PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

舞台・ミュージカル

【レビュー】舞台「海をゆく者」の見どころ・キャスト・口コミ評判・スケジュール!

【レビュー】舞台「海をゆく者」の見どころ・キャスト・口コミ評判・スケジュール!

©︎舞台「海をゆく者」

【2023/02/05(日)~2023/05/11(木)】

4.0
Rated 4.0 out of 5
5段階評価中 ★4.0つ(1レビュー)
最高!名作!観なきゃ損!0%
一見の価値あり!オススメです!100%
普通。時間に余裕があれば。0%
あまりオススメしない。0%
面白くない!時間の無駄かも。0%

 

レビューを書き込む

【演出】栗山民也【脚本】藤沢文翁【作】コナー・マクファーソン

キャスト
小日向文世 高橋克実 浅野和之 大谷亮介 平田 満

日程・会場

公演日 会場
2023/12/7(木)~12/27(水) 東京・PARCO劇場
2024/1/17(水) 岡山・岡山芸術創造劇場ハレノワ中劇場
2024/1/20(土)~1/21(日) 福岡・キャナルシティ劇場
2024/1/24(水) 広島・JMSアステールプラザ 大ホール
2024/1/27(土)~1/29(月) 大阪・サンケイホールブリーゼ

「海をゆく者」9年ぶりの集結!70歳のレジェンドたちが織りなす笑いとサスペンス

小日向文世、浅野和之、大谷亮介、平田満が9年ぶりに再集結し、高橋克実も加わった5人の愛すべきダメ男たちが贈る、笑いとサスペンスに満ちたクリスマスファンタジー「海をゆく者」。平均年齢70歳の百戦錬磨の演劇レジェンドたちが、2006年のデビュー以来の名作を、舞台「PARCO劇場50周年」のアニヴァーサリー・イヤーに復活させる。演出は栗山民也が手掛け、豪華な競演が2023年の冬を彩る。

PARCO劇場開場50周年記念シリーズ「海をゆく者」5つの見どころ

1. レジェンドの競演

9年ぶりに再集結した小日向文世、浅野和之、大谷亮介、平田満に加え、新たに高橋克実も参加。これまでのキャリアで培った演技力と独自の個性が交錯し、舞台に一気に魅力と深みを与えている。70歳のレジェンドたちが贈る迫力のアンサンブルに注目。

2. ダーク・コメディの極致

劇作家コナー・マクファーソンの傑作「海をゆく者」は、笑いとサスペンスが交錯する世界観で知られ、今回の舞台もその真髄を堪能できる。喋りまくる名優たちが織りなすポーカーゲームのごとき緊迫感と笑いが、観客を引き込むダーク・コメディの極致を味わえる。

3. 平均年齢70歳の活力

演劇レジェンドたちが平均年齢70歳でありながら、そのキャリアやエネルギーはまったく衰えず、むしろ増している。彼らの存在感と情熱が、舞台に新たな息吹を吹き込み、観客に感動と驚きを与える。

4. PARCO劇場50周年のスペシャル

「海をゆく者」はPARCO劇場の50周年を飾るスペシャルな公演となっており、これまでの成功作と同様に期待を裏切らないクオリティで舞台を繰り広げる。観客は歴史的な瞬間に立ち会うこととなる。

5. クリスマスファンタジーの華麗な復活

海をゆく者」は、クリスマスファンタジーの要素を取り入れ、どうしようもないおやじたちの愛おしいばかりの物語が繰り広げられる。冬の夜に相応しい心温まるエンターテインメントとなり、珠玉の名作が復活する。

あらすじ<STORY>

アイルランド、ダブリン北部。海沿いの町にある古びた家に、若くはない兄弟が二人で暮らしている。兄のリチャード(高橋克実)は大酒のみで、最近、目が不自由になり、その世話のために戻ってきたという弟のシャーキー(平田 満)は、酒癖の悪さで多くのものを失い、今は禁酒中。陽気で解放的な性格のリチャードは、クリスマス・イヴも朝から近所の友人アイヴァン(浅野和之)と飲んだくれ、シャーキーが顔を合わせたくないであろう男ニッキー(大谷亮介)を「クリスマスだから」とカードに誘ってシャーキーを怒らせる。さらには、ニッキーが連れてきた一人の男、ロックハート(小日向文世)。彼こそが、シャーキーが忘れたくとも忘れられなかった男だった。

舞台『海をゆく者』を観た人の感想、評価、口コミ

役者の力量

Rated 4.0 out of 5
2023年12月22日

翻訳物は個人的にはハードルが高くて、馴染めないところもありますが、役者さんの力でぐいぐい引き込まれてました。他のキャスティングではこうはいかないのでは。

オニコ

 

レビューを書き込む

@yuk_sugar Follow
夜はPARCO劇場で #海をゆく者 再々演。初演も再演も観てますが、舞台巧者、てかほぼレジェンドな役者たちが演じる、酔っ払いオヤジたちが延々とくだまく台詞劇、やっぱり楽しいなぁ。鋼太郎さんが克実さんに変わったけど、リチャード兄ちゃんのより天然感が増した感じ?違和感なく兄ちゃんだった!
@mousekid0620 Follow
#海をゆく者 5人の酔っぱらいの痴話喧嘩観に行ったようなものだ。中身は空っぽで見終わった後に何も残らない😩 ただただ時間の無駄だった・・
@sazankaQ Follow
個人的には『ゆく者』はこのタイミングで突如、2023年俺BESTに躍り出た極上の一本。哀切と隣合せの可笑しみに満ちた海外戯曲、大好きなおじさん達が全力で暴れ廻る渾身のアンサンブル。戯曲深堀りしまくったに相違ない再再演。何だか思いがけないクリスマスプレゼント貰った気分になりました。

