PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ 国内ドラマ

ドラマ「大奥 2024」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|五十宮倫子の心揺れる日々

ドラマ『大奥 2024』第4話

ドラマ「大奥 2024」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|五十宮倫子の心揺れる日々

©︎ドラマ「大奥 2024」4話

ドラマ『大奥 2024』4話 あらすじ

徳川家の中で繰り広げられる感動的で複雑なドラマ、「五十宮倫子」。小芝風花さん演じる倫子は、お知保(森川葵)が徳川家治(亀梨和也)の側室になるという知らせに動揺を隠せません。しかも、家治が田沼意次(安田顕)に強要されて側室を持つことに対する真相を知る由もないまま、心が穏やかではありません。

物語は、増上寺代参の時を迎えます。松島の局(栗山千明)が「奥女中たちが代参を務める」と提案しますが、倫子は御台所の重要な公務であるとして自らも参ることを決意。松島は前例がないと反論しますが、家治は倫子に「頼んだ」と言い、代参を許可します。

お品(西野七瀬)を伴って参拝を終えた倫子は、猿吉(本多力)から白みそ煎餅が贈られ、感激の表情を見せます。お品が葉山貞之助(小関裕太)に頼み、特別に作ってもらったものだというその煎餅は、お品の心遣いが感じられる一幕でした。

そして、倫子は茶屋で休んでいると、松平定信(宮舘涼太)に声をかけられます。定信から聞いた“賢丸”という幼名に触れ、倫子は定信がかつての幼なじみであったことを思い出します。二人は幼い頃に戻ったかのように、江戸の町を散策して楽しむが、そこには複雑な過去の影が…。

ドラマ『大奥 2024』4話 視聴率

視聴率:4.6

ドラマ『大奥 2024』4話ストーリー・ネタバレ

五十宮倫子の心揺れる日々

舞台は大奥。城を出た女中たちの喜びに包まれる中、倫子と定信、そして家治とお知保の運命が交錯する。喜びに舞い上がる女中たちの歓声が、それぞれの人物の過去や未来を紡ぎ出す。

倫子は城の中で聞いた衝撃的な事実に驚き、お忍びで江戸の町を歩くことを決意。定信と共に歩む中で、彼女は自らが養子に出された経緯を知る。幼少期から抱えてきた過去の謎が、今明かされようとしていた。

一方、家治は

オランダにまつわる書物に夢中になっていた。ある夜、倫子との会話がきっかけで生まれた新たな情熱が、彼を夢想の世界へと誘い込んでいた。書物を通じて見つけた未知の世界に興奮しつつも、彼は同時に現実世界の闇にも目を向けていく。

お知保は御渡りでの何もなかったことを気にしていた。田沼の言葉が頭をよぎり、彼女は城の中での影の支配に気づき始める。松島の疑念と、田沼の余裕ある態度。それは上様の闇を知る者としての自負に満ちていた。お知保の心には、家治への深い愛情と、それに伴う苦悩が渦巻いていた。

倫子と定信

江戸の町での倫子と定信は、商売上手な商人たちが集う大通りを散策。しかし、そこで彼らは風来山人という謎の男に襲われる。定信が書いた田沼についての書物を巡り、江戸の街で巻き起こる出来事。それは平賀源内と名乗る男の登場と、田沼の影響によって生じた貧富の差に対する怒りの爆発だった。

"御台様同様、添い寝姫"と呼ばれるお知保。彼女は城から戻り、代参に出向かなかったことを責められる。しかし、その裏には彼女の真摯な心情が隠れていた。お知保は上様のご寵愛を受けるため、あらゆる鍛錬を積んできたと語り、その姿勢に倫子はおおいに感動する。彼女はお知保の心の奥底に迫り、その愛情に気づく。

定信が家治

お知保が家治との関係を深める中、定信が家治と将棋を指すことに。定信は上様が田沼殿の言いなりになっていることに疑問を抱き、竹千代様の姿を思い出す。彼は幼少期の思い出を語り、上様が側室を持つことで心を痛めているのではないかと心配する。その言葉に家治は一瞬だけ動揺し、その後は冷たく突っぱねる。

