PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

舞台・ミュージカル

【レビュー】舞台「ねじまき鳥クロニクル」2023年の見どころ・キャスト・スケジュール・評判

【レビュー】舞台「ねじまき鳥クロニクル」の見どころ・キャスト・スケジュール・評判

ねじまき鳥クロニクル

【2023.11.7(火) - 2023.12.17(日)】

0.0
Rated 0.0 out of 5
5段階評価中 ★0.0つ(0レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!0%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

演出・振付・美術】インバル・ピント脚本・演出】アミール・クリガー【原作】村上春樹

キャスト
<演じる・歌う・踊る>
岡田トオル:成河/渡辺大知
笠原メイ:門脇 麦
綿谷ノボル:大貫勇輔/首藤康之(Wキャスト)
加納マルタ/クレタ:音 くり寿
赤坂シナモン:松岡広大
岡田クミコ:成田亜佑美
牛河:さとうこうじ
間宮:吹越 満
赤坂ナツメグ:銀粉蝶<特に踊る>
加賀谷一肇、川合ロン、東海林靖志、鈴木美奈子、藤村港平、皆川まゆむ、陸、渡辺はる

<演奏>
大友良英、イトケン、江川良子

入場料・上演時間・その他
11/7(火)~11/26(日)東京・東京芸術劇場プレイハウス
12/1(金)~12/3(日)大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
12/16(土)・12/17(日)愛知・刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
HP:舞台「ねじまき鳥クロニクル」2023年

村上春樹の傑作がトップクリエイターの手で再び舞台へ!

世界的な評価を受けた村上春樹の長編小説『ねじまき鳥クロニクル』が、イスラエルの演出家インバル・ピントとアミール・クリガー、脚本家藤田貴大、音楽家大友良英によって再び舞台化され、今秋11月に待望の再演が決定した。初演では短縮された公演期間が話題となり、その伝説のステージが再び観客に贈られる。

舞台「ねじまき鳥クロニクル」2023年の5つの見どころ

1. 豪華な制作陣と再演の舞台裏:

初演で注目を浴びた豪華な制作陣が再び結集。イスラエルのインバル・ピントとアミール・クリガーの緻密な演出、藤田貴大の深い脚本、そして音楽の大友良英によって、物語はより魅力的な形で再現される。再演の舞台裏には、クリエイターたちの情熱と挑戦が詰まっている。

2. 成河と渡辺大知による多面的な演技:

主人公岡田トオル役は、成河と渡辺大知が二人で一人の人間の多面性を見事に演じる。村上ワールドの奥深さを探る彼らの演技は、観客を作品の核心へと誘い込む。

3. 不思議な女子高生・笠原メイの魅力:

不思議な女子高生・笠原メイ役には門脇麦が扮し、その存在感で物語に新たな息吹を吹き込む。メイのキャラクターは、村上春樹の作品における謎めいた要素を象徴している。

4. 綿谷ノボルのダブルキャスト:

圧倒的な悪役、綿谷ノボル役は初演から引き続き大貫勇輔がダンスシーンでの衝撃的な演技で存在感を発揮。さらに新たに、バレエダンサーで俳優の首藤康之がダブルキャストで挑戦。二人の異なるアプローチが物語に深みを与える。

5. 生演奏とダンスの調和:

舞台を彩る生演奏は大友良英、イトケン、江川良子の三名が務め、音楽の力で観客を異世界へ誘導する。インバル・ピントによる振付を8名の表現力豊かなコンテンポラリーダンサーが披露し、ダンスと音楽が調和する美しいスペクタクルが展開される。

あらすじ<STORY>

舞台は静かな世田谷の住宅街、岡田トオル(成河/渡辺大知)は妻のクミコと共に穏やかな日々を過ごしていた。しかし、ある日、姿を消した猫と謎めいた女性の電話がきっかけで、トオルは予測不能な出来事に巻き込まれ、思いも寄らない冒険の渦に身を投じることとなる!

