PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ『さよならマエストロ』第7話

ドラマ「さよならマエストロ」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|青ぞらホール幕を閉じる!晴見フィル団員たちの新たな旅立ち

©︎ドラマ「さよならマエストロ」7話

ドラマ『さよならマエストロ』7話 あらすじ

驚きと喜び、そして悲しみが入り混じるなか、青ぞらホールが閉館することが発表されました。これまで多くのコンサートや練習の場として親しまれてきたこのホールでの活動が一切できなくなり、晴見フィルの団員たちは新たな道を模索せざるを得ません。

晴見フィルのメンバー、特に晴見フィルのリーダーである晴見(西田敏行)は、残り1カ月での突然の閉館に戸惑いながらも、新たなスタートを切る覚悟を決めています。しかし、彼の相談相手である小村(西田敏行)は、自身の人生初のライブに向けてクラリネットの演奏に没頭しており、なかなか気持ちに余裕がなさそうです。

一方で、バイオリニストの天音(當真あみ)は、若手ヴァイオリニストである響(芦田愛菜)から上達した演奏を褒められつつも、心に秘めた悩みを抱えています。その悩みとは一体何なのでしょうか?

そんな中、鏑木(満島真之介)が夏目家を訪れ、驚くべきオファーをもたらします。なんと、ドイツの名門交響楽団から俊平(西島秀俊)に常任指揮者としてのオファーが届いたのです。これは俊平が夢に描いてきた憧れの舞台であり、まさに二度と巡り会えないかもしれないチャンス。果たして、俊平はどのような選択をするのでしょうか?

晴見フィルの団員たちはそれぞれの思いを抱えながら、新たな舞台に向けての一歩を踏み出すことになりそうです。閉館の喪失感から生まれる新たな可能性、そして音楽という共通の情熱が織りなす物語がここから始まります!

ドラマ『さよならマエストロ』7話 視聴率

視聴率:10.9

ドラマ『さよならマエストロ』7話ストーリー・ネタバレ

青ぞらホール、幕を閉じる!晴見フィル団員たちの新たな旅立ち

オーケストラが散り散りになり、“散りオケ”と嘲笑される中、俊平は最後の1カ月を迎え、楽団員たちの士気を高めるべく「散りオケならではの活動があると思います!」と力強く宣言しました。

一方で、天音はバイオリンや晴見フィルとの関係が父・白石一生にバレ、厳しく注意を受けます。白石は怒り心頭で、「返してきなさい」と要求します。

その後、天音はバイオリンや楽譜を俊平に返し、その出来事を知った海が「親がどうとか関係ないじゃん、やりたいことやれよ」と熱く説得します。しかし、天音は「ききらら星くれたのにごめん。どうせ私には無理だから」という言葉を残して絶望的な気持ちで去っていきました。

一方で、予期せぬ事態が発生し、小村が倒れて救急搬送されるという状況が生じます。しかし、幸運なことに大事には至らず、心臓の持病も治療を続ければ退院できそうです。

俊平はドイツからのオファーを断り、かつての師匠である鏑木に告げます。鏑木は激怒し、「夢を捨てるなんて絶対に許せない」と涙ながらに叱責します。

小村のバースデーイベントは、急遽病院に変更され、晴見フィルが感動的な演奏を披露します。入院中の小村もクラリネットを吹き、アマポーラの美しいメロディが病院のロビーに響き渡ります。

演奏会後、俊平は鏑木に向けて「君と2人で沢山の夢を叶えた。それは僕の人生のかけがえのない宝物です。でも今の僕の夢は、ここにあるんです」と告げます。鏑木は「ついていきますよ。僕は永遠に俊平さんのレポレッロ(※)ですから」と感慨深く答えました。

一方で、演奏会を聞いていた響は「音楽は人の心を救う」という言葉を思い出し、天音のもとへ急ぎます。感動的な再会の瞬間が、物語に新たな転機をもたらすこととなりそうです。

※レポレッロとは…オペラ『ドン・ジョヴァンニ』の登場人物で、ジョヴァンニの従者。ジョヴァンニにはついていけないと思っているが、金や脅しでずるずるついていってしまっている。

見どころ1: "散りオケ"の中で輝く士気高揚!

オーケストラが散り散りになり、“散りオケ”と揶揄される中、俊平は逆境を乗り越え、最後の1カ月に突入。彼の熱いリーダーシップが、楽団員たちの士気を高めていく姿が見どころです。俊平が「散りオケならではの活動があると思います!」と宣言する瞬間は、感動と希望に満ち溢れています。

見どころ2: 天音の葛藤と絶望!

天音の秘密が発覚し、父親からバイオリンや楽譜を返すよう命じられるシーンでは、複雑な感情が渦巻きます。その後、友情に支えられながらも、「どうせ私には無理だから」と絶望的な言葉を残し、去っていく姿は、青春の葛藤と成長を描いた感動の場面です。

見どころ3: 予測不能のドラマチック展開!

物語は予期せぬ出来事に揺れ動く。小村の健康問題が発生し、病院に変更されたバースデーイベントでは、感動的な演奏が繰り広げられます。予測不能の展開が、視聴者を物語に引き込み、感動を呼び覚ますでしょう。

見どころ4: 俊平と鏑木の師弟の絆!

俊平がドイツからのオファーを断り、鏑木との師弟の絆が再び脚光を浴びます。鏑木の激しい叱責と、俊平の決断が交錯する場面では、感動と共に、師弟の深い絆が描かれています。

見どころ5: 響と天音の感動の再会!

演奏会を聞いていた響は「音楽は人の心を救う」と感じ、天音のもとへ急ぎます。この感動的な再会が、物語に新たな転機をもたらす予感。感情豊かなシーンが視聴者の心を打つでしょう。

ドラマ『さよならマエストロ』7話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 

視聴者の感想1:「俊平のリーダーシップに感動!"散りオケ"という逆境を乗り越え、最後の1カ月に向けて力強く前進する姿に、心からのエールを送りたい!」

視聴者の感想2:「天音の葛藤に胸が締め付けられる。友情や夢への葛藤が織り交ぜられたシーンは、涙なしでは見られない感動のストーリー展開!」

視聴者の感想3:「予測不能な展開にドキドキ!小村の健康問題やバースデーイベントの変更は、物語に深みを与え、期待を裏切らないドラマの要素!」

視聴者の感想4:「師弟の絆に涙!俊平と鏑木のやり取りは心に響く。夢との葛藤、そして絆の再確認が、見る者の心に深く刻まれる。」

視聴者の感想5:「響と天音の再会が待ち遠しい!音楽が結ぶ絆が、物語に温かさと感動を加え、これからの展開がますます楽しみになってきた!」

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『さよならマエストロ』第8話

ドラマ「さよならマエストロ」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|過去との対峙、故郷への旅

©︎ドラマ「さよならマエストロ」8話

ドラマ『さよならマエストロ』8話 あらすじ

ドラマ「さよならマエストロ」の第8話では、登場人物たちの葛藤と過去が新たな展開を迎えます。響が心配する天音への思いや、俊平の30年ぶりの故郷訪問が物語をさらに深みへと導きます。

響は心配のあまり、大輝に付き添って天音の家へ向かいます。しかし、玄関先で彼女の父親である白石に追い返されてしまいます。その一方で、天音の様子に心を痛める海は、ある行動に出ることを決意します。

一方、俊平は招待された母校の創立記念イベントへの出席を決意し、30年ぶりに故郷の四国・高松を訪れます。その帰省の背後には、俊平の過去と家族との確執が潜んでいます。故郷での思い出と向き合いながら、彼の過去の一端が明らかにされ、父・行彦との関係にも新たな光が当てられます。

そして、俊平が故郷に帰ってきた真の目的も明らかになりつつあります。

ドラマ『さよならマエストロ』8話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『さよならマエストロ』8話ストーリー・ネタバレ

過去との対峙、故郷への旅

 

ドラマ『さよならマエストロ』8話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 

 

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『さよならマエストロ』第6話

ドラマ「さよならマエストロ」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|感動のさよならコンサート!晴見フィルが閉館に向けて奮闘!

