PopVerseMix

ポップバースミックス

ポップカルチャーの交差点、あなたが主役のエンタメ宝庫の旅へ!

ドラマ『大奥 2024』第8話

ドラマ「大奥 2024」8話ネタバレ・視聴率・考察・感想|運命の糸、悲喜こもごも! 将軍家の悲劇、新たな陰謀が巡る!

©︎ドラマ「大奥 2024」8話

ドラマ『大奥 2024』8話 あらすじ

急な産気づきに、五十宮倫子(小芝風花)を心配した徳川家治(亀梨和也)が駆けつける!しかし、子を産むには早すぎると分かり、家治の手を退けられてしまう。やがて倫子は子を出産するが、その瞬間に悲劇が訪れた。松島の局(栗山千明)は、お知保(森川葵)に薬を渡し、倫子に飲ませようとするが、お知保は薬を拒否。その一連の出来事に疑念を抱く。

一方で、松平定信(宮舘涼太)は隠密と将棋を指して、「最初にあらゆるものを奪ったのは、あの男だ」と漏らす。その思いが定信を駆り立て、家治の血を絶やし、自らが幕府の中心に立とうとしていた。そんな中、お品が懐妊するという驚きの事実が明らかになる。お品の子が将軍世継ぎとして期待され、田沼意次(安田顕)と高岳(田中道子)の意気が高まる。

一方で、お知保は竹千代を愛で、同時に倫子の傷心に心を痛めていた。家治も倫子に会いに行くが、倫子は一人にしてほしいとの切なる願い。その中、松平定信から倫子への贈り物が届く。贈り物には心温まるメッセージが込められていたが、その陰で定信は新たな陰謀を巡らせていた――。

運命の糸が絡まり合い、将軍家の悲喜こもごもが続く中、新たな陰謀の影が差し込む。家族の絆や政略の中で紡がれる物語は、ますます複雑で感動的な展開を迎えそうだ。どのような結末が待っているのか、目が離せない!

ドラマ『大奥 2024』8話 視聴率

視聴率:--

ドラマ『大奥 2024』8話ストーリー・ネタバレ

運命の糸、悲喜こもごも! 将軍家の悲劇、新たな陰謀が巡る!

随時更新中!

 

ドラマ『大奥 2024』8話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

 

 

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『大奥 2024』第7話

ドラマ「大奥 2024」7話ネタバレ・視聴率・考察・感想|お梅の裏切りと松平定信の影

©︎ドラマ「大奥 2024」7話

ドラマ『大奥 2024』7話 あらすじ

物語は五十宮倫子の身に降りかかる試練に一層の深みを加えていく。お品が告げた chocho お香の裏切り。お梅が巧妙にすり替えたお香には、子宝を遠ざける薬草がふんだんに使われていたという。その真相を解明すべく、お梅を探し出そうとするが、彼女はどこかへ姿を消してしまう。

お香の背後に隠された影、それはなんと松平定信だった。彼の陰謀が、大奥を揺るがす大きな波紋を広げていく。

徳川家治は倫子の倒れた出来事について田沼意次に問いただすが、田沼は松島の仕業ではないかと指摘する。しかし、家治は自ら調査に乗り出すことを決意する。松島と田沼がお知保を側室に進めたことに疑念を抱く家治は、その真相を暴くために行動を開始する。

田沼は家治の子である竹千代の教育係としての立場から、松島の裏切りを感じ、高岳一派に接近する。彼の新たな企みが、倫子やお品を巻き込み、物語を予測不可能な方向へ導こうとしている。

ある日、倫子が料理の味に変化を感じる。お品が明かすには、それは長らく倫子の料理を支えてきた葉山貞之助がお休みを取っているためだという。お品の心配とともに、物語は未知の展開へと加速していく。

ドラマ『大奥 2024』7話 視聴率

視聴率:4.5

ドラマ『大奥 2024』7話ストーリー・ネタバレ

お梅の裏切りと松平定信の影

お品の心情と倫子の覚悟

物語は、お品が再び姿を消し、田沼の陰謀が徐々に明らかになっていく中で進んでいきます。倫子は書庫の書物を借りるために奔走しましたが、城の外れにある書庫には立ち入れず、お品との再会を果たせませんでした。その間、お品は高岳に連れられ、貞之助との別れを決意します。

「お品、どうしても知りたいことがあるんだけど……」と倫子が切り出しますが、お品は深い悩みを抱えています。

「分かった。ただ、後でもいいか?急ぎ、用があるんだ」と倫子が言いますが、お品は「そんなに急がれてどちらへ?」と問います。

その場面では、倫子はお品に自分の願いを届けるために急いでいることがわかります。お品は高岳との別れを決意し、内心で葛藤しています。

倫子と家治の絆の深化

一方、倫子の懐妊が明らかになり、家治は喜びに包まれます。倫子はお腹の子を守り抜く覚悟を固め、家治との関係をさらに深めていきます。

「早くこの子に会いたいな」と家治が言うと、倫子は微笑みながら「私は必ずこの子を丈夫に育て守ります。上様がおつくりになる未来を見せてあげたいですから」と答えます。

一方で、お知保は倫子に薬を渡し、「一服すれば、お子は流れます。どうするかはそなたに任せます」と言います。倫子は自らの信念に従い、その提案を拒絶します。

田沼の謀略とお品の苦悩

田沼は家治に実母の遺言を見せ、その内容を利用して彼を脅迫します。「そなたは一体、何がしたいのだ?」と家治が問うと、田沼は「御台様とお子のお命を、守りたくはないのですか?」と返答します。

お品は田沼の脅迫に屈し、家治との絆を断ち切る決断を下します。「私は後悔などしておりません。あなた様と出会い、私の毎日は輝きました。誰かを愛することも愛されることもないと思っていた生涯。あなた様が彩りを与えてくださったのです。この先も夕陽を見るたび、貞之助様のことを思い出します。私にとって、一番大切なお方は…」とお品が語る場面では、その胸の内が明らかになります。

悲劇の幕開け

物語は悲劇的な展開へと向かいます。お品が書庫から借りてきた書物を手に、倫子を待つも、再びお品が姿を消してしまいます。家治はお品の元へ向かいますが、倫子は早産の兆候を見せ、信じられないような事態に直面します。お知保の謀略により、お品の選択と信じられぬ出来事が続き、物語は深まる謎と悲劇へと進展していくのでした。

見どころ1: お品と倫子の感動的な別れ

物語の感動的な見どころの一つは、お品と倫子の別れの瞬間です。お品が高岳に連れられ、上様の側室として生きる道を選ぶことが明らかになります。倫子は書庫の書物を手に入れるため奮闘していたが、お品はその先に進む選択をします。倫子とお品の心の交流と涙に満ちた別れは、視聴者の感情を打ち震わせます。

お品「折り入って、ご相談したいことがあります」
倫子「分かった。ただ、後でもいいか?急ぎ、用があるんだ」
お品「そんなに急がれてどちらへ?」
倫子「上様の元だ。では、後で」

お品が選んだ未来がどのような影響を及ぼすのか、期待と感傷が入り混じった瞬間に胸が熱くなります。

見どころ2: 家治と倫子の幸福な瞬間

倫子の妊娠により、物語に幸福なエピソードが加わります。家治は嬉しさのあまり、お腹の子を抱きしめます。倫子は自分の子を守り抜くと誓い、家族としての絆が深まっていきます。