物語は世田谷の住宅街から始まり、トオルは近所の空き家で不思議な少女・笠原メイ(門脇 麦)と出会う。彼女はトオルを“ねじまき鳥さん”と呼び、二人の間には不可思議な絆が芽生える。赤いビニール帽子を被った“水の霊媒師”加納マルタが登場し、ノモンハン事件の戦争の痛ましい記憶が語り部になる。

そして、妻のクミコが突如姿を消す。クミコの兄である綿谷ノボルからの連絡で、クミコと離婚を迫られるトオル。しかし、彼は次第に疑念に囚われ、クミコ失踪の背後に綿谷ノボルが関与しているという確信に変わる。トオルは未知の大きな流れに巻き込まれていることに気づき始める。

導かれるように隣家の井戸に潜り、クミコの意識に届けようとするトオル。世田谷から満州モンゴル国境まで、クミコ奪還の戦いは時空を超え、“ねじまき鳥”たちの戦いと一体化する。暴力とエロスが世界を覆い尽くす中、果たして“ねじまき鳥”はねじを回し、世界の歪みを正すことができるのか? トオルはクミコを見つけることができるのか? 笠原メイと再会することはできるのか?

驚きと感動の連続、迷走する時空を越えた冒険が始まる!

舞台「ねじまき鳥クロニクル」2023年を観た人の感想、評価、口コミ

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

@kamone Follow
ねじまきクロニクル、めっちゃ良かった。。。。 こんなでかいダンサーどこから連れてくるんだ、と思ったらこれだった。。。錯視のオンパレードだった。。。 すごかった。
@Kiyo_24 Follow
ねじまきクロニクル』勇輔くん綿谷ノボル、東京千穐楽おめでとうございます㊗️追加開催のアフタートーク"ねじまきダンス教室"は、勇輔くんMCで特に踊るメンバーが全員集合!初演時からダンサーさんのお話聞きたかったし、勇輔くんのお陰でヘラジカの裏話も聞けてとても楽しかった。明日東京千穐楽
@tommy_fmssc Follow
ねじまきクロニクル、大貫くん東京楽。そしてマイ楽。観れば観るほどクセになるというか、ハマる作品だった。 終演後にはダンサーさんたちのアフトク。大貫くん一緒に出てくれないかなーって思ってたら、MCが大貫くんで客席でわぁぁ✨ってなってしまった…。裏話たくさん聞けてめっちゃ楽しかった
@HongKong201503 Follow
有澤樟太郎氏『ねじまきクロニクル』観劇ということは、音くり寿ちゃんを観たということ!!!どうだった!!?!凄いでしょ!!!凄い歌姫でしょ!!?凄いダンサーでしょ!!!凄い演技力でしょ!?コミュ力の塊さんと長期共演したのに人見知りすぎて「音ちゃん」て呼ばれてるんだよ!!好き!!
@fuyuka_ohtaki Follow
本日は3回目のねじまきクロニクルを観劇に行ってきます。皇居の前を通過中。頭の真ん中より少し下のところに意識を集めると生命の音がする。宇宙の心臓のリズムに自分を合わせると周りの人が笑顔になるんだよね。すべての生命は同調するようにできているんだと思うんだ。
@kayoshi_L Follow
先日ねじまきクロニクル観劇してきました。原作未読勢には難解な表現が多すぎたので正確に話を理解できてるとは言えないのかもだけど本当に久しぶりにもう一度見たいと思える作品でした。演出や振り付けのセンスが好きすぎる。オークション会場のシーン好きすぎた。円盤化してくれ頼む絶対買うから!