©︎ドラマ「さよならマエストロ」6話

ドラマ『さよならマエストロ』6話 あらすじ

驚きのニュースが舞い込んできました。あおぞらホールの閉館が3月末から2月末に繰り上げられることとなりました。この決定により、晴見フィルは練習場所を失い、さらに市側からは新たなイベントの開催が一切認められなくなってしまいました。これにより、晴見フィルはまさに窮地に立たされています。

しかし、困難な状況にもめげず、団員たちは前向きな提案を受け入れることになります。その提案者は、小村(西田敏行)です。小村は、梅まつりという恒例行事を利用し、ゲリラ的に最後のコンサートを開くアイデアを団員たちに提案しました。この提案により、晴見フィルは最後の輝かしい瞬間を市民に贈ることができるかもしれません。

一方で、コンサートの開催には市側へのバレを避ける必要があります。そのため、古谷(玉山鉄二)を中心に、秘密裏にコンサートの準備が進められています。感動と興奮が交錯する中、俊平(西島秀俊)は近藤(津田寛治)の密かな夢を知り、瑠李(新木優子)は知られざる素顔に気づくこととなります。

そして、物語には新たな展開が加わります。響(芦田愛菜)はホールのオーディオルームでよく会う富子(白石加代子)から相談を受けます。それは、題名のわからない曲があるというものでした。これが一体どのような影響を与えるのか、期待と興奮が募ります。

晴見フィルの最後のコンサートは、まさに感動のクライマックスに向けて進行中です。市民はもちろん、団員たち自身もこの瞬間を忘れることはないでしょう。晴見フィルの音楽が、心に残る素晴らしいエンディングを迎えることでしょう。

ドラマ『さよならマエストロ』6話 視聴率

視聴率:10.8

ドラマ『さよならマエストロ』6話ストーリー・ネタバレ

感動のさよならコンサート!晴見フィルが閉館に向けて奮闘!

晴見フィルハーモニーが迎える最後のコンサート。あおぞらホールの閉館が2月末に繰り上げられ、晴見フィルは舞台も練習場も喪失し、市は新規イベントの受け付けを拒否。解散の危機に直面した。しかし、団員たちは絆を強め、最後の共演に向けて奮闘する。

小村(西田敏行)の提案で生まれた「HARU P」計画は、市の目を欺くための偽名工作。しかし、市の手違いで近藤の名前が申請責任者として登録されてしまう。これを知ったのは、団の最年少メンバーである響(芦田愛菜)だった。大ホールの利用を打ち明けられ、困難を前にしても黙っているよう頼まれた響は、仲間たちと団結し、コンサートに向けて準備を進めていく。

二朗(西田敏行)からもらった写真を通じて、晴見フィルの歴史が浮かび上がる。うたカフェでの出会いや初めての演奏会での思い出が、団員たちの心に深く刻まれていた。俊平(満島真之介)と古谷(玉山鉄二)はアトリエで画家・志帆(石田ゆり子)に訪れ、チラシに絵を提供してもらうことを依頼。感謝の言葉が交わされ、晴見フィルと地域の結びつきが再確認される。

舞台裏で団員たちはそれぞれの思い出を語り合い、最後のコンサートに臨む。一方で、近藤(津田寛治)は妻と娘に晴見フィルの最後のコンサートを呼ぶが、断られる。大ホールで指揮を振るマネをしている近藤に出会った俊平は、かつての密かな夢が指揮者であったことを知る。

天音(當真あみ)のバイオリンは上達し、海(大西利空)との共演で感動的な瞬間を迎える。バイオリンでの演奏に夢中になる天音は、初めて音楽に夢中になったことを明かす。その一方で、響はホールのオーディオルームによく来ている富子(白石加代子)から相談を受け、題名の分からない曲を検索するが、困難に直面する。

コンサート当日、晴見フィルの団員たちはベートーヴェンやロッシーニ、モーツァルト、バッハなどに仮装し、会場を賑やかに彩る。瑠李(新木優子)は赤い衣装でカルメンに合わせ、俊平は闘牛士の衣装で登場。衣装は鏑木(満島真之介)が用意したという意外な一面も明らかになる。

一方で、近藤は母から妻と娘が来ていたが回転寿司食べ放題に行くからと帰ったことを知り、ショックを受ける。瑠李の両親や家庭もコンサートを楽しみにしており、晴見フィルとの結びつきが深まっていく。

瑠李は照れくさいが恥ずかしがりながらも、俊平からのアドバイスに耳を傾け、新たな曲への挑戦を決意する。コンサートが始まり、瑠李の美しいフルートが会場に響き渡る。

指揮者に必要なのはアパッシオナート。海がバイオリン用にアレンジした「きらきら星変奏曲の楽譜」を渡し、天音はそれを演奏することを夢見る。市長が父親であることを知った瞬間、音楽と家族の絆が交錯する。

コンサートの中で、俊平が指揮してみたい人を観客席から募集するシーンでは、子供からおじいちゃんまで数人が指揮台に登り、その人の指揮によって曲のペースが変化していく。晴見フィルの音楽が観客と一体となり、感動の瞬間が生まれる。

一方で、響はオーディオルームで富子に出会い、探していた曲を聴かせる。それは富子が探していた曲であり、20年ぶりの再会が笑顔と感動をもたらす。大輝も加わり、音楽は人の心を救うことができるという素晴らしい瞬間を共有する。

打ち上げの会場では、解散を迎える晴見フィルのメンバーが感動と感謝の涙を流し、物語は一つの区切りを迎える。しかし、その中で鏑木の携帯にかかってきた電話が、新たな旅立ちを予感させる。鏑木が俊平をドイツに連れていくという予告が、物語に未完の余韻を残す。

晴見フィルの解散を経て、音楽の奇跡が広がる未知の旅路が始まろうとしている。

ドラマ『さよならマエストロ』6話の見どころまとめ

1: 解散危機からの団結 - 晴見フィルの奮闘

晴見フィルハーモニーが直面する閉館と解散の危機。しかし、団員たちは絆を深め、市の新規イベント受け入れ拒否にもめげず、梅まつりでの最後のコンサートに向けて奮闘。小村の提案で生まれた「HARU P」計画は、市の手違いにより意外な展開を迎える。

2: 音楽と共に歩んだ40年の歴史

晴見フィルの40年の歴史が写真や回想を通じて浮かび上がります。うたカフェでの出会いや初演の思い出が、団員たちの心に深く残っています。晴見フィルと地域の結びつきが再確認され、音楽の不滅の魅力が垣間見えます。

3: 夢と感動の最後のコンサート

最後のコンサートでは、団員たちがベートーヴェンやロッシーニ、モーツァルト、バッハなどに仮装し、ユニークな演出が目白押し。瑠李の成長や近藤の涙ながらの挨拶が、感動の瞬間を創り出します。

4: 未知なる旅路への扉 - ドイツへの誘い

晴見フィルの物語が終わりつつありますが、鏑木の電話により新たな旅立ちが示唆されています。鏑木が俊平をドイツに連れていくという予告は、物語に未完の余韻を残し、視聴者を新たな興奮へと誘います。

5: 響き続ける音楽の魔法 - 晴見フィルの音色

最後の演奏で、俊平が語る音楽の魔法。晴見ホールに残る音楽の響きや、団員たちの思い出が、永遠に心に響き続ける。音楽の力が、晴見フィルの解散後も広がっていくことを予感させます。

ドラマ『さよならマエストロ』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 「奮闘の中に感じる温もり!」

最後のコンサートへの奮闘や40年の歴史が、視聴者の心に温かな感動を呼び起こす。解散危機を乗り越え、団員たちの絆が試される中、音楽と共に歩んだ時間が物語の核となり、視聴者は感慨深く胸が熱くなる。

視聴者の感想2: 「未知なる旅路にワクワク!」

鏑木の電話による未知なる旅立ちの予告が、視聴者をワクワクさせる。晴見フィルの解散後、新たな興奮へと誘われる展開に、期待と興奮が入り混じり、未来へのドキドキ感が胸を膨らませる。

視聴者の感想3: 「音楽の魔法に引き込まれた!」

晴見ホールに残る音楽の響きや、俊平の語る音楽の魔法に引き込まれました。晴見フィルの音色が永遠に心に響く様子が、視聴者に感動と感慨を与え、音楽の不滅の美しさに触れた瞬間でした。

視聴者の感想4: 「感涙の挨拶に涙腺崩壊!」

近藤の涙ながらの挨拶が、感動のクライマックス。40年間の感謝と音楽への情熱が溢れ出し、視聴者は涙腺崩壊。晴見フィルの旅路が一つの区切りを迎えつつも、その感動が余韻として心に残る瞬間でした。

視聴者の感想5: 「音楽の力に魅了された!」

晴見フィルの音楽が、視聴者の心に深く刻まれました。コンサートの演出や瑠李の成長に感動し、最後の挨拶や音楽の魔法に心打たれ、音楽の力に魅了された瞬間。感謝と共感の念が込み上げ、物語の余韻に浸る幸福なひとときでした。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『さよならマエストロ』第5話