家治「早くこの子に会いたいな」
倫子「私は必ずこの子を丈夫に育て守ります。上様がおつくりになる未来を見せてあげたいですから」

家治の幸福な笑顔と倫子の母親としての強い決意が、視聴者に温かな感動を与えます。

見どころ3: 田沼の陰謀と家治の葛藤

田沼の陰謀が物語を一層複雑にし、家治の葛藤が浮き彫りになります。田沼は家治に実母の遺言を見せ、その内容を使って彼を脅し、家族を守るというジレンマに迫ります。家治の心情の描写は、物語に深みを与え、視聴者を引き込みます。

田沼「御台様とお子のお命を、守りたくはないのですか?」
家治は悩みながらも、お品の元へ向かう選択を下す。

見どころ4: お知保と倫子の対立

お知保の策略により、倫子とお品の関係に陰りが生まれます。お知保が倫子の元に運ばれる薬を手にする場面では、緊迫感が漂います。倫子の決意とお知保の悩みが交錯する瞬間は、物語の興奮を高めます。

お知保「一服すれば、お子は流れます。どうするかはそなたに任せます」

倫子が自分の信念を貫く姿勢は、視聴者に強い印象を残します。

見どころ5: 信じるものを失った姫様の孤独な闘い

最後の見どころは、お品が書庫から借りてきた書物を手に入れるも、再び姿を消すという悲劇的な展開です。家治がお品の元へ向かう中、倫子は早産の兆候を見せます。お品がいない中、信じるものを失った倫子が、母としての孤独な戦いに挑む姿勢が、物語のクライマックスを迎えます。

倫子「お品の悩みが晴れて、上様の願いが叶いますように…」

ドラマ『大奥 2024』7話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

視聴者の感想1: 感動と涙、お品と倫子の別れに胸が熱くなる!

お品と倫子の感動的な別れに、視聴者は深い感動と涙を禁じ得ません。お品の選択が物語にどのような影響を与えるのか、期待と感傷が入り混じった瞬間は、心に響く美しいシーンでした。


視聴者の感想2: 幸福な瞬間に胸キュン!家治と倫子の絆に感動!

家治と倫子の幸福な瞬間に、視聴者は胸がキュンとなります。お腹の子への愛情と家族の絆が深まる様子は、物語に温かさと幸福感をもたらしました。


視聴者の感想3: 田沼の策略が複雑な展開を生む!家治の葛藤に共感!

田沼の陰謀が物語に複雑さを与え、家治の葛藤が視聴者の共感を呼び起こします。家族を守るためにどれだけの葛藤が待ち受けているのか、物語が一層気になります。


視聴者の感想4: お知保の策略に緊張感!倫子の信念に拍手喝采!

お知保の策略による緊張感が、視聴者に強い印象を与えました。倫子が自らの信念を貫く姿勢に拍手喝采。どのような展開が待っているのか、ますます気になります。


視聴者の感想5: 悲劇の予感、姫様の孤独な戦いに胸が痛む!

物語の結末への予感が漂う中、姫様の孤独な戦いに視聴者の胸が痛みます。信じるものを失った彼女の運命に、物語への期待と同時に不安が募ります。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『大奥 2024』第6話

ドラマ「大奥 2024」6話ネタバレ・視聴率・考察・感想|五十宮倫子の悲願と家治の選択!

©︎ドラマ「大奥 2024」6話

ドラマ『大奥 2024』6話 あらすじ

五十宮倫子(演じるのは小芝風花)が、打ち掛けの裾を踏まれて倒れたお知保(森川葵)に慌てて駆け寄る場面で、物語は一気に熱気を帯びてきました。倫子は女中たちを糾すも、逆に徳川家治(亀梨和也)の子を宿せぬことを揶揄(やゆ)され、騒動は一気に高まります。

身籠ってからは家治のお知保への御渡りがないことに焦る倫子。しかし、家治の子を育てる決意を固めた彼女は、腹を貸し出しただけだとかばうお品(演じるのは西野七瀬)にたしなめを入れます。物語は複雑な心情の入り混じる中、家治が松島の局(演じるのは栗山千明)に処分を命じる場面で更に緊迫感を増していくのです。

一方で、倫子は妊娠の兆候が見えないことに焦りを感じています。お品に問われ、「そんなにお子が欲しいのですか」という問いかけに対し、倫子は感動的な言葉で返答します。彼女は家族を築き、愛する人の子を自らの手で育てたいという悲願を抱いているのです。

倫子のために尽力するお品は、普段の蔵で食事について葉山貞之助(演じるのは小関裕太)に相談します。しかし、その行動が朝霧(演じるのは華耀きらり)に目撃され、新たな展開が予感されます。

物語は次第に複雑に入り組んでいきます。お知保が家治の子を出産するなか、家治は子に会っていないと告げ、倫子はなぜ自分には子どもができないのかと悩む姿が印象的です。

同時に、療養中の田安宗武(演じるのは陣内孝則)と、心配そうに控える松平定信(演じるのは宮舘涼太)の関係も気になります。宗武が定信に何かを告げる場面で、物語は一層謎めいてきます。

ドラマ『大奥 2024』6話 視聴率

視聴率:4.2

ドラマ『大奥 2024』6話ストーリー・ネタバレ

五十宮倫子の悲願と家治の選択

『大奥』第6話では、お知保の子が誕生し、大奥の中で複雑な感情が渦巻いています。倫子と家治、お知保との間には、深い葛藤と新たな試練が待ち受けています。一方で、田沼と松島の関係の決裂や、お品と貞之助の関係の複雑さも物語を一段と深化させています。

お知保の子が誕生

お知保の子が誕生し、倫子とお知保の関係が複雑化していく中、お知保は子供に対して喜びの涙を流し、家治もまたその喜びと複雑な思いを抱えています。一方で、倫子は自らが母になれないことに対する焦りと悲しみに苦しんでおり、その葛藤が物語に深みを与えています。

お知保: 「この子が無事に生まれてくるか、心配で心配で。上様の大事なお子ですから。」

お知保の子を抱く姿には、母親としての喜びと同時に、大奥の掟や立場に縛られた複雑な感情が表れています。倫子はお知保に対して理解と思いやりを示しつつも、自らの立場や母親としての願望に揺れ動いています。

倫子: 「お知保殿は、命がけであなた様のお子を産んだのですよ」

お知保の子の誕生により、大奥内での人間関係が一変し、その影響が物語に大きな波紋を呼び起こしています。

家治と倫子の関係

一方で、家治と倫子の関係もまた深い葛藤に満ちています。家治はお知保の子に対して複雑な感情を抱えながらも、倫子に対してはその内面を表に出すことが難しいで悩んでいます。

家治: 「良く頑張ってくれたな。礼を申す」

この一言には感謝と共に、子供ができないという現実に対する無力感や葛藤が込められています。同時に、倫子もまた自分が母になれないことに対する切ない思いを抱え、その複雑な感情が物語を一段と深まらせています。

倫子: 「どうして私は、母になれない?」

倫子の言葉には、彼女の内面に渦巻く悲しみや焦りが滲み出ており、その心情が読者に共感を呼び起こします。そして、物語は彼らの関係や倫子の心情に焦点を当てつつも、次第に大奥内部の複雑な構図にも注目が集まっていきます。

田沼と松島の関係

田沼と松島の関係もまた物語を揺るがせています。田沼は政治的な野心を抱き、その一方で松島は独自の権力を手に入れるために行動しています。彼らの対立は次第に激化し、物語に新たな緊張感を与えています。

