PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

レビュー 映画 邦画

【レビュー】映画『隣人X -疑惑の彼女-』の感想・評価・口コミ・評判

無料で読める!

【2023年12月1日公開,120分】

5.0
5段階評価中 ★5.0つ(1レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!100%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

 

INTRODUCTION(イントロダクション)

二転三転する真実、交錯する想いと葛藤――
予測不能なラストが先立つ、異色の短時間ロマンス

やがて、日本は故郷を追われた惑星難民Xの受け入れを発表しました。人間の姿をそっくりコピーして日常に紛れ込んだXがどこで暮らしているのか、誰も知らない。彼らの目的は何なのか?人々は言葉にならない不安や恐怖を抱き、隣にいるかもしれないXを見つけて躍起になっている。

週刊誌記者の笹は、スクープのためにX覚悟のある女性・柏木良子に近づきます。笹の中に芽が出ました本当の恋心と、Xとしての疑念、そして記者としての矜持との葛藤が錯乱します。真実を求める過程で、二人の関係は予測不可能な展開へと発展します。

映画では、柏木良子を演じるのは上野樹里で、彼女に引かれる記者の笹憲太郎役を林遣都が演じます。 物語は台湾の実力派女優・黃姵嘉(ファン・ペイチャ)や野村周平、川瀬陽太、嶋田久作、原日出子、バカリズム、酒向芳らのキャスト陣で彩られています。

第14回小説現代長編新人賞を受賞した作家パリュスあやの小説を基に、熊澤尚人監督が新たな視点を盛り込んで完全映画化。無意識に遠ざけようとする気持ち、そして偏見や恐怖を乗り越え、隣にいる人を大切に想う優しさを描きます。

 

【監督・脚本】熊澤尚人【原作】パリュスあや子【主題歌】chilldspot

【キャスト】

柏木良子 上野樹里
笹憲太郎 林遣都
リン・イレン ホァン・ペイジァ
仁村拓真 野村周平
内田瑛太 川瀬陽太
小池編集長 嶋田久作
柏木麻美 原日出子
月村祐一 バカリズム
柏木紀彦 酒向芳

 

作品情報

映画『隣人X -疑惑の彼女-』上野樹里×林遣都が初共演!
無意識の偏見や人との繋がりを問う異色のミステリーロマンス!!

原作:パリュスあや子の小説『隣人X』を映画化!


(C) パリュスあや子/講談社

映画『向きX ‐恐怖の彼女‐』は、第14回小説現代長編新人賞を受賞したパリュスあやの小説『向きX』を映画化した作品。人間の姿をそっくりコピーして日常に混同された「惑星難民X」と、Xに翻弄される人々に焦点を当てています。Xの正体や目的が不明瞭な中で、社会には言葉にならない不安や動きが広がる、誰もが隣にいるかもしれないかもしれないXを見つけて躍起になっています。
そんな混乱した中で、週刊誌記者の笹憲太郎はX信じられなかった柏木良子の追跡を開始します。

キャッチコピーの『愛した人の本当の姿を、あなたは知っていますか?』と意味深なメッセージ。この言葉が本編にどう繋がっていくのか注目してください。

柏木良子 役/上野樹里

国立大学を毎日卒業し、少し英語も話せる人の会社を辞め、バイト先と自宅を往復する毎日。 趣味は読書。
知らずのうちに他人を遠ざける日々を送りつつも、フィルターをかけず誰にでも優しく接し、「当たり前」に決めずに自分の世界を持って生きています。笹憲太郎(林遣都)に向けて「わたしがXでも、好きになってくれるの?」と質問するシーンも。

コメント

今年のコロナ禍でマスクで顔が見えなかったり、ワクチン打った打たないで人間関係がギクシャクしたり。
SNSが発達して通信速度が速くなった分、素顔が見えないなんてこともある現代。時代の流れにとらわれず自分らしく生きる事や、自分らしさを理解してくれる人と出会うことの大切に伝えられる作品だと思い出演を決めました。
それでも本気の目で見るのと、今日はないのとで見え方が変わってきて、面白いなと思いました。
名前事前の情報を良かれと思って入れて見ていると思っています。 簡単に対象となるものの印象って、変わってしまうと思います。
怖さ、虚しさを感じて欲しいと思いました。 演じた良子は、国立大学を出して、少し英語も話せて。暮らしぶり。
休みの日には節約のためにお弁当の作り置きを用意したり図書館で借りた本を読むというアナログな中年女性です。
笹と出会ってからどうなるのか、乞うご期待! 笑った私も林遣都くんも、役や世界観にぴったりだと思います。遣都くんの役どころがかなり複雑だったので、大変だったと思いますがその分見応えのあるお芝居が撮影できたと思います。
ちょっとハラハラドキドキしたい、「X」って何? X「なの?と刺激を求める方にも、しっとりとしたラブストーリーを観たい方にも、楽しんでいただけると思います。今届けるべきメッセージが詰まっている映画なので、ぜひたくさんの人に見てもらってください」たら嬉しいです。