ドラマ「さよならマエストロ」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|家出の先に広がる運命の結びつき - 俊平と響、そして予想外な関係の真実

©︎ドラマ「さよならマエストロ」5話

ドラマ『さよならマエストロ』5話 あらすじ

物語は、俊平(演:西島秀俊)と瑠李(演:新木優子)の関係を勘違いした少女、響(演:芦田愛菜)の家出から始まります。響は偶然2人が一緒にいる場面を目撃し、その出来事がきっかけで家出を決意します。

驚きと混乱の中で、俊平は予想だにしない出来事に直面し、彼は頼りにしていた志帆(演:石田ゆり子)のもとを訪れます。そこで、俊平と志帆は響のために協力し合うことを決意します。しかし、響が家出した先は予想外の場所であり、彼女の選択には謎が隠されています。

同時に、物語は海(演:大西利空)にも焦点を当て、彼もまた予測不可能なハプニングに巻き込まれ、結局は家出することになります。夏目家は次第に崩壊の兆しを見せながら、5年前の真実が明らかになります。

5年前の出来事が物語の鍵を握っていることが判明し、その中で俊平と響がどのような出会いを果たしたのかが徐々に語られます。家族が分裂する中で、俊平と響の運命的な結びつきが明らかになります。

ドラマ『さよならマエストロ』5話 視聴率

視聴率:10.0

ドラマ『さよならマエストロ』5話ストーリー・ネタバレ

家出の先に広がる運命の結びつき - 俊平と響、そして予想外な関係の真実

音楽と家族の絆が交錯する感動の第5話が繰り広げられました。俊平(西島秀俊)の心の乱れ、響(芦田愛菜)の家出、そして新たな絆が生まれる展開に胸が熱くなります。物語は、宝の持ち腐れと思われたものが実は深い結びつきを持っていることを教えてくれました。

「宝の持ち腐れ」の舞台裏

演奏会が終了し、古谷(玉山鉄二)が急いで帰る中、鏑木(満島真之介)は俊平に駆け寄り、彼のマネージャーとしての絆を再確認します。しかし、彼はオーケストラの実力に疑念を抱き、「こんなオケじゃ宝の持ち腐れ」と口にします。その言葉に晴見フィルのメンバーたちはショックを受けてしまいます。

家族の絆が揺れる中で

帰宅した俊平は、家族との関係に悩みます。そこで、娘の響がファミレスでの会話を耳にし、心の中に渦巻く感情を表明します。離婚はしないと言う俊平に対し、響は冷たく「挽回できないと思います」と語ります。そして、家族への気遣いを求め、「もう少し気遣ってあげてください。思春期なんで」と訴えます。

娘の家出と新たな絆の芽生え

翌日、あおぞらホールの倉庫での出来事が俊平と古谷、そして大輝によって打ち明けられます。古谷は俊平が楽しんでいる演奏を邪魔したくないとの思いから、自ら去ることを決意します。一方で、家出した響は大輝の家で過ごすことになり、新たな絆が芽生えます。

誤解が招いた騒動

一連の出来事で、俊平と瑠李(新木優子)の関係が誤解され、キスをしているように見えてしまいます。これにより、響や古谷、大輝ら周囲の人々が驚きと激怒の表情を浮かべ、状況は一気に緊迫します。

娘の本音と家族の再生

家出した響が明かす、姉が抱えていた過去の辛い出来事や音楽への情熱が、家族の中で新たな理解を生むきっかけとなります。特に、響が感動の落語家・柳亭小痴楽に出会い、音楽に対する新たな夢を見つける場面は心打たれます。

新たな絆の始まり

大輝と響の交流、小痴楽の励まし、そして俊平と志帆(石田ゆり子)の包容力が、家族の再生への一歩を示します。笑顔と感動が交錯する中、家族の再生への道が明るく照らされていくのです。

「うたカフェ」で繋がる音楽と家族

「うたカフェ」の場面では、大輝と響が演奏し、それを楽しむ家族たちの姿が印象的です。音楽が家族を結びつけ、心の距離を縮めていく様子は、視聴者に深い感動を与えます。

希望の光が差し込むラスト

物語は感動的なラストを迎えます。俊平、響、志帆が笑顔で食卓を囲む場面は、家族の再生と絆の強さを象徴しています。小痴楽のサインが手ぬぐいに描かれ、響が部屋に入る場面は、新たな幕開けへの期待を抱かせます。

結びつけられた音楽と家族の物語

「さよならマエストロ」第5話は、音楽と家族の絆を美しく描いた感動のエピソードでした。家族の再生と成長、音楽の魅力が絡み合いながら、心に残る物語が綴られています。これからも、ますます盛り上がりを見せることでしょう。

ドラマ『さよならマエストロ』5話の見どころ

1. 絆が深まる音楽の調べ

物語の中で描かれる音楽は、家族の絆を深める魔法のような存在です。オーケストラの演奏、そして響と大輝の共演は、家族同士の心を通わせ、新しい絆を紡ぎ出します。音楽が織り成す感動的な瞬間に注目です。

2. 響の新たな夢と感動の出会い

響が出会った柳亭小痴楽との交流は、物語に新たな息吹をもたらします。小痴楽の落語に触れ、響の心に新たな夢が芽生える瞬間は、感動の渦巻きを呼び起こします。音楽と笑いに満ちたシーンに心を奪われます。

3. 家族の再生と笑顔の復活

物語が進むにつれて、俊平と家族の絆が再生され、笑顔が戻ります。響と大輝の交流、小痴楽との出会いが、家族を包み込む温かな雰囲気を生み出しています。感動的な家族の再生劇に感心せざるを得ません。

4. 「うたカフェ」で交わる音楽と愛情

「うたカフェ」のシーンでは、音楽と愛情が交わり合います。大輝と響の演奏が家族を結びつけ、笑顔に満ちたひと時が広がります。音楽と愛情が一体となって、視聴者の心を打つ感動の場面となっています。

5. 希望と新たな幕開けへの期待

物語のラストで繰り広げられる笑顔と希望の場面は、視聴者に深い感慨を抱かせます。小痴楽のサインが象徴する新たな幕開けへの期待が、家族の未来を輝かせます。物語の結末に注目し、感動を共有しましょう。

ドラマ『さよならマエストロ』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

「絶対観て損なし!」

感動の連続、特に音楽の調べが家族の絆を深める様子には言葉もありません。オーケストラの演奏や響の新たな夢に胸が熱くなりました。このエピソードは絶対に見逃せません!

「響と大輝のコンビ最高!」

響と大輝の共演は最高のコンビネーション!小痴楽との出会いが響に新たな夢をもたらし、その瞬間の感動は言葉では表現しきれません。笑いと音楽、最高のエンターテインメントがここにあります。

「家族の再生、泣ける!」

物語が進むごとに俊平と家族の再生が描かれ、泣きっぱなしでした。響と大輝の交流、小痴楽とのほろ苦い出会いが家族を温かく包み込んでいます。感動の連続で心が震えました。

「うたカフェのシーンが最高!」

「うたカフェ」のシーンでは、音楽と愛情が交わり合い、視聴者も一緒に心が躍りました。大輝と響の演奏が家族の笑顔を呼び戻し、その温かな雰囲気に感動しました。まさに最高の場面です。

 「ラストの笑顔が幸せすぎる!」

物語の結末で広がる笑顔と希望の未来に、涙が止まりませんでした。小痴楽のサインが象徴する新たな幕開けへの期待が、視聴者にも新たな希望を抱かせる瞬間。この幸せを共有できて本当に嬉しい!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『さよならマエストロ』第4話

ドラマ「さよならマエストロ」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|運命の旋律に紡がれた誓い:魂の調べと愛の交響曲

©︎ドラマ「さよならマエストロ」4話

ドラマ『さよならマエストロ』4話 あらすじ

響のバイオリンに秘められた魔法に触れ、大輝、天音、蓮の三人は驚愕の表情を浮かべた。まるで宇宙そのものが奏でるような響の演奏は、ただの音楽とは一線を画していた。その場にいた者たちは、彼女の技術が凌駕していることを確信し、その美しさに圧倒された。

大輝は、感動を抱えたまま晴見フィルへの誘いを口にする。しかし、響は彼女の演奏が秘密にされるよう懇願した。そして、響はある条件を提示した。その条件とは、彼女自身の選んだ舞台での演奏。大輝はため息をつきつつも、その要望に応じることを決断した。