田沼: 「まさかその方、政にまで口を挟むつもりか?」

松島: 「そんなことに興味はございませぬ。私はただ…。そなたはもう用済みだと申しておるのです。」

田沼と松島のやりとりには、争いと裏切りの要素が交錯しており、それが大奥の中での権力争いの激化を予感させています。

お品と貞之助の関係

同時に、お品と貞之助の関係も物語に新たな複雑さをもたらしています。お品は子供を持つことの幸せに疑問を抱き、その中で貞之助との関係が一層複雑に絡まっていきます。

お品: 「自分の幸せって、何だろう?」

お品の問いかけは、女性としての役割や幸せについての深い探求心を浮き彫りにしています。そして、貞之助との関係がその探求心を一層複雑にさせ、物語に新たな転機をもたらします。

貞之助とお品の抱擁や口づけは、物語において大きな影響を与えるでしょう。その情報が高岳に伝わり、大奥法度違反として処分が議論されるなかで、物語は一気に緊迫感を増していきます。

高岳: 「許すまじき所業。大奥法度違反じゃ!お品殿には厳しい処分が下されよう」

高岳の言葉が示すように、お品と貞之助の関係が大奥の掟に反するものとなり、その結末が物語にどのような影響を与えるかが読者にとっての注目ポイントとなっています。


物語は次第にお品の行動や彼女と貞之助の関係が、大奥内の秘密と陰謀に結びついていくことを示唆しています。お品が女中にお香に関する調査を依頼する場面も物語の進展を予感させ、彼女の選択が物語にどのような波紋をもたらすかが注目されます。

倫子: 「私は、それでも母になりたいのです!」

倫子の強い意志が、物語に新たな展開をもたらす予感が漂います。彼女の行動が大奥の運命にどのように関わるか、読者は続きを待ち望むことでしょう。

松島と田沼の関係の決別

物語はさらに、松島と田沼の関係の決別が描かれます。田沼はかつての誓いを破り、松島に対して不信感を募らせています。この対立が物語にどのような影響を与えるか、田沼と松島の行く末に読者の注目が集まります。

田沼: 「かつて誓ったものじゃ。表の実権をわしが握り、裏の実権をそなたが。そして共に幕府を手中に収め、この世の天下を取ろうと。」

松島: 「まさかその方、政にまで口を挟むつもりか?」

この対話からは、かつての同盟が崩壊し、新たな局面が訪れていることが窺えます。物語は政治的な陰謀に注目し、大奥内での権力の行方が不透明なまま進んでいくでしょう。

倫子と家治

倫子と家治の関係もまた物語に波乱を巻き起こします。倫子が家治に対して、子を望んでいることを告白する場面が描かれます。倫子の心情や彼女が抱える複雑な思いが、読者の感情を揺さぶります。

倫子: 「あんなにもいとおしくて。子供は皆、誰の子であろうとこの国の宝です。それに、子を成すことを目的とする、この大奥で心から愛する方に出会えた私は、この上ない果報者にございます」

この言葉には、倫子が大奥の中で見出した新たな価値観や、彼女の変化が表れています。一方で、家治はその言葉にどのように反応するかが物語の進展に影響を与えるでしょう。

家治: 「それはつまり、儂の妻だけでは満足できぬということか?子がおらねば、儂とは幸せな家族を築けぬと?」

倫子と家治のやりとりからは、二人の関係が再評価される兆しが感じられます。物語は彼らの心情や選択に焦点を当てながら、更なる展開を迎えるでしょう。


倫子と家治の関係に対する深い洞察を提供する一方で、物語はお品の行動が陰謀に巻き込まれる場面も描き出します。お品が女中にお香に関する調査を依頼し、その成分が子供の出産を妨げるものであることが明らかになります。

倫子: 「私はもう…。母のようにはなれないのでしょうか。」

倫子の言葉には、自らの立場や幸せに対する葛藤が表れています。彼女が大奥内で直面する困難にどのように立ち向かうか、読者は注目を寄せています。

貞之助との抱擁や口づけの場面は、物語において大きな転機を予感させ、お品の行動が物語にどのような影響を与えるかが読者にとっての焦点となります。


一方で、物語は裏で影で操っていたのは誰なのかという疑問を提示します。突如として倫子が苦しむ場面が描かれ、その裏で手を引いていたのは定信だったことが明らかになります。

定信: 「倫子殿の悲しむ顔だけは、見たくないのだがなぁ」

この一言から、定信が陰謀の渦中にいることが浮かび上がります。彼の行動や目的は一体何なのか、物語は更なる謎と興味を醸し出しています。

定信の過去

さらに、物語は定信の過去を掘り下げつつ、その野望や行動の背後にある理由を明らかにしています。定信が少年時代に自ら羽をむしったトンボを見せる場面が描かれ、それが彼の心の闇や欲望とどのように結びついているのかが物語に深みを与えています。

定信: 「可哀想?なぜだ?」

この場面からは、彼の複雑な心情や人間性が垣間見え、読者は彼が物語にどのような影響を与えるかを予測し始めます。

物語は次第に大奥の内部で巻き起こる陰謀や権力争いに焦点を当て、登場人物たちの複雑な心情や選択が物語を牽引しています。お知保の子の誕生を契機に、大奥内での人間関係が激変し、それが物語の魅力を一段と高めています。

また、お品と貞之助、倫子と家治、田沼と松島といった関係性の複雑さや進展が、物語に深みを与えています。読者は登場人物たちの選択や行動に胸を熱くしながら、物語がどのような結末を迎えるのかを見守りたくなるでしょう。

ドラマ『大奥 2024』6話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 謎と陰謀に満ちた展開に興奮!

物語の中で展開される謎と陰謀には思わず息を呑むばかり。特に、お品と貞之助の関係やお香にまつわる秘密は読む者を引き込み、次なる展開が気になります。複雑な大奥の内幕に迫る策略が、まるで一つの巧妙な謎解きのようでワクワク感がたまりません!

2. 倫子の成長に感動!

倫子が大奥内で抱える葛藤や変化に心打たれました。母としての欲望と大奥の妻としての使命感が交錯する彼女の内面描写は繊細で感情移入が止まりません。その成長と葛藤が、物語に深みと共感を与えてくれます。

3. 定信の裏切りに驚愕!

定信が物語の陰で操っていた存在として登場する展開には驚きと共に緊張感が走りました。彼の過去や野望が、物語に予測不能な要素を加え、次なる出来事に対する期待感が高まります。定信の動向に目が離せません!

4. 愛と欲望が交錯する関係に胸キュン!

お品と貞之助の関係は、禁断の愛と欲望が入り混じり、物語に独特の熱を与えています。大奥の掟に背いた二人の選択が、どのような結末を迎えるのかが気になります。愛と欲望の狭間で揺れ動く関係に胸が熱くなります!

5. 大奥の権力争いに緊迫感!

田沼と松島の関係の決別や、家治と倫子のやりとりを通じて描かれる大奥内の権力争いには緊迫感が漂います。政治的な陰謀が絡む中、登場人物たちの選択が物語の行方に大きな影響を与えそうで、次なる展開が待ち遠しいです!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『大奥 2024』第5話

ドラマ「大奥 2024」5話ネタバレ・視聴率・考察・感想|宿命の調べ、大奥の波紋!