画像

@mi_muraya Follow
ゆく者、観劇。 何きっかけに購入したんだっけ…?ミリしらで見たので最初は要素が環境音以外なにもなくて、どこからの話に??🤔と戸惑っていたんだけど。きったねー家だなーだらしない男どもだなーと見てたんだけど。 なんだかラストが大変に爽やかで気持ち良い…良いもの見ました…!
@nagu_tyan_pa Follow
ゆく者』観劇! ダメ男たちのクリスマス・イブという文句と役者陣に惹かれて見に行って良かった!クリスマスがより楽しみになる、妙な「なにも起こらなさ」とそこに感じる人物像や生活感にうっとりしたり笑ったりちょっと涙したり。購入した悲劇喜劇掲載のインタビューにも頷く。面白かった〜
@kinggidora333 Follow
後半、ポーカー始まってからの展開が凄かった。 競技は違うが冬場の徹夜麻雀終えた朝の気怠い雰囲気あんなに再現した舞台ない。この感じなんだよなぁ。 生小日向さん観て帰ってからの下剋上球児も良かった〜 そして、パルコ劇場のM席、最高でした。一度経験すると意味分かると思うw #海をゆく者
@nagu_tyan_pa Follow
ゆく者、第二部のシャーキー、リチャード、ロックハートのやり取り! ことの重大さわかっていないはずのリチャードが発する台詞が二重の意味舞台上に投げかけていて、そこにある兄弟愛に涙が出てきた。ロックハートのピリッとした圧と詰めの甘い泥酔ぶりも愛らしく......
@green_river_41 Follow
ゆく者」 今週は、息子に始まり、お父さんで締めた1週間w このキャストでおもしろくないわけは無い。ラストが気持ちよく。確かにこれはクリスマスの奇跡。 ホコリ、湿気、煙、質感感じる美しい美術と、愛すべきおじさんたち 公演数とこのあとのツアー日程見て震えた。もう一回観たい。
@mingo008 Follow
埃っぽい部屋、溢れた酒のにおい、何日も風呂に入ってないおじさんのにおい、いろーんな不快なにおい終始感じる(気がする)のに、終盤、朝の陽射しがとてもあたたかで優しくて、涙が出る。ベテラン俳優の茶目っけと絶妙な間が国宝級。とても素晴らしかった。 #海をゆく者 #mingoの観劇感想
@____kdkd Follow
ゆく者 PARCO劇場 平均年齢70歳 俳優5人の会話劇。最後のオチがとってもすき……ベテラン俳優の芝居ひたすら浴びた。 梅ちゃん先生の再放送で高橋克実さん、白夜行の配信で平田満さん、ROOKIESの配信で浅野和之さん、タイムリーでちょうど見ていたこともなんだか運命感じたな……
@eneatennn Follow
ゆく者、観てきました。 先週は息子さん、今週はお父さん。 小日向文世さん、高橋克実さん、浅野和之さん、大谷亮介さん、平田満さんと大好きな役者陣、ベテラン勢のパワフルなお芝居で、とても有意義な3時間でした。

まとめ

「海をゆく者」は9年ぶりに集結したレジェンドたちが、70歳を超える年齢ながらもその力強い演技で贈る笑いとサスペンスに満ちたクリスマスファンタジー。PARCO劇場50周年を飾るスペシャルな公演として、コナー・マクファーソンの代表作が冬の舞台に蘇り、観客に感動と喜びを届ける。ダーク・コメディの極致、70歳の活力、そしてクリスマスファンタジーの魅力が絶妙に調和し、劇場に新たなる華を咲かせている。

気軽に感想を書き込んで下さい♪

最新みんなのレビュー

なかなか面白い

Rated 5.0 out of 5
2024年1月28日

若干の宝塚感的な演出はあるものの、最近あまりない感じのミュージカルだと思った演劇にありがちな中弛みも少なく(1幕中にちょっとはある)、アドリブも入れやすいのでは⁈と思った。また、主役の一人悪目立ちのような感じもなく、歌も踊りも平均して皆上手い。音楽も飽きが来ずよかった。

すーさん

面白かった‥けど

Rated 3.0 out of 5
2024年1月27日

出演者全員芸達者で、早口のセリフの応酬

しかも英語も。

前半の翻訳を違えて話が進んでいくアイデアは面白いけど少々長すぎ。何処かの勘違いコントみたい。

一気にミステリータッチになる後半の方が良かったです。英語と鹿児島弁が飛び交うのは斬新でした。

めいちゃん

ストーリーは雑、音楽はひどい、でも役者さんの技術は高く熱演

Rated 1.0 out of 5
2024年1月20日

ストーリーが大雑把でセリフが上滑り、せっかくのベートヴェンの美しいメロディなのに編曲と歌詞がいただけない。舞台芸術も魅力無くセンスが悪い。3時間無駄にした気が。。。役者さんの熱演だけが救いでしたが、心に届く楽曲は1曲もないミュージカルでした。

KP

皆さんの観たお気に入りの舞台やミュージカルのレビューを書いて盛り上げましょう♪