一方、出前コンサートの会場で、俊平は志帆と偶然出会う。その瞬間、彼の心は演奏に向けられるべきであるべきなのに、志帆に奪われてしまった。一方で、古谷はドギマギとした表情を見せていた。その心の中には、俊平に隠された秘密が渦巻いていた。

そして、運命のいたずらか、俊平と志帆が5年ぶりに向き合うこととなった。二人の間には、言葉にできない感情が漂い、時間の経過を忘れた二人は心を通わせることとなった。しかし、その背後には、俊平を捜す謎の男が姿を現した。

謎の男、満島真之介演じる存在は、俊平の過去に纏わる深い闇を知っているようだった。俊平と志帆の再会、そして演奏の舞台を巡る激動の物語が、新たな展開へと向かっていく。愛、秘密、そして音楽が紡ぐ物語は、読者を引き込み、感動のクレッシェンドを迎えることだろう。

ドラマ『さよならマエストロ』4話 視聴率

視聴率:10.6

ドラマ『さよならマエストロ』4話ストーリー・ネタバレ

運命の旋律に紡がれた誓い:魂の調べと愛の交響曲

ドラマ「さよならマエストロ」の第4話は、登場人物たちの複雑な心情と家族の絆が交錯する感動的なエピソードでした。物語は、田園コンサートの舞台裏から物語が展開し、主人公である俊平(演:西島秀俊)と志帆(演:石田ゆり子)の関係に新たな展開が生まれます。

物語は、田園コンサートの舞台裏での出来事からスタートします。俊平は志帆に似た謎めいた女性に出会い、彼女に電話をかけるものの、出ないことから物語が複雑な展開へと進んでいきます。一方で、響(演:芦田愛菜)の驚異的なバイオリンの腕前に感嘆する大輝(演:宮沢氷魚)や天音(演:當間あみ)、蓮(演:佐藤緋美)の心情も物語に深みを与えます。

物語の中で、晴見フィルのメンバーである古谷の過去が描かれ、その影響が現在に及ぶことが示唆されます。志帆の不在が、響と俊平の関係にどのような影響を与えるのかが、次第に明らかにされていきます。

バイオリンのコーチ

特に注目すべきは、天音が提示した条件や、バイオリンのコーチになる代わりの条件が物語に投入される場面です。その条件には、天音のバイオリンへの熱い思いが秘められており、彼女の成長と物語の進展に大いに期待が寄せられます。

物語は、カットサロン「フィガロ」や「うたカフェ」でのシーンを通じて、登場人物たちの内面や心の交流が描写されます。太郎(演:不破万作)と俊平の父子のやりとりや、二朗(演:西田敏行)のアドバイスが、物語に温かな雰囲気を添えています。

俊平と志帆の再会

そして、俊平と志帆の再会シーンは、感動と葛藤が入り混じり、物語に深い感情をもたらします。志帆が抱える過去の苦悩や、俊平との関係が次第に解き明かされる中で、視聴者は物語に引き込まれることでしょう。

物語は、家族の絆や愛情、そして葛藤と成長が交錯する中で、ますます複雑で心揺さぶられるものになっています。次回以降の展開がますます気になり、物語の深みが一層増すことが期待されます。ドラマ「さよならマエストロ」は、家族の絆を描いた感動作品として、視聴者に深い感銘を与えることでしょう。

晴見フィルのメンバーたちの過去

続いて、物語は田園コンサートの舞台裏から晴見フィルのメンバーたちの過去へと遡ります。古谷たちが子供のお絵かき教室でモデルを務めることになり、そこでの出会いが彼らの運命を大きく変えることになります。志帆が古谷に頼んで子供たちに楽器の演奏を披露し、笑顔で「ありがとうございました」と伝えた瞬間、古谷は志帆に一目惚れします。

ここで物語が1年前に遡り、晴見フィルのメンバーが出会った当初の様子が明らかにされます。子供たちが古谷のファゴットに興味津々でリクエストする中、志帆は古谷に絵を描いてほしいと頼みます。その後、志帆は笑顔で古谷に感謝の言葉を述べ、古谷は一瞬で志帆に心を奪われてしまいます。大輝によれば、志帆はバツイチで独身とのこと。大輝が「今いかないでいつ行くんですか」と古谷を後押しするなか、古谷は結婚を前提にお付き合いしてほしいと志帆にアタックします。

しかし、志帆は結婚していると告げ、古谷のアタックを断ります。志帆の現在の姿勢や考え方が、彼女の内面を垣間見せる瞬間でもあります。

響のバイオリンの腕前

物語は現在に戻り、響のバイオリンの腕前に感嘆する大輝や天音、蓮が登場します。彼らは響に晴見フィルとの親子共演を誘うものの、響は条件として演奏が内緒にされるよう懇願します。一方、大輝は響のバイオリンに感動し、親子共演をあきらめていないことを示唆します。実現すれば晴見フィルが解散しない未来もあるのではないかと大輝が考えるなか、響は「勝手な妄想。気持ち悪いです」とバッサリと言い放ちます。

物語は次第に謎めいた展開へと進みます。俊平が妻と会ったことを伝えるも、それが見間違いだと一蹴される場面が描かれます。その後、俊平は古谷に妻を見かけたことを相談しますが、古谷は一笑に付す態度を見せます。そして、すれ違いの恋の物語が明らかになります。晴見フィルのメンバーたちが子供のお絵かき教室で出会った当時、志帆と古谷の間には微妙な空気が流れていました。

晴見フィルのメンバーが子供たちと交流する中、子供たちが古谷のファゴットに興味津々でリクエストし、志帆が古谷に頼んで子供たちに楽器の演奏を披露したことが、志帆と古谷の最初の交流の瞬間となりました。古谷は志帆に感謝の言葉を述べられ、その笑顔に一瞬で心を奪われます。大輝によれば、志帆はバツイチで独身とのこと。志帆の素敵な笑顔と、その後の展開が、物語に深い感動と謎めいた要素を与えます。

俊平が志帆と公園のベンチで再会

物語は現在に戻り、俊平が志帆と公園のベンチで再会し、5年ぶりの対面での会話が始まります。志帆はフランスに行っていたことや、海にはバレていることを明かしますが、響には知られていないことを強調します。志帆が俊平と響の関係修復のためにいなくなったことが響に知られれば、響が不満を抱くだろうと考えたためです。志帆は、俊平がいる限りは戻らないと告げ、その場を去ります。しかし、偶然にも響が2人の再会を目撃してしまいます。

その後、夕食の席で響が俊平と海に対して何か隠し事があるのではないかと疑念を抱く場面が描かれます。しかし、俊平と海はごまかしてしまいます。一方で、田園コンサートの動画がSNSにアップされ、反響を呼んでいたことが明らかになります。同時に、俊平を捜す謎の男(演:満島真之介)もこの動画を見ており、物語に新たな謎めいた要素を投入します。

物語はカットサロン「フィガロ」に移り、古谷が息子・俊平にいい人がいると伝える場面が描かれます。太郎は1年前くらいから「いい人」が息子にいると余計なことを言うなか、俊平は妻と会えたがうちに帰らないと言われたと告白します。二朗は奥さんの目を見つめて「戻ってきてちょーだい」と歌い、愛情についてのアドバイスを送ります。二朗は「愛ってのはね、高らかに歌い上げたもんが勝つのよ」と述べ、俊平に勇気を与えます。

天音と海

続いて、天音と海がロビーで話す場面が描かれます。海がフランス生まれで、家族が音楽家や画家だと語るなか、天音は「漫画じゃん」と軽くコメントします。天音は自分の家庭は普通だと強調し、次の課題曲がロッシーニの「セヴィリアの理髪師 序曲」であることを明かします。海はロッシーニについて語り、引退後は美食家になったことを明かします。

その時、窓から俊平と響が見え、二人を尾行する海と天音の姿が描かれます。彼らがファミレスで俊平と志帆が会話している場面を目撃します。こうして、響と海、そして天音も巻き込まれて、両親の会話を盗み聞きする展開が始まります。

物語は感動的な場面へと進みます。俊平は志帆との再会の際に、妻との関係について語ります。しかし、志帆はそれを「見間違いでしょ」と一蹴します。翌日、俊平は古谷に妻を見かけたことを相談しますが、古谷は一笑に付してしまいます。物語は次第にすれ違いの恋の物語へと突入し、古谷たち晴見フィルのメンバーが子供のお絵かき教室で出会った当時の様子が描かれます。