©︎ドラマ「大奥 2024」5話

ドラマ『大奥 2024』5話 あらすじ

4話では、五十宮倫子(小芝風花)は徳川家治(亀梨和也)が側室のお知保(森川葵)へ御渡りしたことに、つらい思いを募らせる。お知保に琴の演奏を任せられ、倫子は複雑な思いに揺れる。一方、お品(西野七瀬)は倫子が優しすぎることに戸惑い、松島の局(栗山千明)の策略も続く。田沼意次(安田顕)の陰謀は深まり、久我信通(鈴木仁)の登場が大奥に動揺をもたらす。

そして5話では、宿命に導かれる大奥で、物語は新たな波紋を生む。琴の演奏を担当することになったお知保。彼女の幸せな笑顔が、倫子の心をさらに押し潰す。しかし、倫子の内には未だ諦めぬ執念が灯っている。

一方、お品は倫子への嫉妬と戸惑いを内に秘め、松島の局の策略に引き寄せられる。松島はますます倫子を家治から遠ざけようと画策し、お品をその手駒として利用する。

同時に、田沼の影響が拡大する。彼は武家伝奏に久我信通を登用し、大奥の中での権力を巧みに操る。信通の登場により、大奥はますます不穏な空気に包まれていく。

倫子は家治との絆を強化しようとするが、田沼の巧妙な策略は、家治を次第に遠ざけていく。信通との交流も、倫子にとっては心の葛藤を増していく要因となる。

物語は深まる謎と情熱、大奥の中で絡み合う運命の糸によって、ますます複雑に進展していく。

ドラマ『大奥 2024』5話 視聴率

視聴率:4.2

ドラマ『大奥 2024』5話ストーリー・ネタバレ

宿命の調べ、大奥の波紋

物語は琴の調べに包まれる中、倫子様とお知保様の激動の心情が交錯します。琴の練習に打ち込むお知保様を見守りながら、高岳(田中道子)様は興味を示しません。しかし、琴の線が切れてしまったお知保様に対し、優しく心を寄せる倫子様の姿勢が目立ちます。

オランダ商館長・ティチング様の訪問により、家治殿はオランダ語で周囲を驚かせます。その中で、お知保様は必死に琴の線を直し、披露の日が迫っています。驚異的な琴の演奏によって、お知保様の才能が絶賛され、倫子様も清々しい表情を浮かべます。

家治殿は琴を見て何かに気付いているようで、お知保様は謙虚な態度で「御台様が勝手になさったことですから」と語ります。しかし、そのやりとりに微妙な緊張感が漂います。

同時に、お品様は葉山様に対し、倫子様が琴を貸したことを不平不満として吐露します。葉山様は上様の為という観点から理解を示し、お知保様に過度に気を使われている倫子様を気遣います。

お品様が倫子様に対して聞いた公家の正室と将軍の子にまつわる問題により、物語は大奥の厳格なしきたりに迫ります。将軍家の存続と政治的な利害からくる問題が浮かび上がり、倫子様と家治殿、お品様と葉山様との間でのやりとりが続きます。

複雑な事情に翻弄されながらも、倫子様と家治殿の会話では、南蛮の菓子・カステラを通じてオランダとの交流について語り合います。平賀源内様も加わり、異国の文化への好奇心が描かれます。倫子様は、他国との交流が大奥に新しい風をもたらすことを嬉しく思い、この文化の交流が平和をもたらすことを期待します。

そして、倫子様が上様について質問を投げかけます。公家のしきたりと将軍の血筋にまつわる問題に疑問を抱き、大奥での生活が今後どのように変わるかに不安を感じています。家治殿は将軍家の存続を重視し、倫子様を守りたいとの考えを示します。

「心など、捨てておる」と語る中、お品様と葉山様のやりとりでは、公家のしきたりに疑問を抱くお品様の姿勢が浮かび上がります。葉山様はその疑問に対して理解を示しつつも、しきたりに縛られる難しさを語ります。

信通様との約束の日が近づくなか、倫子様は決意を固めます。一方、お品様は自らの選択に悩み、荷台を運ぶ中でのトラブルに直面します。お品様の選択とその結末が見守られます。

そして、信通様との別れの場面では、倫子様の強い意志と信通様への感謝が伝わります。倫子様は自らの道を選び、後悔することなく生きる決意を示します。その後、家治殿が倫子様を待ち受け、二人の間に温かな交流が生まれます。倫子様がリンドウの花に触れ、家治殿の愛情に気づく場面は感動的です。

そして、上様と姫様としての新たな一歩を踏み出した二人の前に、新たな試練が立ちはだかります。お知保様が家治殿の子を身籠っていたことが明らかになり、運命の流れが変わりつつあるのです。

ドラマ『大奥 2024』5話の見どころまとめ

見どころ1: 「琴の調べと文化の交流」

大奥(2024)第5話の中で、琴の美しい調べが物語を彩ります。オランダ商館長の訪問や南蛮の菓子・カステラを通じた文化の交流が描かれ、異国の文化と大奥の日本文化が交錯する様子が見どころです。これにより、物語に新たな風が吹き込まれています。

見どころ2: 「倫子と家治の微妙な心の交流」

倫子と家治の微妙な心の交流が鮮やかに描かれています。琴の演奏や暗黙のしきたりに関するやりとりを通じて、二人の関係性が深まり、複雑な感情が交錯します。視聴者は二人の掛け合いに引き込まれ、物語の中での微妙な心の変化に注目します。

見どころ3: 「お品と葉山の対話」

お品と葉山の対話により、公家のしきたりや将軍家の存続にまつわる複雑な問題が浮かび上がります。伝統と革新、愛と利害の間で揺れる様子が見所であり、物語に深みを与えています。お品の独自の視点と葉山の理解が、物語に新たな視点をもたらします。

見どころ4: 「倫子の決意と信通との別れ」

物語は倫子の強い決意と信通との別れに感動を呼び起こします。倫子が自らの道を選び、信通との約束に向き合う姿勢は、視聴者の心に深い感銘を残します。その決断が物語にどのような影響を与えるかに期待が膨らみます。

見どころ5: 「家治と倫子の交流の深化」

最後に、家治と倫子の交流が新たな局面に突入します。リンドウの花や家治の母にまつわるエピソードが、二人の間に温かな絆を築いています。家治の愛情深い一面が垣間見え、視聴者は感動と期待を胸に抱きます。

ドラマ『大奥 2024』5話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

読者の感想1: 「琴の調べに魅了されました!」

物語の中で繰り広げられる琴の調べは素晴らしく、心に響きました。オランダとの文化交流も新鮮で、異国の情熱が物語にエキゾチックな魅力を添えています。ますます展開が楽しみですね!

読者の感想2: 「倫子の決断に感動!」

倫子の強い決意と信通との別れには涙が止まりませんでした。彼女の成長と自己主張が心に響き、視聴者として感情移入してしまいました。これからの展開にますます期待が高まります!

読者の感想3: 「家治と倫子の交流が温かい!」

家治と倫子の交流がますます深まっていく姿にホッとしました。リンドウの花や母への愛情が、物語に優しい空気を運んでいます。家治の人間味あふれる一面に、心がほっこりしました。

読者の感想4: 「お品と葉山の対話が興味深い!」

お品と葉山の対話には、大奥のしきたりや将軍家の存続にまつわる奥深いテーマが込められています。彼らの独自の視点が物語に新しい切り口をもたらし、視聴者を引き込みます。どのように物語が進展していくのか、楽しみです!

