PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ 国内ドラマ

ドラマ「大奥 2024」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|宿命の調べ、大奥の波紋!

ドラマ『大奥 2024』第5話

ドラマ「大奥 2024」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|宿命の調べ、大奥の波紋!

©︎ドラマ「大奥 2024」5話

ドラマ『大奥 2024』5話 あらすじ

4話では、五十宮倫子(小芝風花)は徳川家治(亀梨和也)が側室のお知保(森川葵)へ御渡りしたことに、つらい思いを募らせる。お知保に琴の演奏を任せられ、倫子は複雑な思いに揺れる。一方、お品(西野七瀬)は倫子が優しすぎることに戸惑い、松島の局(栗山千明)の策略も続く。田沼意次(安田顕)の陰謀は深まり、久我信通(鈴木仁)の登場が大奥に動揺をもたらす。

そして5話では、宿命に導かれる大奥で、物語は新たな波紋を生む。琴の演奏を担当することになったお知保。彼女の幸せな笑顔が、倫子の心をさらに押し潰す。しかし、倫子の内には未だ諦めぬ執念が灯っている。

一方、お品は倫子への嫉妬と戸惑いを内に秘め、松島の局の策略に引き寄せられる。松島はますます倫子を家治から遠ざけようと画策し、お品をその手駒として利用する。

同時に、田沼の影響が拡大する。彼は武家伝奏に久我信通を登用し、大奥の中での権力を巧みに操る。信通の登場により、大奥はますます不穏な空気に包まれていく。

倫子は家治との絆を強化しようとするが、田沼の巧妙な策略は、家治を次第に遠ざけていく。信通との交流も、倫子にとっては心の葛藤を増していく要因となる。

物語は深まる謎と情熱、大奥の中で絡み合う運命の糸によって、ますます複雑に進展していく。

ドラマ『大奥 2024』5話 視聴率

視聴率:4.2

ドラマ『大奥 2024』5話ストーリー・ネタバレ

宿命の調べ、大奥の波紋

物語は琴の調べに包まれる中、倫子様とお知保様の激動の心情が交錯します。琴の練習に打ち込むお知保様を見守りながら、高岳(田中道子)様は興味を示しません。しかし、琴の線が切れてしまったお知保様に対し、優しく心を寄せる倫子様の姿勢が目立ちます。

オランダ商館長・ティチング様の訪問により、家治殿はオランダ語で周囲を驚かせます。その中で、お知保様は必死に琴の線を直し、披露の日が迫っています。驚異的な琴の演奏によって、お知保様の才能が絶賛され、倫子様も清々しい表情を浮かべます。

家治殿は琴を見て何かに気付いているようで、お知保様は謙虚な態度で「御台様が勝手になさったことですから」と語ります。しかし、そのやりとりに微妙な緊張感が漂います。

同時に、お品様は葉山様に対し、倫子様が琴を貸したことを不平不満として吐露します。葉山様は上様の為という観点から理解を示し、お知保様に過度に気を使われている倫子様を気遣います。

お品様が倫子様に対して聞いた公家の正室と将軍の子にまつわる問題により、物語は大奥の厳格なしきたりに迫ります。将軍家の存続と政治的な利害からくる問題が浮かび上がり、倫子様と家治殿、お品様と葉山様との間でのやりとりが続きます。

複雑な事情に翻弄されながらも、倫子様と家治殿の会話では、南蛮の菓子・カステラを通じてオランダとの交流について語り合います。平賀源内様も加わり、異国の文化への好奇心が描かれます。倫子様は、他国との交流が大奥に新しい風をもたらすことを嬉しく思い、この文化の交流が平和をもたらすことを期待します。

そして、倫子様が上様について質問を投げかけます。公家のしきたりと将軍の血筋にまつわる問題に疑問を抱き、大奥での生活が今後どのように変わるかに不安を感じています。家治殿は将軍家の存続を重視し、倫子様を守りたいとの考えを示します。

「心など、捨てておる」と語る中、お品様と葉山様のやりとりでは、公家のしきたりに疑問を抱くお品様の姿勢が浮かび上がります。葉山様はその疑問に対して理解を示しつつも、しきたりに縛られる難しさを語ります。

信通様との約束の日が近づくなか、倫子様は決意を固めます。一方、お品様は自らの選択に悩み、荷台を運ぶ中でのトラブルに直面します。お品様の選択とその結末が見守られます。