特に注目すべきは、志帆が俊平に告げた「絶対に言いません。その代わり」という代わりの条件です。それは、バイオリンのコーチとしての役割でした。天音がひそかに練習して師匠である俊平から「すご!」と言われたいという思いが、この条件に込められています。響はそれに対して「よくないよ、誰かに褒められたいとか、そういうマインドで練習するの」と指摘します。一方で、大輝は響のバイオリンに感動し、親子共演を諦めていないことを示唆します。響はそれに対して「勝手な妄想。気持ち悪いです」と冷静に断ります。

謎の男(演:満島真之介

物語は謎の男(演:満島真之介)が登場する場面へと進みます。夕食の際に響が何かを隠しているのではないかと疑念を抱く場面が描かれますが、俊平と海はそれをごまかします。同時に、田園コンサートの動画がSNSにアップされ、反響を呼んでいたことが示唆されます。そして、俊平を捜す謎の男がこの動画を見ていたことが明らかになります。これが物語に新たな展開と緊張感をもたらします。

物語は、カットサロン「フィガロ」でのシーンへと移ります。古谷が息子・俊平にいい人がいることを伝え、その後の展開が描かれます。太郎は「愛ってのはね、高らかに歌い上げたもんが勝つのよ」とアドバイスし、俊平は妻との関係に向き合う決意を固めます。

さらに、天音と海がロビーで話す場面が続きます。海がフランス生まれで、家族が音楽家や画家だと語るなか、天音は「漫画じゃん」と軽くコメントします。天音は自分の家庭は普通だと強調し、次の課題曲がロッシーニの「セヴィリアの理髪師 序曲」であることを明かします。海はロッシーニについて語り、引退後は美食家になったことを明かします。窓から俊平と響が見え、二人を尾行する海と天音の姿が描かれます。彼らがファミレスで俊平と志帆が再び会話する場面を目撃します。

こうして、物語は感動的な再会や家族の葛藤、謎めいた出来事が入り混じりながら進行していきます。志帆が明かす過去の苦悩や俊平との関係の複雑さ、そして新たなキャラクターの登場によって、次回以降の展開がますます気になるものになります。ドラマ「さよならマエストロ」は、家族の絆を描きながら視聴者に深い感動をもたらしており、今後の展開に期待が高まります。物語がどのような転機を迎え、キャラクターたちがどのように成長していくのか、続きがますます気になりますね。

ドラマ『さよならマエストロ』4話の見どころ

1. 感動の家族再会

物語が進むにつれ、俊平と志帆の再会は家族の絆を深める感動的な瞬間となります。5年ぶりの対面で交わされる言葉には、過去のすれ違いと未来への希望が込められています。響の視点から見ると、家族の再会が彼女の心にどのような影響を与えるのかが注目されます。

2. 謎めいた軌跡の解明

物語は過去と現在を行き来しながら、晴見フィルのメンバーたちの過去が少しずつ解き明かされていきます。古谷と志帆の出会いや、響と俊平の関係など、キャラクターたちの謎めいた軌跡が物語を深化させ、視聴者を引き込むことでしょう。

3. 音楽と愛の融合

バイオリンの魔法と愛のストーリーが見事に交錯します。響のバイオリン演奏による感動的なシーンや、古谷と志帆の愛の行方が音楽とともに織りなされ、視聴者は感情に共感しながら物語に引き込まれます。

4. 新たな登場キャラクター

謎めいた男性キャラクター(演:満島真之介)の登場が、物語に新たな展開をもたらします。彼の出自や目的、俊平との関係がどのように結びつくのか、期待と興奮が高まります。物語に緻密な布石が散りばめられています。

5. 家族の葛藤と成長

志帆と俊平の家族としての葛藤が浮き彫りになります。志帆が失った生きがいや、俊平の芸術に捧げる姿勢との葛藤が家族のあり方を問い直す契機となります。キャラクターたちがそれぞれ成長し、家族としての新たなスタートに向けて歩み出す様子が見どころです。

ドラマ『さよならマエストロ』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 感動の嵐に包まれた!

涙なしでは観られない感動の物語。俊平と志帆の再会や、響のバイオリン演奏に心が震えました。家族の再会の温かさと音楽の力が、視聴者に深い感激を与える。

2. 謎解きの興奮!

過去と現在が交錯する複雑なストーリー展開に興奮。晴見フィルのメンバーたちの過去が解き明かされるたびに、新たな発見と驚きに包まれ、視聴者は次回が待ち遠しい!

3. 音楽が心を揺さぶる

バイオリンの美しい音色が感情を揺さぶる。音楽と愛の融合が見事で、特に響の演奏シーンは魂を揺さぶられる感覚。音楽が物語に深みを与えている。

4. 新キャラの登場に興奮!

物語に新たなキャラクターの登場にワクワク。満島真之介演じる謎めいた男性が物語にどのような影響を与えるのか、期待が膨らむ。新展開への興奮が止まらない!

5. 家族の葛藤が心に迫る

志帆と俊平の葛藤や成長が心に迫る。家族としての喜びや苦悩がリアルに描かれ、登場人物たちの心情に共感。家族の絆を感じながら、彼らの成長に胸が熱くなる。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『さよならマエストロ』第3話

ドラマ「さよならマエストロ」3話ネタバレ・視聴率・考察・感想|奇跡の音楽イベント!晴見フィル、危機一髪のコンサート開催へ!

©︎ドラマ「さよならマエストロ」3話

ドラマ『さよならマエストロ』3話 あらすじ

驚きと興奮の一夜が晴見フィルに訪れました。それは、西島秀俊さん扮する俊平の奇想天外なアイデアから生まれたもので、市の圧力によって使えなくなったホールにおいて、まさに奇跡のような音楽イベントが開催されることとなりました!

もともとコンサートの提案者である俊平は、晴見フィルが演奏する場所を失ってしまったことに危機感を覚え、独自のアイデアで新たな舞台を提案しました。しかし、その提案にはオケ団員たちの反発があり、なかでもプロレベルの才能を持つ佐藤緋美さん演じる蓮がメンバーの演奏ミスなどに厳しく反応し、口論が巻き起こりました。

宮沢氷魚さんが演じる大輝は、口論の最中に練習を途中で抜け出してしまうなど、オケ団員たちの間に不穏な空気が漂っていました。しかし、そんな中でも俊平は決して諦めず、奇想天外な場所での演奏を提案し、団員たちを驚かせました。

一方で、晴見フィルには別の問題が待ち受けていました。芦田愛菜さんが演じる響は、上司からの命令で晴見フィルに妨害を仕掛けられていたのです。響は晴見フィルの部屋で妨害の手がかりを見つけ、その姿を見ていた俊平は、響の部屋に向かうことを決意します。

晴見フィルとオケ団員たちの困難な状況にも関わらず、俊平の奇想天外な提案が実現し、新たな舞台でのコンサートが開催されることになります。果たして、彼らは困難を乗り越え、奇跡の音楽イベントを成功させることができるのでしょうか。音楽とドラマが交錯する一夜に期待が膨らみます!

ドラマ『さよならマエストロ』3話 視聴率

視聴率:10.9

ドラマ『さよならマエストロ』3話ストーリー・ネタバレ

奇跡の音楽イベント!晴見フィル、危機一髪のコンサート開催へ!

朝、俊平(西島秀俊)は自転車での事故に巻き込まれ、一方で海(大西利空)は母・志帆(石田ゆり子)の変装を目撃します。志帆は息子に秘密を打ち明け、それぞれの人生を歩むことを促します。海は母に協力の手を差し伸べ、LINEで意志を伝え、感謝を得ます。

同時に、海は踊りながら帰る谷崎天音(當真あみ)を目撃し、その中で新たな出会いが生まれます。天音はうたカフェで楽器を触り、バイオリンを手にして演奏しますが、音はギーギーギーと鳴るばかりでした。

晴見フィルのコンサートでは、俊平が提案したベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が次の演奏曲に決定します。俊平は自転車で見つけた美しい森の風景から着想を得て、通常の練習場でカジュアルなコンサートを開くことを考えます。しかし、楽団のメンバーたちの演奏には不協和音が広がります。羽野蓮(佐藤緋美)はトランペットのピッチに問題があると指摘し、他のメンバーも出だしのタイミングや音の高低に苦しんでいました。それでも俊平は「面白い音」と受け入れ、メンバーたちの個性を尊重します。

響(新木優子)は父の提案に対して否定的な態度を見せ、同じく音楽の世界で生きる海も自身の経験を伝えます。海はベンチで楽譜を見ながら手を振る天音を見かけ、声をかけます。天音はバイオリンの音符を追う宿題を抱え、その師匠が俊平であることが判明します。一方で、響は晴見フィルのホームコンサートに否定的な意見を述べ、「何が楽しいんですかね」と疑問を呈します。瑠李(津田寛治)はプロのオケに行けばいいのではないかと提案し、自身の訪れた理由を「何か起こりそうだから。私はね」と語ります。