読者の感想5: 「お知保の運命に胸が締め付けられる!」

物語の結末には驚きと興奮が入り混じります。お知保様の運命が皮肉な展開になることに、胸が締め付けられる思いです。予測不可能な展開に、ますます続きが気になります!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『大奥 2024』第4話

ドラマ「大奥 2024」4話ネタバレ・視聴率・考察・感想|五十宮倫子の心揺れる日々

©︎ドラマ「大奥 2024」4話

ドラマ『大奥 2024』4話 あらすじ

徳川家の中で繰り広げられる感動的で複雑なドラマ、「五十宮倫子」。小芝風花さん演じる倫子は、お知保(森川葵)が徳川家治(亀梨和也)の側室になるという知らせに動揺を隠せません。しかも、家治が田沼意次(安田顕)に強要されて側室を持つことに対する真相を知る由もないまま、心が穏やかではありません。

物語は、増上寺代参の時を迎えます。松島の局(栗山千明)が「奥女中たちが代参を務める」と提案しますが、倫子は御台所の重要な公務であるとして自らも参ることを決意。松島は前例がないと反論しますが、家治は倫子に「頼んだ」と言い、代参を許可します。

お品(西野七瀬)を伴って参拝を終えた倫子は、猿吉(本多力)から白みそ煎餅が贈られ、感激の表情を見せます。お品が葉山貞之助(小関裕太)に頼み、特別に作ってもらったものだというその煎餅は、お品の心遣いが感じられる一幕でした。

そして、倫子は茶屋で休んでいると、松平定信(宮舘涼太)に声をかけられます。定信から聞いた“賢丸”という幼名に触れ、倫子は定信がかつての幼なじみであったことを思い出します。二人は幼い頃に戻ったかのように、江戸の町を散策して楽しむが、そこには複雑な過去の影が…。

ドラマ『大奥 2024』4話 視聴率

視聴率:4.6

ドラマ『大奥 2024』4話ストーリー・ネタバレ

五十宮倫子の心揺れる日々

舞台は大奥。城を出た女中たちの喜びに包まれる中、倫子と定信、そして家治とお知保の運命が交錯する。喜びに舞い上がる女中たちの歓声が、それぞれの人物の過去や未来を紡ぎ出す。

倫子は城の中で聞いた衝撃的な事実に驚き、お忍びで江戸の町を歩くことを決意。定信と共に歩む中で、彼女は自らが養子に出された経緯を知る。幼少期から抱えてきた過去の謎が、今明かされようとしていた。

一方、家治は

オランダにまつわる書物に夢中になっていた。ある夜、倫子との会話がきっかけで生まれた新たな情熱が、彼を夢想の世界へと誘い込んでいた。書物を通じて見つけた未知の世界に興奮しつつも、彼は同時に現実世界の闇にも目を向けていく。

お知保は御渡りでの何もなかったことを気にしていた。田沼の言葉が頭をよぎり、彼女は城の中での影の支配に気づき始める。松島の疑念と、田沼の余裕ある態度。それは上様の闇を知る者としての自負に満ちていた。お知保の心には、家治への深い愛情と、それに伴う苦悩が渦巻いていた。

倫子と定信

江戸の町での倫子と定信は、商売上手な商人たちが集う大通りを散策。しかし、そこで彼らは風来山人という謎の男に襲われる。定信が書いた田沼についての書物を巡り、江戸の街で巻き起こる出来事。それは平賀源内と名乗る男の登場と、田沼の影響によって生じた貧富の差に対する怒りの爆発だった。

"御台様同様、添い寝姫"と呼ばれるお知保。彼女は城から戻り、代参に出向かなかったことを責められる。しかし、その裏には彼女の真摯な心情が隠れていた。お知保は上様のご寵愛を受けるため、あらゆる鍛錬を積んできたと語り、その姿勢に倫子はおおいに感動する。彼女はお知保の心の奥底に迫り、その愛情に気づく。

定信が家治

お知保が家治との関係を深める中、定信が家治と将棋を指すことに。定信は上様が田沼殿の言いなりになっていることに疑問を抱き、竹千代様の姿を思い出す。彼は幼少期の思い出を語り、上様が側室を持つことで心を痛めているのではないかと心配する。その言葉に家治は一瞬だけ動揺し、その後は冷たく突っぱねる。

田沼との因縁も明らかになりつつあった。定信が田沼に養子に出されたことを知り、彼との対峙が始まる。そして、江戸の町での事件が引き金となり、倫子と定信が何者かに襲われる。その犯人は風来山人であり、定信が書かせた田沼についての書物を手にしていた。貧富の差に苦しむ者たちを救うため、彼は行動に出たのだ。

城に戻る倫子には新たな試練が待ち受けていた。お知保が代参に出向かなかったことを責める声が届き、彼女が上様と添い寝姫と呼ばれていることを知る。お知保は上様に仕え、自らの存在を上げていく。彼女の心情と倫子の葛藤が交錯し、物語は新たな展開へと進んでいく。

御台様は御加減が優れぬようにございます。今宵もわたくしがお相手を務めさせていただきます

倫子は松島の策略によって家治との対面が阻まれる

お知保が家治の元に現れ、彼女の愛情表現が始まる。一方、倫子は松島の策略によって家治との対面が阻まれ、お知保が代わりに仕えることとなる。松島の陰謀により、家治はお知保に抱かれることになり、倫子は嫉妬と苦悩に悩まされながらも、姫としての覚悟を決める。

倫子の屈辱的な出来事に気づいた家治は、お知保を抱くことを決断。涙し戻る倫子と、幸せそうに抱かれるお知保。やり場のない嫉妬に悶える中、姫様はこれが恋であることを思い知らされる。しかし、この恋が彼女をどん底の生き地獄へと引きずり込むことを彼女はまだ知る由もなかった。物語は深まる謎と激動の情熱で、ますます複雑に絡み合っていくのであった。

ドラマ『大奥 2024』4話の見どころ

1. 倫子の過去の秘密

倫子が自らの出生の秘密を知ることで、物語に新たな謎が追加される。彼女の過去が今後の展開にどのような影響を与えるのか、注目が集まる。

2. 家治の情熱

家治がオランダにまつわる書物に夢中になる場面では、彼の内面が描かれる。彼の情熱と葛藤が物語に深みを与える。

3. お知保の覚悟

お知保が御渡りでの出来事を気にし、自らの存在意義に向き合う姿が感動的だ。彼女の強さと愛情が物語の鍵を握る。

4. 田沼との因縁

田沼との因縁が明らかになり、彼の影響力が物語の中心に浮上する。彼の野望と陰謀がどのような結末を招くのか、緊張感が高まる。

5. 家治とお知保の関係の変化

家治とお知保の関係が新たな局面に突入する。彼らの愛情と葛藤が、物語の中で織り成すドラマに注目が集まる。

ドラマ『大奥 2024』4話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

倫子の複雑な心情に感動!
倫子が自らの過去に向き合う姿に心打たれた。彼女の葛藤と成長が、物語に深みを与えている。

家治の情熱に共感!
家治がオランダにまつわる書物に夢中になる姿に感動した。彼の情熱が、物語の展開を引き立てている。

お知保の強さに感動!
お知保が御渡りでの出来事を乗り越え、自らの存在意義に向き合う姿に感動した。彼女の強さが、物語に勢いを与えている。

田沼の陰謀にドキドキ!
田沼の陰謀と影響力に、物語の緊張感が高まった。彼の野望がどのような結末を迎えるのか、興味津々だ。

家治とお知保の関係に感情移入!
家治とお知保の関係の変化に、胸が熱くなった。彼らの愛情と葛藤が、物語の中で見事に描かれている。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『大奥 2024』第3話

ドラマ「大奥 2024」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|五十宮倫子の波乱万丈な日々!家族の過去と家治の決断に揺れる身だしなみ

©︎ドラマ「大奥 2024」2話

ドラマ『大奥 2024』3話 あらすじ

昨晩の御渡りで何があったのか、五十宮倫子(小芝風花)はお品(西野七瀬)の問いかけに対し、「何もなかった」と口にした。しかし、一夜明けてもその影響は尾を引き、倫子は徳川家治(亀梨和也)のことがよく分からないと話し始める。

徳川家治が倫子に抱かれなかったことで、女中たちの中で“添い寝姫”と揶揄されることとなった。お品は怒りを露わにしようとするが、倫子に制止される。倫子はお品に対して、自分の身に何があっても反論してはいけないと厳命し、お品が傷つかないようにとの思いが込められていた。