@styz3 Follow
ねじまきクロニクル、前楽にして大貫さんノボルの一足早い千秋楽に、ねじまきダンス教室というアフタートーク付き。 ダンサーさん達じゃなきゃ話せないバックヤードでの活躍とかの御話も楽しかったけど、ヘラジカ内部が伺えてめっちやラッキーなトークでした #舞台ねじまき鳥クロニクル
@okasan52634 Follow
ねじまきクロニクル。じっとりとした余韻が残る且つ痛烈な舞台でした。ダンス教室、まさかのMC大貫さん。ダンサーさん達の裏話面白かった。ダンス教室って言うもんだからてっきりレクチャー受けて客も踊れるのかなと思ってたよ。笑
@f_s_fuzz Follow
ねじまきクロニクル』 平衡感覚がおかしくなっちゃうよ! 言葉がひとつひとつキラキラして、"特に踊る"人たちが空間に変換していく様から目が離せない! 運動の快が際立つなんじゃこりゃワールド
@_Kouichiro Follow
えらいものを観てしまった。舞台「ねじまきクロニクル」東京芸術劇場にて観劇。村上春樹小説の舞台化。確かに舞台のギミック・視覚効果がスゴい。それ以上に「ダンス」と「生の劇伴」。その破綻のない制御力。しかも全て目検で人力。2階席から舞台袖のバンドブースもよく見えててもうお腹いっぱい。
@gaguster Follow
ねじまきクロニクル、特に踊る、の方たちが特にすごく、演奏も贅沢で、吹越満は別格、ポスターの三人は、印象的には一番薄いかも、といった感じで、門脇麦はポスターに載せるほど出番も印象もない、けど興行上、いたしかたなしって感じだったのかな。 むしろ、岡田クミコの物語だったような。。。
@ayaka_rakkyo Follow
ねじまきクロニクル」 東京公演駆け込みで、観劇させていただきました。 美しいものをめいっぱい浴びた、、感覚です、、。 超贅沢なダンサーアフタートークまで、 最高でした。
@styz3 Follow
ねじまきクロニクル。 初日以降、何度か拝見しているけれど、今日になっても未だに(この振付はこういう演出的な意図があるのかも?)と気付く場面がある。 演者さん達が深化なさったり音楽との一期一会の面白さもあって、毎回面白い。良い作品になったなぁ #舞台ねじまき鳥クロニクル
@teiboouu Follow
東京出張に合わせ ねじまきクロニクルを観劇してきました 緊張と弛緩 非日常と日常 不穏と平穏のダークサイド寄りの進行でメンタル削られるが門脇麦さんのメイパートでしっかり癒やされる 再演だけれども初演とはまた違うアプローチで混沌の中に引き込まれるがラストはしっかりまとめてありスッキリ

画像

@coney39 Follow
舞台『ねじまきクロニクル』で好きなシーンなんて星の数ほど有るけど、最近のお気に入りは2幕、治療の後にsuffering ladyが早着替えでベルボーイになって出てきて水をコップに注いでピッチャーでチーン って乾杯するところ。(インバルさんのチャーミングさが出ていると思いませんか) (お疲れさま)
@coney39 Follow
ねじまきクロニクル』ひと足お先にお疲れさまでした。舞台のそちらとこちら。互いに生きて共有できる奇跡に。東京千秋楽も、大阪、愛知も存分に楽しんで下さい。ありがとうございました。