そして、信通様との別れの場面では、倫子様の強い意志と信通様への感謝が伝わります。倫子様は自らの道を選び、後悔することなく生きる決意を示します。その後、家治殿が倫子様を待ち受け、二人の間に温かな交流が生まれます。倫子様がリンドウの花に触れ、家治殿の愛情に気づく場面は感動的です。

そして、上様と姫様としての新たな一歩を踏み出した二人の前に、新たな試練が立ちはだかります。お知保様が家治殿の子を身籠っていたことが明らかになり、運命の流れが変わりつつあるのです。

ドラマ『大奥 2024』5話の見どころまとめ

見どころ1: 「琴の調べと文化の交流」

大奥(2024)第5話の中で、琴の美しい調べが物語を彩ります。オランダ商館長の訪問や南蛮の菓子・カステラを通じた文化の交流が描かれ、異国の文化と大奥の日本文化が交錯する様子が見どころです。これにより、物語に新たな風が吹き込まれています。

見どころ2: 「倫子と家治の微妙な心の交流」

倫子と家治の微妙な心の交流が鮮やかに描かれています。琴の演奏や暗黙のしきたりに関するやりとりを通じて、二人の関係性が深まり、複雑な感情が交錯します。視聴者は二人の掛け合いに引き込まれ、物語の中での微妙な心の変化に注目します。

見どころ3: 「お品と葉山の対話」

お品と葉山の対話により、公家のしきたりや将軍家の存続にまつわる複雑な問題が浮かび上がります。伝統と革新、愛と利害の間で揺れる様子が見所であり、物語に深みを与えています。お品の独自の視点と葉山の理解が、物語に新たな視点をもたらします。

見どころ4: 「倫子の決意と信通との別れ」

物語は倫子の強い決意と信通との別れに感動を呼び起こします。倫子が自らの道を選び、信通との約束に向き合う姿勢は、視聴者の心に深い感銘を残します。その決断が物語にどのような影響を与えるかに期待が膨らみます。

見どころ5: 「家治と倫子の交流の深化」

最後に、家治と倫子の交流が新たな局面に突入します。リンドウの花や家治の母にまつわるエピソードが、二人の間に温かな絆を築いています。家治の愛情深い一面が垣間見え、視聴者は感動と期待を胸に抱きます。

ドラマ『大奥 2024』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

読者の感想1: 「琴の調べに魅了されました!」

物語の中で繰り広げられる琴の調べは素晴らしく、心に響きました。オランダとの文化交流も新鮮で、異国の情熱が物語にエキゾチックな魅力を添えています。ますます展開が楽しみですね!

読者の感想2: 「倫子の決断に感動!」

倫子の強い決意と信通との別れには涙が止まりませんでした。彼女の成長と自己主張が心に響き、視聴者として感情移入してしまいました。これからの展開にますます期待が高まります!

読者の感想3: 「家治と倫子の交流が温かい!」

家治と倫子の交流がますます深まっていく姿にホッとしました。リンドウの花や母への愛情が、物語に優しい空気を運んでいます。家治の人間味あふれる一面に、心がほっこりしました。

読者の感想4: 「お品と葉山の対話が興味深い!」

お品と葉山の対話には、大奥のしきたりや将軍家の存続にまつわる奥深いテーマが込められています。彼らの独自の視点が物語に新しい切り口をもたらし、視聴者を引き込みます。どのように物語が進展していくのか、楽しみです!

読者の感想5: 「お知保の運命に胸が締め付けられる!」

物語の結末には驚きと興奮が入り混じります。お知保様の運命が皮肉な展開になることに、胸が締め付けられる思いです。予測不可能な展開に、ますます続きが気になります!

なんでも自由に書いて下さい♪

この記事を書いた編集者
この記事を書いた編集者

ポプバ ドラマ部:佐伯・Pちゃん

脚本家でオタク。
小さい頃からドラマや映画が大好きで、自分でドラマや映画の脚本を書いていました。 テレビドラマは毎期欠かさず全タイトルをチェック!面白いものは観続けますが、面白くない作品はドロップアウトしちゃいます。
漫画やアニメ、映画も邦画洋画問わずに観ちゃう雑食系。いろんな角度からドラマを観ています!ぜひ皆様の感想も知りたいです!