倫子のもう一人の付き人であるお知保(森川葵)は宿下がりで里帰りしていた。その際、倫子が家治と仏間で手を合わせている光景を目撃し、松島が口を開いた。なんと、松島は倫子の前で家治に側室を迎えるよう迫った。しかし、家治は「側室は必要ない」と堂々と言い切り、松島とのやりとりに終止符を打った。

倫子から事情を聞いたお品は、女中たちの間で囁かれている家治の父・徳川家重(高橋克典)と母・お幸の方(紺野まひる)にまつわる悲しい過去を明かす。倫子は家治の背負う運命に思いを馳せ、その複雑な心情に揺れ動く。

ドラマ『大奥 2024』3話 視聴率

視聴率:5.0

ドラマ『大奥 2024』3話ストーリー・ネタバレ

五十宮倫子の波乱万丈な日々!家族の過去と家治の決断に揺れる身だしなみ

貧しき出生

お知保の故郷への里帰りが描かれる中、彼女の出自や家族の苦境が浮き彫りにされます。生まれつき貧しい家庭で、妹が兄弟の面倒を見ていたお知保。里帰りの際、妹からの頼みに応える形で、お知保は家族のために奮闘します。姉妹のやりとりを通して、お知保が抱く「誰よりも偉くなること」への強い願いが明らかになります。その理由は、家族が豊かに暮らせるようになるためであり、生まれが全てを決定する大奥の世界に疑問を抱いていることが垣間見えます。

菓子の闇と貞之助の選択

大奥での出来事が複雑に絡み合います。お菓子に仕組まれた"碁石"による事件が勃発し、倫子は葉山貞之助によって告発されます。しかし、彼は謝罪の意を示し、倫子からの信頼を得ることで新たな道を歩むことになります。同時に、倫子を陥れようとする者たちが裏で操っていることも浮かび上がります。

謎めく出来事と家治の夢

家治が国の未来に夢を抱く姿勢が明らかになります。高岳の陰謀や寝床に蛇が放たれるなど、倫子を取り巻く出来事はますます複雑になります。家治は国を豊かにし、学問を進めることで社会全体を向上させたいという夢を語ります。倫子との対話を通じて、家治の人間性が深まり、二人の絆が育まれていく様子が描かれます。

家治と倫子の交流

倫子と家治の交流が進展し、家治の夢に共感する倫子が描かれます。家治は鎖国によって学問の発展が阻害されている現状に憂いを抱き、国を広く学問が行き交う場にしたいとの思いを語ります。この時点で、倫子と家治の感情が夫婦としての絆に変わりつつあることが示唆されます。

側室問題と新たな局面

家治が再び側室問題に直面します。田沼の強要に対し、家治は御台が自分の唯一の存在であると言明し、側室は必要ないと断言します。しかし、田沼の策略によって、お知保が側室として選ばれてしまいます。この出来事によって、倫子と家治の関係が試されることとなります。

 動揺の涙

倫子は家治の決断に動揺し、お知保との関係も複雑に絡まります。田沼の陰謀が明るみに出る一方で、倫子と家治の心の葛藤が最高潮に達します。彼らがどのように立ち向かい、結末を迎えるのか、次回のエピソードで明らかになることでしょう。

ドラマ『大奥 2024』3話 見どころ

1. お知保の家族愛と夢への決意

お知保が貧しい家庭に里帰りし、家族への深い愛情と夢への熱い決意が描かれています。彼女の選択や行動が、物語を通じて感動的なストーリーを紡ぎ出しています。

2. 謎めく事件の真相解明

きんつばに仕組まれた"碁石"事件から始まる謎めいた出来事。貞之助の登場や倫子の巧みな対応が、事件の真相を解明していく様子は見どころ満載です。

3. 家治の夢と国家への願望

家治が描く国家への夢や倫子との交流が物語を深化させています。家治の理想への情熱と、彼と倫子の心の交流が、物語に力強いエッセンスを添えています。

4. 側室問題と家族の絆の試練

側室問題に直面する家治と、それによって揺れ動く倫子の心情。家族との絆や自己の信念に忠実であることが、物語に深みを与えています。

5. 感動の結末への導入

物語の結末がどのように展開していくのか、最後に迫る感動の瞬間。視聴者は物語のクライマックスに胸を膨らませ、最後まで目が離せません。

ドラマ『大奥 2024』3話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

1. 家族愛に胸打たれた!

お知保の家族愛に感動し、彼女の夢への決意に心打たれました。家族を支えるために奮闘する姿勢は、視聴者に感動を与えること間違いなしです!

2. 謎解きが面白い!

"碁石"事件や貞之助の登場による謎解きが非常に面白かったです。倫子の巧みな対応や真相解明の過程に引き込まれ、ストーリーの奥深さを実感しました。

3. 家治の夢に共感!

家治の国家への夢や倫子との交流に共感しました。彼の理想と情熱が物語に深みを与え、国づくりへの願望が視聴者に強く伝わります。

4. 側室問題にドキドキ!

家治と倫子の絆に試練が訪れる場面にドキドキしました。側室問題の行方や登場人物たちの葛藤が、物語に緊張感と感情の機微を加えています。

5. 結末への期待高まる!

感動の結末への期待が高まります!家族の絆や倫子と家治の未来にどのような結末が待っているのか、最後までハラハラしながら視聴しています。

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『大奥 2024』第2話

ドラマ「大奥 2024」2話ネタバレ・視聴率・考察・感想|大奥の波乱!愛と陰謀の舞台裏

©︎ドラマ「大奥 2024」2話

ドラマ『大奥 2024』2話 あらすじ

驚愕のドラマが大奥を包み込む!五十宮倫子(小芝風花)の波瀾万丈の運命が、久我信通(鈴木仁)との切ない交流から始まった。信通からの手紙で姉の結婚を知り、倫子はお品(西野七瀬)のもとで涙に暮れる。しかし、松島の局(栗山千明)やお知保(森川葵)たちが仕掛ける大奥のしきたりと嫌がらせに苦しむ倫子とお品の姿が描かれていく。

徳川家治(亀梨和也)は田沼意次(安田顕)を老中首座に任命し、裏で田沼と結びつく松島は、倫子の身籠る前に家治に自分たちの側室を持たせようと画策する。高岳(田中道子)たちの「御台様に上様の御渡りがない」という噂が耳に入り、倫子は彼らに哀れな存在だと語るが、大奥の本質と妻の勤めについて反論される。

一方、お品はお知保から預かった箱の中の焼き物が割れていることを知り、その過ちを咎められる。経費を捻出するためにお品を解雇すると言い出す松島に対し、倫子は懐紙入れを自分たちで作り、経費分を賄う提案をするが…。

大奥の舞台裏で巻き起こる愛と陰謀の物語。倫子とお品の友情と信念が試される中、彼女たちは大奥のしきたりに立ち向かっていく。果たして彼女たちは困難を乗り越え、幸せな未来を手に入れることができるのか?大奥の秘密が明かされる瞬間まで、目が離せない!

ドラマ『大奥 2024』2話 視聴率

視聴率:4.7

ドラマ『大奥 2024』2話ストーリー・ネタバレ

大奥の波乱!愛と陰謀の舞台裏

五十宮倫子の激動の日々!大奥の陰謀に立ち向かう彼女の逆襲

驚きと悲しみの連続!大奥を逃れたい倫子が迎えた運命の一大転機!!