笹憲太郎 役/林遣都

新聞記者がアメリカ大統領の陰謀を暴く実話がベースとなった映画『大統領の陰謀』を観て、圧力に負けず報道の自由を貫く姿に感化され、記者になることを決心し、雑誌記者になる。
しかし、なかなか大きな成果を出さず、契約解除の瀬戸際に追い込まれ、なんとか名を挙げたいと考える。真実を追い求めていく中で徐々に柏木良子(上野樹里)との距離が近づいていく。少しずつ良子との距離を縮めて、良子に対して恋心を抱くようになる。

コメント

今日僕が演じた笹は、今の厳しい世の中に翻弄されながら常に何かと何かのはざまで精神を病んでいる、とてもしんどい役どころでした。しかしたの、共演者の方やスタッフの方々に支えられてなんとか演り抜けられました。
共演させていただいた上野樹里さんは、撮影期間中一切の妥協をせず、誰よりも作品愛情と情熱を込めて、頼もしく素敵な女優さんでした。
作品に向き合って樹里さんから学ぶことがたくさんあり、ご一緒できて本当に嬉しかったです。
お芝居を始めてのそろそろ熊澤監督からいただいた言葉や厳しい演出は今も思い出してて、少しでも成長した姿を熊澤さんの作品でお見せしたい「特有X」という未知なるタイトルですが、描かれているのは現代社会を生きる「人」です。他人を捜さない為の想像力、多くを求めず身近に存在する小さな幸せに気づけた瞬間の喜び。この映画に込められた願いをたくさんの方に感じていただきたいです。ぜひ劇場にご来場ください。

リン・イレン 役/ホァン・ペイジァ

柏木良子(上野樹里)と共にX疑惑をかけられることになる台湾からの留学生。愛称はレン。

仁村拓真 役/野村周平

ミュージシャンとして成功を夢見る男。

小池編集長 役/嶋田久作

笹憲太郎(林遣都)が勤める週刊東都の編集長。⽇本にいる惑星難⺠X のスクープを徹底的に狙う。

月村祐一 役/バカリズム

笹憲太郎(林遣都)が勤める週刊東都の副編集長。

その他の登場人物

内田瑛太/川瀬陽太
Xの記事のために笹憲太郎(林遣都)が勤める週刊東都に引き抜かれたフリーのベテラン記者。
小池(嶋田久作)と月村(バカリズム)と共に、笹憲太郎へスクープをとってくるようプレッシャーを与える。

柏木麻美/原日出子
良子(上野樹里)の母。

柏木紀彦/酒向芳
良子(上野樹里)の父。キーパーソンとなる。

 

あらすじ<STORY>

紛争により故郷を追われた“惑星難民X”が世界中にあふれ、日本政府は彼らの受け入れを決定する。人間の姿をコピーして社会に紛れ込んだXがどこにいるのか、Xとは何者なのか誰にも分からず、人々の間に不安や動揺が広がっていく。そんな中、週刊誌記者の笹憲太郎(林遣都)はスクープを狙ってX疑惑のある柏木良子(上野樹里)の調査を開始。正体を隠して少しずつ距離を縮めていくうちに彼女への恋心が芽生えるが、憲太郎は良子がXかもしれないという疑念を取り払うことができずにいた。