画像

@hiroki_suganuma Follow
舞台『ねじまきクロニクル』 実写映像化作品ではどうしてもリアリズムに寄った文学的情感にフォーカスがあたるが、舞台では象徴的表象にスポットを当てることができると、見せつけられた。 インバル・ピントの振付、非言語身体表現は圧巻の一言。テーマを軸に据えたジャンル横断的世界観は唯一無二
@DYeyuan Follow
ねじまきクロニクル観劇 内容は原作がそもそも複雑なので端折ったりアレンジ入ってたけども、そんなん関係なく演出バリすごかったのと生演奏なのも良かった 門脇麦16歳役で全然違和感なくめちゃ可愛かった #ねじまき鳥クロニクル
@Dude_Chi Follow
ねじまきクロニクル@東京芸術劇場。舞台演出がただ美しく見惚れてしまったし、単独のダンス公演としても振付を見ていてられるた。前方右側の座席だったので真横の大友良英さんらのライブ演奏にも集中しちゃったり、見どころ満載の3時間
@m_nh Follow
昼間に観劇した「ねじまきクロニクル」、期待通り面白い舞台でした(特に前半が本当に素晴らしかった!)。重層化し増殖する分身のモチーフ、自在に組み替えられる空間を生かした意想外のパフォーマンスに、随所で息を飲む。評価は分かれそうですが、大胆なようで見事なアダプテーションと思う。
@yoshiyagaki Follow
舞台、ねじまきクロニクル。原作の大ファンかつ大友良英さんの音楽が聴きたく行った。大規模な舞台演出と即興演奏とダンスにより立ち上がる不思議な世界だった。音楽と演技がお互いにエネルギーを与え合っているように思えた。江川良子さんのサックス、素晴らしかった。 #ねじまき鳥クロニクル
@yyutu Follow
ねじまきクロニクル』観てきた。演じる歌う踊る舞台。特に踊る方々の動きずっと言い表せなかった村上作品から想起される気持ち、見せてもらった。吹越満のあの動きあの体勢であの量のセリフ、数メートル先で見ていても何が起こっているのか目を疑う。生演奏めっちゃ豪華。
@_natsumitsu_ Follow
ねじまきクロニクル」観てきました!久々の観劇。。 舞台美術や照明計画が素晴らしく、インテリア性すら思わせる超好みの演出でした!大友良英の生演奏も豪華……漂うような、時に癇癪のような劇伴が更にツボ。 肉体すら舞台装置である、と言わんばかりのダンスと場転に心を射抜かれた!最高!
@yuuWasBlind Follow
ねじまきクロニクル、2回目。間宮中尉のエピソードで、自分がかつて子供の頃、意味もなく虫を殺した事を思い出した。そういう無意味な殺生を、人に向けてするのが戦争なのだなと思った。

気軽に感想を書き込んで下さい♪

まとめ

村上春樹の傑作『ねじまき鳥クロニクル』の再演は、トップクリエイターたちの手により、さらに進化した舞台芸術として観客に贈られる。制作陣の情熱、演技陣の多様性、ダンスと音楽の調和が見どころであり、物語の奥深さと美しさが共鳴するスペクタクルとなること必至だ。

最新みんなのレビュー

なかなか面白い

Rated 5.0 out of 5
2024年1月28日

若干の宝塚感的な演出はあるものの、最近あまりない感じのミュージカルだと思った演劇にありがちな中弛みも少なく(1幕中にちょっとはある)、アドリブも入れやすいのでは⁈と思った。また、主役の一人悪目立ちのような感じもなく、歌も踊りも平均して皆上手い。音楽も飽きが来ずよかった。

すーさん

面白かった‥けど

Rated 3.0 out of 5
2024年1月27日

出演者全員芸達者で、早口のセリフの応酬

しかも英語も。

前半の翻訳を違えて話が進んでいくアイデアは面白いけど少々長すぎ。何処かの勘違いコントみたい。

一気にミステリータッチになる後半の方が良かったです。英語と鹿児島弁が飛び交うのは斬新でした。

めいちゃん

ストーリーは雑、音楽はひどい、でも役者さんの技術は高く熱演

Rated 1.0 out of 5
2024年1月20日

ストーリーが大雑把でセリフが上滑り、せっかくのベートヴェンの美しいメロディなのに編曲と歌詞がいただけない。舞台芸術も魅力無くセンスが悪い。3時間無駄にした気が。。。役者さんの熱演だけが救いでしたが、心に届く楽曲は1曲もないミュージカルでした。

KP

皆さんの観たお気に入りの舞台やミュージカルのレビューを書いて盛り上げましょう♪