大奥の中で苦しむ倫子は、脱出を企てるものの、その先に待ち受けていたのは予想だにしない事実でした。久我信通(鈴木仁)からの手紙に込められた一筆に、倫子は仰天。信通こそが倫子の姉と結婚していたのです。その知らせに倒れ込む倫子。お品(西野七瀬)の腕の中で、悲しみに暮れます。

大奥ではしきたりと嫌がらせが絶えません。松島の局(栗山千明)やお知保(森川葵)らは、大奥のしきたりとして、倫子とお品に300枚もの返し入れを要求。倫子は悲嘆に暮れる中、大奥の影の権力者たちの陰謀が続発していました。

時折り舞台は徳川家治(亀梨和也)のもとへ。家治は田沼意次(安田顕)を老中首座に任命し、大奥の影の権力者として知られる松島との連携を深めます。田沼は「家治の世継ぎ問題」に言及し、世継ぎを作るよう提案しますが、家治は頑なに拒否。倫子が心を込めて返し入れを作っている光景を目撃し、家治の心にはかつての母の教えが甦ります。

倫子は大奥に収まる女中たちの窮状に気づき、大奥の女たちも苦しんでいるのではないかと思い始めます。しかし、再び嫌がらせに遭いながらも、倫子は諦めずに返し入れを作り続けます。

そして、家治が大奥に訪れますが、驚くことに倫子はその場におらず、返し入れを作り続けている姿がそこにありました。松島はあり得ないと騒ぎ立てますが、家治は倫子には無関心の様子。倫子の部屋に向かった松島は、驚くべき光景に出くわします。ズラリと並ぶ300枚の返し入れ。そして、家治が「トンボの柄」の返し入れを希望し、手作りの品を喜んで受け取るのでした。

同じ頃、お品は門番の猿吉と話している際、葉山貞之助(小関裕太)とぶつかります。しかし、その出会いが、倫子とお品に大きな影響を与えることになるとは、彼女たちはまだ知る由もありません。

その夜、家治が御台所を訪れ、田沼の進言で側室を迎えることになります。倫子の元に戻る家治は、彼女が大切にしていた時計を修理して差し出します。その時計は、実は好きな人からもらったものだと気づいた倫子。しかし、家治は心に秘めた想いを抱えながら、さみしげな表情を浮かべていました。

五十宮倫子の逆襲の幕開け。大奥の闇に立ち向かう彼女の物語は、どのような展開を見せるのでしょうか。

ドラマ『大奥 2024』2話 見どころ

見どころ1: 五十宮倫子の驚愕の家族事情!

五十宮倫子が大奥のしきたりから逃れようとする中、突如明らかになる信通の返事。驚きと悲しみが交錯し、彼女の家族事情に新たな謎が明らかになります。信通との結びつきが大奥を揺るがす要因となり、倫子の逆襲の兆しが始まります。信通との結婚にまつわる秘密は、物語をより複雑かつ興奮させる要素となっています。

見どころ2: 大奥の厳しいしきたりと嫌がらせの連鎖!

大奥内でのしきたりと嫌がらせがエスカレート。松島やお知保らによる、倫子とお品への過酷な試練が続々と仕掛けられます。300枚もの返し入れを求められ、大奥の中での厳しい掟に倫子が果敢に立ち向かう様子が描かれています。これにより、大奥の内情が一気に緊迫感を増していくのです。

見どころ3: 徳川家治の複雑な心情と影の権力者の動向!

時折り物語の焦点は徳川家治に移ります。彼の動向と心情が交錯し、大奥の影の権力者との複雑な関係が浮かび上がります。家治が提案された世継ぎ問題にどのように立ち向かうのか、そして大奥の裏で繰り広げられる陰謀との関連が物語を一層深まらせています。

見どころ4: 倫子の成長と同情を呼ぶ大奥の女たち!

倫子が大奥における女中たちの窮状に気づく場面が感動的。大奥の女たちもまた、苦しい状況に置かれていることが明らかになり、彼女たちの姿に視聴者は感情移入せざるを得ません。これにより、倫子の成長と彼女を取り巻く環境の複雑さが描かれています。

見どころ5: 謎の男・葉山貞之助との出会いの予感!

お品が謎めいた男、葉山貞之助とぶつかる場面。この出会いが物語にどのような影響を与えるのか、視聴者は予想を巡らせることに。物語に新たな転機をもたらすであろう謎めいた人物の登場に期待が膨らみます。

ドラマ『大奥 2024』2話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

感想1: 驚きの連続!倫子の家族事情に胸が熱くなる!

倫子の姉と信通の結婚には目を疑うばかりの驚きが!物語はますます複雑に絡み合い、倫子の逆襲への期待が高まる。これからの展開がますます気になりますね!

感想2: 大奥の内情に息をのむ!倫子の奮闘が感動的!

大奥のしきたりと嫌がらせの数々に圧倒される。倫子の果敢な姿勢には感動を覚え、彼女の成長が見逃せません。ますます先が気になります!

感想3: 家治の複雑な心情にグッとくる!

徳川家治の心の葛藤が描かれ、彼の人間臭さに引き込まれる。倫子との交流が今後どう展開していくのか、ますます気になりますね。

感想4: 大奥の女たちに共感!倫子の心意気に涙が止まらない!

大奥の女たちもまた苦しい状況に置かれていることが明らかに。倫子の心意気に胸打たれ、感動がこみ上げます。これからの展開がますます楽しみです!

感想5: 葉山貞之助の出現に興奮!新たな展開に期待が高まる!

葉山貞之助の出会いが、物語にどのような波紋を呼ぶのか興奮が止まりません。今後がますます楽しみで仕方ありません!

なんでも自由に書いて下さい♪

ドラマ『大奥 2024』第1話

ドラマ「大奥 2024」1話ネタバレ・視聴率・考察・感想|大奥の陰謀、姫様の孤独な戦い!家治の冷たい心と家重の死!

©︎ドラマ「大奥 2024」1話

ドラマ『大奥 2024』1話 視聴率

視聴率:6.7

ドラマ『大奥 2024』1話ストーリー・ネタバレ

大奥の陰謀、姫様の孤独な戦い!家治の冷たい心と家重の死!

公家の姫、五十宮倫子(小芝風花)は、徳川家治(亀梨和也)との婚儀に迫り、大奥での新しい生活に戸惑っていた。

「お品、私、あの家治様との婚儀が心地悪いの。一度しか会ってないけど、冷たい目だったわ。」

お品(西野七瀬)は微笑みながら、「きっと緊張していたのよ。婚儀が終われば、きっと素敵な生活が待っているわ。」

大奥への到着と家治の冷酷な態度

婚儀の日が近づくにつれ、倫子はますます不安を感じていた。大奥に到着すると、松島の局(栗山千明)に導かれ、圧倒的な重鎮たちが倫子に平伏する中、家治が現れる。

「これがお前の新しい生活だ。」と家治が言う中、彼の目は依然として冷酷で、倫子は彼の視線を受け止めることができなかった。

家重の死と新たな時代の始まり

一方、家治の父である第9代将軍・徳川家重(高橋克典)は、家治の婚儀に無関心で、田沼意次(安田顕)は不吉な言葉を口にする。

「悪人には、いずれ天罰が下る。」という田沼の言葉が響く中、家重は心臓発作で亡くなり、家治が第10代征夷大将軍に就任する。これが大奥に動乱をもたらす一因となる。

大奥での倫子の孤独な戦い

大奥では、倫子はお品と共に新しい生活に馴染もうとするが、お知保(森川葵)の登場で事態は複雑化する。お知保が付けられ、松島がさらなる陰謀を巡らせるなか、倫子は自らの信念を貫こうとする。

「私には京からのお品がいるのよ。お知保は必要ないわ。」「これからは御台様と呼んでください。外のしきたりは理解できないと思うけど。」と倫子が言うと、お知保は厳しい態度で対抗する。

田沼と松島の企み

一方で、田沼と松島は家治の後ろで陰謀を巡らせていた。家重の死により、実権を握ろうとする彼らは、大奥の中で権力を巡り、女中を消して口封じにする計画を進めていた。

「お世継ぎができるようになれば安心できる。」「公家の姫、芯が強そうだな。」と松島と田沼が密かに謀議する中、倫子は自らの居場所を見失いつつあった。

倫子と家治の複雑な縁

倫子は家治の冷徹な態度に悩み、大奥の中で孤立していく中、信通からの文が届く。しかし、その内容は倫子が予想もしなかったもので、倫子は絶望の淵に立たされる。

「倫子様、文をありがとう。私も何とかして助けたい。だが、実は私はそなたの姉と夫婦になったのだ。」という信通の告白に倫子は動揺し、孤立と混乱の中で心の拠り所を失っていく。

ドラマ『大奥 2024』1話 みんなの感想・レビュー・評価

なんでも自由に書いて下さい♪

気軽に投稿して下さい♪

 

レビューを書き込む

5つの読者の感想

視聴者の感想1: 陰謀渦巻く大奥に引き込まれた!