映画『隣人X -疑惑の彼女-』公式サイト

映画『隣人X -疑惑の彼女-』を観た人の感想・評価・口コミ・評判

偏見とは何か

2023年12月4日

自分にとって理解し難い物に対して、距離を置くだけではなく無意識に攻撃してしまう事もある。

でも、他の人から見たら自分も異質な物体で、攻撃対象になってしまう事もある。

心の目で見てみると、理解出来なかったと思っていた事も必然であった。

希望のあるラストで救われる。

グリーン

レビューを書き込む

@asapu918 Follow
隣人X 疑惑の彼女試写
パリュスあや子の小説を映画化したミステリー。
Xの存在が比喩だと考えると(留学生のエピソードが分かりやすい)社会的な内容と言える。
大切なのはその人らしさ。
でなければ何故その人を好きになったのか、原点に戻って考えたくなる。
上野樹里、大人の女性になったなあ。
@momoring Follow
「隣人X -疑惑の彼女-」の試写を拝見。
偏見や差別はある意味、自己防衛故、なくなることはないけど。
それを超えて、愛する人を信じられる人間でいたいと思わされた。
ラストシーンがおしゃれ! X(Twitter)っぽいSNSに“X”に関する書き込みが映るシーンは、ちょっとにやついてしまった。
@michicoming Follow
映画『隣人X-疑惑の彼女』を試写で鑑賞。
自分が他者に、あるいは他者が自分に抱いているかもしれない違和感について考えながら、
そっと触れ合うような優しさに救われた。
パリュスあや子さんの原作『
隣人X』もまた胸に迫る。
文庫版に収録された熊澤尚人監督のインタビューもすごくよかった。
@errorman64 Follow
隣人X 疑惑彼女」鑑賞
Xを巡る)マスコミ狂騒や(外国人)差別テーマをわりとストレートにストーリーにしている感じ。
じっくりと観せる演出だが序盤はちょっとモタモタする感じも。
@yumihoashi Follow
隣人X 疑惑彼女
惑星難民
X受け入れを発表した近未来日本が舞台ミステリーロマンス。
よそ者を暴き排除しようとする人々が醜い。
そのなかで、ヒロインを演じた上野樹里
透明感が光る。
一方
、林遣都人間臭さよ。ちょっと、試されている気分になった作品。
@NI_SHI_SHI_KI Follow
『映画隣人X -疑惑の彼女-』観ました!
実に熊澤尚人監督らしい優しさとヒューマニズムにあふれた、このシーズンに相応しい心温まる一本。
現代日本どころか日本社会が根源的にはらんだ数々の病根を赤裸々に暴きながらも、
ミステリアスなラブロマンスという物語の基本線を堅持する手練れの職人芸。
林遣都と上野樹里と言う、本質的に人のよさそうな顔の俳優を主演に据えたあたりが勝ち要素。
『アライブフーン』の時も思ったけれど、野村周平は本当に微妙なニュアンスを醸し出すのが巧いなぁ。
川瀬陽太は今年見た中で一番の川瀬陽太でした。
@h07kei Follow
映画「隣人 -疑惑彼女 - 」を観る。 本日初日。
人間に扮する地球外生物という設定で、昨今
人間社会を揶揄するようは作品。
見終わった後、考える仕掛けになっている。林遷都
はまり役。
上野樹里も何気なミステリアスさが良い。
@pppp6x6qqqq Follow
『隣人X -疑惑の彼女』の公開日😆✨早速、見に行って来ました。
内容についてはネタバレになっちゃうからふれませんが、心で見る事ができたら優しい世界になるのになって…
お待ちかね推し様の前に 菅沼翔也さん発見!
そして、伊藤玄紀 さん‼️スクリーンで‼️かっこよかったぁ😊💕💕声もすぐ分かる
@sakihajime69 Follow
映画「隣人X -疑惑彼女-」鑑賞。
思ったほどSF的ではなかった。
いろいろとイライラした。★★★☆☆

 

映画『隣人X -疑惑の彼女-』公式サイト(コメント)

 

気軽に感想を書き込んで下さい♪

最新みんなのレビュー

マジで観て欲しい

2024年7月25日

面白いの一言!

小ネタ満載で笑ってしまいます

ぜひ、映画館で見てください。最高です!

食塩水

え、普通に面白かったけど

2024年7月22日

逃走中好きだから見たけど子供達と一緒に楽しめた

秋桜

映像も音楽も美しいラブストーリー

2024年7月21日

ピアノの連弾や演奏が綺麗だしノスタルジックな建物や映像も素敵でした。

秘密があまりにも驚きの展開でそこからの記憶が無いくらい泣きました…切ない儚い辛い…でもこんなに余韻の美しい映画は永いこと観てない

ED曲が映画に寄り添うようにぴったりでまた泣きました。

ぶーいち

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

-レビュー, 映画, 邦画
-, , , , , , , , , , , , , , , ,