎるw薄々。途中から流し見になっちゃう。

たけぼう

やばいね

2024年5月16日

視聴率やばいね。内容がちょっとパッとしないよね。

和樹

頼むから

2024年5月10日

毎回歌うのやめてくれ・・。なんか勿体無いドラマ。

源氏

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

2024年 春ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.