大輝(宮沢氷魚)はうたカフェで俊平と古谷(西田敏行)に出会い、自分は「クラシック出身じゃない」「ピッチがどうのと言われても」と言います。大輝はクラシックが苦手ながらも、テキトー演奏では得意な一面を発揮し、尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」や「学園天国」などを披露し、客たちを魅了します。俊平は大輝の演奏を称賛し、素晴らしかったと伝えます。

一方で、天音はバイオリンで「きらきら星」を演奏しますが、音はギーギーとなります。俊平がやってきて、「何事も1歩ずつです。僕もそうでした。譜面を読むこともピアノも、高校3年生の時に始めたんです。田舎の野球少年だったからね。少しは勇気でました?」とアドバイスします。俊平は一歩ずつ進むことの重要性を伝え、音楽を楽しむことを勧めます。

市長(渕上泰史)は晴見フィルのホームコンサートのチラシを見てはがし、コンサートの元気のない様子にため息をつく蓮(當真あみ)と対立します。大輝は「ため息やめようよ」と蓮に怒りをぶつけ、なぜ練習してこなかったのか責めます。しかし、大輝は練習していたことを明かし、俊平の成長を褒めます。蓮は「妥協すればいいんですね」とふてくされ、大輝は用事を思い出したかのように去ります。「下手くそでごめんね」と捨て台詞を残して。

瑠李は蓮にプロのオケに行けばいいのではないかと提案し、「私は何か起こりそうだから。私はね」と告げます。大輝はうたカフェで飲んでいたところ、俊平と古谷がやってきて話を聞きます。大輝は自分は「クラシック出身じゃない」「ピッチがどうのと言われても」と言い、「あいつの耳が良すぎる」と逆転の発想をし、自身のテキトー演奏で歌謡曲を奏で、客たちを楽しませます。クラシックが苦手ながらも、大輝はテキトー演奏で得意な部分を発揮しています。俊平は「素晴らしかったです」と褒め、異なるジャンルの音楽でも魅力があることを示唆します。

天音は「きらきら星」をバイオリンで演奏しますが、音はギーギーとなります。俊平がやってきて、1歩ずつ進むことの大切さをアドバイスします。天音は宿題でバイオリンの音符を指で追うことを師匠から課題をもらったが、楽譜が読めず、全く違う箇所を指していたことが明らかになります。幼少期からピアノを演奏している海は、天音の楽譜から俊平が師匠であることに気づきます。

晴見フィルは道の駅でゲリラコンサートを開催し、町の人々と触れ合います。俊平は地域の人々に楽しんでもらうために、メンバーと共に演奏します。天音や大輝、他の若者たちも次第に音楽に対する興味を示し、練習に参加します。

一方で、響に上司から新しい任務が言い渡され、晴見フィルはホールの利用ができなくなるなどの困難に直面します。俊平は響との対話を通じて、音楽とは関係のない生き方も大切であることを理解し、お互いに理解を深めます。市長の妨害により晴見フィルは演奏する場所を失い、一時的に不穏な雰囲気に包まれます。

落ち込む俊平はうたカフェで二朗に相談し、家族との関係や音楽への情熱について語ります。その中で、「もう逃げません。娘からも音楽からも逃げません」と決意を新たにします。また、俊平が自転車を忘れたパン屋で、移住芸人の「忘れる。」の2人に出会い、朝市の取材に巻き込まれる場面も描かれます。

ゲリラコンサートが成功すると、晴見フィルはうたカフェで飲み会を開きますが、若者たちは練習に参加せず、不安定な雰囲気が漂います。響はあおぞらホールに戻り、音楽に対する思いと向き合います。同時に、大輝はうたカフェでのテキトー演奏の裏にある思いを打ち明け、会場はしばしの静寂に包まれます。

天音は「きらきら星」を再びバイオリンで演奏しますが、ギーギーと音が出ません。俊平がやってきて、「何事も1歩ずつです。僕もそうでした。譜面を読むこともピアノも、高校3年生の時に始めたんです。田舎の野球少年だったからね。少しは勇気でました?」とアドバイスします。俊平は山登りと同じく、一歩一歩で音楽の世界を楽しんで進むことを勧めます。

ある日、響に上司から新しい任務が言い渡され、晴見フィルでは遠い親戚にもコンサートの声かけをしようと話していました。蓮が練習場に現れ、大輝との空気が気まずくなり帰ってしまいます。響が練習場にやってきたが、ホールが点検で利用できなくなり、コンサートの場所が失われます。市長の圧力により、晴見フィルは再び困難に立ち向かうこととなります。

俊平は響の部屋に向かい、「正直、腹が立っている。伝えにくいことを君に伝えさせる、君の上司に」と語ります。しかし、響は親が出てきたらモンスターペアレントだと反対し、「私はずっと、時間がかかってもずっと、見つけようとしてるんだよ。違う生き方を!なのに、なんで。なんで帰って来たの!」と感情を吐露します。響は音楽とは関係のない生き方を選び、自分の幸せを追い求めていくことを強調します。

落ち込む俊平は、うたカフェで二朗に相談します。5年前から家族と別居し、娘との関係が壊れてしまったことに悩んでいます。しかし、決して逃げないことを決意し、「もう逃げません。娘からも音楽からも」と心に誓います。

自転車を取りに帰る途中、俊平は道の駅で移住芸人の「忘れる。」の2人に出会い、朝市の取材に巻き込まれます。その後、俊平は古谷に連絡し、あることの手配を頼みます。

俊平は「晴見マルシェ」でゲリラコンサートを開催します。地域の人々が集まり、晴見フィルは屋外で演奏します。町の人々と触れ合い、音楽の喜びを共有します。また、若者たちも段々と音楽に参加し、コンサートは成功裡に終わります。響は自転車を飛ばして到着するも、すでにコンサートが始まっており、感動の中で音楽を楽しむこととなります。

コンサートが進行する中、晴見フィルは「田園」を披露します。曲名は伝えられませんが、その音楽は美しく、田園の風景や小川のほとりの情景を表現しています。俊平は、大輝と蓮に第二楽章を演奏させ、二人の感情が複雑に絡む中、優れた演奏が生まれます。トランペットのパートがないはずの曲に蓮が登場し、会場は大いに盛り上がります。一方で、響はコンサートの途中で席を立ち、晴見フィルとの決別を選びます。

ゲリラコンサートの成功を祝う飲み会が「うたカフェ」で開催。

しかし、やる気になった若者たちは練習をするからと来ていなかった。響は、あおぞらホールに戻っていた。

音楽室のホワイトボードには「ご飯食べたらすぐ戻ってきまーす」とメモ書きがあり、テーブルにはバイオリンが置かれていた。

二朗「練習、練習って。何が楽しいんですかね」

瑠李「そりゃ、性(さが)ってもんじゃない?依存症みたいなもの。人生のほとんどを頭の中で音楽が鳴ってるような時間を過ごして、嫌気がさして離れても…触れてしまったら最後…」

響「思い出す。それでしか味わえない感覚を。素晴らしい演奏を聴けば余計に…。どうしようもなく、心が乾く。
地獄に落ちるとわかっていても、止められない。奏でたくなる。自分の音を」

響はバイオリンを演奏する。そこへ大輝がやってきて…。

一方、俊平は妻に電話をかける。

ドラマ『さよならマエストロ』3話 見どころ

1. 感動の音楽と共鳴するストーリー

晴見フィルのメンバーたちが奏でる美しいクラシック音楽が物語の中心にあります。音楽の力がキャラクターたちの成長や感動的な瞬間を生み出し、視聴者はその深い魅力に引き込まれます。

2. キャラクターたちの成長と葛藤

物語は主要なキャラクターたちの個々の葛藤や喜びに焦点を当てています。俊平や響、大輝、蓮などがそれぞれの音楽への情熱や人生の選択に向き合い、成長していく姿は見逃せません。

3. ゲリラコンサートと地域社会の結びつき

俊平の提案で実現したゲリラコンサートは、地域社会との交流を描いています。音楽が人々を結びつけ、晴見フィルが地元の人たちに愛される姿勢は、心温まる要素となっています。