田沼との因縁も明らかになりつつあった。定信が田沼に養子に出されたことを知り、彼との対峙が始まる。そして、江戸の町での事件が引き金となり、倫子と定信が何者かに襲われる。その犯人は風来山人であり、定信が書かせた田沼についての書物を手にしていた。貧富の差に苦しむ者たちを救うため、彼は行動に出たのだ。

城に戻る倫子には新たな試練が待ち受けていた。お知保が代参に出向かなかったことを責める声が届き、彼女が上様と添い寝姫と呼ばれていることを知る。お知保は上様に仕え、自らの存在を上げていく。彼女の心情と倫子の葛藤が交錯し、物語は新たな展開へと進んでいく。

御台様は御加減が優れぬようにございます。今宵もわたくしがお相手を務めさせていただきます

倫子は松島の策略によって家治との対面が阻まれる

お知保が家治の元に現れ、彼女の愛情表現が始まる。一方、倫子は松島の策略によって家治との対面が阻まれ、お知保が代わりに仕えることとなる。松島の陰謀により、家治はお知保に抱かれることになり、倫子は嫉妬と苦悩に悩まされながらも、姫としての覚悟を決める。

倫子の屈辱的な出来事に気づいた家治は、お知保を抱くことを決断。涙し戻る倫子と、幸せそうに抱かれるお知保。やり場のない嫉妬に悶える中、姫様はこれが恋であることを思い知らされる。しかし、この恋が彼女をどん底の生き地獄へと引きずり込むことを彼女はまだ知る由もなかった。物語は深まる謎と激動の情熱で、ますます複雑に絡み合っていくのであった。

ドラマ『大奥 2024』4話の見どころ

1. 倫子の過去の秘密

倫子が自らの出生の秘密を知ることで、物語に新たな謎が追加される。彼女の過去が今後の展開にどのような影響を与えるのか、注目が集まる。

2. 家治の情熱

家治がオランダにまつわる書物に夢中になる場面では、彼の内面が描かれる。彼の情熱と葛藤が物語に深みを与える。

3. お知保の覚悟

お知保が御渡りでの出来事を気にし、自らの存在意義に向き合う姿が感動的だ。彼女の強さと愛情が物語の鍵を握る。

4. 田沼との因縁

田沼との因縁が明らかになり、彼の影響力が物語の中心に浮上する。彼の野望と陰謀がどのような結末を招くのか、緊張感が高まる。

5. 家治とお知保の関係の変化

家治とお知保の関係が新たな局面に突入する。彼らの愛情と葛藤が、物語の中で織り成すドラマに注目が集まる。

ドラマ『大奥 2024』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

倫子の複雑な心情に感動!
倫子が自らの過去に向き合う姿に心打たれた。彼女の葛藤と成長が、物語に深みを与えている。

家治の情熱に共感!
家治がオランダにまつわる書物に夢中になる姿に感動した。彼の情熱が、物語の展開を引き立てている。

お知保の強さに感動!
お知保が御渡りでの出来事を乗り越え、自らの存在意義に向き合う姿に感動した。彼女の強さが、物語に勢いを与えている。

田沼の陰謀にドキドキ!
田沼の陰謀と影響力に、物語の緊張感が高まった。彼の野望がどのような結末を迎えるのか、興味津々だ。

家治とお知保の関係に感情移入!
家治とお知保の関係の変化に、胸が熱くなった。彼らの愛情と葛藤が、物語の中で見事に描かれている。

なんでも自由に書いて下さい♪

この記事を書いた編集者
この記事を書いた編集者

ポプバ ドラマ部:佐伯・Pちゃん

脚本家でオタク。
小さい頃からドラマや映画が大好きで、自分でドラマや映画の脚本を書いていました。 テレビドラマは毎期欠かさず全タイトルをチェック!面白いものは観続けますが、面白くない作品はドロップアウトしちゃいます。
漫画やアニメ、映画も邦画洋画問わずに観ちゃう雑食系。いろんな角度からドラマを観ています!ぜひ皆様の感想も知りたいです!