「大奥」の最新エピソードには、陰謀と権力争いが絶妙に織り交ぜられ、見どころ満載!家治と倫子の複雑な愛憎模様に心を揺さぶられ、大奥の女性たちの巧妙な策略に圧倒されました。物語の深まりに引き込まれ、次回の展開がますます気になります!

視聴者の感想2: 家治と信通の関係に驚きと感動!

家治と信通の過去が描かれたシーンには驚きと感動が入り混じりました。倫子の心情の揺れもリアルで、家治の複雑な心情が見え隠れする中、物語の奥深さに感動しました。次回がますます楽しみです!

視聴者の感想3: お品やお知保の強さにグッときた!

お品やお知保の強さと知恵にはグッときました!大奥の女性たちが陰謀に立ち向かう姿勢が素晴らしく、特にお知保の断固たる態度は心に残ります。彼女たちの存在感が物語を一層引き立てています。

視聴者の感想4: 田沼と松島の陰謀にドキドキ!

田沼と松島の陰謀が次第に明らかになる展開にドキドキが止まりませんでした!大奥の運命が彼らの手に握られる中、どのような展開になるのか不安と興奮が入り混じります。次回も期待大!

視聴者の感想5: 家治と倫子の複雑な関係に胸が締め付けられる!

家治と倫子の複雑な関係に胸が締め付けられる展開になってきました。家治の冷酷なまなざしと、倫子が抱く深い孤独感が交錯するシーンは感情移入せざるを得ません。物語がますます深まり、心に残るエピソードとなりました。

大奥の舞台裏で繰り広げられる陰謀と権力争い!

大奥では、徳川家治の新たな時代が始まり、その舞台裏で田沼と松島が巧妙な陰謀を巡らせ、実権を握ろうとしている。家治の父、家重の死が引き金となり、乱世の渦が大奥を包み込む。

大奥の陰謀と権力争いが本格化。第10代将軍に就任した家治の裏で、田沼と松島が結託して実権を握ろうとしている。家重の死が混沌を呼び起こし、大奥は見えざる手による戦いの渦に巻き込まれていく。倫子はその中で孤立し、果たして彼女の運命はどうなるのか、視聴者は興味津々だろう。

家治と倫子の複雑な縁と愛憎の行方!

家治と倫子の間には冷徹な態度と複雑な縁が交錯している。家治の冷酷なまなざしと、倫子が抱く深い孤独感が交錯し、大奥の中で織りなされる愛憎模様が注目の的となっている。

家治と倫子の複雑な縁に注目が集まる。家治の冷酷な態度と、倫子が抱く深い孤独感が交錯し、大奥の中で愛憎模様が織りなされている。視聴者は、二人の関係がどのように進展していくのか興味津々だ。家治の冷たさと倫子の心情の葛藤が、見事に描かれたシーンに感嘆の声が上がることだろう。

大奥の女性たちの巧妙な策略と力強い立ち回り!

大奥には優雅な女性たちが集まりながらも、陰謀と策略が渦巻く。倫子やお品、お知保など、彼女たちが見せる力強い立ち回りや知恵を駆使した策略に、視聴者は目が離せない。

大奥の女性たちが見せる巧妙な策略と力強い立ち回りに注目が集まる。倫子やお品、お知保など、彼女たちの知恵を駆使した策略が陰謀の渦に一石を投じる。優雅ながらも巧妙な立ち回りが、大奥の女性たちの真の実力を浮き彫りにしていく。これが見どころの一つとなっている。

 家治と信通の過去と、それに翻弄される倫子の複雑な心情!

家治と信通の過去が明らかになり、それが倫子に大きな影響を与える。家治と信通の複雑な関係が明らかになる中、倫子の心情は揺れ動く。過去の影が未来にどのような影響を与えるのか、視聴者は興味津々だろう。

家治と信通の過去が明らかになり、それが倫子に大きな影響を与える。家治と信通の複雑な関係が綴られ、倫子の心情は揺れ動く。過去の影が未来にどのような影響を与えるのか、視聴者は興味津々で、家治と信通の関係性が物語を一層複雑にしている。

田沼と松島の企みに巻き込まれる大奥の運命!

田沼と松島が大奥での権力を握ろうとする陰謀が進行中。その陰謀がどのように大奥の運命を左右するのか、視聴者は緊迫感を感じながら、物語の展開に期待している。

田沼と松島が大奥での権力を握ろうとする陰謀が進行中。その巧妙な策略が大奥の運命を左右する展開が迫る。視聴者は緊迫感を感じながら、田沼と松島の陰謀がどのような波紋を大奥にもたらすのか、注目している。物語が一気に加速する見どころの一環となっている。

なんでも自由に書いて下さい♪

映画、ドラマ、アニメ愛好者必見!

31日間無料トライアルで、230,000本以上の動画、160誌以上の雑誌が楽しめます!さらに、600円分のポイントもプレゼント🎉

U-NEXTでの魅力は無限大!

1️⃣ 230,000本以上の見放題作品!
2️⃣ 電子書籍も同じアプリで楽しめる!
3️⃣ 毎月1,200円分のポイントがもらえて、最新作を存分に楽しめる!
4️⃣いつでも解約できる!

無料トライアル期間中、最新作のレンタル料金もお得に! さらに、600円分のポイントでDVD・ブルーレイよりも早く最新作を楽しんでみませんか?

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

最新みんなのレビュー

ひさびさの当たり

Rated 4.0 out of 5
2024年2月29日

2は当たり🎯

3も脚本が良ければ当たる

でしょう💴

しゅうほうInstagram

やばすぎ

Rated 5.0 out of 5
2024年2月25日

ぜろふくのふこう強すぎるしカッコよすぎる、しかも最後のいっぱい送っときます虫歯になる程のとこ

めっちゃ好き

アニメ鑑賞マン

ありがとう!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月23日

体験版する時間がなかったのでとても参考になりました!

そしてモニター羨ましい。。笑

やまぴー

皆さんの観たお気に入りの映画のレビューを書いて盛り上げましょう♪

ドラマ最新レビュー

今季 ドラマタイトル
2024年 冬ドラマ
2023年 秋ドラマ

カテゴリー

SNSをフォローして
最新情報をゲットしよう!

PopVerseMix

ポップバースミックスは、ポップカルチャーを中心に情報発信をするエンターテインメントメディアです!
マンガやアニメを中心に、映画、舞台、ミュージカル、ドラマ、
音楽、ガジェット、グルメなど、あらゆるエンタメを集約!

© 2023 PopVerseMix All rights reserved.