4. テキトーな演奏と新しい音楽の可能性

大輝のテキトーな演奏がクラシックとは異なる魅力を放っています。物語を通じて彼が新しい音楽の可能性を模索する姿勢は、視聴者に新しい視点を提供します。

5. 人生の岐路と新たな一歩

響が晴見フィルとの決別を選び、それぞれのキャラクターが人生の岐路に立つ場面が描かれています。新しい一歩を踏み出す覚悟や喜びが、物語に深みを与えています。

ドラマ『さよならマエストロ』3話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

禁断症状

Rated 5.0 out of 5
2024年1月29日

とにかく芦田愛菜の演技に魅せられる。

道の駅でオーケストラを見つけた時の一瞬嬉しそうにした後の嫌悪感。

父に怒りが爆発した時は、音楽を忘れたいのに忘れられない禁断症状そのもの。

思わずバイオリンを弾いてしまった時の恍惚の表情と無我の境地の演技が素晴らしかった。

アマアマとうちゃん

 

レビューを書き込む

1. 感動の嵐!音楽が心に染み渡る

物語の中で奏でられるクラシック音楽には感動が満ち溢れています。美しい旋律が心に響き、視聴者は音楽に引き込まれること間違いなし!感動の嵐に包まれました。

2. キャラクターたちの深い魅力に引き込まれる

主要なキャラクターたちが抱える葛藤や成長の過程が、視聴者の心をつかみます。彼らの深い魅力に引き込まれ、彼らと共に感情の起伏を共有することができました。

3. 地域社会との結びつきに感動!

ゲリラコンサートが成功し、地域社会との交流が描かれた場面には感動が止まりませんでした。音楽が人々を結びつけ、地元の温かさが伝わってきました。

4. 新しい音楽の可能性にワクワク!

大輝のテキトーな演奏が新しい音楽の可能性を示唆しており、これにはワクワク感が広がります。クラシック以外の音楽にも耳を傾けることの楽しさを実感しました。

5. 人生の岐路に胸が熱くなる

響が晴見フィルとの決別を選び、キャラクターたちが新しい一歩を踏み出す場面には胸が熱くなりました。人生の岐路に立つ瞬間が、視聴者に自分の人生を振り返るきっかけとなりました。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『さよならマエストロ』第2話

ドラマ「さよならマエストロ」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|再びの舞台へ-音楽と愛、変革の序章

©︎ドラマ「さよならマエストロ」2話

ドラマ『さよならマエストロ』2話 あらすじ

夏目俊平(演:西島秀俊)は、かつての栄光を求め、晴見フィルハーモニーの指揮者として再起を果たすことを決意した。しかし、舞台裏では予期せぬ事態が彼を待ち受けていた。

志帆(演:石田ゆり子)がフランスで仕事をしているはずが、実際には日本にいたことが判明。なぜ彼女は隠れていたのか、その理由は深い闇に包まれている。一方で、古谷(演:玉山鉄二)はその事実を知っており、彼の心にはどんな葛藤が渦巻いているのか。

晴見フィルハーモニーは市の方針で解散が決まり、40年以上にわたる楽譜が撤去される危機に直面。市長(演:淵上泰史)の強引なやり方に対し、古谷と大輝(演:宮沢氷魚)は途方に暮れるが、俊平は新たな道を切り開く提案をする。新メンバーの募集も始まり、音楽の魔法が再び広がりつつある。

しかし、裏で何かを企む滝田(演:山本圭祐)からの指令が、響(演:芦田愛菜)の前に立ちはだかる。彼女の心にはどんな思いが渦巻いているのか。新たなる舞台が開かれ、音楽と人生の交差点で織りなされるドラマ。感動と興奮が交錯する新たな旋律が始まる!

ドラマ『さよならマエストロ』2話 視聴率

視聴率:11.1

ドラマ『さよならマエストロ』2話ストーリー・ネタバレ

音楽の魔法が織りなす新たな旋律!フランスの舞台裏に隠された真実

音楽と人生が交わる瞬間、過去と向き合い未来への一歩を踏み出す感動の物語、「さよならマエストロ」。この作品は、登場人物たちが音楽を通じて自らや周囲と向き合い、成長していく姿を描いています。物語の中で紡がれる数々のエピソードが、視聴者を深い感動の渦に巻き込んでいます。

黒歴史と向き合う蓮の物語

物語の中心に登場するのは、チェロ奏者・羽野蓮。彼はかつて「羽野硝子」という会社で働いていたが、音楽活動を黒歴史と呼び、一旦はその世界から身を引いていました。俊平が蓮の過去に迫る中で、彼の人生に影を落とす出来事が浮かび上がります。家庭の問題や親の期待、そして音楽へのプレッシャーが、彼を苦しめ続けていたことが明らかになります。

天音の新たな挑戦

音楽団体「晴見フィル」に入りたいという願望を抱く女子高生・谷崎天音。彼女は楽器を演奏することは得意ではありませんが、指揮者になりたいという夢を追い求めています。彼女の純粋な音楽への情熱が、俊平の心を打ち、彼女自身にも新たな可能性を示唆します。指揮者としての役割に焦点を当て、音楽を通じて夢を追いかける姿勢が、視聴者に強く訴えかけます。

フルート奏者瑠李の過去と再起

倉科瑠李というフルート奏者も物語に登場し、彼女の過去が物語に深みを与えています。留学生活やオーケストラでの不祥事、そしてそれを乗り越えての再起の物語は、音楽の世界の厳しさと、それでも可能性が広がることを教えてくれます。彼女と俊平の対話や共鳴が、視聴者に音楽の奥深さを感じさせます。

晴見フィルの結束と成長

物語は晴見フィルという音楽団体を中心に進行しています。大輝や響、海など、様々なバックグラウンドを持つメンバーが、音楽を通じて絆を深め、個々の成長を遂げていきます。楽譜の整理や修理を通じて、大輝が伝える「うちのオケの財産」という言葉が、音楽が生み出す共感と誇りを象徴しています。

未知の可能性への一歩

物語は、俊平がそれぞれの登場人物に提案する演奏や指導を通じて、彼らが未知の可能性に挑む様子を描き出しています。音楽が人生の新たな局面を切り開き、誰もが持っている潜在的な才能や夢に気づく瞬間は、視聴者に感動と勇気を与えます。

結末への期待

物語の結末は未だ見えず、視聴者は次回に続く展開に胸を膨らませています。俊平や登場人物たちがたどる未来の軌跡、音楽との深い関わりがどのように彼らを導くのか、その興奮と感慨深さに期待が高まります。

「さよならマエストロ」は、音楽の力が人生に与える影響を豊かなエピソードと共に描くことで、視聴者に深い感銘を与える一作です。物語の展開に引き込まれながら、音楽の奥深さと人間の成長の美しさに触れていただければと思います。

ドラマ『さよならマエストロ』2話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 心の奥底に迫る感動!

「さよならマエストロ」は登場人物たちの過去と向き合う姿勢が心に深く迫ります。特に、蓮の黒歴史への真摯な取り組みは、読者の心を打つ感動の渦に巻き込まれました。音楽を通じた成長と癒しに感謝!

2. 純粋な情熱が心を打つ!

天音の純粋な音楽への情熱は、読者に強烈な感動をもたらしました。彼女の夢への追求が物語に新たな活力を与え、未知の可能性への挑戦が勇気へと変わる瞬間に胸が熱くなりました!

3. 瑠李の再起に感涙!

瑠李の過去と再起の物語には涙が止まりませんでした。音楽との結びつきを再発見し、困難を乗り越える姿勢が感動的。彼女の演奏が心に響き、音楽の力の深さに感激しました。

4. 晴見フィルの絆が温かい!

晴見フィルのメンバーたちの結束と成長が、読者に温かい感動をもたらしました。楽譜整理の場面や共演の中で生まれる絆は、音楽が創り出すコミュニケーションの美しさを味わえました。

5. 未知への一歩に胸が躍る!

物語全体を通じて、登場人物たちが未知の可能性に挑戦する様子が読者を鼓舞しました。俊平の提案や指導を通じて、彼らが自らの限界を超え、音楽と共に未来への一歩を踏み出す瞬間に、胸が高鳴りました。これからの展開がますます楽しみです!

5つの見どころ

1. 蓮の過去と向き合うドラマ

物語の核となるのは、チェロ奏者・羽野蓮の過去への真摯な向き合いです。彼が抱える黒歴史が、音楽との葛藤を通じてどのように解きほぐされていくのか、その心の葛動が読者を引き込みます。俊平との対話を通じて、音楽と向き合う姿勢が描かれ、感動の渦が巻き起こります。

2. 天音の純粋な音楽への情熱

女子高生・谷崎天音の登場は、物語に新たな息吹を与えます。楽器が弾けないながらも、指揮者を目指す彼女の純粋な音楽への情熱が、新しい可能性を切り拓くきっかけとなります。彼女の成長や夢の追求が、読者の心に響きます。

3. 瑠李の過去と再起の物語

フルート奏者・倉科瑠李の過去と再起の物語が、物語に深みを与えます。留学や困難を乗り越え、音楽との結びつきを再発見する姿勢が感動的。彼女の言葉や演奏が、音楽の奥深さに迫り、読者に感銘を与えます。

4. 晴見フィルの結束と成長

晴見フィルという音楽団体の結束とメンバーたちの成長が、物語の重要な要素となっています。楽譜整理を通じて財産を感じる場面や、共に演奏する中で生まれる絆は、音楽が生み出すコミュニケーションの美しさを描写しています。

5. 未知の可能性への挑戦

物語全体を通じて、登場人物たちは未知の可能性に挑戦しています。俊平が提案する演奏や指導を通じて、彼らが自らの限界を超え、新たな可能性に挑戦していく姿勢が、読者に勇気を与えます。音楽を通じて未来への一歩を踏み出す瞬間は、感動の渦を巻き起こします。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『さよならマエストロ』第1話

ドラマ「さよならマエストロ」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想|

©︎ドラマ「さよならマエストロ」1話

ドラマ『さよならマエストロ』1話 視聴率

視聴率:11.4

ドラマ『さよならマエストロ』1話ストーリー・ネタバレ

再びの舞台へ-音楽と愛、変革の序章

5年前- "さよならマエストロ"の涙と希望

5年前、指揮者・夏目俊平(演じるのは西島秀俊)は、急病のマエストロに代わり、音楽の街・ウィーンで指揮台に立ち、聴衆を大いに沸かせました。しかし、その時、彼は知る由もなかった。娘・響(芦田愛菜)に最悪な出来事が起きていたことを…。

休憩中、俊平は妻・志帆(石田ゆり子)から連絡を受けます。響がコンクールから抜け出して、事故に遭ったという知らせに、彼の表情は険しさに包まれます。その後、俊平が次に指揮台に立ったとき、彼の表情は一変し、陰鬱なものに変わりました。その日を最後に、俊平は指揮台に立つことをやめた…。

5年後- "さよなら"からの再会

現在は5年後、2023年秋。静岡県晴見市。響は20歳になり、社会人として自転車で市役所へ通勤しています。

俊平は指揮者としてのキャリアを辞め、家族と別居し、一人きりでウィーンの街に住んでいます。彼はウィーン音楽大学の職員として働きながら、偶然出会った吉田(村中暖奈)という女子学生の入学手続きを手伝います。吉田は指揮の勉強を志望しており、俊平は一瞬表情を暗くしますが、彼女の幸運を祈ります。

新たな舞台での始まり-晴見市への帰還

さよならマエストロ・第1話では、晴見市役所にて響が異動し、あおぞらホールへの新たなステージに立つことが明らかになります。一方で、俊平は吉田との出会いを通じて音楽への情熱を再び呼び覚まされ、家族との再会が始まります。

俊平がアパートで響のバイオリン演奏を思い出し、手紙を書き始める中、妻の志帆から5年ぶりの連絡が入ります。志帆はフランスで仕事をしており、子供たちの面倒を俊平に頼むと言います。突然の依頼に戸惑う俊平ですが、志帆が「あなたが全然食えない時、さんざん稼いできたのは誰だっけ?」と問いかけ、最終的には依頼を承諾します。

20年ぶりの帰国と変わる家族の生活

俊平は20年ぶりに日本に帰国し、家に戻ろうとすると、自転車で帰ってくる響と再会します。慌てる俊平に対し、響は「パパ、家事なんて大したことないでしょ?」と微笑んで言います。これが、俊平と響の新たな共同生活の始まりです。

市役所での新しい仕事に奮闘する響。一方で、市民オーケストラの団長であり、市役所の同僚である古谷(中村倫也)との交流も描かれます。古谷は俊平の音楽に対する情熱に触れ、市民オーケストラとの共演を提案します。

晴見市フィルとの出会いと音楽の力

物語は、晴見市フィルハーモニーが助成金の打ち切りに直面し、晴見あおぞら文化ホールが存続の危機に瀕するところから新たな展開を迎えます。俊平は市民オーケストラのメンバーたちと共に、即興の演奏で危機を切り抜けようと提案します。これが、物語に新たな転機をもたらすきっかけとなります。

俊平が晴見フィルのメンバーたちと共に音楽の魔法を紡ぐ場面は、まさに感動のクライマックス。指揮者としての俊平が晴見フィルに新たな風を巻き起こす瞬間は、音楽の力が人々を魅了する瞬間を描き出しています。

感動のフィナーレへ-新たな未来への一歩

物語は感動のフィナーレへと向かい、俊平と響、そして市民オーケストラが描く音楽の新たな未来への一歩が描かれます。『さよならマエストロ』は、音楽と愛が紡ぐ感動の物語。ますます続きが気になる展開に期待が高まります!

次回の展開も見逃せません。新たな音楽の冒険と家族の絆がどのように交錯するのか、ますます注目が集まります。

ドラマ『さよならマエストロ』1話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

5つの読者の感想

感動の嵐!
パパと響の再会は涙なしでは見られなかった。音楽の力で家族が結ばれ、新しい生活の幕開けに胸が熱くなりました。絶対に見逃せない感動のストーリー!

音楽の魔法が心をつかむ!
晴見市フィルハーモニーの危機を音楽で切り抜ける場面には息を呑む思い。音楽の力が社会を変える瞬間に、鳥肌が立ちました。これぞまさに感動ドラマ!

家族愛に胸キュン!
俊平と響の父娘愛にグッときた。音楽を通して深まる絆は素晴らしい。俊平の家族への愛情がストーリーに深みを与えている。心から温かくなる一作。

地域の結束力が素晴らしい!
市民オーケストラが危機を打破する姿勢に感動。地域の人々が一丸となって音楽を奏でる様子は、まさに希望の光。元気をもらえるドラマだ。

美しい音楽と風景にうっとり!
ウィーンの舞台とともに奏でられる音楽に心が震えた。視聴者を物語の中に引き込む美しさが圧巻。音楽好きなら絶対に見逃せない一作!

感動の再会

俊平と響が20年ぶりに再会し、音楽と家族の新たな冒険が始まります。視聴者は、その感動的で温かい再会シーンに心打たれることでしょう。家族の再結集が物語の魅力を一層引き立てます。

音楽の力と変革

晴見市フィルハーモニーが危機に瀕し、俊平が提案した即興の演奏が、音楽の力で危機を打破する瞬間。音楽が人々を結びつけ、変革をもたらす様子が見どころの一つです。

新たな生活の始まり

俊平と響の共同生活がスタート。普通の父娘関係から、音楽や家事を通じて深まる絆。俊平が晴見市に戻り、新しい生活に挑む姿勢が物語を豊かにします。

市民オーケストラの奮闘

俊平と市民オーケストラが力を合わせ、晴見市フィルを再生させる姿。地域の人々が音楽を通じて協力し、共感を生む様子は、視聴者に勇気と感動を与えるでしょう。

美しい音楽とウィーンの舞台

物語の中で奏でられる美しい音楽と、ウィーンの風景。これらが絶妙に調和し、視聴者を物語の世界に引き込む見どころとなります。

なんでも自由に書いて下さい♪

映画、ドラマ、アニメ愛好者必見!

31日間無料トライアルで、230,000本以上の動画、160誌以上の雑誌が楽しめます!さらに、600円分のポイントもプレゼント🎉

U-NEXTでの魅力は無限大!

1️⃣ 230,000本以上の見放題作品!
2️⃣ 電子書籍も同じアプリで楽しめる!
3️⃣ 毎月1,200円分のポイントがもらえて、最新作を存分に楽しめる!
4️⃣いつでも解約できる!

無料トライアル期間中、最新作のレンタル料金もお得に! さらに、600円分のポイントでDVD・ブルーレイよりも早く最新作を楽しんでみませんか?

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

最新みんなのレビュー

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

やばすぎ

Rated 5.0 out of 5
2024年2月25日

ぜろふくのふこう強すぎるしカッコよすぎる、しかも最後のいっぱい送っときます虫歯になる程のとこ

めっちゃ好き

アニメ鑑賞マン

ありがとう!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月23日

体験版する時間がなかったのでとても参考になりました!

そしてモニター羨ましい。。笑

やまぴー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

今季 ドラマタイトル
2024年 冬ドラマ
2023年 秋ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.